le 31 Mars 2007

昨夜は結局夜中の3時までスインピークスを観てしまいましたが、まだ終わらない、、、続きは又今度観ることにしましょう。

午後は家族と初スカイプの予定で、コンピューターに設置されているカメラで映像も映す予定でしたので化粧して待機していましたのに、姉の都合がつかず(というか登録手続きをして頂く方との都合がつかず)延期になってしまいました。
電話の通話料も一昔前に比べるとかなり安くなったので気軽にかけられるようになりましたが、スカイプでしたら無料、しかも声だけではなく相手の顔が見れるというのもより近くに感じられるので遠くに暮らしている家族にとっては嬉しいことです。
webカムは Jojo のコンピューターにしか付いていないので、私のコンピューターにも取り付けよ!と要求されています。まぁ、そのうちにね。

今夜はカナダ人の友人達がパリに来ているので一緒に夕食の予定です。ファイヤーキングのティーカップをプレゼントしてくれた、例の友人達です。レストランの後に我が家にも立ち寄るので必死に片付け中。
そういえば姉も、本来なら来客を迎える筈だったので前の日に必死で家中を片付けたと電話口で言っていましたが、血は争えないなと思いました(笑)。でも必死になって片付けたのは父と母ですって(爆)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先程帰宅。夕食はモンパルナスの側の La Coupole ( ラ・クポール)でクラシックなフランス料理を頂きました。アールデコなインテリアのとても広いカフェ・レストラン、15年振り位かもしれません。パティシエの友人の帰国前、食べた料理はスペシャリストのシュクルート、すごい量だったのを覚えています。あっ、でもその後ホットワインを飲んだのもこのカフェ、テーブルを挟んだ相手は誰だったかしら?!私の記憶では Jojo ですが、彼は記憶に無いって言ってます。忘れたんでしょうかね?!

話が脱線しましたが、その後我が家に寄って Jojo が午後マキシムのワイン試飲会にてゲットしたアルザスワインでグラスを傾けつつお喋り。
そして又お土産にファイヤーキングのティーカップとプレートを頂いちゃいました :-) 暮れに贈って下さったカップ&ソーサーとお揃いの稲穂のモチーフです。朝食とか、サンドイッチとか、ハーブティーとか、ヘルシーな物が合いそうです。
ガレージセールで偶然とはいえ同じシリーズの物が見つかるなんてラッキー!カナダではポピュラーなモチーフなのかもしれませんね。 調べてみると’62〜66年に製造されたウィートというディナーウェアのシリーズでした。
友人のパリでの写真展の写真を預かっていたのですが、返却した際一枚額付きでプレゼントしてくれました。Merci beaucoup !


FireKing again !

A Montmartre

le 30 Mars 2007

再び冬に戻ったかと思われる寒さです。夜買い物に出かけた時はスプリングコートではなくダウンが必要かしらと感じた程です。

最近の訪問客多し、一昨日不意打ちでやって来たのは税務署の人。TVが無いと申告しているが本当なのかと確かめにやって来ました。パリは結構TVと無縁の生活をしている人が多いそうです。一昨年より税金申告の紙にTVは無いと印をつけなければ自動的に支払わなければならない仕組みになっています。一昨年は初年度でうっかり印を付けるのを忘れてしまったのですが、昨年はちゃんとチェックしました。そして今年それが本当かどうか確かめにやって来たのです。
前のアパルトマンに暮らしていた時は、9時前の、まだ人がベッドで寝ている部屋まで入って来て調べましたが、今年はドアの前だけで充分と書類にサインしました。

昨日はお湯のタンクが水漏れしてきてそろそろ寿命なので、大家さんが送って来た業者の人が見積もりにやってきました。多分近々タンク交換の工事があると思われます。

今夜は又TVシリーズのツインピークスの続きを観ていますが、最後のエピソードと思いきやまだ続いている、、、あと何話あるのかしら?!
作りかけのヨーヨーも再開、まだまだ延々とチクチクし続けます、、、。

写真は夜のモンマルトル。先日クチュールのショーを観に行った時の帰り道、夜の一人歩きは決して安全とは言えないカルティエでしたので、ほんの一瞬立ち止まって撮影したひとコマです。

le 29 Mars 2007

今朝 Mookie を獣医さんに託し、火葬の手続きをして頂く様お願いしました。せめてもの想い出に遺灰を保管することにしました。友人から田舎の何処かに土葬にするのなら車を調達してくれるという申し出もありましたが、自分たちの土地を持っている訳でもなく、又家族が居る訳でもありませんので、知らぬ土地の土に還すより灰にしてあげる方がよかろうと Jojo と相談してそうしました。
今日は又寒くなり、春の数日間は Mookie の旅立ちの為にあったようにすら感じられます。

いつも居た場所に彼女は居ない、二匹居た猫が一匹だけに、ぽっかりと胸に穴が空いた気分ですが、それは私だけではなく Jojo も Myu も同じ気持ちでしょう。
動物は人間と同じような感情はなく、Myu は悲しいとは感じないと言いますが、Mookie がいつも居たマットの上を探しまわりクッションの匂いを嗅ぎ、部屋をうろうろして Mookie の姿を探す Myu が可哀想でもあります。Mookie が弱っていたことは察知していたと思いますが、居なくなったということはきっと理解していないのでしょう。自然と分かる様になるのでしょうが、16年いつも一緒に寄り添っていた片割れが急にいなくなったのですから、寂しいに違いありません。
居たら居たら自分だけ居心地のいい場所を占領したり、Mookie ばっかり構っているとへそを曲げたりもしたりしていたのに、今日は当惑気味でいつもにも増して愛情を欲しているような気がします。そして落ち着きがない、、、きっとどう表現したらいいか知らずとも、動物にも感情があるのだと思います。Myu の寂しさを私達が埋め、私達の寂しさを Myu が埋めてくれることでしょう。

午後、写真の整理を少ししていました。言わずとも知れたことですが Myu & Mookie の写真が膨大な数です。デジカメを手にしてから猫達を被写体にすることも多く(とは言うもののフィルム写真でもよく撮っていました)、気軽にシャッターを押し続けましたがピンボケ写真も実に多かったのが残念でもあります。ゴミ箱にポイした写真もありますが、ボケてても捨てられない写真がいっぱい。もっとシャッター速度や感度に気を付ければよかったと思うシーンが沢山、嗚呼、、、。動く被写体は難しいです。
今日も想い出の一枚から :-) (*手モデルは Jojo )


Sniff sniff...

Notre petite Mookie

le 28 Mars 2007

穏やかな小春日和な一日、Mookie が旅立ちました。

よろめきながらも今朝自力でおトイレまで行った様子でしたが、11頃に二度目の食事を与えようとしたらそのままボウルにうつ伏せ倒れてしまいました。もう立ち上がる事も頭を支える事もできないようです。
12時に身体が震え苦しんでいる様子で死が近付いている事を察しました。そしてその一時間後に静かに息を引き取りました。

看ているのも辛かったのですが、Mookie 自身が苦しくて一番辛かったに違いありません。動物は死期が近付くとひっそりと死の準備をするらしく、のら猫でしたら急に姿を消してひっそりと死んで行くなんてことを聞いた事があります。
Mookie も自分の身体の衰えを感じ、その時が近付いていたのを察していたことでしょう。

ブログを始めた時に、Myu & Mookie の猫ブログも始めようと考えていました。猫達の語り口調で、ブログ名も Les chats de Cocomo なんていうのはどうだろう、と構想まで考えていましたが、Jojo からストップがかかりました。
仔猫の成長の形を綴るならともかくも、年老いた猫達の毎日は多くの時間を昼寝に費やしそれ程変化に富んだ楽しいものでもない、そして何よりも衰えて行く様子といつか迎える死を綴っていくのはどうだろうかと、、、。そこで従来のように猫ブログではなくサイトの JOURNAL で Myu と Mookie の様子を時々語ることに留める事にしました。

子供は親より先に逝くものではない、そして愛玩動物は飼い主がお世話してあげるものなのだから可愛いペットの死を見届けなければいけないものと思っています。最期まで見届けてあげることができて良かったです。Jojo は仕事で一日居なかったので、Myu と共に Mookie の最期を看取りました。

Myu も Mookie も Jojo の連れ猫ですが、Mookie はまだとても小さい頃に Jojo が道で見つけて保護したそうです。どちらかというと人見知りで気難し屋さんでしたが、私にはよく懐いていましたし年をとってから性格も円くなり来客にも笑顔をふるまい人気者でした。猫の寿命が一般に15年と言われているとしたら、長生きしたのかもしれませんがもっともっと Myu と連れ添って生きて欲しかったです。私達が Myu & Mookie と過ごし幸せだった様に、Mookie も幸せであったと感じてくれていたらいいなと思います。

午後突然降り出した雨、空が泣いていました。きっと Mookie の死を悼んでの涙雨に違いありません、、、。

le 27 Mars 2007

昨夜膨らませたエアーベッド、私が小さくて薄い方に寝るのは不公平ではないかと Jojo に訴えたところ、さすがに本人もそう思ったのか、結局シングルのXLサイズを私に譲ってくれました :-) それ程寝心地も悪くなかったです。
でもJojo は Mookie のトイレの度に3度も目を覚ましてしまったらしく、明日は朝からの仕事があるので寝室で休む事にします。

トイレまで誘導してあげないと時々外してしまうことがありますが、それでもよろめきながら自力でトイレまで行って用を足していますし、あとどれだけ頑張れるのか分かりませんが、その前に私達がバテテしまっては面倒も看てあげられなくなるので生活のリズムも出来るだけ保っていきたいです。(って普段から乱れっぱなしでもあるのですが、、、。)

先日洗ったクッションが、羽根なのでなかなか完璧に乾かず、久々の晴天でしたのでバルコンに出して乾かしていましたら、Myu がちゃっかりその上で日向ボッコを始めました。フワフワのクッションの上でヌクヌクと温かい陽射しに身を任せ、気持ち良さそうでした。動物の本能って本当に不思議、気候に合わせて一番居心地のいい場所をきちんと見つけ出すのですから。って話していましたら " キミと Myu はそういうところがソックリだ!” と言われてしまいました。
さすがに昨夜大きなエアーベッドを奪った後では反論も出来ませんでした(笑)。


Myu au Soleil

Petit theatre a Montmartre

le 26 Mars 2007

夜モンマルトルの小さなテアトルで知人のクチュールのショーを観て来ました。招待状は二枚頂いていましたが、Jojo は Mookie の看護に当たる為直前にキャンセルとなり、一人でお出かけ。

今回がセカンドコレクションで、ファーストコレクションはメールの行き違いで見逃してしまったので楽しみにしていました。地盤作りの為にアンティーク商を営んでいて、彼女のセレクションのセンスとか結構気に入っていたので、アンティーク素材の素晴らしいドレスを期待していたのですが、ちょっと違うかも、、、コルセットとかもありましたが、全体的にアラビアン・チックでインドありモロッコありジャパニーズあり。なんというか、洋裁学校の制作ショーみたいなノリとでも言いましょうか。モデルが周りの友人達でヘアーメイクやコーディネートや構成を自分たちでやった、というのとは別に良しとして、やっぱり服自体がちょっとね、というのが正直な感想です。スタイルも定まっていないし、シルエットや素材使いや色ががどうもマズイ、、、。

洋裁が得意=デザイナーというのでは決して無い。又デザイナーの全てがセンスがいいかというと決してそうでもない。好みの問題かもしれませんが、プロのデザイナーでも、有名クチュリエでも、センスを疑うものって結構ありますからね。
趣味で手作りしてますとか服作りしてます、というのではなく、プロのデザイナーとしてやっていくのならまだまだ学ぶ事がありますね、って感じ。まぁ、お若いし、今後に期待することにしましょう。

さて、我が家のお嬢ちゃま Mookie は昨夜から椅子の上に飛び乗る力も無くなり、ずっと床の上のクッションか窓辺のマットの上で過ごしています。我が家のソファーは元々ソファーベットのマット部分だけを使用していますが(窓の高さの関係上本体のベッドは処分してマットだけにしたのです)、三段重ねのマットの上から下に降りるのでさえも転びそうになったり、かなり弱って来ています。今日は昼間マットの上で過ごしていますが、危ないので回りにクッションを敷き詰めています。昨日まで乗っていた椅子も、もう一人で登る力も無いだろうし、何よりも危ないので畳みました。

トイレまでの長い道のりも辛そうなのでもうひとつ猫用トイレをサロンに設置しようと探しましたが、この辺りのスーパーには何処にも置いていなく、近所にあった筈のペットショップがいつの間にか無くなっていたり、教えて貰ったお店が見つからなかったり、、、と駆け回った挙げ句、結局生活雑貨屋さんで四角い洗面器を見つけ仮設トイレを作ってあげました。

今夜は(も)完全看護。マットは Mookie の専用ベッドとなったので、エアーベッドの登場です。以前友人親子が遊びに来た時に二つ買ってあったのです ;-) で、今ポンプで空気を入れて膨らませているところです。まるでキャンプ場みたい(笑)。しかし問題がひとつ、マットはサイズが違うのですが、なぜ自動的に私が薄いマットになってしまうのー :-(

le 25 Mars 2007

布減らし作戦!昨日からチクチクと円いヨーヨーを沢山作っています。現在78ケ、ちょっと大きめのものを作ろうかと思っているので道のりはまだ遠し、、、せっせとチクチクし続けます。

Mookie の容態が再び悪化、、、昨日は何度餌を与えてもお腹が空いてミャーミャー騒いでいましたのに、今日は足下がフラフラ。椅子から飛び降りるとふらつき、布団の上を歩くとよろめき、足下がおぼつきません。栄養が身体に回っていないので、きっと筋力が落ちているのでしょう。それでも Jojo が抱きかかえると肩まで這い上がるし、あんな高い位置から落ちたりでもしたら大変と冷や冷やでした。
きっと、もう長くはないでしょう、、、今は見守ってあげるのが精一杯です。


Yoyo

Fire King

le 24 Mars 2007

我が家には食器棚なる物がありません。小さなキッチンに取り付けられている棚、これがいわゆる食器棚に当たる訳でして、あとサロンに置いているビュッフェに全ての食器を収納しています。

前者のキッチンに元から取り付けてあった扉付きの棚、大家のご主人のやっつけ仕事的な取り付けのせいか(?)元より古いアパルトマンなので壁が真っ直ぐで無いのも手伝ってか、横から見ると隙間が空いているのがずっと気になっていました。収納スペースが少ないゆえ食器がギッシリ重なっています。

以前友人の友人が、やはりイケアか何処かの取り付け家具の食器棚にいわゆるブランド物の高価な食器を沢山収納していて、或る日その取り付けが甘かった為に棚ごと見事に崩れ落ちたそうな、、、そんな話を耳にしていたので、我が家もいつ落ちるかと不安でもありました。

そこで遂に重い腰を持ち上げて、全ての食器を取り出しチェックしました。グッと押さえつけると少しグラつくのですが、どうやら安定しているようで落ちる事はないであろうということを確認しました。一応ネジをしっかり回し直して、ついでに年末にしなかった棚の掃除までして食器をもとの場所に収めました。

それにしても、二人しか居ないのに結構な数です。中国人はひとつのシリーズで大皿、中皿、小皿、茶碗、、、と揃え、いろいろな種類の食器は持たないと香港の友人に聞いた事があります。確かに、一つの種類で全てのアイテムを揃えるのが理想、それでも洋服と一緒でその日の気分や料理&おやつの雰囲気に合わせてお皿も変えたい。という言い訳の元に沢山になってしまいました。

クローゼットの奥にしまい込んである洋服同様、何枚も積み重なっている下の方にある食器など滅多に出番も無いのですが、お皿に流行がある訳でも無し(しかしながら全く無いとも言い切れませんけどね)欠いたものでも無ければ処分する理由も見つからず、一枚、そして又一枚と積み重なっていくのでした、、、。

このティーカップは昨年暮れにカナダの友人が贈ってくれたもの。私のファースト・ファイヤーキングです!昨年写真展の為にパリに来た彼等に知り合って、すっかり意気投合し、蚤の市巡りが好きだと言う彼等にちゃっかり探し物をお願いしていたのをしっかり覚えてくれていて、ノエルの直前に送ってくれたのでした。ファイヤーキングといえどもいろいろな種類があるようで、リクエストしていたものとは違いますが、もっともカナダっぽいものを選んでくれたそうです。パリではなかなか出逢いの無いモノですので、とっても嬉しいです :-) 実はもうひとつあるのでそちらも又写真を撮ってからご紹介する事にしましょう。

ところで先程ツインピークスの続きを観て、この Journal を書き終えたら寝ましょ、と思っていたらいつの間にか3時!えっ?!もう3時?!
いつの間にやら夏時間に突入したようです。なんだか一時間損した気分です :-(

le 23 Mars 2007

愛の国フランス、恋人達の街パリ!道で、広場で、交差点で、メトロのホームで、老若男女を問わず愛するカップルの抱擁シーンをよく目にします。ここで敢えて”男女”と言わず "カップル”としたのは、この街に同性愛者も実に多いから ;-)

昨日もメトロの中で、正面に座ったカップルがいちゃついているのを横目に、目のやり場に困ったもの、、、二人の男性、しかも70歳以上のムッシュー達、、、。

今夜観た映画は " Paris Je t'aime"" " ( パリ・ジュテーム"" )、オムニバス形式のパリを舞台にしたスケッチ映画です。

パリの街角で繰り広げられる18の愛のストーリーでモンマルトル、セーヌ川河岸、マレー、サン・ミッシェルのカフェ、エッフェル塔、ピガール、中華街、、と舞台が変わり様々な愛の形が織り成される、ちょっとした観光映画ともいえましょう。私達も舞台が変わる度にあっ、あの広場、うちの近所、あそこの道、という風に楽しみました。

場所が移るだけではなく、この映画は監督も役者も全て違うのが特徴。だから前後のエピソードになんら繋がりも無く、ありふれた日常、よくある恋愛話、そしてかなりフィクションの組み込まれたストーリー、それらがパリの空の下で交差しています。監督も、ですが、キャストも見返してみるとかなり凄い役者揃い!名優名シンガー達まで出演しています。

中華街のエピソードは頂けなかったけど、それ以外はまぁまぁ、感傷的なストーリーもありましたが、結構笑えるのもありましたし、ひとつひとつの話が短いので飽きずに楽しむ事が出来ました。

Jojo はコーエン兄弟のメトロのエピソードが一番気に入ったようで(やっぱりね!)、後からそれがコーエン兄弟と知って又々 ”やっぱり!" みたいな感じでした。私はリズムや”写真”的に観てエッフェル塔とサン・ドゥニのストーリーが気に入りました。

Paris Je T'aime


Tour d'Eiffel

Pyjama top

le 22 Mars 2007

ボン・マルシェの催し会場でオート・ポートレート展というのが先日から開催されているので観て来ました。デパートのウィンドウにはフレームのような鏡が飾られていて、手抜きなウィンドウ・ディスプレイにも見えなくもないのですが、これは前を通り過ぎる人達を映し出すという、まさにオート・ポートレートを狙ったものなのです。

有名フォトグラファーのポートレートからモデル、アーティスト、デザイナーと様々な人達が自分自身の姿を捉えた写真がズラリ。もちろん使用したカメラが違うし、手法も違うし、感性も違う。こんなのも有りか、みたいなのもありました。

売り場も一通り見て回りましたが、月初めのパリコレシーズンで春一番のトップ商品がモード関係者により買い漁られた、という印象が無きにしもあらず、、、可愛いパジャマ・トップを見つけたのでゲットしました。そう、ナイトゥエアのトップのみ、パジャマパンツの方はシルエットがどうかしらと悩んだ末、試着も面倒でしたので見送りました。
パジャマって普通セット売りですが、フランスでは結構上下別売りということがよくあります。ランジェリーのセット買いは当たり前だけどパジャマはそうでもない?!
という以前に、お洒落なパジャマって非常に少ないかも?セクシーが基本のフランス人女性ってパジャマって着ないのですよ。ニュイゼットと一般に呼ばれるスリップタイプのナイトウェアが最も一般的です。パジャマはティーンエージャー、丈の長いネグリジェは年配のマダムが好んで着ているいるようで、ナイトウェアのコーナーはランジェリーの華やかさに比べると非常に地味です。そうなるとお洒落なパジャマ派のパリジェンヌ達はどこで調達するかといいますと、CKやフランスブランドのPrincesse tamtam 辺りのブランドでしょうか。
それでも10年一昔に比べると若いコ向けの可愛いナイトゥエアも増えて来た様な気がします。これも時代の移り変わりでしょうかね?!

ところでこのパジャマトップ(というか限りなくランニング)帰宅してから試着してみましたがなかなか可愛いです :-) しかしながらボタン嫌いな Jojo には思い切り不評でした :-( いーの、私が着るんだから!

le 21 Mars 2007

昨日友人とスカイプしたように、イギリスで氷を降らせた雲がパリの上空にやって来ました。昼頃獣医クリニックで Mookie の餌を買っている最中に一回、もの凄い勢いで降り出し、時間を置いて帰宅してからもう一回、更にもう一回、何度も大粒の氷が降りました。頭に直撃していたら結構痛いだろうな〜と窓にへばりついて眺めていました。こういうお天気や突然降り出す雨の時など、フード付きのコートって便利だなと買い物の途中でも頭にヒョイと冠り思ったのでした。

こんなに寒くまだ雪とか降るかもしれない、、、とも思ったのですが、暦の上では春分を迎え春が近付いている訳ですからいつまでも雪景色というのはどうもね、ということでTOP頁を春バージョンにしました。

春をもうひとつ。写真の色とりどりのお花が綺麗な球体のオブジェは何かと言いますと、コレ、なんとスーパーボウルなのです。昨年サイト以外のお仕事で買い付けたもので、もう手元には無いのですが春が来るのを待っていました。
手に取ってよ〜く見るとチープなのですが、ちょっと遠目に、そしてこんな風に飾ってみるととっても綺麗なんですよ。(*マウスオーバーにてもう一枚)
こんなオモチャなのにちょっと生意気なお値段でしたので個人で大人買いするのはためらいを感じてしまいますが、できれば一個や二個ではなくた〜くさん欲しいな〜というのが本心です。


Flower-Superball

Mookie

le 19 Mars 2007

東京で又雪が降ったそうで、そういえばパリも今日当たり初雪が降るかもしれないと言っていた予報は当たらず、、、と思っていましたら、雪ではなく氷が降ったそうです。

久々の Mookie ちゃん。二度目の診察を受けてから一週間が経ちました。初診からやく二週間になります。
もう駄目かもしれない、と目を赤く腫らして過ごしていた頃に比べますと食欲も出て来て動きも軽やかになって来た様に目に映ります。ただ相変わらず肝臓の調子はよろしくないようで、食べた物はそのまま臓器をくぐり抜け外に出てしまいます。食べても食べてもお腹に溜まらないので空腹を訴える数も多く、二匹飼いの為に常に餌をボウルに盛り盛りに与える事も出来ずちょっとずつあげています。お腹が空いている時は Myu の餌にまで食らいついています。あんなに小さいのに Myu の頭を頭付きして、これがサッカーの試合だったら赤札食らってるよ、Mookie ちゃん、みたいな勢いでした(笑)。
たまに Hill's の缶の餌を与えてみたりもしますが、水分が多いせいか食べ過ぎると下痢になってしまいます :-( 昨日ちょうどその缶餌を与えていて、今朝も薬の後に Jojo が残り分を食べさせてあげ、しばらくして又お腹が空いたと寝ていた私を起こしにやってきました。”ハイハイ分かりましたよ。ちょっと待っててね、、、。” と待たせる事10分、いえ15分でしょうか?ベッドの上に乗って来て " ニャ〜ン!(早く起きてよー)” と、次の瞬間起こった事は悪夢の様なな出来事でした、、、。ハイ、すぐに起きなかった私が悪うございました。

以前だったらこの後おしおきというところなのでしょうが、病気の猫を叱る気にもなれず無言で洗濯機を回すのでした。その代わり今日は寝室への立ち入り禁止、寒いのでベッドの中に入りたがっている Myu を制してドアを閉ざしたので、ちょっと不機嫌でした。Mookie の餌に手を出すのもダメ、夜は膝の上に乗りたがっていたのにステッチの最中だったのでストップをかけてしまったし、何処からともなく突然現れる例の”赤い光”を一向に捕まえる事が出来ないし、思い通りにならなくて可哀想な Myu ちゃんです。

写真は昨日の Mookie。お尻の辺りが痩せ過ぎちゃってもうトップモデルは目指せませんが、カメラを向けるとまだまだフォトジェニック眼差しで応えてくれます :-)

le 18 Mars 2007

今日は雨が降ったり止んだり、そういえば近頃気温も上がったり下がったり、春が近付いていたと思っていたら明日は雪が降るとか降らないとか、、、世界中で気象が荒れているようですね。

久々にリネンを引っ張り出してクロスステッチを再開させました。すごく久し振りで、ペースもちょっとノロイです。何に仕立てるかは決めずに取り敢えず刺し始めています。いつもリネンの生地を無駄にしないように、しかも下準備が面倒なので仕付もサイズ測定も無し、いきなり生地の端の方から刺し始め、縦横のサイズが見えて来た所で布をカットします。だからちょっと刺しずらかったりもします。周囲にあまり余裕も無いので、又生地がパリンとしているので枠も使用していません。かなり行き当たりばったりな進め方です。

アンティークが好きで古い物を集めていると、ついつい年代の古い物に価値を見出してしまいがちですが、ファッションにおいては必ずしも古ければいいってものでもなく、トレンドで各年代が巡ってきているように、どの時代もある年突然流行になってしまうものです。過去に何度か巡って来ている'60年代が今シーズンも目につきます。そんな時に参考にしたいのがその時代の映画だったり、雑誌だったり、、、昨年意識して探した雑誌の頁を捲ってみるとありましたよ。シルエットもプリントもメイクも、このまま街を歩いたら流行の最先端!みたいな感じではありませんか。
この時代の物は一冊だけですが、昨日更新しました COUTURE のコーナーにご紹介しています。手作りのアイデアもポップで可愛らしいものが沢山。'60s がお好きな方は是非チェックしてみて下さいね。

COUTURE <---- click


Les anees '60

St. Patrick’s Day

le 17 Mars 2007

フランスではあまり馴染みのない祝日ですが、3月17日の今日は聖パトリック・デーでアイルランドの祝日です。国花であるシャムロック(クローバー)を胸に飾ったり緑色の物を身につけて祝うのだそうです。
こちらはバークライトのヴィンテージ・ブローチ、まさにサン・パトリックス・デイの為のものです。しかも偶然にも今日見つけました!アイルランド系の人とはあまりご縁がありませんが、クローバーのモチーフが好きなので少しずつ集めているアイテムです ;-)

さて、大変お待たせ致しました。BOUTIQUE の更新です。今回 COUTURE でご紹介しますのはすでに予告しましたフランスのとても古い時代の手芸の資料です。ありとあらゆるお針仕事の手引き書、クロスステッチにも利用出来るフィレレースの図案集、そして手芸雑誌、素敵な手作りのアイデアや作り方、当時のファッションや文化を語るエレガントな写真やイラスト、どれもどれも素敵で頁を眺めながらタイムトリップしてしまいそうです。
他に現行(バックナンバー)の雑誌なども少しご紹介しています。どうぞ COUTURE のコーナーにジャンプしてご覧になって下さいね。

COUTURE <---- click

le 16 Mars 2007

昼間はスプリングコートで出かけられる位暖かくなりましたが、朝夕はぐっと冷え込みます。そういえば暖冬だった東京の街に雪がちらついたとか!情報早っ、友人の日記で知りました ;-)

この化粧ポーチは先日の展示会での頂き物。ロンドン在住のブラジル人デザイナー Elisa Atheniense のです。来秋冬コレクションということでシックな色合い、ファースナーを開けると中はゼブラ柄!(*マウスオーバー)ノベルティーにしてはバッグ同様しっかりとした作りです。こういう化粧ポーチは幾つあっても嬉しいものですね :-)))


Trousse de maquilage

I love U :-)

le 15 Mars 2007

Jojo の家族が又昔の写真を送ってくれました。両親の結婚式の写真、父親の髪の毛がふさふさで一瞬誰だか分かりませんでした(笑)。ゆっくり時間を見つけて古い写真を全てスキャンして、その後スクラップブック風にアルバム整理しようかと思っています。多くの写真は彼の母親が写真の裏に年代とかを記していてくれているので、いつの時代のものと分かって助かります。

今日もカタログ更新の準備を進めていました。というか、昨日の写真の撮り直し。選り分け作業を終えたところですが、肩がコ〜リコリ。

バレンタインデーはとっくに過ぎたのに写真の愛のメッセージは何かといいますと、ペンライトで投影したものです。Jojo の家族が送ってくれた写真と共にこんなオモチャまで入っていました :-) 頭の部分を変えると他のモチーフが映し出されます。点だけの物もあるのですが、それを猫達の側に投影すると、特に好奇心旺盛な Myu が興味を持って追いかける。捕まえようとするけど全然捕まらない、そして必死になる姿が可笑しくてたまりません。

le 14 Mars 2007

ふと気付くと今日はホワイトデー(だった)。ヴァレンタインは愛する男女の為の日であり、二人でお祝いし合うのでもちろんお返しの記念日なんていうものはフランスにはありません。頂いたらお返しをする、この律儀な習慣はなんて日本的なのだろうかと思います。チョコみたいに本命クッキー、義理クッキーなんてのがあるのでしょうか?!
そういえば、偶然にも今日のティータイムには先日姉から贈られてきたヨックモックのクッキーをアールグレイと共に食べたのでした ;-)

さぁて、随分長い事カタログの更新を怠ってしまいましたが、そろそろBOUTIQUE を再開しようと準備中です。途中まで準備していたアイテムもあったのですが、新しいカテゴリーは制作にも時間がかかりますので、COUTURE のコーナーから進めていくことにします。
私も個人的にコレクションしている大変古い手芸・クラフト誌も、重複しているナンバーがございますので皆様にもご紹介したいと思います。過去に'50〜60年代の刺繍新聞や手芸誌をご紹介しておりますが、今回は更に遡って100年位前の物をご紹介する予定です。
WEBマスターとの掛け合いにもよりますが、今週中に更新できればと考えておりますので、もう少々お待ち下さいませ。


Journal des Ouvrages tres ancien

Au coin de la cuisine

le 13 Mars 2007

今日アパルトマンのすぐ下で映画かTVの撮影が行われていた様です。午前中外出した Jojo の報告、そういえば昨日駐車ストップの為のロープが張られていました。玄関のドアの方だったみたいなので窓からは見えませんでしたし、私が外出した頃には終わっていました。今度一階のマダムと擦れ違ったら何の撮影だったか聞く事にしましょう ;-)

Mookie は昨日回復していると一安心したところでしたのに、今日はプチ嘔吐と大きな下痢があったのでちょっとヒヤリとさせられました。まだまだ油断は出来ません。朝のお薬をあげようとしたら(お薬係は Jojo)、普段は嫌がるのに、なんとパクリと自分から口の中に入れて"食べた"そうです(笑)。

写真はキッチンの一角、以前取り付けてもらった飾り棚にアンティークのワイヤーパニエをぶら下げています。今朝届いたワガママBOX の中に入っていたお菓子が結構嵩張るので(他のおやつボックスは空きのスペースが無し)パニエの中に収納しました。北海道限定のお菓子 ”じゃがポックル”、太めのフライドポテトでサクサクと美味しいです :-)

le 12 Mars 2007

午前中近所に住むフランス人の友人がやって来ました。今すぐ下にいるから行ってもいいかい?という気軽な関係です。まだパジャマ姿で一杯目のコーヒーを飲んでいた時だったので、慌てて着替えました。でもノーメーク、眼鏡のまま、、、。すごーく久々だったのですごーく話が弾みました。

彼も猫を飼っていて、医者がもう見込みが無いと言っても簡単に鵜呑みにしない方がいいと、、、確かに初診断では肝臓が冒されると厄介で、すでに手遅れと宣告されてしまい、血糖値が下がらなかった場合はかなり危険だと言われましたので衝撃でした。下痢もなかなか治まらず、このまま痩せこけていったら、、、と心配な一週間を過ごしましたが、昨日辺りからちょっとだけ元気になってきたようにも見えていました。

午後一抹の希望を抱えながら獣医さんへ。今日は犬の来客が多く、ちょっぴり不安そうな Mookie ちゃん、順番が来て血液摂取で注射針を刺される時に少しだけ抵抗しました。これも元気が出て来た証拠でしょうか。検査の結果がでるまでに5分程診療室に私達だけになったのですが、Jojo が抱きかかえると以前の様に肩に這い上がり、ジャンプして降りたりしたら今の Mookie には衝撃が多かろうと私が引き離すと今度は私の肩の上へ、なんだか可笑しかったです。そういえば朝から上を見上げては Jojo の肩に登りたさそうだったのです ;-)

さて、検査の結果は先週90あった尿素(血液検査していたので血糖値かと勘違いしてましたが、どうやら尿素の様でした)が60まで下がり、なんとか一命を取り留め回復に向かっている様です。ひとまず安心(ホッ)。ただ油断は禁物で、お薬と食事療法は続けなくてはなりません。もう今以上に肉付きがよくなることはないそうですが、体調が戻ってくれる事を願うばかりです。筋肉が落ちない様にと栄養剤の注射も打ってくれました。
毎日この JOURNAL を読んで下さっている方達、猫好きの方達にご心配かけましたが、ヤマを超えたといった感じですのでこれからも一緒に見守って下さいね。Merci beaucoup !

ところで、獣医クリニックの待合室で同席した飼い主さん達、アポイント制ですので一人か二人入れ替わり立ち替わり、といった感じでもありましたが皆感じのいい方ばかりでした。動物好きの人はいい人が多いのかしら :-)

*写真は今日 Jojo が撮影した一枚。


Mookie :-)))

Magazines de Deco

le 11 Mars 2007

今週は精神の均等を崩してしまい、何も手につかず無意味にボーっと過ごしてしまいました。あと一週間になるのか、あと一ヶ月になるのか、と考えると無償に悲しく、もっとああしてあげれば良かった、こうしてあげれば良かった、とどんなに愛情を注いでいても悔やまれることばかりなのです。長期戦になることを期待して、来週からはもっとポジティブに生活していかなければと思います。

そんな午後、そういえば先月末に買ってそのままだった雑誌を思い出して頁を捲っていました。インテリア雑誌は収納に悩まされつつもついつい買ってしまいます。大抵は書店でパラパラっと見て気に入ったものを買う様にしていますが、センスのいい雑誌は毎号期待を裏切られる事も無く、敢えて頁を捲らなくともそのままレジに直行出来るのも数誌あります。特集やアイテムが気に入って、という場合もありますが、写真とコーディネートが決め手になります。
…写真を撮っていたら Myu が邪魔しにきました(笑)。

今日の Mookie は穏やかです。食欲旺盛でよく食べますが、ちっとも太れない様子、ただ昨日までの様にトイレに駆け込む回数は少ないような気がします。
ただ、病気だから仕方ないのですが、おトイレ以外のところでも排泄してしまうのでちょっと困りもの、、、一緒に過ごしている時はいいのですが、ほぼ毎日の様に特に私達の寝ている間にサロンの床やクッションの上、先日は Myu が気に入って昼寝していたキャリーボックスの中(タオルが敷いてあります)でおトイレしてしまうので朝とんでもないサプライズに出逢います。今朝は私達の寝室にやって来た様で、Jojo が見事に踏んづけました。床やトイレの一歩手前のタイルの上なら始末が簡単ですが、クッションの上となると、、、病院に連れて行く前からその兆候がありましたが、お陰で洗濯物がすごい量です。明日の朝は、、、とちょっと不安でもあります。

Myu は今日も Mookie に寄り添っています :-) Mookie にばかり頻繁に餌を与えるのを遠目に、時々一緒になってボウルに頭を突っ込もうとしますがイイコにしています。逆に、今夜は Myu に与えた餌に興味を持って、Myu の頭を押しのけて食らいついていました(笑)。明日は又獣医さんに診てもらいます。血糖値が下がっていればいいのですが、、、。

le 10 Mars 2007

冬の間 Myu は布団の中に潜り込んで昼寝をするのが常なのですが、今日は Mookie の傍らに寄り添ってずっと一緒に過ごしてます。猫は昏睡状態になると普段とは違う行動になるらしく、まだ自力で動いていますがドクターの言っていたように普段の Mookie だったら、、、と思うことも見えてきます。痩せ細ってから綺麗好きの Mookie があまり身繕いをしなくなったと感じていましたが、ゆっくりと顔を磨いたり Meu の世話を焼いている姿を垣間みると嬉しくなってしまいます。もちろん一緒に居る姿を見るのも嬉しい :-)) 昨日まで Mookie のことばかり構っていたので Myu が焼きもちを焼いていましたが、今日は落ち着いて労っている様にも感じられます。珍しく Mookie の身繕いもしてあげてました。

今日のデジュネはごくシンプルに。目玉焼きにフライポテト、ルッコラとマッシュのサラダ、ポテトとベーコンのスープ、それにパントチーズです。ポテトのフライは専用の道具でキューブ状にスライス、オイルの中にガーリックを浮かべて軽く味付けして香ばしい味に仕上がってます。用意してくれたのは Jojo ;-)
スープはインスタントなのですが、クノールのおばあちゃんの隠し味というシリーズのもので、なかなか美味しいのでよく我が家のお昼時の食卓に上ります。
チーズは写真に写っていませんが、イチジクとクルミのクリームチーズで、最近ハマっています。


Notre dejeuner

Fleur au balcon

le 9 Mars 2007

いつの間にかバルコンのフォーセシアの花が咲き始めています。この植木は二月位から花を付け始めるので今年はちょっと遅めでしょうか。あまり手入れもせず世話もしていませんが、元気に育ち今年も花を付けたので良かったです。枝が折れて挿木にした方も背はあまり伸びませんが同じ様に黄色い花を付けました :-) 春はもうそこまで来ています。

今日の Mookie 、昨日の暴飲暴食がたたってしまったのでしょうか、再び下痢と嘔吐、お腹もキュルキュル鳴ってます。今日のお食事は Royal Canin と昨夜開けた Hill's の缶詰の残り、これだけに集中することにします。頭をブルンブルンと振ったり上半身を起こした姿で立っているとたまにフラつくのが痛々しいです。それでもすぐにお腹が空っぽになるせいか、食欲はあるのでほんの少しずつですが食べてます。あとは体力と気力が勝負。頑張ってね、Mookie ちゃん!

le 8 Mars 2007

春が近付いていますがまだ寒さを感じるパリの街です。コートがまだ手放さないので、せめて首元には明るい色目のマフラーで春を演出する事にしましょう。

昨年せっせと編んだマフラーのシリーズ、こんなモコモコの可愛い糸でも編んでいました。毛糸はひと玉しか無かったので長さもそれで間に合う様にやや短め。新たに入荷していましたが、品番もカラーは同じなのに質感が異なりこのモコモコ感が無かったのでこの長さでよしとしました。

首元暖かです :-))

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年老いた猫の病気のことなど興味の無い方達が多いと思いますが、愛猫の記録という事で綴りたいと思います。

昨日は問題無く食べていた Royal Canin のテリーヌ状の餌は飽きてしまったのか医療用で味が少ないせいか、お腹は空いている筈なのに今日はあまり食事が進まない Mookie ちゃん。それでも喉が渇いて昨日はほとんど飲まなかった水を飲んでいました。

このまま食欲が無くなって食べ物を食べられなくなるとかなり危険なので、医療用以外の餌もいろいろと与えてみました。Myu のおやつ(普段食べていたもの)を与えるとほんの少しソースだけ食べました。朝から一口程度しか食べていなかったのでさすがにお腹が空いて午後七面鳥のササミをあげたらムシャムシャと食べていました。三日前はアウトだったのですけどね。
おかしな事に、横で指をくわえていた Myu も、普段は興味ないのに Mookie が美味しそうに食べているのを見ているうちに味見してみたくなったのか、一緒になって平らげました。今までの食べず嫌いは一体何?!

Royal Canin だけでは物足りないかもしれないし、予備の物もあった方がいいかと思い獣医院で三つ目の餌 Hill's の缶詰も買い足しました。今日は違う獣医さんとアシスタント、どうやら複数のドクターがクリニックをシェしているようです。これはパリでは一般的で人間用のクリニックも一緒です。

処方してもらった餌を与えるのがベストですが、それが気に入らなかった場合、食べる事が先決となるので他の餌を与えてもいいとのことでした。鶏肉からはプロテインを摂取することが出来るのでやはりササミはいいそうです。ちなみに医療用の餌も全て鶏ベースです。

オプションの為にスーパーでちょっと贅沢な餌もゲットしました。80gという少量ですが、私達が普段食している鮭缶よりも高いかもー(笑)。Hill's のなんか156gですが、同量のいつも与えている Gourmet や Whiskas の3倍近いお値段!(こちらはツナ缶の2倍以上でしょうか。)私達より猫の方が良い物を食べてますね(爆)。
Sheba の超グルメな餌は開けると鶏のササミがソースで和えてあり食欲をそそるものがあり、少しずつですが食べてくれています。

おトイレもチェック。下痢の時は”爆発”的な感じで水分に近かったのですが、お薬の効果が出て来たのかやや固形に近くなってきています。ただ食べた物が全てそのまま排泄されている様な感じもするので油断出来ません。

朝からいろんな餌が並び、猫達にとってはノエルと正月が一緒に来た様な豪華な食事です。Mookie に至っては、食欲をもよおすタイミングさえあればすかさずあげる様にしているので、普段はキッチンの片隅が猫達の食事コーナーですが、サロンの床、椅子やソファーマット、どこでもボウルを移動して食べさせています。Mookie が右を向けばボウルを持った従僕の私が右に周る、と言った具合。お姫様させてあげてます。


Echarpe en Multi-couleur

Little Mookie

le 7 Mars 2007

治療のお陰でしょうか、毎日続いていたMookie の嘔吐はひとまずおさまった様です。残るは下痢、、、でもお食事は少〜しずつですがしっかり食べているので栄養分を身体にキープしてくれることを祈るばかりです。

お食事は1時間から2時間おき位に、とにかく Mookie が食べ物を口にしたがっている時に、或いは出来そうなタイミングを見計らってあげています。昨夜寝る前に与えた三つ目の餌もなんとか食べられるみたいですが、どれも医療とはいえ猫餌の高級メーカーの良質の餌なので Myu が興味を持ってブロックするのが大変です。もちろん Myu が食べても何の害もないのですが、その分 Mookie の喰い分が減ってしまうのも困ってしまいますからね。そして今度は今度で Myu に与えた餌を Mookie が欲しがるし、、、とにかく食べて元気になってくれればいいのですが、、、。

こんな風に今日は Mookie にばかり集中してかまっていましたら、Myu が旋毛を曲げてしまいました。そりゃ〜Mookie が食べている横で”ダメ”って取り上げられてしまうし、いつも自分に向いている愛情まで Mookie にとられた気分になっているので、ちょっと不機嫌な声で鳴いてみたり、昨日獣医クリニックに行く為に使ったキャリーボックスがテーブルの下に置いたままでして、その中に入ってふて寝したり、はた又例の、自分の尻尾を追い回すという奇妙な行動に走っています。

クリニックでは一番好きそうな昨日の二つ目の餌を買い足しました。そして水をほとんど飲んでいないことを心配していましたら、ドライフードと違い水分が含まれているので水は飲まなくても心配ないとのこと、胃が弱っているので、しかも下痢なので牛乳は決してあげてはいけないとのことでした。お薬は 一日一錠あげることになっています。

そして昼間はこんな風に椅子に乗せたふかふかクッションの上に座っているかソファーマットの上の特等席にじっとしています。

le 5 Mars 2007

Mookie の体調がよろしくなく、Jojo の仕事も一段落したところで一緒に獣医さんに診てもらって来ました。肝臓がかなり弱って機能しなくなっているようです。この一週間下痢が続き、元々痩せっぽっちなのに一回り小さくなってしまって可哀想なのです。食べ物も、最近は何をあげても受け付けなくなってきています。或いは食べてもトイレへと駆け込む繰り返し、、、。

獣医院では血液検査をして点滴を打ってもらいました。痛そうでしたがぐっとこらえてとてもイイ子でした。治療用の薬と餌を頂いて来たのでもう少し様子を見ることになりますが、長くはないかもとのことでした。

猫の16歳はかなりの高齢で、しかも病気を患っているのは本当に辛そうで、一緒にいる私達も辛いです。今日頂いてきた餌三種類のうち、ひとつは気に入った様子でムシャムシャと食べているので明日又同じ物を買い足そうと思います。お腹が空いているのにあまり一気に食べる事も出来ないので、又上手に食べられない様子なので掌に乗せて食べさせてあげています。元気になってね!と切に願っています。

写真は昨年末、Myu に身繕いしてもらっているところです。お腹周りもちょっぴりふくよかな Mookie ちゃんです。



Myu & Mookie

Gateaux japonais

le 5 Mars 2007

喉の痛みを感じちょっと風邪のひきかけ、ということを言い訳に仕事のメールを片付けてから一日ぐうたら過ごしてしまいました。出張でパリに着ていた方達は週末返上、帰国の際も直帰せずに職場に向かい仕事を片付けて翌日から平常通りという超ハードなスケジュールをこなしていらっしゃるので申し訳ない位です。それにしても時差ボケ並みの疲れが出て中途半端な時間に眠くなります。

そんなボケボケなお昼時、お世話になった元上司から電話がありました。現在お隣の国に住んでいらっしゃるのですが、来年度からパリに上京して一人暮らしを始める予定の娘さんの進路のご相談、おやまぁもうそんなお年頃になったのだと驚きました。ということは私も会社を辞めてフリーランスで働く様になってから随分長い年月が経ったということに又々驚いてしまいました。

色とりどりの和菓子は Jojo が仕事で頂いて来たもの。一昨日頂いていたのに忘れていたらしく、片付けていたらテーブルの上の山から現れました。雛祭りは過ぎてしまいましたが、お茶の時間に頂きました。

le 4 Mars 2007

今日も一日展示会周り、早めの時間に終了したのでメトロで帰宅しましたが、電車の中で寝そうになってしまいました。すぐにコンタクトを外し夕食の時間まで Myu と一緒に夕寝をしました。もしあと一日仕事が続いていたのならやり通せるものの、終了したという安堵感からひと息すると一気に睡魔が襲い疲れをどっと感じるから不思議です。明日は少しのんびり過ごそうと思います。

あらっ、何処かで見た事のある靴、とお思いでしょう。私は気に入った物は予算さえ許せば色違い、方違い、素材違いで揃える事がよくあります。このローファーもそう、先日の白いローファーの色違いバージョンです。
シワ加工のエナメルなのでフラットなロ−ファーにも関わらずクラシック過ぎず、というのが気に入った理由でもあります。革のリボンや鳩目のパーツがちょびっとゴッツメなのでモダンな感じがします。

マリーンとホワイトのツートーンカラーなのでよりカジュアルな感じ、ジーンズと合わせたい一足です。


Mocassin Marine

Bath Roses

le 3 Mars 2007

昨夜は先週引っ越して来たばかりのお隣さんが引っ越しパーティーをしていた様子、今朝は早起きだったというのに明け方4時位までガンガン音楽をかけ大勢の人達が騒いでいたせいで寝不足です。ちょっと先が思いやられそうで不安、、、。

三月三日の雛祭り、こちらに暮らしているとすっかりそんあ行事とも縁遠くなってしまっています。せめてもの気持ちでランチをとった虎屋ではデザートに桜餅を頂きました :-)

こちらは薔薇の形をしたバスソルト。湯船に浸けて一瞬のうちに消えてしまうのも花自身が持つ儚さをそのまま象徴しているようでもありますが、お店で最後の一箱を手にしたものなので ( シーズンコレクションだったので再入荷は無し)、もっと長く香りを楽しみたいと思いクローゼットの中に閉じ込めています。クローゼットを開ける度に、ほんのり香るローズがほんのちょっぴり優雅な気分にさせてくれます。

2 Mars 2007

今朝は仕事の待ち合わせ時間を間違えてしまって一時間も早く着いてしまいました。そのせいで6時間しか寝ていなく、一日中歩き回っていたので疲れました。明日も早いので今日は早めに床につこうと思いますが、まだ明日の服のアイロンがけが、、、シャワーもこれからです。

春と秋の色を好む私としては白よりもむしろオフホワイトの服を着用することが多いのですが、春夏の靴やバッグなどのアクセサリーアイテムは " 白 " を身につけることも多々有りです。

グリッターバッグはすっかり定番になったカジュアルブランドの LOUISON はバッグの他にも素敵なシューズを展開させています。靴も彼等のライフスタイル同様カジュアルでデザイン性の高い質の良いものばかりなのでお気に入りです :-)

中のスメールに書かれたメタリックピンクと箱の内側のカラーがさり気なくコーディネートされているというこだわりも流石です。


Mocassin blanc

Jupe en blanc

le 1er Mars 2007

昨夜は2分の遅れで終電を逃してしまいました。( zut ) パーティーはロリータ・レンピカの iPod と Nano のケースの発表会を兼ねたもので、彼女の娘がデザインしたというぬいぐるみキャラクターっぽいケースがとても可愛かったです。

ホワイト系の服は、Tシャツやプリントのベースになる以外を除いて大抵オフホワイトや生成りを好んで着ていますが、真っ白もたまにはいいかしらと思いゲットしたジーンズのスカート。S/Sシーズンには白いアイテムが気になりますしね ;-)

パンツのカットが綺麗であると定評のイギリスのブランド JOSEPH は、どのアイテムもシルエットが細くてカッティングや縫製もいいのでワードローブとして好んで揃えています。パンツはカット要だったりしますが、小さいサイズまで対応しているのが嬉しいところ :-)

ペアルックは避けていますが Jojo もJOSEPH のメンズが好きなので珍しくお揃いブランドです ;-)

バックスタイルはコチラ -->Cahier de Cocomo

*明日からの三日間終日外出となりますのでメールのお返事が遅れます事をお書き留め下さいませ。よろしくお願い致します。


go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdivider divideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash