le 30 Avril 2006

もう一時間もしないで5月になるというのに寒いです、パリ。
昨日も薄着で出かけてブルブル震えていたのに、今朝窓から見えた空が青かったので軽装で出かけたら(と言ってもトレーナーにブルゾン、ジーンズという出で立ちだったんですよ)考えが甘かったようで風邪をひいてしまいました。午後からは雨まで降って来たので、雨に当たらなかったのを幸いと思いましょう。

二晩続けて睡眠不足だったので、デジュネの後は Myu&Mookie と一緒にお昼寝をしました。

先日友人が遊びに来た時はいくらかスッキリしていたのに、二日間の蚤の市通いで又テーブルの上や床に物が積み重ねてあり、又お片付けを強いられています。足し算引き算がどうも苦手で、掛け算ばかりしているのが問題かと実感しているけれど割り算の仕方を知らないので物は積み重なるばかり、、、。これはカタログ更新を急ぐしかあるまい。新しいカテゴリーも準備中です。

*蚤の市で見つけた風景:アルファベットのアイテムにはやっぱり目が向いてしまいます。


Des lettres

Sandale en jean - Paul Ka

le 29 Avril 2006

重い、、、今 Myu が肩の上に乗っています、、、。
あっ、降りた。(ホッ)

近頃サーバーが度々ダウンしているようで、サイトのメールアカウントがこの3〜4日程受信できていませんでした。ちなみに送信は出来ていたので問題ないと思っていたのですが、今日の午後数日分のメールを受け取り、ダウンしていたのを知らずにいたので大変焦りました。ご連絡して下さったお客様には大変ご迷惑をおかけしましたが、受信致しましたメールには全てお返事させて頂きました。もしこちらからのお返事を受け取っていないというお客様がいらしゃいましたらご面倒ではありますがもう一度ご連絡下さいますよう宜しく御願い致します。

それから先日更新致しました SELECT の頁が観覧不可能であるというご指摘も数人の方から頂いております。お知らせ下さいましてどうも有り難うございます。\r
更新後すぐに Mac ユーザー( 身内です ) より観覧に問題ありと知らせがあり、すぐにチェックしましたが我が家のMacでは問題なく観覧する事が出来ていました。今回は中のシステムを変えて初めての更新で、何度か更新後も調整を繰り返し、その為かとも思っていました。その後 COUTURE の更新時にはすぐにご注文もございましたので問題は解決したのかと思っていましたら、今度は Win ユーザーの方々も観覧出来ないという事でした。本日バーチャルPCにてチェックしましたら、やはり我が家のコンピューター上では問題なく観覧出来ているのです???

まだ原因が未だ分からないのですが、codeミスであると思われます。WEBはコンピューター機種によってもですし、ブラウザーによっても違うcodeで組み立てなくてはならず、どうして統一しない物かと毎度頭を抱えておりますが ( Jojo ) 今回も又コードが頭の中をぐるぐる駆け回っているようです。Web マスターにもトラブル解決に向けて最善を尽くしてもらっておりますが、本人の前にトラブルが見えていないので難しくも感じています。原因究明の為に他にも観覧不可能な方がいらっしゃいましたらどんな状況であるかお知らせ頂けますと助かります。\r

たま〜に考えられますのは、一時観覧不可能だった際のキャッシュがメモリーに残っていて、それが繰り返される事があります。その場合には一度 "キャッシュを空にする " 必要があります。(と文字で説明しましても私の様にコンピューターが不得意の方には分かりづらいかとも思うのですが、どのブラウザーでも上のメニューバーに " キャッシュを空にする " というような項目があるかと思いますので、そちらもトライしてみて下さいね。

こんな状況で皆様にご迷惑をおかけしておりますが、何卒ご理解頂けますようよろしくお願い致します。
又カタログの更新を楽しみにしたいらっしゃった方々にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、もうしばらくお待ち下さいね。\r

*ブログの方では誰の邪魔に遭うこともなくスンナリ更新出来ましたが、どうも本家のJOURNALとなりますと撮影時のようにわがままな猫達の邪魔が入ってしまいます。三日目にしてやっと主役の筈だったデニムのサンダル登場です!
おニューですが今シーズンのものではありません。買ったまま忘れていたのが先日クロ−ゼットから姿を現しました。トリコロールで、バックストラップと雫型のフラットヒールは赤の革。柄にも無くお嬢ちゃまブランドのPaule Kaですが、ベーシックカジュアルでフェミニンさもプラスされているので気に入ってます。サンダルの季節になったので今年やっとデビューです。

le 28 Avril 2006

昨日サンダルを撮影していたら靴好きの Mookie がやって来て一時中断となりましたが、その後 Myu まで邪魔しにきてしまいました。

一応 Mookie の真似して靴の様子をうかがいましたが " なんだ食べる物じゃにゃいのね ” ってすぐにソッポを向き ( *マウスオーバー)、カメラと靴の間にで〜んと立ちはだかり、”靴よりボクの方が可愛いよ!" と言わんばかりの態度でした。

ところで鳥の丸焼きをした時に、最後骨に残った肉や腸物をきれいにむしって猫達にもお裾分けしてあげるのですが、どうも Myu は缶に入ったキャットフードの方が好みの様で、飛びついてくるのはいつも Mookie です。昨日もむしりつつボウルに入れるとすぐに平らげてしまい、”もっともっと〜” とおねだりするのです。ハムの脂身の部分も同じ、わざと残して猫達にあげるのですが、Myu はどうも人間のえエサ(!)には反応が鈍く、チビッコのくせしてMookieひとりで全部食べてしまいます。そのせいか Mookieちゃん、ちょっと肥えてきています。猫にも中年太りってあるのでしょうか、、、。


MYU

Mookie adore des chaussures

le 27 Avril 2006

ちょっと遅めのティータイムの時間にお友達をお招きしました。随分前から知っている割にはいつも共通の友人のうちで会う事が多く、やっと初めて我が家に来てもらうことができました。

って招待したのはいいのですが昨日いきなり思い立って連絡し、今日コンファームを貰ったのでうちが片付いていなくて慌ててお掃除、、、昨夜縫い物していたのでミシンやらアイロン台やらが広がっていていつもにも増してちらかっていたのです。ギリギリになるまで重い腰が持ち上がらず、普段からきちんと片付けておかないと駄目だなぁと毎度同じ事の繰り返しです。

我が家は物がやたら多い、これが掃除や片付けをするに当たっての難問なのであります。しかしながら上には上がいるもので、私より物が多い人がいるのです。これは先日我が家に遊びに来た友人が二人口を揃えて言ったこと。
”あなたのうちも物が多いけど、◯◯ちゃんのうちはもっと多い”
私もそのアパルトマンに何度か遊びに行った事がありますが、部屋自体は一人で住むには充分すぎるぐらい広いのです。自分のことを棚に上げて人の事を言えないのですが、私も "負けた!”と感じる程の物の多さ。
友人曰くうちの場合は物が多くても在るべきところに物がある、という解釈でした。確かに、山の様に積み重なっていても、雑然としていても、本は本、紙は紙、布は布、服は服、とある程度まとまっている。トワレット用品はバスルームに置いてあるし、食器やカトラリーはキッチンかサロンのビュッフェに収まっています。
あとはそのカテゴリーの中でいかに整理するかが課題です。

今日のお友達とは久々で、そして共通のお友達も多かったりするので話も弾み、Jojo の焼いてくれたアップルパイを頬張りながら楽しい時間を過ごすことができました。そして猫好きのお友達に Myu も Mookie も美人猫と褒めてもらいました〜 :-) 良かったね。

*写真はサンダルを撮影しようと思ったら靴フェチの Mookie が駆けつけてスリスリとサンダルに毛を付けていったのでした、、、。急だったのでちょっぴりピントが甘かったですね。でもお気に入りのショット。

le 26 Avril 2006

サッカー選手のジダンが二度目の引退宣言をしました。33歳。
1998年のワールドカップでフランスに優勝をもたらし国民的英雄になったマルセウユ出身のアルジェリア系フランス人。フランスが一番、フランス人が一番、と思っている多くのフランス人もこのピエ・ノワール(移民)のヒーローのことはフランスの誇りとしています。他の有名スポーツ選手に比べると控えめなところも人気の要因かもしれないです。

下階には今月の初め頃でしたでしょうか、日本人がしばらくのあいだ暮らしていたようですが、昨日辺りからキッチンの窓から聞こえてくるのはどうやら中国語。今日は女性の声がまるで中国歌劇のように抑揚高いソプラノで高々と聞こえてきました。ちょっと煩い、、、です。\r

クッキーは日曜に Jojo が焼いてくれたもの。 うちにあった材料で、ということでバナナと胡桃とチョコレートというありそうでいて市販ではなかなか見つからないレシピのクッキーです。どれも相性が良く美味しかったです。


Banana cookie

Echantillons de crochet et Protege-cahier

le 25 Avril 2006

ちょっとお片付けしていたらこんな物が現れました。アンティークのクロッシェサンプルです。そうそう、昨年の夏頃に見つけてそのまま箱にしまって入れっぱなしになっていたんだわ。

台紙にしている色鮮やかな、それでも色褪せた古い年代を感じさせる色紙はプロテージュ・カイエやチラシみたいな紙。プロテージュ・カイエは当サイトのANTIQUE のコーナーにも40〜50年代のフレンチパブのノートカバーをご紹介していますが、それより更に古い時代の物。20世紀初期の頃のもののようで、学校名などが印刷されています。

クロッシェのサンプルも心惹かれますが、このカバーもデザインが素敵で目を凝らして眺めてしまいます。いっそのことクロッシェを外してカバーはカバーで保存したい気もしますが、せっかく縫い付けてあるのを外すのも気が咎めてしまい(だってこうして素朴に縫い留めてあるだけでも素敵なんですもの!)やっぱりしばらくはこのままの保管になりそうです。

le 24 Avril 2006

本日 COUTURE のコーナーを更新しました。
今回ご紹介するのは古い刺繍新聞、そしてクロスステッチの雑誌です。

私自身しばらく前からアンティークの刺繍図案を買い漁る様にコレクションしています。それに古い刺繍糸やリネンなどを加えると、バーキンまではいかないけれど多分シャネルバッグは2〜3個買えただろうな、そしてヴィトンやグッチだったら抱える程に買えただろうな、というぐらい、、、。
今までクローゼットを埋めていたブランドの服の代わりにボロボロに破れかけた染みのある新聞を買い漁るなんて、ファッションヴィクティムと後ろ指さされていた私 ( 指さしたのは Jojo )としてはなんとも滑稽でもありますが眺めていると幸せなので価値観の変化とでも言っておきましょう。もちろんファッションを捨てたわけではありませんが、希少価値の在る物に更に価値感を置く様になったというわけです。

クロスステッチだけではなく、クラシックなフフランス刺繍やフィレレース、そしてありとあらゆる手芸誌、古い物では19世紀末頃から、新しい物では’70年ごろまで、、、古いものはうっとりする程繊細で美しいものがあり、又新しいものには可愛く実に味のある子供向けの図案があったり、その時代毎に特色がありそれらを眺めて楽しんでいます。いえ、もちろん眺めるだけでなく作品にも活かしていきたいなぁと考えているのですが、、、。

刺繍に興味のある方は是非チェックしてみて下さいね。

COUTURE <---- click


Journaux de Broderie

Baguette chez Kayser

le 23 Avril 2006

昨日の春うららなお天気とは打って変わって今日は雨降り、涼しいです。
カタログ更新の為の裏のシステムを作り替えている最中で、まだ手を加えていくところがあるのですが以前より操作がずっと楽になり、次の更新準備も進めています。

そして夕方観た映画は Brokeback Mountain"" (ブロークバック・マウンテン) - NY批評家協会の映画賞を総ナメしたという話題のゲイ・カウボーイのムービー。

大自然をバックに映画における " 写真 " が綺麗でした。時代も時代だし、マッチョなカウボーイの世界のゲイなんて人目を忍んでの人生でなんだか切ない、、、。パリみたいに男の子達が手をつないで歩いたからといってなんの不思議もなく自然にそれが受け入れられるというものでもない。悲しいお話で見終わった後もしばらく余韻が残っています。

*カイザーの焼きたてのバゲット。先っぽが曲がっていてペンギンの頭みたい :-) ホカホカで美味しそうだったので買ってすぐに齧り付きたかったけれど、うちに戻って写真撮るまで我慢しました。

le 22 Avril 2006

この数日間サイトのメールアドレスへのスパムメールが非常に少ないな〜、、、というか全く無くてどうしたものだろうかと不思議に思っておりましたらサーバーの調子が悪かったようで(?)本日一気にメールボックスに舞い込んできました。、、、お客様のメールも遅れて届き、お返事も遅れてしまいご迷惑をおかけしております。一通りお返事させて頂きましたが、返事がきていないという方がいらっしゃいましたらご面倒ですがもう一度ご一報下さいませ。

さて、本日 SELECT のコーナーを更新致しました。(やっと!)

予告しましてから随分時間がかかってしまいましたが、とびきり素敵なグッズをご用意しています。今回ご紹介するのはホームデコレーションのアイテムやキッチングッズなどなど、どれもフランスのエスプリが感じられる物ばかりです。(中には他のヨーロッパのものもありますけどね。)そして私自身も愛用しているお気に入りのアイテムの幾つかを皆さんにもご紹介です。\r

このリネンのポーチも私が数年愛用しているもののひとつで、Cote Bastodeのもの。シンプルなデザインは飽きがこないので長く使っていこうと思っていて、いつもバッグの中に忍ばせています。他にも素敵な物がいっぱいです。

どうぞご覧になってみて下さいね。

SELECT <--- click


Petite Trousse de Cote Bastide

Sakura a Paris

le 21 Avril 2006

今日は春うららなお天気で、Tシャツやノースリーブで歩いている人達を沢山見かけました。今週末は衣替えをしないと、です。そして週末なんとかカタログ更新出来る様に今日も作業を進めていました。

午後は銀行のアポイント。新しいコンサルタントが就任してお顔見知りになりたいと昨日連絡があったのです。若い男性が何人か続きましたが、新しいコンサルタントはは更に若いのではなかろうかという女性でした。とても感じのいい方でしたがしっかりセールスしてました。お隣の個室では年老いたマダムが訪ねて来ていましたが、その方には別のもっと年配のコンサルタントが担当に当たって、銀行もいろいろと対策を練っているのだなぁと感じました。

今日の一枚は近所で見つけた桜、パリの桜は八重桜がほとんどです。先日撮影したのですが、途中で電池が切れてしまいあまり撮れなかったのが悔やまれます。

le 20 Avril 2006

冬の間なかなかカタログが更新出来なかったのですが、重い腰を持ち上げて窓辺にミニスタジオを設置して写真を撮りました。私独りでもカタログの更新作業が出来る様にウェブマスターに裏のシステムも作り直してもらっているところです。近日中の更新目指して頑張りますね。

先週仕上げた物はこんなモノ。小さなアルファベットサンプラーのピンキープをデザインして創りました。裏にはお花のワンポイント、そしてイニシャルと年号を配したデザインにしました。(*マウスオーバー)

ビスコットみたいだ、と Jojo に言われてしまいましたが違いますよ。お針子小物、ということでアンティークの糸のカードからパターンを象っています。メーカーによってもいろいろなサイズや形があるので、幾つか作ってみたいな〜とすでに型紙だけは準備中。

自画自賛ではありますが、小さい物はやっぱり可愛いですね〜 :-)


Pinkeep - Alphabet Sampler design(c)Cocomo@Paris

A Montmartre

le 19 Avril 2006

Jojo の滞在許可証の更新の時期で、モンマルトルの側のオフィスだったので一緒に出かけて来ました。今日は先日足りなかった書類:新しいパスポートのコピーを提出するだけだったのですぐに用事は終わりました。

その後は生地屋に出向いてリネンを物色、例に寄っていつもと同じようなリネンを買い込んできました。

そしてお決まりのコースですがサクレクール寺院まで階段を登り、しばしパリの全景をパノラマで眺めました。モンマルトルの丘の上にはその界隈を一周する観光者向けの小さな汽車のようなミニバスがあるのですが、このバスのことをパリっ子達は実に滑稽な名前で呼び、但しここではパリのエスプリをお伝えすると言いましてもお下品な会話は避けたいので言い兼ねますが、それをゲイの友人に聞いて以来度々思い出し笑いし、Jojo と " ほらほらっ、Promene-C◯◯◯◯◯◯◯だよ!" と内輪受けしながら記念写真まで撮ってしまったのでした (笑)。思わず笑いのタネに乗ろうかとも思いましたが、今日はすでに遅かったしお天気がイマイチでしたので次の機会のお楽しみにとっておくことにしました。

モンマルトルは観光のメッカでもありますが、人相の悪い人達や若者の不良達が実に多かったです。10年以上前もそうでしたが、今でもきっとドラッグの取引がこの一角で行われているのだと物語っているようでもありました。サクレクール寺院に上るサイドの階段は中央階段に比べると人通りも少なく、目立たないので注意が必要です。

ちょっと裏の方に回るとこんなパリらしい、まるでポストカードのような風景にも出逢えます。

le 18 Avril 2006

何処もかしこも閑散としています。発送業務で出向いた郵便局はガラガラ、スーパーも商品棚はスカスカ、人も夕方の一番込み合う時間だというのに妙にガラガラ、道も道路もパリっ子達がバカンスで出払っている事を物語るような静けさです。

そういえば昨夜、散歩から戻ってくると我が家より二階分下に住むムッシューが連れの友人と共に困ったな、というように廊下に座り込んでいました。どうやら鍵を忘れてドアを閉めてしまったらしく、奥さんは下の娘とバカンスに出かけお留守、同じアパルトマンの最上階にもう一人長女が住んでいますが夜の9時と言えども若者にはまだまだ遊びの時間帯、電話をしても捕まらない様子でしたので、なにか手助けしてほしいことがあったら遠慮なくドアをノックして下さいね、と言い残し上に上がって来ました。考えてみたら初めて挨拶以外の言葉を交わしました。
そして10分ぐらいした頃にドアをノックする音、下のムッシューでした。レンドゲンのフィルムがあったら貸してほしいと、ほんのちょっと前に冗談のつもりで話していたのですがやはり試す事にしたみたいです。

フランスの多くのドアはパタンと閉まると鍵がかかってしまうので、必ず鍵は持ち歩かないと大変なことになってしまいます。いざとなったらSOSのサービスがありますが、ドアを開けるだけでとんでもない金額を請求されてしまいます。私もパリで一人暮らしを始めて間もない頃に一度だけ経験があります。
そこで登場するのがレントゲン写真。厚めのフィルムをドアの隙間に差し込み、鍵の部分にシュッとひっかけるようにして引っ張ると意外と簡単に開いてしまうのです。

その後なんの音沙汰もありませんでしたが、ムッシューは家の中に入れたのでしょうかね、、、?

*おもちゃ屋さんですが、看板が可愛いです。


:-)

Gateau au chocolat

le 17 Avril 2006

今日はランディ・ドゥ・パックの祭日、そしてひっそりと歳をひとつ重ね、日本からの電話で久々に家族皆と話をしました。

朝から曇り空でしたが遅いデジュネを終えた頃からお天気になったので、夕方近くなってからでしたが Jojo と散歩に出かけました。パックの休暇でパリっ子達の多くはいないので街はひっそりしていますが、ノートルダムやサン・ミッショルの辺りは観光客で賑わっていました。とりわけサン・ミッシェルのレストラン街は真っ直ぐに歩けない程で、その喧噪はなんだか原宿の竹下通りを歩いているような錯覚に落ち入り、ちょっと落ち着かない気分になりました。どうやら長いパリ生活でのんびりした空気に慣れてしまったせいか、人ゴミと騒音が苦手になった気がします。TOKYOという大都会のド真ん中で生まれ育った私が、ですよ、、、。

まだ何年か先ですが、いつかパリでの生活が日本で暮らした年月よりも多くなるのかと漠然と考えてみると、なんだかそれも不思議な気さえします。たった二年間のお約束でパリに渡って来たのに、、、と大きな夢を抱いてきた当時が遠い昔のような気もします。叶った夢と未だ叶い続けている夢、その夢を現実のものとするべく歩むことを止めてはいけないな、と昨日よりも一つ大人になり思ったのでした。

le 16 Avril 2006

復活祭、英語だとイースター、フランス語だとパックと言います。ヨーロッパ各地のカトリック教会では盛大なミサが行われていますが、正直言って私達には関係なーい。明日はイースター・マンディ、フランス語ですとランディ・ドゥ・パック、で祭日、お天気が優れないのが残念であります。

今日久々に髪を切りました。10cmぐらい、の筈だったのに15cmぐらい切られてしまいました。以前だったら短すぎる、バランスが悪くなった、とここで泣いて騒いだものですが、どうしたものか " まっ、そのうち伸びるでしょう、、、" と鏡に映し出された自分を一瞥しながら諦める事にしました。ハイ、大人になったんです。

髪の毛といえば、、、ピンクッションの中に油付きの原毛を入れると針が錆びなくて良いとよく耳にします。しかし油付きの原毛、パリの中をどう探したってお目にかかった事が無い。友人達に聞き回っても皆知らないというし、ニードルフェルトの色付き原毛を扱っているお店に聞いても知らないと言う。そんな話をしているとあるお針子な友人が髪の毛を入れれば?と彼のピンクッションを見てみると、小学生の時に学校から支給された洋裁箱に入っていたあのピンクッション、針に引っかかって時々黒い髪の毛が飛び出すと、あらまぁ本当でした。
先日も年上の友人が " 椿油を塗った髪の毛が一番よ!” って同じような事を言ってましたわ。
そこでバッサリ切られた髪の毛の束を(ゴムで束ねてあるのでラスト・サムライみたい)取り敢えずキープしているのですが、可愛いピンクッションの中から黒い髪の毛が出てくるっていうのもなんだかね、、、それとも羊の毛の変わりに猫の毛っていうのはどうでしょう、、、?さぁ Myu ちゃん、ブラッシングしてあげるわよ〜 ( 笑 )。

*近所の雑貨屋さんの営業時間を知らせるプレートです。クロスステッチで出来ています :-)))


Les heures d'ouverture

Fleur jaune

le 15 Avril 2006

又少し寒くなり、そろそろ衣替えって思っているのですがセーターとか未だ必要でもう少し先になりそうです。そしていつもだったら2月の待つ位から咲き始めるフォーセティア、開花するのが遅かったからまだ元気な黄色い花をつけてます。多分黄色い花は自分では決して選ばなかっただろうけど、友人が贈ってくれたこの花が咲く頃には春の到来を感じ元気になる気がします。今日は雨が少し降り曇り空、写真はお天気の日の撮影です。植物の写真はカメラの練習にもってこい :-)

昨夜はシンデレラマン""の映画を観て過ごしました。アメリカ、30年代の世界恐慌の時代に貧しくも愛する家族の為にリングに立ち、戦ったボクサーの実話。ボクシングのシーンはかなりリアルに描かれていたので思わず手に力が入ってしまいましたが ( 笑 ) 感動的でした。

le 14 Avril 2006

レースとリネンのクチュール小物を入れる為に小さなカルトナージュの箱を作りました。こちらでよく見かけるカルトナージュのボックスタイプですが、自己流で仕上げてみました。いつもの簡単クラフトに比べるといささか手間も時間もかかっています。

使用したのはオフィス小物や最近作ったクチュール小物とお揃いのネップのあるナチュラルリネン、そしてザックリ編まれたアンティークのボビンレースです。沢山あるレースの中からどれにしようか、どれがこのサイズにあっているかなど、じっくり時間をかけて選びました。ひとつひとつ違うレースを手に取りながら迷う時間も楽しかったりします。

手元にちょうどいい厚めのカルトンが無かったので、厚さの違う二枚のカルトンを貼り合わせベース作りから手作りです。又内側のリネンを貼\る際、カルトンや生地の厚みでサイズが微妙に変わってくるので調整しながら紙を切っていかなくてはならず、思わぬところで時間を食ってしまいました。

なかなか可愛く仕上がって満足していますが、強いて言えば一部、底の部分の糊がほんの少し表に透けてしまいました。薄〜く伸ばしたのですがすぐに乾いてしまうため補足して、それが表\面にまで浸透してしまったようです。まだまだ修行が足りませんわ。


La boite en cartonage design(c) Cocomo@Paris

Pique-aiguilles "Dentelle"

le 13 Avril 2006

シリーズで作っているアンティークレースとリネンの小物達。クロスステッチでも幾つか作った牛乳キャップをリメイクしたピンクッションです。

見た目は一緒ですが前回の仕立てとも微妙に違っています。蜂とイニシャルのは二枚のパーツでキャップを包んでいますが、今回は一枚の円形だけで包んでいます。だからクッション部分のリネンと会わせて二枚仕立て。シワが寄らない様に気を付けながら仕立てました。

今これらの小物をしまう箱も作っているところです。

ところで下に敷いたのは19世紀末の刺繍図案、チューリップのモチーフがPoint de Smyrneと (多分 ) Pont lance のステッチで構成されていてとても素敵なのです。誰かがステッチした作品もいつか蚤の市で出逢うことがあるかしら、、、。\r

*今回使用したお花のレースのオーナメントは COUTURE のコーナーでご紹介しているクチュールセットの中のレースと同じ物です。

le 12 Avril 2006

Mookieちゃん、又やってくれましたわ、、、。
トットットッ、、、と嘔吐する為に自らおトイレに向かったのですが、ドアの前で立ち止まり躊躇している様子。???と思って近寄ってみると使用中でドアが閉まっていたのです。この緊急事態に応じるべく仕方なくドアを開けに近寄ったのですが、Mookie はパニックを起こしてしまい一目散にベッドルームに向かう、そしてそれを追いかける私、、、大丈夫、未だ嘔吐していない、と追いかけっこの続きをするとベッドの上を駆け抜け走りながらやってくれちゃいました。まるでヘンゼルとグレーテルがパン屑を道標に落としていった様に、トイレまで。。。。
今朝洗い立てのベッドカバーを掛けたばっかりだというのに、、、。仕方なく又洗濯機回しました。
それにしてもMookie ちゃん、もしかすると過食症なのかも、、、と心配です。

このお花は先日植物公園で撮影したもの。お花屋さんでもよく見かけ、我が家のバルコンにも小さな鉢植えがあります。バレンタインデーの日に莟だったので、結構長持ちするのに驚いています。


Petits Fleurs au Jardin des Plants

Comme ma jeunesse...

le 11 Avril 2006

今朝日本から高校生の留学生をお迎えしました!
名前は香山リカちゃん。私の後輩です :-)))

高校時代の同級生から”女子◯リカちゃん2 " の発売のお知らせメールを受け取ったのはちょうど一ヶ月前のこと。昨年第一弾がすでに販売されていたのはつゆ知らず、この吉報(!)に胸躍らせ興奮気味に家族にメール、すぐに予約してもらいました。そして他のお友達にもお知らせメールを送り仲間内で大いに盛り上がりました。\r
待つこと一ヶ月、先月末に発売され秒読みとなったバースデープレゼントに姉が贈ってくれました♪ Merci mille fois !!! と〜っても嬉しいです。

母校の制服を着たリカちゃん、なんでもデザイナーの方は同じ高校の卒業生だそうでその思い入れも感じられる程に " 懐かし〜 " と思わせるアイテムまであって嬉しい限りです。第一弾に比べると私達の時代に着用していたグレーの仕事着と冬用のコート ( *マウスオーバー ) まで付いていてバージョンアップ。ちなみに現行の仕事着とスケッチブックと油絵の具のパレット&筆も付属しています。

仕事着って一体何だろう?って方も思われると思いますが、我が母校は美大付属の高校だったので絵画やデザインの時間が多く、その際制服が汚れない様に着用する作業着みたいなものです。学年を重ねる毎にこの仕事着は油絵の具の染みやら落書きで汚〜くなっていくのですがそれも又アーティストの勲章とも言えましょう。

強いて言えばせっかく冬用のコートがあるのだから黒のストッキングも欲しかったですね。あとVネックのセーターもあったらよかったな〜、、、。グログランの蝶タイは襟の下に入れ込む方がお洒落だったのよ〜、、、。(縫い付けてあるからすぐには外せないです)と細かい注文を言ってはキリがありません。

予約は ”お一人様三体まで” だったようで、誰が三体も買うの?なのですが居るんですよ〜。一体は箱入り娘のまま保存用、一体はディスプレイ用、そしてもう一体は遊び用 (笑)ってな風にね。二体購入者は結構いるみたいです。私はプレゼントして貰ったので1体だけ、でも姉が可愛いからってもう1体自分用に買ったみたいです。(ちなみに姉はOGではありません。)いじめないでかわいがってあげてね!

子供の頃に遊んで以来のリカちゃん、お顔は当時遊んでいたタイプよりいくらか変化しています。そしてちょっとお姉さんバージョンになり、純真無垢な顔立ちですがバッグの中には宝島を忍ばせているに違いなく(笑)、ロックをガンガンに聞き、アングラな芝居に熱中した、、、そんな10代の頃の楽しかった日々が蘇ってくるようです。

素晴らしき青春の日々を共有した同級生達、又先輩や後輩達へ:「人生は短く、芸術は長し」美を追い求め、遠い星を目指して、ゴールのない道を歩き続ける。女子◯生は今日も、創るよろこびと情熱をもって、キャンバスに向かっています。(タカラ社 - 箱の裏に書かれたキャッチフレーズより抜粋)

P.S. 私は長髪のウィッグを被せたいな〜と密かに思っているのですが、きっと刈り上げにしちゃう人とかもいるんだろうな〜、、、。

le 10 Avril 2006

先月よりCPE を巡ってデモや暴動が立て続けに起こっていましたが、本日若者達が勝利をおさめました。これで穏やかな日常が戻ってくる事でしょう。\r

ただ若者達は就職後の不安が取り除かれたわけだけど、それ以前に仕事にありつけるかどうかの問題もまだ残っているんですよね、、、。

今日のお昼は年末に母が年越しソバ用に送ってくれた鴨汁せいろそば、年越しパーティーは友人宅だったので食べずにそのままあったのです。ちょっと寒かったので温めてかけそばで頂きました。中華のお店で売っているようなおソ\バと違い、コクがあってとても美味しかったです。

*写真は先日見つけたワイン屋さんの店内。ヴィンテージものを扱っていて、ズラリと並んだワインボトルはどれも格調の高い物ばかりのように見えました。下に置かれた埃かぶっているのはもちろんディスプレイ用、地下のカーブにちゃんと中身の入ったボトルがあるそうです。
このお店、とっても広くてゆっくり試飲出来る様にテーブルと椅子まであるのです。テ−ブルいっぱい並べてレストランにしてもいいぐらい。ケースもこうして並べると素敵ですね。


Vintage Wine

Les curieux

le 9 Avril 2006

あまり思い出したくはないのですが、昨年の6月に壊れてしまったハードディスク、あの中にはかなりの写真が保存されていました。確かタイガーにシステムを変えるため、その機会に本体を軽くしようとかなりのデータをHDに移し替えていたのでした。

いわゆる思い出のアルバム写真はCDに焼き付けていたものの、途中手を加えたもの、編集し直したもの、メールに添付されていた写真、あとスキャンして加工したものなどなど、、、考えると悲しくなってしまいますが、オリジナル写真が在る場合には再生可能なので又少しずつ整理していかないとと思っています。\r

今日はCDに焼き付けてあった写真を眺めつつ、整理するつもりが懐かしくて何度もプレヴューで開いてみては作業が止まってしまうのでした。プリントしたい写真もあるし、デスクトップ以外でも眺められる様にアルバム制作しないとね。これ又膨大な写真の数なので時間がかかりそう〜。

*昨日の黒猫、ちっちゃなとら猫のお友達がいました。どちらもアパルトマンの二階に住んでいるようで、この後器用にヘリを歩きながら窓から中に入って行きました。私達の方、興味深そうに見つめてますね。

le 8 Avril 2006

近所のホテルでリモージュのプレゼンがあったので行ってきました。多分過去二年位に何度もお誘いの電話があり、一度は出向いたものの5分か10分位遅れた為に中に入れてもらえず、その後何度電話でアポイントを取る事になったことか、そして招待状が送られて来なかった為に空けておいた日が何度無駄になったかとか、、、。

招待状にはプレゼントがあるという、でも怪しい、、、条件はカップルで出席しなければならないという、何か落とし穴がありそうな、もしかしたら何かのセクトか怪しい商売なのかもしれない。しつこい電話を断る為にも相手の正体が知りたいという Jojo に仕方なく付いて行く事にしました。

小さなホテルのイベントルームにはリモージュのクラシックなお皿が陳列されていました。12組の中年〜老年のカップルに紛れて私達も不安げに長〜いテーブルの前に女性が前列にその後ろには相方が、というように並ばされました。

これから何が始まるのか?営業担当のような喋り上手な男性がにこやかに冗談を交えながらリモージュの歴史やらその価値について話しだします。そして今回のイベントの意図を話しだしました。今日の招待客の中から二組が選出され、ひとセット(88ケ)の高級なリモージュの食器をタダで頂ける。歴史あるポーセリーヌ・メーカーも今では工場や雇用者がぐっと減ってしまい、その永続の為にこうしてプロモーションを行い口から耳へという口コミで皆に広げてほしいというのである。
縁にプラチナが施され手描きで描かれたお皿は本当かどうかは知らないが実に1枚150万円ぐらいのものまであり、88点セットがタダで当たる!家族や子孫に残す為にフランス王家がそうしたようにイニシャルを入れる!お皿は何十万もし、クリスタルのグラスは一客25000円ぐらい、それに比べると現在3人しかいないという職人によるイニシャル入れは一枚につきたったの45ユーロ。

欲しいと思う人は手を挙げて!家族にイニシャルを入れたリモージュのお皿を残したいと思う人は手を挙げて、、、躊躇したりカップルのどちらかが望まない場合は最後に残る二組から外されていく、、、とこの消却法を何度か繰り返す。

そして気が付いた!高価な食器セットをタダで貰ったとしても、イニシャルを入れるのはタダではない。実に巧妙に信じ込ませているけれど、幸運な二組に選ばれると45 x 88 = 3960ユーロの経費がかかる。狙いはコレなのだ!

…私達はここで退散してきました。粗品は女性にロワールのお城が描かれたお土産屋さんに売ってそうなチープで趣味の悪いお皿一枚(これは一番最初に配られました)、そして男性には帰る時にやはりチープな腕時計が手渡されました。

タダ程高い物はない、って実にこのことなのですね。
まぁこれで長きに渡り不振に思っていた事が分かったのでスッキリしました。

ところで送られて来た招待状は始めに渡さなければならないのですが、これって何かトラブルがあった時の為の証拠隠滅?全て疑ってしまいます、、、。

*帰り道に見つけたネコちゃんです。


Le chat noir

Gaufre a la fraise

le 7 Avril 2006

CPEを巡るデモや暴動はまだまだ終幕を迎える様子はなく、先日も隣区の13区、イタリー広場で大きな暴動があったのをニュースで観ました。そういえば窓からその騒ぎがかすかに聞こえていた様にも思います。ちょうどその日にあの辺りに行こうと思っていたのでおとなしくしていて良かったです。火曜日の外出はしばらく避けようかしら、、、。\r

昨日は昨日で北駅でデモがあったようで電車の出発時間が大幅に乱れた様子、その遅れの出たユーロスターではファースト・クラスの乗車券を持っている人のみ優先して乗せたそうで、友人は海底トンネルを潜ることが出来ずタイタニックの二等客室の思いでスーツケースを引きずりながら我が家にやって来ました。そして思わぬ所で一泊することになりもう半日お楽しみが増えたのでした。

これはその友人と食べた今朝のプティ・デジュネ。市販のワッフルを温め、生クリームと苺を乗せシナモンをひとかけしただけ。ほんのちょっぴり手をかけただけで美味しいスイーツの出来上がり♪手をかけたのはもちろん我が家のシェフ。

le 6 Avril 2006

マリークレール・イデが15周年を迎え特別記念号が出ています。第1号からのベスト作品が紹介されているので一応ゲットしましたが、第2号から数号を除いてほとんど買い続けていたのでどれも見覚えのあるものばかり。

それでも今回は可愛いオリジナルのカイエがオマケについていたのでオマケ好き、ノベルティー好きには嬉しい号です。

今夜は先日と同じメンバーが我が家に集まり又楽しいソワレを過ごしました。\r
お腹がよじれる程笑い、終電のメトロの時間さえ無ければいつまでもこの時間が続きそうでした。


Marie Claire idee a 15ans

Mini-pincusion - "H"

le 5 Avril 2006

新しい Mac がやって来て一週間、内蔵エアポートにバグがあったのをすぐに発見、一台で使用するユーザーには関係ないけど二台でひとつのインターネット回線を使うとなると問題あり。旧Mac ( 現在私専用 ) には外付けエアポートを設置したので問題ないのですが、新Macでインターネットを使用する際、受信がとても不安定で回線をいちいち取り付け変えなければならず購入早々不自由に感じる日々が続いておりました。

Macフォーラムを幾つも訪ねてチェックすると皆同じ問題に突き当たっている様子、サービスセンターに何度か電話して相談、そしてアップデートを要求していました。

そして昨日アップデートされトラブル解消しました。さすがはMac、対応が速い!
世界中のユーザーの情報交換の場であるフォーラムとは便利なもので、Macの人もチェックしているのでユーザーの感じている事、困っている事などを書き込みが多ければ多い程それに対応するようです。

ところでMacの電話による受付はローカル料金ですがバングラデッシュに本拠地があるようです。そういえばインド人(系)の頭脳はテクノロジー関係にとても優れていると友人から聞いた事があります。そして当サイトのサーバーも本拠地はUSですがテクニシャンはインド周辺の中近東に居るそうで、何かあった時にはいつも親切で迅速な対応をしてくれています。
国民性も違いますしね、フランスだったらたらい回しになった挙げ句どれだけ時間がかかるか分かったものじゃありません、、、。

*ちっこいピンクッションはミネラルウォーターのキャップをリメイクして作りました。確か VOLVIC のを使用。イニシャルのステッチはず〜っと前に刺した物ですが、こうして出来上がるとこんな小さな物でも嬉しいものです。周りを一周させた波テープもピタリと重なったのでご機嫌です :-))))

le 4 Avril 2006

外を歩いていたら前方にいる老マダムの視線を感じたのでサングラスを外し応対してみると " あなたはアメリカ人なの?”と聞かれました。ハハ、まさかね。
”日本人ですよ。そう見えるでしょ?” と答えると " アメリカにも日本人はいっぱいいるから” ですってよ、、、パリの中国人に間違えられる事はあってもアメリカの日本人と言われたのは始めてでなんだか可笑しかったです。
ちなみに杖をついてヨボヨボ歩いていたマダムはアメリカ人、可愛い粋なおばあちゃんでした。そういえば以前 Jojo がサンフランシスコの人みたいだって話しかけられたのもこのマダムだったかもしれないです :-)

本日の主役のクマちゃんは今朝我が家にやってきたばかりのカジョリーヌです。そう、柔軟仕上げ剤のファーファ、フランスではカジョリーヌという名前なのです。こちらではエコノミックに中身だけ凝縮された物が売られていて、自分で容器に移し水を加えて使います。(もちろん容器入りも売ってますよ。)三つ入りを購入すると台紙にクーポン券が付いて来て、ポイントが溜まっていたので申し込んでいたのです。(クーポン無しでも定価でも購入可能\でした。)用紙には2005年の12月までとあったので慌てて送料分の小切手を送ったのは年末近く、待てど暮らせどカジョリーヌがやって来ない、もしかしたらストックが無くなりそのままになってしまっていたのかもしれないと諦めていたのです。

やっと手にする事が出来た〜!と喜ぶのも束の間、ビニール袋から取り出すと思っていたほど可愛くない、、、どうも半開きの口が黒いのがよろしくないような気がします。いっそのこと口を縫っちゃおうかな〜、その方が可愛いかも〜、でも可哀想かしら〜、と半日程一緒に過ごしているとなんだか愛着も湧いて来て可愛く見えてくるから不思議なものです。そう、見る角度を変えれば良いのかも(笑)。
でもね、このコ、と〜ってもソフトで肌触りが気持ちいいのです。まるで柔軟仕上げしたような毛並みなんですよ!\r

いくらタダでゲットしたとはいえ馬鹿にならない送料がかかっていて、そのお値段で売られていたらはたして買っていたかどうかはかなり疑問でもあるのですが、コレクタブルアイテムとして深く考えるのは止めましょ。


Cajolne

Pique aiguille "Abeille"

le 3 Avril 2006

日本人の友人達をディナーにお招き、先程まで近所迷惑な程に大声で笑い転げ盛り上がっていました。

そろそろ(ってもうとっくに?!)お肌の曲がり角、姉御な友人と共にヘアメの友人からは耳寄りなメーク製品を教えてもらい、プロの必殺技に耳を傾けこれからのケアに役立てたいわ−と講義を聞くように頭に焼き付けました。そしてほぼスッピン状態だった顔に試供品を塗り塗りしてもらい、顔の右と左でビフォー・アフターの実演でなーるほどとその違いに納得。

日本人はメラニン色素が強い為に西洋人に比べると歳を取ってから一気に肌がくすむんだそうで、やはり今から気をつけるべし!

プロのメークさんにお化粧してもらうとファンデーションを塗るだけでもいつもより綺麗になった気がするから不思議。指で丁寧に顔の上をのばしてもらえるのでマッサージ効果もあり?!

ところでマスオさんが窓の工事をしにやって来たのは約一週間前、私達の真下のアパルトマンは賃貸者が外国人に又貸ししているそうなのですが、新しい住人は日本人だと言っていました。そういえば先日アジアティックな男性と廊下で擦れ違っていたんだわ。そして夕食後にふと気が付くとキッチンの窓が空いていて、私達の会話はかなり筒抜け〜、、、もしまだ居るようだったら今夜の放送禁止用語バシバシのお馬鹿な会話が聞こえてたかも、、、。しかもあんな大声で(笑)。

*このピンクッションは前にも一度作ったものの色違いですが、ベースにした牛乳キャップの大きさが違いいくらか大きめ、そしてお仕立ても変えてみました。最近はこのピンクッション作りにハマってサンプルステッチを仕立てたり、新しいデザインの物も作ったりしています。

le 2 Avril 2006

久々に晴天の日曜日、春を身近に感じたくて午後近所の植物公園に春のお花を見にお散歩してきました。

しかし、花壇には期待していたお花は全くと言っていいぐらい何もありませんでした。花壇にはパンジーと黄色いお花が少ししかなく、どうやらまだ春の植え込みをしていないようです。遠くに見えた背の低い桜の木もしばらく咲く気配はなし、今年は寒かったのでどうやら春の到来も送れている様です。

植物公園には小さな動物園もあり、無料の領域の柵の中にはワラビーが気持良さそうに日向ぼっこしていました。ゴロンと寝そべった姿とか、耳を掻く仕草とか、の〜んびりしている風采とかがなんとなく Myu そっくり( 笑 )。

春の光は冬のそれとも室内撮影とも違い、光やスピードやホワイトバランスなどを変えてテスト写真をいっぱい撮りました。デジカメはこうしたテストも気軽に撮れるのがいいですね。


wallaby

Poissin d'Avril :-)

le 1er Avril 2006

エイプリル・フール、皆さん楽しい嘘をつかれましたか?
フランスではポワソン・ダヴリル ( 4月の魚 ) と言って、親しい人や職場の同僚達の背中にお魚の絵を貼付けてからかいます。メトロの中や道でお魚を背負っている人を見かけたら、その人はまんまとひっかかったというわけです(笑)。\r

私もお魚を用意して今か今かとタイミングを待っていたのですが、一番ひっかかりやすい Myu は一日中お布団の中に入り込んでなかなか出て来なかったので Mookie の背中にそ〜っと貼付けてみましたが案の定、敏感な Mookie ちゃんはすぐに気付いてしまいました。でもせっかくだからちょっぴりヤラセ写真でパチリ(笑)。

その後意味も無く Jojo とHUG し合いましたが、お互いの背中に魚をくっ付け合ったというなんともマヌケな私たちです。用意していたのは一匹だけだったのに、失敗して捨ててあったお魚をいつの間にか拾っていたようです。今年は引き分けで終わりました。


go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivider dividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash