le 30 Septembre 2007

秋を通り越して一気に冬が来るのではないかしらと思われましたが、朝からの晴天のおかげでで暦に相応しい温度です。

昼間は Jojo の仕事の準備で忙しなく落ち着かないので、夕方一人になってから片付けを始めました。放っておくといつの間にか紙の類が溜まってきて、机の上もテーブルの上も占領していってしまいます。もちろん溜まるのは紙ばかりではありません、、、。
こんな状態で作業を始めると凄い事になってしまいそうなので、ひたすら山を平地に戻し、スッキリした中で作業開始したいものです。

来週は寝室の方が服の山を築くことになりそうなので、その後の片付けも今から目に浮かぶ様、、、。

スッキリした状態は長くは保ちませんが、片付ける努力は惜しまなく繰り返さないと生活環境が侵されてしまいますので、行動あるのみ!なんだかとっても大袈裟ですが、これぐらいの心持ちで挑まないと一向に片付かないのです、我が家は。

カーネーションの小皿、これは以前同じ物を或る蚤の市で見つけたのですがなぜか買いそびれてしまい(お値段が噛み合なかったか状態がイマイチだったかのどちらかです)、再び出逢ってお持ち帰りした物です。
チョコレートを乗せましょうか?それともビーズの受け皿にでもしましょうかしら ;-)


Petit assiette de L'oeillet

Boite d'allumettes

le 29 Septembre 2007

早いものでパリコレのシーズン到来!本日スタートしました。ちなみに2008年春夏コレクションであります。先日から我が家の郵便受けにもショーのインヴィテーションが舞い込み、今日もバイク便で何通かの招待状が届けられました。
私も以前はショーをよく観に行ったりしていましたが、最近は仕事で展示会巡りが中心です。よって、ショーに通うのは Jojo です。

連日朝から晩まで足が棒になるまで歩き回り、大変ではあるのですが美しいもの、新しいものに触れ、多くの刺激を受けることは私にとっては大切な事なので仕事ではありますが楽しみながら見て回っています。

こちらは蚤の市で見つけた美しい物。とても古〜いマッチ箱です。19世紀のものと思われます。手作りの布を貼ったカルトナージュで、当時の生活習慣が忍ばれます。でもマッチ箱にはちょっと勿体ない様な、、、生地の糸が少しほつれていますが、ジュエリーケースにでもしたくなるほど素敵です。
昔の手芸誌などを眺めていると、こうしたケースなんかもイラストで紹介されていたり、、、もしかしたら似た物が見つかるかもしれません。

le 28 Septembre 2007

一雨毎に寒くなるパリです。今日もちょうど出かけた時にザーザー降り、遂にストッキングを履いて過ごしました。秋のお洒落が楽しめるのは良いのですが、寒すぎるのも困りもの。この冬は膝掛けが欲しいな〜、作ろうかな〜などとすでに冬支度まで考えています ;-)

そろそろステッチも再開しようかと、、、ホワイト刺繍の為にごっそりと買い込んだのは地刺し用の糸と上に被せていく本刺し用の糸。今はもう存在しない M.E.A. というメーカーの糸達です。地刺しの糸は今までに使っていたもの(やはりアンティークの糸です)よりも太め。ボリューム感を出すのに良さそ気です ;-)

図案も夏前から用意していたものがあるのを思い出しました。そうそう、自作のモノグラム図案もステッチしてもらうのを首を長くして待っています。
やる気満々なのですが、こういう時に限って仕事が忙しくなるのですよね、、、。私は一気集中型でして、始めると他の事が見えなくなってしまうので、そのタイミングも難しかったりします。途中で間が空いてしまうとやる気も失せてしまいますので、まとまった時間を制作に当てるのが好ましかったりします。
集中出来ない時にはササっと出来てしまういつもの簡単クラフト&簡単クチュール。思いついた時にすぐ出来る物作りは気分転換にもなります。そろそろ新しい気分転換が必要になって来ました。今週末ミシンが出せたら御の字です ;-)


Des fils anciens pour la broderie blanche

Décorer la Canette ancienne creation (c) Cocomo@Paris

le 27 Septembre 2007

歯の手術から一夜経ちまして、Myu は順調に回復しています。よく処方箋に目を通して見ると、お食事は翌朝から、となっていて(私も確かにそう聞いていて、Jojo の意見に首を傾げていたのですよ、、、)早めに餌を与えてしまいましたが、お腹が満足したせいかおとなしくしていますし、回復も早かった様に感じています。ですから良しとしましょう。

さて、こちらのにゃんこの空き缶は以前蚤の市で見つけたものです。キャンディーの入っていた缶のようです。'60年代か'70年代位のものでしょうね。レトロな感じですが、何処か物足りなく、アンティークレースでお粧しすることにしました。
下の入れ物部分の周りをぐるっと一周ボビンレースで取り囲み (*マウスオーバー )、にゃんこにはお花のレースを付けてあげたら、まぁ〜可愛い♪おしゃまな缶に変身しました。
ちょこっと手を加えただけ、それなのに随分印象まで違います。他にもリメイク出来る物はないかしら、と辺りを物色中です ;-)

le 26 Septembre 2007

今日の日と決めてから、落ち着かない数日間を過ごしていました。
決行したのは Myu の歯の手術です。歯石が溜まっていて、食べるにも歯が痛いに違いないだろうと四月の検査でも言われていたのですが、何分老猫の為にリスクもあると、又肝臓の治療の為に薬を投与していたので見送ることにしていました。
しかし、先日の検査でも、今のタイミングを逃したら、この先更にリスクが大きくなる、手術をするのは不可能になると言われましたので決心することにしました。

結局奥歯二本の抜歯に終わったのですが、手術自体は難しいものではなく、何が危ないかというと麻酔をかけるので、その後目覚めて元に戻るかどうか、ということでした。若い猫なら何の問題も無い事ですが、Myu は人間の年に置き換えると100歳以上のご老体、おじいちゃんなのです。

今朝9時に獣医さんの元に Myu を託して来ました。お迎えの予定時刻は夕方の5時。それまでの間不安がつきまといましたが、3時を回った頃に、4時半になったらお迎えに来て下さいとクリニックから連絡がありました。予定より少し早まった事で少し安心。

そして無事に帰宅。痛み止めの薬の為に酔いが回っているので二時間はカゴ(キャリーケース)の中から出さない様にと言われていました。でも檻の中で監禁状態なのが不満でミャーミャーと泣いていて、これでは仕事にならないからと Jojo がさっさとカゴから出してしまいました。成る程、足下がフラつき、安定感が無いです。ちょっと抱きかかえて膝にも乗せてあげましたが動きたがっていて、危なかしいので又カゴの中へ。

泣いている子供は10分も泣かせておけばそのうち泣き止むと言いますが、猫は違います。というか Myu は違います。カゴの中でずーっと泣いて、まるで監禁されたドラッグ患者がそうするように小さなカゴの中で暴れ、柵から訴え、手を出そうとしたり、暴れ回って転んだり、、、とにかく煩かったです。ということで15分程早めに外に出してあげました。
もしかするとクリニックでも騒いで煩かったので、早めに返されたのかも?!そんな気がしてなりません。

檻から解放されると家中歩き回り縄張りの確認。半日で何も変わるわけが無いのにね。夢遊病社の様におぼつかない足取りで歩き回ってはミャーミャー。

昨日から何も食べていないのでお腹が空いている様子。お医者さんは今日はとにかく水を飲ませる事が大事、もし自力で飲まなかったら無理矢理にでも飲ませてあげて下さいと注射器の様な道具まで渡してくれましたが、その心配には及ばずでした。(ラリっている時に一度だけ使用しましたが。)明日の朝から通常に食べる事が出来るでしょうと、でも朝を待たずに夕方小さなカップサイズの餌をペロリと平らげ、更に夕食にもガッツいて食べてます。余程お腹が空いていたのでしょう。

昨夜の寝不足で夕方辺りから睡魔が襲って来たので食事前にちょっと仮眠、Myu も傍らでスヤスヤ寝てました。たった今、晩ご飯で起き出した時に足取りもかなりしっかりしてきたように見えます。ただ一日騒ぎ過ぎたせいか声がちょっぴりハスキーヴォイスです(笑)。
何はともあれ手術が無事に済んで一安心。食欲もありますし、明日にはもう通常に戻っている頃でしょう。


Myu en drogue

Lampe de Vélo

le 25 Septembre 2007

昨日日本は祝日で三連休だったのですね。週末の間に書いた仕事のメールの返事が全く無くおかしいな〜と思っていて、夜になって気付いたのでした。

今朝は秋晴れの青空広がる気持ちのいい一日になりそう、とメールの冒頭に何度も登場させた台詞ですが、午後になると曇ってきて、夕方には雨まで降って来てました。そして夜も深まり寒いです。

そういえば昨夜はかなり早い時間に床に就いたのですが、なかなか寝付けず布団の中で大きなクシャミをひとつ。突然のクシャミに驚いて目が覚めてしまった Jojoに " 起こすなんてひどいじゃないか!"、とそんなことを言われてもね、故意に発したクシャミでもないし、私だって自分で発した声に驚いてしまいましたもの。でも深い眠りについていた人というのは一瞬目が覚めてもすぐに眠れる様です。
そして今もクシャミをひとつ。素足で過ごしていると風邪をひいてしまいそうです。

このランプは何かといいますと、自転車用のランプなのです。電球が切れたというので先日 Jojo が見つけて来たもの。クリップみたいになっているのでハンドルに取り付ける様になっています。ハロゲンで明るいです。ドイツ製と表記されており、その響きのせいかクオリティーも良さそうです。暗くても大きな灯りを放ちます。(*マウスオーバー)
パリでは自転車は車道を走らなければいけないので安全が第一です!

le 24 Septembre 2007

週末の間ちょこっと蚤の市に行ってました。そしてちょこっとお買い物。毎度毎度大きな荷物を抱えて帰って来る訳でもなく、気に入った物だけをほんの少し手に入れて満足して帰って来ることもあります。こんな日のお買い物の後は片付けも楽ちんです ;-)

こちらはそんな戦利品の一部。ごっちゃりとした山の奥から目敏く発見!刺繍の木枠と使いかけの刺繍糸やレースの端切れなどなど。午後の、ちょっと遅めの時間に出向いたのですが私の為に残っていてくれました :-)

このサイズの木枠は持っているのですが、同時進行でステッチを進めたい時とか、余分に持っていても困る物ではありませんから予備にストックさせておくことにします。糸も山ほど持っていますが、使えば無くなっていく物ですから大歓迎。使いかけの物も、ラベルがついたミントコンディションのものより思い切って使えるのが利点でもあります。アンティークの糸だから使うのが勿体ない、というのが無いから良いのです。まぁ、状態のいいものでも使う時もありますが ;-)

他にもホワイトワーク用の刺繍糸をどっさり買い込んできました。

しばらくの間ニードルワークから遠ざかっていましたが、そろそろ再開させようかと思っています。


Pour la broderie

Myu avec le ruban

le 23 Sptembre 2007

パントマイムの神様と呼ばれたマルセル・マルソーの訃報を今耳にしたところです。高校生の頃に来日公演を観に行ったのを覚えています。どうしてあれが高校生の時だったかとぼんやりした記憶の中でも断定出来るのは、当時写真部に所属していて(実は中学生の頃も写真部でした)講演後にパンフレットやマルセル・マルソーの人形をアシスタントのマイマー二人が衣装のまま販売していて、その姿を撮影し、学校の暗室でポートレート写真を引き延ばしたのをしっかりと覚えているからです。確かあの写真はパネルに水張りして部屋にも飾っていました。もちろん師のマイムに感動したのは言うまでもありません。沈黙の詩人のご冥福をお祈りします。

写真はリボンと戯れる Myu :-) 猫は気分屋とよく言われたりもしますが、Myu に限っては本当に素直で、おいでと言えば駆け寄って来る、膝に乗せればおとなしく座る、頭を撫でると気持ち良さそうに反応する、おもちゃを差し出すと遊んでくれる :-) 絵に描いた様な典型的な猫です。ただ皆からお喋りだとも言われますが(笑)。
でも困ったことがひとつ、頑固者です。不味い物は食べません。例えお腹が空いていても気に入らなければ差し出した餌もプイっと横を向いて口をつけません。
そしてお薬も大嫌い。毎日飲まされていても慣れることはなく激しく抵抗します。口に入れても飲み込まないのです。そしてどうなるかというと、口からいっぱい泡を吹き出してしまい、Jojo の手は涎まみれ。二人掛かりで、Jojo が口をこじ開け私が口の中に薬を放り込み、飲み込むまで口を閉じる、という格闘劇が毎朝繰り広げられています。それ以外はと〜ってもいいコなんですけどね。
数日後に歯石取りの手術を控え、ちょっと落ち着かないです、、、。

le 22 Septembre 2007

予定通り本日は衣替えを完了。と言いましても押し入れが在る訳でも無し、オフシーズンの洋服や着ない服は4つのスーツケースが収納庫となり、クローゼットの吊るしてある服はほぼそのままで主に畳んでいる服の一部入れ替えです。冬のセーターなどは嵩張るのですでに数着はみ出ている状態、なんとか押し込めなければ。
困ったのは、先日 Jojo のスーツ一式と私のコート二着が増えているので場所を確保せねばならず、ハンガーラックから着ない服を外しています。(ちなみにクローゼットの中は隙間無しでした。)更に収納庫よりもう二度と着ないだろう思われる服をピックアップして処分することにしました。

こちらのピンクのポロシャツもそう。袖の切り替えが無い、見頃が一枚仕立てで気に入って着ていた時期がありましたが、もう袖を通す気など無いので処分しましょ。でも処分する前にボタンを外す事にしました。以前でしたらこのまま捨てたり寄付したりしていましたが、アンティークの手芸用品やソーイングボックスなどを手にしていると、シャツから外して糸の付いたままのボタンをよく見かけるのです。なるほど、物は大切にしなければいけませんよね。ボタンぐらいなら嵩張りませんし、何かに又利用出来るかもしれませんから、と思い外しました。
シャツ本体も何かに再利用出来ないか、捨てる前に考えてみようと思います ;-)


Polo-shirt en retraite

Ceinture VINTAGE

le 21 Septembre 2007

2〜3日頃前から急に寒くなりました。昼間太陽の下を歩くと幾分汗ばんだりもしますが(コートを着ていますからね。)夜窓を開けていると震える程に寒いです。今シーズンはすでにコートを二着ゲットしているので、着て歩くのが楽しみでもあるのですが ;-) 今週末は衣替えでもしようと思います。

こちらのベルトは数年前に古着屋さんで一目惚れして購入したヴィンテージ。ジーンズブランドのSchottのものです。ちなみにメンズサイズ。ブルドッグにユニオンジャックにクラウンというパンチの効いたデザインにやられました。ファッションも、こういう出逢いがあると嬉しくなってしまいます。

le 20 Septembre 2007

昨日リネンのスリッパを見つけました。そこで早速アンティークレースのモチーフを縫い付けて私流にアレンジ、簡単リメイクしました ;-)
本当はこのアイデア、バブーシュで試みようとずっとアイデアを温めていましたが、コレ!というのになかなか出逢えず、スリッパにて実現しました。

現在 Antik Batik のモロッコ風バブージュをルームシューズとして愛用していますが、ビーズやスパンコールが取れて来てそろそろ引退、と思っていたのでちょうど良く代わりの物が見つかりました。と言いましても前述のバブーシュは何足も色違いで揃えているので替えもあるにはるのですけど ;-) このスリッパもいつか引退の時期が来たらレースを外してレースだけ又再利用したいと思います。

革も履き心地が良かったですが、リネンも素足に気持ちいいです。しかも、他の手作りの生活雑貨達とも非常に相性が良く統一感が生まれて満足しています :-))


Chaussons en lin - idee (c) Cocomo@Paris

Petit chocolat

le 19 Septembre 2007

昨日オペラ界隈のショップ巡りをしていたのですが、今日は左岸のデパート・ボンマルシェとサンジェルマン・デ・プレ界隈を回ってショッピング。

ボン・マルシェの催し会場では TOKYO 展なる展示即売会が開催中、ツモリ・チサトやMinaを始めとするデザイナーの他、原宿・代官山・中目黒・銀座・浅草、、、といった地域別のエスプリでコーナー展開し、ありがちなジャパニーズ的なお土産アイテムなども並んでいましたが、セレクションはさすがボン・マルシェといった感じでした。 もちろんフランス人に人気のハロー・キティやこちらではなかなか無い様なステーショナリー、コスメティック、食品などなども。結構な賑わいで、日本人の姿も多く見かけました。

もう一カ所の催し会場の方では外国人フォトグラファーによる東京の写真、あとテレビが10大程並びビデオの視聴も出来ました。必ずしも綺麗な観光名所ではなく、通勤ラッシュや人ゴミ、疲れて座っている老人など、、、日常の東京の風景が紹介されていました。ビデオは火の用心とか屋台のとうふ屋さん、、、これ又日本では当たり前だけどパリには無い日常。
遠い国ニッポン、憧れの街トーキョーといった感じのエクスポジションでした。

おやつのチョコは先日田舎でのパーティーで頂いたもの。三角ですがマーブルチョコみたいにチョコがコーティングしてあります。画像に写っているカラフルな小さな袋に入って食事のテーブルにあり、こういう心遣いはウキウキした気分になります。

le 18 Octobre 2007

ラ〜ブレタ〜フロ〜ムカナ〜ダ〜♪と懐かしのヒットソンングが頭の中を駆け巡っていますが、今日郵便受けに届いたポストカードはモナコより、送り主は Jojo ;-)
時間が無くて最終日までなかなかかけなかった様で、本人の方が先にパリ入りしてしまいましたが、郵便の中に見つけて嬉しかったです :-)) ( 実はパンを買いに行ってくれた Jojo が配達してくれました。)

下に敷いたのは今回の仕事の目的であった某メーカーのヨットクラブのバッグだそうでお土産に頂いたそうです。中にはメンズパーカーとポーチなんかも入っていました。実際に着るかどうかどうかは別として、サイズが Jojo にピッタリで驚きでした。

モナコと言えばグレース・ケリー。そういえば私が以前あの地を訪れた時に、英国エリザベス女王のアイテムコレクションの幅を広げてグレース公妃のアイテムもゲット出来ないかと目論んでお土産屋さんなんかを見て回ったのですが、既に亡くなっていますし、昔の物も残っていなく皆無に等しく残念な思いをしたことがありました。もしかしたら蚤の市(大体あの国に蚤の市なんてあるのかも?ですが、、、。)とかニースあたりで見つかったりするのかもしれませんね ;-)
現在死後25周年を記念したグレース公妃の回顧展が開催されているという前情報を掴んでいたので、せめてカタログとかをお土産に欲しいな〜なんて思っていましたが、全然自由な時間が無かったそうなのです。パリにもこの展覧会が巡り回って来る事に期待致しましょう。


Love Letter from Monaco

La boite de Couture

le 17 Septembre 2007

Jojo が出張を終えパリに戻って来ました。何時の飛行機かも知らされていなかったので(最も本人も知らなかったそうなので無理もないです)、午後の始めに空港から電話が鳴った時は驚いてしまいました。
帰宅したばかりだというのに別件の仕事でクライアントのオフィスに行かなけらばならず、その足で別所の友人宅にも寄って借りていた物を返却、これからメトロで帰るからと電話があった直後に、久々に合う友人とバッタリ出会してしまったから一杯つき合ってから帰ると、、、9時にやっと戻って来ましたが、本日中にチェックしなければならない仕事もあるそうなので休息までは遠い道のりとなりそうです。お疲れさまです。

私は来月の仕事の為に秋物のお買い物 ;-) カタログを手にしてからずっと狙っていたコートを net ショッピングしました。どのみち通販ですので直営店に出向こうがnetで注文しようが送料はかかりますし、直接実物がお店に在る訳ではないので(在る物もあるのですけどね)出向いて列を作って待つという手間を省きました。ついでに Jojo の靴も注文。定番の靴が今季のカタログに載っていたのでラッキーでした。一回のオーダーでまとめたかったのですが、特典をフルに利用しようとなると、別々に注文した方が良さそうでしたので、送料は二回分支払わなくてはならなく、なんだか勿体なくも感じるのですが分けることにしました。実はもうひとつ(二つか三つになるかも)別口オーダー入れる予定の物があります。送料だけでもバカにならないですね、、、。

画像のお姫様と王子様のイラストがロマンティックなアンティーク缶はしばらく前に見つけた物でして、ソーイングボックスにしたいと思ってゲットしました。元々缶や箱物が好きですからアンテナが働きました。そして柔らかいサーモンピンクに似合う様なアイテムをいろいろと詰め込んでみました ;-) こちら、COUTURE のコーナーにご紹介するつもりでいます。他にもトキメキのソーイングセットを準備中です ;-))

le 16 Septembre 2007

先程ドヤドヤと階段の登りお隣に来客有り。もしかしたら住人の可能性もあり。
そして9時になる前頃からすっかり出来上がっている様子で、大声でフランス国歌のマルセイェーズを大声で歌うのが聞こえて来ます :-( 又何かの試合があったのでしょうか?そういえば一人でお留守番の日が続いているので、インターネットのニュースすら観ていない事に気付きました。

さすがに遠出したパーティーの翌日は疲れています。JOURNALとブログを更新して床に就いたのも遅かったですし。何よりも目が疲れていて、コンピューターの画面を見ていると目がショボショボになります。もちろんリネンの目を追う気にもなれません。

ということで本日は商品棚卸し、と大袈裟なものでもありませんが、BOUTIQUE の商品整理は部屋中がいっぱいになるので Jojo が居ると落ち着いて出来ませんし ( もっとも Joojo がうちで仕事をしている時に私がそんなことを始めると落ち着いて仕事が出来ないとう説も、、、 )、留守を機にストック商品などもチェックしました。オーナーの特権で、カタログの中からちょっと買い取りしたい物も見つけてしまったり ;-) (そのうちひっそりとカタログから外す予定)購入してそのまま忘れていた物も発見したり(そのうちカタログでご紹介する事にしましょう)、スカスカになっている箱の中を詰め替えたり、と苦労の割りに外から見た目には何一つ変わってないのですがよりオーガーナイズして整理しました。

この糸はフランス語で書かれていますがベルギーの糸。ラベルをよーく見ると1889年のパリ万博でグランプリを受賞したことがあるようです。成る程しっかり下糸で品質も良さそうです。ミントコンディションで、ラベルも綺麗なまま、というのも包み紙に入ったまま見つけてセット購入しましたから ;-) でもアンティークの糸ってラベルも綺麗なので、新品で手にしてしまうと使用するのに躊躇いを感じてしまいます。このままコレクションとして裁縫箱に忍ばせるか、糸の使い心地を試してみるか、、、う〜ん、悩みますね。使用してもラベルを外してコラージュなどに使用するテもありかしら ;-) 少しまとまった数がありますので、COUTURE のコーナーでもご紹介するつもりです。
友人から聞きましたが、日本の古い糸は湿度の為に保存が悪いと結構プチプチ切れて使い物にならないんだとか。それに比べますとこちらは乾燥していますから、コットンや麻糸は問題無く使えます。シルク糸も虫食いや直射日光に注意すれば古い物でも問題無し(というのはあくまで私の経験上ですが、、、。)出来上がりの刺繍ものやシルク生地は結構繊細でちょっと引っ張ると切れてしまうものもありますけどね。殊にジョーゼットなんかがそう。多分それは空気に触れていたり、汚れがあったり保存状態が悪かったからなのでしょうが。

ちなみに1889年のパリ万博はフランス革命100周年の記念式典でもあり、エッフェル塔が建設された年でもあります。


Fils Belge

La Gague comme Raisin

le 15 Septembre 2007

本日パリ脱出。パリ南西の田舎に遠出して来ました。そして日付が変わってからの帰宅です。

20年来の友人のママが催したパーティーで、場所は田舎町の市役所ののパーティー会場。天気予報ではお天気が崩れると行っていて、行きの車の中でグレーな空を案じていましたが、到着してみると青空が広がり、芝生のある庭でアペリティフが始まり好調なスタート ;-)

前日まで心配していた交通手段はパリに住んでいるというママの友人が一緒に車に乗せて行ってくれることになったので助かりました。というのも、モンパルナスの国鉄駅から1時間に一本あるかないかの電車に乗って最寄り駅まで着いたとしても、そこから会場まではとても歩いて行ける距離ではありませんし、だいたいバスがあるのかも確かではありませんから。そうです、田舎での生活は車が必須なのです。

12時半、ほぼ時間通りに到着し、すでにお手伝いしている方達の間に混ざってアペリティフのスープ・ドゥ・シャンパーニュ作りを私も手伝いました。すでに用意してあったツブツブオレンジジュースとクアントローの入った大きな器二つの中にシャンパン12本を流し込んだだけですが ;-) しばらくすると友人夫婦も子供と奥さんの妹連れでやって来て久々の再会。 2歳半になるという二人目の子供とは初めてのご対面で、こんなに長く合っていなかったと実感したのでした。その後友人の妹やパパも現れ、更に再会を喜び合いました。
今回はママの友人達が中心で、古くからの友人、現在住んでいる町の友人などなど、中年層のマダムやカップル、その子供達といった顔ぶれで、多分過去のイベントで出逢った方達もいるはずですが、記憶の中では名前と一致しない方ばかり。
友人達のテーブルで食事をし、その都度擦れ違い立ち止まった人達とお喋りをし、友人達が切り上げたあとも誰かしら話し相手が居て、退屈することなく過ごす事が出来ました。

フランス人のパーティーでは、招待されても、殊に人数が多い時には放ったらかしになることがあります。どのパーティーでもそうだと思いますが、主催者は一人に付きっきりになる訳にはいきませんからね。こういう時にパートナーが一緒にいれば一人ポツンとなることは免れます。ですが今日は Jojo の不在、元々私の友人達ではありますが、多分彼等のパーティーにこの15年で一人で出席するのは初めてのことではないかと思うのです。ちょっぴり心細くもあったのですが、その心配も打ち消す様に皆温かい人達でした。

会社勤めをしていた頃はフランス企業でしたので周りもフランス人ばかりでしたが、私達の周りは外国人の友人達が多いので、フランス人の友人カップルもミックスだったり、パーティーでも外国語が飛び交う事が多いのです。ですが今日はフランス人の中に唯一の外国人(正確にはパパさんがヨーロピアンな外国人ですが)といった感じだったのです。そんな中で人数が少なくなってからも話は止まず、もっとも車でパリまで送ってくれる人に帰宅時間も委ねていましたが、一時間半の車の中でもずっと喋り続け家路に着いたのは夜中の12時半でした。

こちらの指輪は蚤の市で見つけたヴィンテージで最近のお気に入り。ブドウ色でこれからの季節にピッタリです ;-)

le 14 Septembre 2007

昨夜は疲れていたので12時前に床に就きました。私の普段の生活からはとても考えられない事です。一人なのにそれなりに忙しく、寂しい思いをする暇も無しです。なんたって傍らに可愛い坊やが寄り添ってますしね ;-)

こちらのミニサイズのマフィンは先日カルーセル・ドゥ・ルーブルで購入して来たものです。買い物の後にちょっと小腹が空いていたので、カフェで大きいサイズを Jojo と一緒に半分こして、翌日のプティ・デジュネ用に一口サイズの詰め合わせセットを買いました。小さいサイズですといろいろなテイストがお味見出来るからいいんです。マフィンの専門店ですので、ちょっと思いつかないようなレシピのものまであって、ポイント高し。しかも美味しいのです。
小さいのでは展開していませんでしたが(或いは品切れ)レモン&ピボワンヌ(芥子の実)とか、イチジク&セサミとか、、、。

ところでアメリカではマフィンと言ったらこのお菓子パンのマフィンが一般的ですが、イギリスではベーコンエッグなんかを挟む丸いパンのことを指しますよね。時々どちらのことかしらと混同してしまいますが、どちらも大好きです。


Mini Muffins

Echarpe en crochet

le 13 Septembre 2007

昨夜は日記更新後に、なんと準備したバゲージからスーツケースに入れ替えるというハプニングがありました。出発前夜の11時にですよ :-( 荷物の数が多すぎて、本来でしたら一緒に行く人が Jojo の着替えをひとまとめにスーツケースに入れてくれる事になっていたのですが、どうもややこしくなりすぎて急遽変更。
スーツケースは普段シーズンオフの洋服の収納庫となっていますので、急に必要となるとその入れ替えで大変なのです。しかも私の役目です :-((

その後はアレが必要、コレが必要、と生地のストックまでひっくり返して夜中まで荷造り。Jojo が就寝した後もボタン付けしたり、、、スーツケースを閉めた後に鍵が無い事に気付き探したり、と本当にギリギリでした。
もしも一人でしたらそれはそれでどうにかするのでしょうが、傍らに誰か居ると頼りたくなってしまうもの。私もコンピューターのことなどは頼りっきりですし、まぁそれもバランスということにしときましょう。

ところで予備のネクタイを探すのにクローゼットを軽くチェックしましたら、奥の方からクロッシェのマフラーが出て来ました。何時どこで買ったかも覚えていないくらい、多分蚤の市か古着屋さんで見つけたもの。買ってはみたものの、今まで首に巻いた覚えは無し。だいたい持っていること自体忘れていたのですから無理もないのですが、せっかく見つけたのでワードローブに加えようと思います。近頃、朝夕随分と涼しくなりましたし、すぐにでも使えそうです ;-)
たまにクローゼットの奥を整理するといいことありますね :-))

le 12 Septembre 2007

Jojo が明日から海外出張。(と言ってもお隣の国です。)そしてその準備でなぜか私まで忙しいです。

2ヶ月前から分かっていた事なのに、どうしてギリギリまで準備ができないのでしょう。コスチュームの件も、今回はギリギリにならないように準備するから、と確かに声に出して言っていた筈なのに揃えたのは出発の3日前。昨日防犯装置の取り忘れたシャツをお店に持って行き、昨夜スーツもチェックしてみると、なんとパンツの防犯装置も付いたまま、、、。仕方ないので今日もお店に戻ることになってしまいました。本人が、ですけどね。ついでにシャツのサイズがやっぱり合わなかったので ( というか散々私が悪態をついたからでしょう ) お取り替え。先日サイズの合う物が品切れで、大きいのにしてしまったのですが、妥協はいけませんよ、妥協は!

昨夜はズボンの裾上げ、今日は Jojo が出かけている間におニューのシャツのアイロンがけ。旅行バッグを出して洋服、トワレット用品の準備、軽く洗濯、などなどを進めておきましたが、持ち物は本人がチェックしないといけませんし、荷造りもなかなか進みません。しかも今回、持ち物がすごーく多いのですよ。

当の本人は今朝クライアントのオフィスに行き、別所で出張に必要な機材を揃え、その後でお店に、再びクライアントから連絡が在り又オフィスに、そして帰って来てから靴ひも探し。ソワレ用の予備の靴の靴ひもがなんと切れていたというのです。近所で探すこと一時間。こういうことこそ、夏の間に準備出来た事なのに、、、。

私は、宿題を仕上げるのはギリギリでしたが、こういう旅行の準備はかなり早い時点から準備を進める方でして、今回は自分が行かないにしても出発直前までなにひとつ準備出来ていないのは傍らで見ていてハラハラ、というよりイライラしてきます。

先程帰宅して洋服の準備がフィニッシュ。あとはカメラ機材やコンピューターなどなど、これは何か忘れると大変ですし本人しか分かりませんので私は手を出しません。パスポートはカバンに入れたし( 旅行で一番大切な物!)忘れ物は何もないかしら、、、。

普段の旅行ならカジュアル一辺倒ですが、なぜかこんなスーツ用の旅行カバンも持ってます。ベーシックにランセルです。先日買い求めたスーツにもちゃんと携帯用のカバーが付いていましたが、こちらの方が高そうに見えるので詰め替えました ;-) リュックスなホテルに滞在するそうなのでね ;-))


Bagege de Costume

Un coup de vieux...

le 11 Septembre 2007

Myu が最近やたらと泣きます。鳴いているというよりは泣いているように感じられます。何処かが痛いのか?何かを訴えたいのか?Mookie を探して呼んでいるのか? 夜泣きもなのですが近頃は昼間も。あとトイレでもピッピーをしながら(正確にはする直前です)時々大きな声で叫びますし、食事の後も餌によりけりですがやはり鳴きます。

もしかしたら退屈しているだけなのかもしれませんが、心配ですので獣医さんに連れて行きました。先日お世話になった所に鞍替えしようかと思ったのですが、当たってくれた親切な先生はどうやら普段の診察は診ていない様で、だったらわざわざ遠くまで行くのも Myu が可哀想ですし、今までの病状を診てくれていた近所の獣医さんにしました。あまりにも業務的で診察中動物への愛情があまり感じられないのがネックでもあるのですが(あと実は料金がうさん臭くもあるのですが、、、)腕は良さそうですから。

年寄りだから精神的なバランスが崩れて来ているかもしれないと、相方を無くしてしまったのも大きな原因かもしれないと、、、。あと春の診察でもそうでしたが、肝臓の調子が良く無く、悪化しているようです。更に、歯もよろしくなくて、これは前回石灰を取り除く手術をするには眠らせなくてはいけなくて、年寄りでリスクがあるし、肝臓の治療として薬を飲む事にしたので見送りとなっていたのです。
でも食事をしていても歯が痛い筈だろうし、獣医は歯石除去の手術を勧めています。でもリスクがあるというのが怖すぎるので悩んでいます。

今日は右腕と左腕のどちらからも採血し、更に背中に栄養剤の注射まで打たれて可哀想な Myu ちゃん。大嫌いなお薬も飲まなければならないし、増々可愛そう。

昼間エキサイティングしすぎたせいか、今は疲れておとなしく私の傍らで椅子をシェアして寝ています。

le 10 Septembre 2007

今日は珍しく Jojo のお買い物につき合う為にオペラの方まで出かけて来ました。4時に待ち合わせ、Jojo の出かけ先からすぐの場所だというのに20分も遅刻ですよ :-( 人が多かったので待っているだけで疲れちゃいましたよ :-((

普段 Tシャツとジーンズがユニフォームの彼なのに ( 仕事もコレ!)或るお仕事の出張の為にコスチュームが必要になってしまったのです。ラフ・シモンズの一張羅は体系が変わってしまった為にクローゼットの肥やしとなってしまい、ブラック・タイのソワレに着ていく服が無い、、、ということで秋物が店頭に揃ったところでお買い物です。ついでにワイシャツとネクタイも新調。

私のお買い物は一人の時の方がゆっくり選べるので今日のところは見送りました。でも靴下だけゲット。キラキラのジグザグが綺麗です。今シーズンも活躍しそうなレギンスもシルバーとゴールドの両方を揃えました。前シーズンのワンピースやスカートなども、レギンスを合わせただけで今っぽく見えるので便利なアイテムです。今年は黒だけでなくプリントやレーシータイプも出てますし、コーディネートの幅が広がりますね ;-)

ところで今日のお買い物のシャツに防犯よけのバッジ(?)が付いたまま、、、どうやらお店の人が取り忘れてしまったみたい。普通お店を出る時に鳴る筈なのですが、雑音が多すぎたせいか気付かなかったです。コレって普通には取り外せないので、お店に戻らないといけない、、、。時間がタイトで、しかも忙しいのにショップのこういうミステイクは痛いです。レジに並んでいたのは私達だけだったのに、、、。


Leggings et chaussettes argente

Lettre de 19eme siecle

le 9 Septembre 2007

昨夜はインターネットのサーバーがダウンしてしまってなかなかネットに繋がりませんでした。そして夜中にやっと繋がったと思えば、今度はサイトのサーバーのダータベースが消滅してしまっていて(!)JOURNAL の更新どころか頁の全てにワーニングメッセージが現れ、ダータ管理している箇所や頁が空欄になっていました(涙)。サイトの全てを一応バックアップしてあるのでそれ程パニック状態にはなりませんでしたが、かなり冷や冷やものでした。
サーバーと何度かメールを交わせ ( こういう時に Webマスターが側に居ると助かります。感謝!)、一晩経ったら元に戻っていました。本当に良かったです。トラブルのあった時間帯にサイトにいらして下さった方々にはご迷惑をおかけしました。今後のサイトの観覧トラブル、或いは緊急なお知らせなどはブログで告知してきますので、その旨宜しくお願い致します。
尚、メールの返事が無い場合にもなんらかのトラブルで受信出来ていない場合もありますので、再度メールして頂くかブログの最新の日付の頁に書き込んでお知らせ頂きますと助かります。(*管理人にしか見えない書き込みという設定もございます。)

この数日間レースと戯れて過ごしましたが、今日の主役はレターの方、黒いレースは脇役です。19世紀末、ズバリ1896年の新聞(雑誌?)の中に見つけました文頭のフォント、まるでハンカチに刺繍した様なエレガントなデザインでとっても素敵なのです。他のレターは全て違うデザインなのですが、一年分をまとめた装丁本なのでレターだけを拾っていくとちょっとしたアルファベット集が出来るかもしれません ;-)

le 8 Septembre 2007

最後の夏日を思わせる晴天、陽射しも強く暑かったです。もしかして残暑でしょうか?!今日は午後のゆっくり目の時間帯に蚤の市に繰り出して来ました。先週レースの類をかなり買付けたので今日は軽い気持ちで掘り出し物はないかしら、とそれ程気合いも入れずに軽〜く流しました。

それでもレースとかリネンを少しゲット。そして最後に出逢ったのがこちらの本で、さながら美人女優達のグラビア写真集といった感じでしょうか。多くは舞台衣装のエレガントなドレスに身を包み、腕や脚が露になっている写真もありますが、今と違って肌の露出度が非常に少ないです(笑)。
多分19世紀末、パラパラっと頁を捲りつつ Jojo にも見せて確認しましたが、やっぱり19世紀末だよ、と。ということはサラ・ベルナールの時代でしょうかね?!と最初の頁を開いたら、一頁目にそのご本人、Sarah Bernhardt の麗しい姿が現れました!やっぱり ;-) (*マウスオーバー)

写真を囲っているイラストのフレームに惹かれて購入したのですが、当時の衣装も興味深いです。いつも古いファッションイラストで眺めているドレスのボリューム感や素材が写真の方がより分かりやすいですからね。但し色については想像力を働かせなくてはなりません ;-)



Livre ancien - Nos Jolies Actrices

Lot de Dentelle Ancienne

le 7 Septembre 2007

今夜はどうやらサッカーかラグビーの試合があるようで(?)外が騒がしいです。先程9時半位からウォーウォーという歓声が飛び交い、一体何事なのか?!近所の広場かバーに違いないと先程ヤジ馬根性丸出しで Jojo が外に出て様子を見て来ました。なんのことはない、うちのお隣さんが窓を開けたバルコンで騒ぎまくっていた様です。成る程、先程から何度もドアが開いたり閉まったりしているのが聞こえて来ています。一年位前から(?)若い男性が二人でシェアしていて、よく友人を読んでパーティーをしているので、今夜もバカンス明けの週末を前に大騒ぎしているのでしょう、、、。
涼しくなって来たので窓を閉めたら、今度は壁を伝って騒ぎが聞こえて来ます :-( 多分いつもの例ですと明け方2時か3時までこの騒ぎが続き、前回は彼等の真下の住民がいい加減にしてくれと怒鳴り込み来ていたので、我々がドアを叩くまでもないのです。私達はお隣さんの引越パーティーの翌日にすでに釘を刺していますしね。タイミング悪く次の日は二人とも仕事が早かったので、音楽が明け方4時までガンガン鳴っていては安眠妨害もいいところですもの。
まぁフランスではこうしたホームパーティーは当たり前で、自分が踊って楽しんでいる側でしたらいいですが、隣人にはいい迷惑、と身勝手な解釈でもあります。
どうやら試合は終わった様で、音楽が始まりました、、、さて今夜は眠りに就けるでしょうか?

さて、BRIC-A-BRAC の更新に引き続きまして COUTURE のコーナーを更新しました。今回のアイテム数は少ないですが、それぞれのアイテムにアンティークのレースをギッシリ詰め込みました。
短いものから長いものまで、小物作りなどには充分な長さですし、中にはキズのあるものもありますがアンティークの風合いを生かして実用するのがいいかと思います。
例えばクロスステッチではアンティーク調に仕上げる為にわざと茶色いシミを付けたり紅茶でむら染めしたり、或いは鋏でかき傷などを作ったりすることもありますが、すでに使用感のあるレースはそんなトリックをしなくともアンティーク・ライクな物が簡単に表現することが出来たりします ;-)
↓の4日の日記でも少し書きましたが、ミントコンディションのレースはコレクションとして眺めているのはいいですが(もちろん実用にも活用もしますけどね)ハサミを入れるのにかなりの勇気が要ります。でもちょっとキズありのものですと思い切りハサミを入れたり糊付けして、まさに簡単クラフトにはもってこい。いろいろ冒険するのにもいいのです。私はこうしたレースをかごに2〜3杯分くらい手元に置いて、いつでも何かに役立てられる様に用意しています。
レースの好きな方、ハンドメイドの好きな方、是非ご覧下さいね。

COUTURE <---- click

le 6 Septembre 2007

大変お待たせ致しました。本日 BRIC-A-BRAC のコーナーを更新しました。

以前チラっと鍵穴プレートをこの頁でも載せた事がありますが、デザインの違うものを数種皆様にもご紹介です。エレガントなデザインで、ドアや引き出しの鍵穴のデコレーションとして取り付けても良いですし、コラージュやカルトナージュにご使用されてもいいのではないかと思います。

シンプルなドアや何の変哲も無い引き出しや木箱にこの鍵穴を取り付けただけで、フランス様式に早変わり!ヨーロピアンなエスプルが感じられるようになることでしょう。

是非覗いてみて下さいね。

BRIC-A-BRAC <--- click


Decor de Clef

Bague de Coccinelle

le 5 Septembre 2007

朝起きてから仕事のメールと格闘していたのですが、数字の確認があるものはどっぷりと疲れてしまいます。午後は電話のやり取りで継続していたのでお仕事モードでした。

カタログの準備も同時に進めています。COUTURE と予告しましたが、BRIC-A-BRAC が先になりそうです。というのも随分前にやりかけていたのを思い出しました。どちらもアイテム数は少ないので立て続けに更新すると思います。そしてこれらの更新後に続く、COUTURE のストックを順次カタログ用に進めていきたいと思います。バカンスも終わりましたので、止まっていたネジを巻き直しています。

ヴィンテージの小さな指輪は子供用。かろうじて小指にはめる事が出来ました。こういう小さいリングはチェーンに通してペンダントにしてもいいかも ;-)

le 4 Septembre 2007

久々にカタログの準備をしています。でもお天気がコロコロと変わるのでちょっとカラー調整が大変です。WEBマスターが忙しくていつ更新出来るか分かりませんが、取り敢えず私のパート分を進める事にします。

今準備しているのは COUTURE のカタログで、大量のレースや刺繍サンプルなんかをセットにしてご紹介する予定。傷や染みのあるレースなどはコレクションというよりも小物作りに活用して第二の歩ませてあげたいと、その使用感も魅力と考えアンティークの風合いを楽しみたいものです。それに、思い切りハサミを入れられるのがいいのです ;-)

この JOURNAL の頁やブログを作品発表の場として過去にも手作りの作品をご紹介していますが、レースの端切れなどを使用したものも数々ご提案してきました。簡単クラフトと称しまして制作したヨーグルト瓶のキャンドルポットや小物入れ、ペン立て、空き缶リメイク、筒状のケース、レースのカードやケースなどは10cmとか20cmぐらいのレースで足りてしまいますし、お人形のお洋服なんかも端切れで充分、ピンクッションやニードルケースなどのソーイング小物も5cmか10cm、ほんのアクセント程度にアンティークレースを使用するとチャーミングな小物が出来上がります。

こちらもそんなカットワークレースの端切れ、思いっきり破けているのですが、時間をかけて施してハンドメイドの刺繍を無駄にはしたくないので、残りの部分を何かに活かしたいな〜とアイデアを思い巡らせているところです。


Coupon de tissu brode

Sous-tasse en crochet

le 3 Septembre 2007

Myu は食べる事が好き、寝るのも好き。でも病院嫌い、薬も嫌い。今回は歯の薬として液体の薬を処方してもらっているのですが、スポイトで奥歯に流し込むのにとにかく嫌がって、あわわと舌を噛みそうになっているのがなんとも哀れです。それに暴れるのからとにかく大変、二人掛かりで押さえつけて口の中に流し込んでいます。
固形の薬の時も泡を吹き出す勢いでいつも拒否してました。Mookie なんて毎日掌に載せた薬をパクっと食べていたのに、猫でもこんなに違うものなのです。
顎の消毒はスーッと気持ちいいのか、おとなしくしています。気になって後ろ足で引っ掻くからか、拭いたら血が出ていました。でもそれほど痛みは感じていない様です。

毛糸のコースターとミニドイリーは夏前に編んだものですが、これからの季節に使うのに丁度いいです。コースターは4つ編んだ筈なのに一つ行方不明、、、まぁ片付けをすればそのうち出て来ることでしょう。

le 2 Septembre 2007

このレースの山は何かと言いますと、昨日買付けたアンティークレースです。結構積み重なっています。しかもこれが全部ではなく他にも軽く一山分在ります。一日でこれだけ買付けるので、長年のコレクションレースがどんなかはご想像にお任せします ;-)

ところで収納とお手入れ方法ですが、コレクション用は大きなグループ分けでアイリッシュレース、クロッシェレース、ボビンレース、フィレース、、と箱やファルに。他のレースに関してはニードルレース、マシーンレース、産地別に分かる範囲でそれぞれをジップロックに。黒いレースやモチーフものは更に別に、、、。
すぐに使いたいと思っている普段使い用のレースはパニエや箱や袋に、やはりアイテム毎やコンディションによって収納分けしています。あとカタログ用にもセット商品として用意している物が別にあります。

そして全てが全てではありませんが、使用前にお洗濯することもあります。アンティークものはレースも刺繍も繊細だったりするので、ガンガンお洗濯という訳にもいきませんが、古着同様汚れやシミがあったり、又長年カーブにしまわれていた物などは匂いもちょっと気になるものもありますし(喫煙者の持ち物は煙草の匂いがしたり、とか、、、)、そんな時は軽く洗う様にしています。もちろん全部ではありませんし、毎回でもありません。
でも昨日はかなりの量をまとめて洗いました。すっごい量でしたので伸ばしながら乾かすのも一苦労、今日はアイロンがけに午後の大半を費やしてしまいました。大変ですが、楽しいひとときでもあります。

このエネルギーを家の片付けにも活かしてはどうか、というのは Jojo のご意見 :-(
明日はこのレースの山を片付けねばならないし、やっつけなければならない仕事のメールもあるし、サイトのお仕事もありますし、うちの事は当分後回しになりそうです、、、。Sorry ...


Plein de dentelles

Dentelle x Broderie

le 1er Septmbre 2007

あっという間に夏のバカンスも終わり新学期のシーズンになりました。パリは8月の間秋の様な陽気でしたので、秋が来た!という季節の変わり目の実感がありません。それでもなんとなくバカンス気分も抜けて気が忙しなくなっています。

今日は月初めではありますが、バカンス明けの蚤の市ということで張り切って出かけ張り切って買い付けをして来ました。例によってレースや刺繍アイテムが中心ですが、夏の間私達が遊んでいる間にも業者さん達はお仕事をしていたのがありありと分かる品揃えで、有難いことです。しかしこの有難さ、肩にしっかり重みを感じて腰に来てしまいました。痛いです :-(
しかしながら戦利品のレース達は眺めているとその痛みも忘れさせてくれる程に美しいです。こちらもそのひとつ、二つセットで見つけたのですが何だったのでしょう?ブラウスのカフス?それとも何かのデコレーション?!中央の薔薇のモチーフがハンドステッチで、その周りを繊細なレースが一周しています。刺繍とレースの組み合わせって大好き!で、ハンド刺繍だとついつい裏のステッチもチェックしてしまいます ;-)

午後は Myu の顎にハゲ発見!いえ、実は昨日気付いていました。顎に黒い斑点が在り気になって触ってみるとかさぶたの様な物と一緒に毛が少し一塊分抜けたのです。ほんの小さな塊ですけどね。Jojo にそれを確認してもらうと、もしかしたら歯が化膿して顎に影響したんじゃないか?って心配になったので急遽獣医さんにアポイントを取って診てもらいました。でも単なる出来物みたいな物で、消毒するだけでいいみたいです。
でも歯に歯石が溜まっていて痛そうなので、そちらはお薬を流し込むように処方してくれました。年寄りで前回の検査でも尿素が高かったですし、又近々検査しなくてはなりそうです。
今日はうちの近所のいつもお世話になっている獣医さんがお休みの様でしたので(電話の応答がなかったので)、少し離れた別のクリニックに連れて行きました。今日当てってくれた獣医さん、とても親切な方で動物好きという事が見て取れて好感が持てました。対応が良かったのでこのままクリニックを変えてしまおうかと検討中です。
ところで Myu は診察中もミャアミャア騒いで、先生にお喋りだと驚かれていました。親切な方なので喋る猫は好きですよ、とも言ってくれましたけどね。待合室でも他のニャンコとキャリー越しに向かい合い、一方の猫ちゃんはおとなしくしているというのに Myu ったら又騒ぐし、なんだか落ち着きの無い子供をを連れている様で恥ずかしかったです。もちろんキャリーボックスの中に入れられたのが気に入らないらしく、道でも騒ぎまくり行き交う人達の注目の的でした。まったく爺ちゃんのくせして子供みたいです(笑)


go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdivider divideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash