le 31 Aout 2005

これは随分前に作ったもの。現在 COUTURE のコーナーでご紹介しているヴィンテージのインテリアファブリックで作ったバッグです。
裏地はハンドル部分の生地でリバーシブル仕立てにしてあるのですが、内側にしてプリントが見えなくなってしまうのはあまりにも残念なのでひっくり返すことはまずありません。この’50年代の生地は色合いもプリントも生地の風合いもお気に入りに " 大 " が付く程気に入っている秘蔵の生地なんです。

自慢のバッグはこれ又随分前ですが裏地を色違いにしてスタイリストの友人に贈ったことがあるのですが、とても喜んでくれました。彼女の為に作ったのはもっと深い緑のバージョンで、もうちょっと落ち着いた感じです。周りの友人達からも好評なんだって言ってました。

そして先日 Cocomo@Paris のお客様がこのファブリックを購入して下さり、その数日後にとても素敵なバッグを仕立てていらっしゃいました。創り手が違うと同じ生地でも違うアイデアで別の形になるのも興味深いです。パリからお届けしたパッケージもサイト共々ブログにご紹介して頂いています。 Merci beaucoup !
*ご紹介頂いているのは8/21&25&26の頁です。
他にも素敵なバッグを創っていらっしゃるので是非ご覧になって見て下さいね。

fraisのちくちく日記 <--- click


Original Bag (C)Cocomo!Paris

Jardin du Luxembourg

le 30 Aout 2005

昨日のリベンジ、ということで午後イギリスから久々に里帰りしに来てた友人ファミリーに会いました。これからサンジェルマンの方に行くんだけど出てこない?って相変わらずく直前に連絡が来て、さすがに何の準備もしていなかったので一時間後に約束を取り付け速攻でシャワーを浴び化粧して出かけました。そういえば昔はこんな風によく一緒に出かけたものです。

サンジェルマン・デ・プレの交差点を渡りつつ " Jojo は?" という友人の問いに " 朝からサンジェルマンでミーティング " と答えていると、なんと信号の向こうに Jojo が歩いているじゃあいませんか!あまりのタイミングの良さにビックリ!

以前住んでいた所が見たい、という上の子の希望でうちの方まで皆で歩いて来ることにしたのですが、途中リュクサンブール公園で寄り道して子供達はロバに乗ってコースを一往復。パリの街中で馬 ( ロバですが)に乗るなんて滅多にないことですから最後の夏の良い思い出になったのではないでしょうか。

そしてパンテオンからムフタール街を抜けてプチ観光しながら我が家で一服、そして隣区のアパルトマンの方まで出向いてバス停まで送って別れたのですが、僅か数時間の間にかなりハードに歩き回ったので疲れましたー。しかも今日は雲一つ無い晴天で ( ほらっ!)9月を前にして今更、というような強い陽射しを受けていたので暑かったです。

友人にも子供達にも久々に会えて楽しい時間を過ごすことが出来ました。上の子がパリの街を懐かしく感じているのに比べておチビちゃんの方はこの街で生まれたにも関わらず、2〜3歳までの記憶なんて目紛しい成長の過程でたまに見る写真の中の想い出でしかなく、昔住んでいた風景もフランス語の響きも、そして私が度々お守りしてあげたことなんかもま〜ったく覚えてないみたいでちょっぴり寂しいな。、、、ってもしかしたらもっと大きくなった頃に本人がそう思うのかも。今日の思い出はちゃんと記憶にとどまるのかしら、、、?

le 29 Aout 2005

イギリスに移って行った友人が久々にパリに遊びに来たからと電話があったのはお昼前。今回は子供三人のうち上の二人を連れてきていてパリ観光、その後のお買い物にジョインする筈でずっと電話を待っていたけど連絡無し。子供達に振り回されちゃったのかしら?待ちぼうけの一日でした、、、。

ちなみに約束をすっぽかすことをフランス語では " poser un lapin " ( ウサギを置く)って言うんですよ。

今夜は " 理由なき反抗 " を観ています。ジェームス・ディ−ン映画なんて久々。実は中学生の頃好きだったのです ( 照 )。

パンはいつものように Jojo の手作り。ハンバーガー用のスライスチーズが入ってます。おやおやっ、窓の側で撮影してたら Myu がやって来ちゃいました。食いしん坊め!


Pain au fromage

Wall Art

le 28 Aout 2005

今日も早起きしました !
二日続けて6h30起床。なんだか自分偉いよ!って褒めてあげたい。でも Jojo より早く起きてしまうとコーヒーを煎れなくてはならないの。やっぱり起きた時に一杯のコーヒーが用意されてあった方が嬉しい、、、。

今日刺し始めたもの ( もちろんクロスステッチです ) 小さい割に手こずってます。数時間で刺し上がるだろうとタカをくくっていたのですが甘かったみたい。明日に持ち越しです。

現在サーバーがダウン中、、、今夜中に更新なるか?なんだか無理そう、、、。
って思っていたら回復しました。ホッ。

*この可愛い落書きは今朝近所で見つけたもの。このテは初めてかも。前からあったのかも?!

le 27 Aout 2005

今朝間違って早起きをしてしまいました。Cahier de Cocomo (ブログ) の写真を撮ることが出来たのもその為です。でも久々の朝のお散歩、気持ちよかったです。

日頃お世話になっている人への贈り物として、夏の初めに刺し終えていたものをやっとバッグに仕立てました。5/18のピンクの " H " のバッグとお揃いです。定番のタッセルに裏地はブルーのトワル・ドゥ・ジューイ。

イニシャルの ”M”、元々の図案は単色でしたが三色で刺しました。三色となると色選びにも結構時間を費やしましたがそれなりに見栄えもよく、一作目のバッグに比べると、色数が多いからかやや豪華に見えます。まぁピンクのステッチは初期の頃の作品ですし ( 刺したのは昨年の2月) 、一年半近く経ってクロスステッチの腕もそれなりに上がって来ているということでしょうか。

*ステッチのクローズアップ画像はマウスオーバーにてご覧頂けます。


" M "

Abecedaire

le 26 Aout 2005

昨夜お隣の13区で火災があり死者17名(そのうち子供14名)、、、前回の多数の死者を出したパリの大火災も記憶に新しい、確か今年の春先位ではなかったでしょうか?建物のセキュリティーや管理に不備があり、そういったアパルトマンは見直しをされるべきであったのに数ヶ月前の火災の後もなんの手だてもしていなかったというのが今回の結果です。前回同様、安い家賃のこのアパルトマンの住人のほとんどがアフリカ系の人達だったというのも悲しい事実です。16区あたりの高級住宅地で優雅に暮らしているフランス人がいる反面、朽ちかけた小さなアパルトマンに大家族が肩を寄せ合って暮らしている、、、同じ空の下でもこんなに違うのです。

さて、本日 COUTURE のコーナーを更新しました。
今回ご紹介するのはクロスステッチの図案集とソーイング・クラフトの雑誌です。アイテム数は少ないですが、どれも素敵なものばかりなんです。アルファベットサンプラーの図案集はすぐにでも刺したくなるようなものがありすぎて困ってしまいます。どれにしようかしら〜、、、。\r

COUTURE <---- click

le 25 Aout 2005

本日 SELECT のコーナーを更新致しました。

今回はとても素敵なバッグやクッッションカバー、シックなタオルのセット、こだわりのステーショナリーなどをセレクトしています。ちょっと自分の為に贅沢を許したい、そんな物からちょっとお小遣いでゲット出来そうなものまで、そしてどれもフランスのエスプリの漂う物ばかりです。

あまりにも素敵だったので私もひとつお買い物してしまったのがコチラ。Cote Bastide のトワル・ドゥ・ジューイの巾着袋とキルティングのバッグです。 シックな赤いプリント、そして生成りベースのコットンリネンの風合いはまるでアンティークファブリックのようでもあります。キルティング加工のバッグはカントリー調になりがちであるのに、やはりシックなのはコテ・バスティッドのデザインだからでしょうか。巾着バッグはパニエの中に入れて持ち歩いてもよさそうですし、フックやドアノブに掛けておくだけでも素敵なんです。
*キルティングバッグはパリのお店の定価よりもお安くご紹介しています。

カタログでご覧になってみて下さいね。

SELECT <--- click


Sacs de Cote Bastide

Sandale avec fleur perle

24 Aout 2005

夏の初め頃にはアレもやろうコレもやろうと意気込んでいたのですが、あっという間に8月も終わりに近付いて、なんだか宿題をやり残した小学生の気分です。昔から何も変わらず成長していないなぁ、、、と反省。

最後の追い込み、ということでカタログ準備を進め、最後の詰めの部分ま出来ています。あとはテクニック担当にお願いするのみ。SELECT と COUTURE のコーナーを順を追って更新していく予定です。\r

お楽しみのクロスステッチは相変わらず刺しっ放しが多く、これ以上お仕立て待ちのストックを増やさず形にしていこうと思いつつも一つ、そして又一つと刺しちゃってます、、、。ハイ、仕上げます。
創作意欲は Max の状態で、描きためているアイデアやデザインもノートいっぱいになってきているのでこちらも又形にしたいなぁと思っています。しかしながらクロスステッチの場合はチャートを描くのも時間がかかるし ( 未だにハンドワーク、、、)、色を決めるのも納得がいくまで考えるので結構時間がかかります。そしてステッチにするのにも仕立てにも時計の針が何周もするぐらいかかるので ( もしかしたらカレンダーを捲る位?!)ちょっとここらでネジを巻き直して加速気味ぐらいで取り組んだ方がいいのかも!と思い直しているところです。
夏の終わりに考えることいろいろ、、、。

*このサンダル、ブログの Cahier の方ですでにご紹介してますが、すごくお気に入りなのでこちらでも。フラットなので履きやすいし、カジュアルな装いにも合うのが○

le 23 Aout 2005

明け方見た夢にトム・クルーズが登場!特別ファンってわけでもないので ( その割に映画は結構観てるかも?!) どうしてトム・クルーズが夢に?って感じがしないでもないのですが、、、。

でも実は二度程本物の彼に出逢ったことがあるのです。正確には”擦れ違った”が正しいですね。だからちょっと好感度高し、かも。
一度目は日本、リムジンに乗り込もうと正面から歩いて来たところをキャッチ。アウトサイダーの映画でヤングアダルトと呼ばれていた当時 ( 古い!) に比べると顔の丸みもなくなりロン毛で無償髭まであって、大人顔でなかなかカッコイイなとファンでもないのに思ったものです。
そして二度目はパリ。コレも随分前ですがホテル・リッツのラウンジにいたら正面からトム・クルーズが当時の奥様ニコル・キッドマンとツーショットでにこやかに現れたのです!すご〜くカジュアルな装いでしたがお二人ともハリウッドスターの貫禄がありました。全くの偶然で予\期していなかったのでカメラも無く写真も無し。残念。

近頃は秋のように涼しいのでティータイムには温かいお茶を飲んでます。今日はほうじ茶とイカ焼せんべい。


L'heure du the

Des albums brode

le 22 Aout 2005

クラシックなモチーフのサンプラーでアルバムカバーを作りました。ステッチは随分前に仕上げっていたものの、浮気ばっかりしていたので仕上げに時間がかかってしまいました。

もう一冊の方はすでに 6/3 にこの頁でご紹介しているものです。同じ MUJI のアクリルアルバムに合わせてモチーフ選びをしましたが、例によってバランスがイマイチでしたので、全体のバランス調整とデザインの修正及びアレンジを加えています。

裏には仲良く Jojo と私のイニシャルを入れてみました : - ) アルファベットはどちらもオリジナルです。(*マウスオーバーにて二枚目の画像をご覧頂けます。)表のデザインがフレーム付きですので、背表\紙は敢えてそのまま無地にすることにしました。そして裏地にはもう一冊のアルバム同様お気に入りのトワル−ドゥ・ジューイを使用しているので、開けたときに半透明のアクリルカバーからおフランスなプリントが透けて見えます。

前回は仕立て上がるとかなりキチキチな感じでしたので、今回はそれを教訓にほんの少しゆとりを持たせて縫製しました。出来上がってみると丁度いいサイズです。

この二冊にはアンティークのポストカードを収納していますが、このアルバム、実は何冊も揃えているのでバリエーションを変えて又他のデザインでも作りたいなぁと思っています。

le 21 Aout 2005

8月も残りわずか、、、パリは毎日初秋のような涼しさで、夏も終わりかなぁといった感じです。

こんなサンダルが履けるのもあと数日間かも、、、。アンティク・バティックで見つけたモロッコ風のサンダルがとても履きやすくて、夏になると登場するのですが、これはその二足目。同じ革のスメールでも、もう一足の方が断然履きやすく、コチラはたまにしか履いてないかしら。でもピンクのビーズのお花が可愛くて、ジーンズやカジュアルな格好にも合うので気に入ってます。


Antik Batik

Fleurs jaunes

le 20 Aout 2005

このお花、今朝上階のムッシューが郵便管理のお礼にと届けてくれました。
先週末もお土産のクッキーを頂いたのですが、今回は列車の中に忘れてきてしまったと残念そうに昨夜郵便物を渡した時に言っていたのです。

”ご親切にどうも!”ってお礼を言ったら " La plus belle n'est pas dans le bouque " ( 一番キレイなのはこのブーケの中には無いよ)ですって〜。お世辞と分かっていても嬉しい台詞ですね : - )
フランス人のムッシュー って(本当はギリシャ人ですが) 年をとっても女性に対しては紳士なんですね〜♪

と、ご機嫌でいたらすかさず Jojo が " 受け取るのがボクじゃなくて良かったかったね” 、、、ですって(笑)。

le 19 Aout 2005

ノートルダム寺院の裏側です。ポストカードを見ても観光ガイドを見てもゴシック建築と一目で分かる正面から捉えた写真がほとんどですが、裏から見るとこんな感じです。

裏手にはほんの一息つける小さな公園もあって、お天気のいい日にはベンチに座って本でも読みたい気分になります。こんな公園が街のあちこちに或るのはパリのいいところ。

撮影はセーヌ川に架かる橋の上にて。


Deriere de Notre-Dame

Very Intelligente Pocket

le 18 Aout 2005

午後三駅先のショッピングセンターまで歩いて行って来ました。パリの街って小さいので2〜3駅ぐらいお散歩程度の距離で簡単に歩けちゃうんです。でも暑かったです。30℃以上あったんじゃないかしら。今夜は羽布団だと暑すぎるかも、、、。

このバッグはバッグの中に入れる為のポーチなんです。毎日服に合わせてバッグを変えたりしますが、バッグの中身を総移動させるのって結構面倒くさいもの。それでこのポーチを丸ごと入れ替えちゃえばバッグの中身を一個一個取り出さずに済み、その悩みも解消されるという優れものなのです。ポケットも沢山付いているので便利なんですよ。\r

お気に入りのルイゾンのバッグ ( *マウスオーバー) には背の部分にポケットが付いている以外は、中身はラバを持ち上げるとファスナーもポケットも何も無いのでスリの多いパリのメトロではちょっとキケン。このポーチを入れるとポケット代わりにもなるのでスリ防止にもなり重宝しています。賢いポケット、その名もヴェリー・インテリジェント・ポケット!

le 17 Aout 2005

随分前に刺し上がっていたのです。そして先日やっとお仕立てを完成させましたのでお披露目です。

すでに6/12 に蓋のステッチだけご紹介していますが、花冠は Fleurs et fruis という図案集 (*COUTURE のコーナーでご紹介しています) からの抜粋で、この空き缶リメイクの為にバランスよく円形で対照的になるようアレンジしました。周りに散らしたドットも正方形に収まりがよくなるように何度も描き直しながら構成しました。中央には水玉と同色のイニシャルをあしらい、全体像は昔のパウダーケースからインスピレーションを得てコケティッシュな Marquise をイメージしながらデザインしました。ですから色使いもキッチュです。

中に使用した生地は20年位前に購入したパッチワーク用のコットン。すでにヴィンテージになりつつありますね (笑)。とっても気に入っていて長年大切にとってあったのですが、お気に入りの缶を仕上げる為やっと使用する決心がつきました。

そしてお揃いの小さな小さなピンクッションまで作っちゃいました。1over1 でステッチしているのでちょうど1/2 サイズ、一辺が5cm弱です。裏面のストライプだけでステッチが1300目もあるんですよ。*マウスオーバーで二枚目の画像をご覧頂けます。

一番苦労した点は、サイズが決まっている為にリネンの目の数からストライプとドットの配置とサイズを計算しつつ図案を調整したことでしょうか。糸は6色使用していますが、最初の色選びにもじっくり時間をかけました。こうして苦労して仕上げた作品を手にしていると、やっぱり小物作りは楽しいな♪と思ってしまいます。

こちらの空き缶リメイクは E's Room の Tin Can Garerie に参加させて頂いています。
E's Room <--- click



Original design : (c)Cocomo@Paris

Porte-clefs

le 16 Aout 2005

お昼のニュースで日本の地震のことを知りました。今年は福岡の地震に引き続き、先日東京で大きな地震があったばかりだというのに今度は仙台、、、日本列島落ち着かないようで海を越えて不安が伝わってきます。仙台と言えば当サイトのお客様も少なくなく、又仲良くさせて頂いている NET のお友達も居て心配です。被災地の皆様にお見舞い申し上げます。\r

パリはと言いますと今日も涼しく過ごしておりましたが、日に焼けたパリッ子達がバカンスから戻り始めてきています。昨日は祭日だったこともあり、スーパーのレジには長蛇の列が出来ていました。

そして午後は画家の友人からお呼びがかかったので、一緒にポリスまでお供してきました。昨夜遅い時間に電話があり、正直言って面倒だなぁと思いつつも放っておけなくお世話してしまう辺り、お人好しだなぁと我ながら思ってしまいます。これは親譲りですな、、、。

*7/27のバッグに付けたキーリングの色違い。カラフルなバージョンもお気に入りです。

le 15 Aout 2005

朝夕寒いので、夏の布団から羽布団に変えました。暑かったのは土曜日だけで、昨日から又秋みたいなお天気になってしまいました。

クロスステッチを始めてから最近以前にも増してお針仕事が多くなっていますが、手芸道具や材料も増え続けており、収納も様々。

このパニエには普段よく使う物などを入れて手の届く場所に置いています。ゴッチャリ何でも突っ込んでいるのですが、缶ケースや小さな空き瓶などにボタンやボビン糸や細々とした物を入れています。COUTURE のセットでご紹介しているようなカマンベールの箱もテープなどを入れて利用しているんですよ。

なんだか手芸というよりおやつのパニエみたいですね ( 笑 )。可愛い雑貨や道具を使っていると楽しいお針仕事が一層楽しくなり、又退屈なお針仕事と考えている人でも楽しく感じることが出来るのではないかと思います。
そしてソ−イングが楽しくなるようなセット商品も企画中です。すでに準備してあるものもあって、実はこのパニエにも隠れているんですよ : - )


Panier de couture

Pain aux herbes

le 14 Aout 2005

八月のこの時期はどうしても感傷的になってしまう。あれから三年、、、もう三年の年月が経ったのかと時間の過ぎるのが早く感じられる。

その日は私の人生の中で最も悲しい日でもあったし、一生分の涙を使い果たしたのではないかという位泣いた。その夏のやってくる随分前から奇跡だけを信じていたか、その奇跡が訪れることも無くその人は逝ってしまった。遠く離れていて例え声が聞けなくても便りが無くても生きていればいつかは会える。でも彼女の朗らかな声ももう聞くことは出来ないしあの笑顔ももう見ることが出来ない。そして泣き続けたひと夏、、、。

涙が枯れかけてきた頃に又別の悲報を聞いた。同じ日に生まれた二つ年上の友人。いつも200%元気だった彼の死を誰が想像しただろう。多分本人が一番驚いていたに違いない。

今では涙で枕を濡らすことはなく、たまに楽しかった想い出の日々を懐かしく想い感傷に耽る。今日はそんな日で、偶然にもパリの空も泣いていた。涙雨か、、、。

*写真は Jojo が焼いたハーブパン。

le 13 Aout 2005

久々の夏日和、今日の昼間は32〜3℃あったようです。ちなみに夜は20℃以下。午後橋を渡って右岸の方まで行って来たのですが、セーヌ河岸のパリ・プラージュは沢山の人で賑わっていました。

東京の今年の暑さも異常だと友人達からのメールで聞いていますが、NYも暑いんだそうで、ドラッグクイーンの人達はシャワーキャップに氷を入れて被って涼んでいるんですってよ ( 笑 )。想像すると笑っちゃうけど、猛暑の夏を思い出すとその気持ちも分かる気がします。

この "かまわぬ" のガーゼハンカチは先月パリにやって来た親友からのお土産。ピンクのが私ので青いのは Jojo。なんだか夏らしくて今の時期にピッタリ!Merci♪


Mouchoirs en gause

Je m'appelle Paris !

le 12 Aout 2005

昨日インターネットのサーバーがダウンしてしまい、一日の大部分の時間が NET に繋がらず、メールも受送信出来ずに困ってしまいました。夜 JOURNAL を更新しようと思ったら一向にアクセス出来ないんですもの、、、。
サイトのサーバーは別にしているので皆様のご観覧には問題なかったと思います。そちらのサーバーは非常に対応もよく、トラブルがあってもすぐに解決に当たってくれるので満足しています。出来ることならインターネット回線もこういった会社であったらいいのに、、、。

本日はカタログ撮影を!と意気込んでテーブルをセットして撮り始めたのですが、カメラが変わるとやはりいろいろと勝手も違ってきて、今日のところはテスト撮影で終わってしまいました。どのみち今日はお天気も優れずあまりいい光が入っていなかったのです。

久々に PARIS ( パリス ) ちゃんにもモデルになってもらいました。窓の側で撮影したのでちょっと光っちゃいましたね。ファッションシューティングのように顔にパウダーでもはたいたら少しはこのテカリが無くなるのかしら、、、?

le 11 Aout 2005

もしかしたらお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。先月の中頃からこの頁の写真に違ったサイズの写真が混ざってきているのを、、、。

新しいカメラを手にしたので、時々交互に撮っているのです。まだ使いこなす程には撮っておらず、毎度テスト撮りといった感じなのですが、シャッター音とかが耳に心地よく使い勝手も良くて久々に写真を撮るのが又楽しくなってきました。今まで写真を撮る事自体習慣的になっていたので、気分一新といったところでしょうか。

今日はセンセイ ( Jojo ) に教えてもらいながら絞りやシャッタースピードを調節しつつ、レンズもいろいろ変えて撮ってみました。今までには無かった光の柔らかさが表現出来たり、シャープな線が出せるのに満足しております。デジカメなのでフィルムを入れ替えなくても感度が調整出来るのも便利!今までのカメラとはフレームの大きさが変わるので、構\図の設定がポイントになりそうです。

しかし今夜新たな問題が発生!プレヴューに映し出した時とフォトショップに映し出した時と微妙に色が違ってるんです。そしてWEB用に写真を加工すると更に違う、、、。あれっ、今までは?!明日コンピューターのセンセイ ( Jojo ) に見てもらうことにしましょう。

*クッキーはえりさんから頂いたモロゾフのティーブレイク。ご馳走さまでした〜!そして缶の方は今せっせと例の物を創っております : - )


Tea time

Myu sur le balcon

le 10 Aout 2005

久々に夏らしい陽射しを受けてやっと8月の気分です。でも夜はやっぱり涼しいのです。

昨日近所のスーパーで買い物をしていたら乳製品、卵、ハムやパテなどの加工品、パッケージ入りのサラダ、お肉の棚がスカスカで、いくらこの時期でもありえないよね〜と思っていたら今日からお休みになっていました。納得。

もう一軒のスーパーまで足を伸ばすのは面倒くさかったので今日は冷凍食品の専門スーパーでお買い物を済ませました。そして今夜のディネはパエリヤ。デザートはマンダリンオレンジのシャーベット。
先日日本からのお友達をこのスーパーにご案内したのですが、あまりの種類の多さとそのお値段の安さに驚いていました。冷凍野菜、お肉、お魚、パン、ピザなんかの他、前菜からメイン、そしてデザートまで何でも揃ってます。調味料の冷凍ハーブまであるんですよ。そして美味しいんです。
お友達もホテルでは長年の常連さんで従業員の皆とも仲良し、ということでオーブンレンジも利用させてもらえるみたいなのでこんなスーパーを知って喜んでいました。住んでいたら毎日でも通いたいわって言ってました。

ところで Myu 、何見てるの?
ニャ〜 ( なんか言った?)*マウスオーバーで二枚目を見てね。

le 9 Aout 2005

昨日のことですが、近所のホテルに滞在しているお友達と会ってカフェで何時間もお喋りしてました。今回の滞在は二ヶ月間ということで、すでに4回も道でバッタリ会っていたんです。お隣に超して来た住人とは二ヶ月も経つのに一回も顔を合わせたことが無いのに ( もしかして下の廊下で擦れ違っているのかもしれないのですが、階下のアパルトマンは入れ替わり立ち代わり外国人が滞在しているので何処の部屋の住民か分からないことがあるのです)、旅行者の彼女とはご近所さんのように出くわします。

誰とでもお友達になれる性格の持ち主で、渡仏の度にお友達が増えている様です。先日も日本人の方とご一緒でしたが、知り合ったばかりだと言っていました。紹介者はパン屋のマダムだとのこと。そのマダムはなんと日本人ですって!すごく近所のパン屋 ( どちらかというとお菓子屋さん ) なのに初耳でした。

カフェでは道に面したガラスの内側に座っていたのですが、別のカフェのギャルソンというお兄さんが窓をトントンって叩いて挨拶したり、日用雑貨のお店の人がやっぱり彼女を見つけて手を振ってきたり、、、近所の人達とも皆知り合いになって五区ではちょっとした有名人(!)のようですよ。\r

70歳になられた現在でもフランス語の勉強を続け、最近は英語も少しお勉強しているらしく、仲良くなったお友達に会いに行く為一人で飛行機に乗り列車に乗り、好奇心旺盛でフットワークの軽いマダムです。見習わないとですね。

*昨日のえりさんからの贈り物のパッケージ。記念切手がこ〜んなに沢山!日本の切手も可愛いですね。


Timbres japonais

Cadeaux par Eri-san ( * mouse over )

le 8 Aout 2005

素敵なピンクッションでしょう!
E's Room のえりさんからの頂き物なんです。モノグラムの " Hh " は私が先日 ( 7/31 ) にステッチしたものと似ていますが微妙に違うデザインです。でもこの偶然にビックリ、日本とフランスで同じ時期に同じようなステッチをしていたなんて!

クロスステッチの大先輩でいらっしゃるえりさんの作品はひと針ひと針とても奇麗なステッチ、配色やデザインも素敵です。この裏には同じ配色の王冠がステッチされていて、そちらも美しいんです。そして中には針が錆びないように原毛が入っているそうで、気配りもさすがですね。ソーイングタイムが楽しくなりそうです。感激〜!と〜っても嬉しいです。\r

他にも空き缶リメイクの為のモノゾフのクッキー缶、これは一個日本から取り寄せていたのですが縁のプリントが気になってヤスリをかけ始めていたものの作業が止まっていたのです。ですからえりさんが選んで下さったのは蓋の重なる部分が無地のタイプ。お心遣い有り難うございます。中のクッキーは明日のティータイムに頂きますね。そして缶の方はすでにステッチしているものがあるのでお仕立てを頑張って又 Tin Can Galerie に参加させて頂こうかと思います。

もうひとつ "ナタリーちゃんのフレンチ雑貨” のか〜わいいカフェのミニチュア♪ 実はえりさんのブログで拝見していて、気になっていた物だったので実物を手にして感激です。よく出来てますね〜!

こんな素敵なサプライズの贈り物に今日は一日ルルルン♪な気分で幸せでした。えりさん、Merci mille fois !

*ピンクッションのもうひとつのステッチと他の素敵な贈り物はマウスオーバーにてご覧頂けます。

E's Room <--- click

le 7 Aout 2005

久々にエッフェル塔の登場です!

どの場所に居ても、エッフェル塔が見えるとパリだなぁって一瞬足を止めひとときの感動を味わいます。

この鉄の塔は1889年のパリ万博の為に建てられました。そういえばパリに暮らし始めたその年は革命200年祭が盛大に行われた年で、又同時にエッフェル塔の100年祭でもありました。(、、、とちょっと感慨に耽る)

誰しもエッフェル塔の歴史には見聞があるかと思いますが、ほんの少し、、、。建てられた当時は賛否両論で、否を唱えた者達はエッフェル塔の1階にあるカフェ ( アーチの上の部分です ) に集ったのだそう。と言うのもパリで唯一エッフェル塔を観ないで済むから、といういう話は有名ですね。時代変わって、世界中の誰もが愛する建築物の一つではないでしょうか。今やパリの街のシンボルとなり、この街にあるからこそ美しく見えるんじゃないかなって気さえします。

パリの中でエッフェル塔の一番見晴らしがいいのは真正面のシャイヨー宮。この写真はその反対側のシャン・ドゥ・マルスからの撮影です。

シャイヨー宮からのスナップは本日のブログでご紹介しています。  

Cahier de Cocomo


Tour d'Eiffel

Cadeaux ♪

le 6 Aout 2005

上階のムッシューからの頂き物です。留守の間の郵便管理をしていたので、そのお礼と言って今日届けてくれました。アーモンド・ペーストのお菓子で美味しかったです。Merci ♪

原爆の日より60年、先日からフランスのTVでもヒロシマの特集番組が放映されています。生き証人がいるうちに、二度と起こってはいけないことをしかと記憶に留めておこうというものでしょう。

韓国人も中国人も過去に日本人が侵した過ちを許そうとしない。ユダヤ人もナチスに対して同じ思いでいるに違いない、そしてドイツ人は過去の過ちを恥として口を閉ざす。
キノコ雲の原爆を日本に投下したアメリカ人はその飛行機を眺めながら”多くのアメリカ人を救った美しい飛行機” と賛美している(本日のニュースの一場面より) 。戦争への後悔を唱える人がいても、あのキノコ雲が侵した大量殺人に対し謝罪の念を口にするアメリカ人がいないのは非常に残念なことだと思う。(いたとしても残念ながら我々日本人の耳には届いていない気がします。)多くの日本人が過去の出来事を過ぎたこととして歴史の一頁に留めているのも確か、、、。勝者と敗者の違いだろうか、、、。それだから、形こそ違えど同じ過ちを何度も繰り返しているんじゃないかと思う。

広島の原爆記念日、ということは友人のお誕生日だわ。オメデトー送らなきゃ。ちなみに友人の弟のお誕生日は長崎の日だそうです。お母さん、がんばったのね。(って何が、、、?)

le 5 Aout 2005

ブログ始めました。

ちょうど一年前の夏ぐらいからブログ願望がありまして、秋位には構想が固まってキリよく年明けから始めましょうと思っていましたら、あれよあれよという間に又夏が巡って来てしまいました。\r

初めての試みで、このブログは Jojo の手を借りずに出来るという利点が大いに気に入り、その為まず最初の一歩を踏み出すのに時間がかかってしまいました。でも
ほんのちょっぴり助けてもらいました。

当サイトの掲示板 ( Cocomo Cafe )、初めて書き込みする方はちょっと戸惑ってしまうらしく、それでもコツを覚えたら実に簡単で、タグの使い方などこの掲示板のお陰でブログ作りにも役立ちました。

ブログ名は "Cahier de Cocomo" ( カイエ・ドゥ・ココモ ) と言いまして、その名の通りノートを意味します。雑記帳の感覚でパリのこと、お気に入りのもの、思いついたことなど気ままに綴っていこうかと思ってます。

Cahier de Cocomo <--- click


Cahier de Cocomo

Torchons brodes

le 4 Aout 2005

生活の中にクロスステッチを!
と言っても何でもかんでも手作りで生活空間を埋め尽くしてしまうとヤボったくなりがち。ことにクロスステッチはそのかかった時間が示すように " 手作り " を思いきり自己主張しているので、常に目にしている物はほどほどぐらいがいいのかもと思っています。

それでも毎日の暮らしの中にさりげなくステッチを施した物を使っていると、たとえこんな小さなものでも豊かな気持ちになります。

こんな小さな物というのはこのトーションのことです。かなり使い込んでいるのでシミがあったりくたびれているのもあります。それでも敢えてステッチしました。
毛糸の整理をしていたらきれいなオレンジ色の麻糸が一束出てきたので、刺繍にはやや太過ぎるとも思ったのですが、色がピッタリなのでどうしてもステッチしたくなったのです。( マウスオーバーでステッチのアップ画像をご覧頂けます。)

二本糸で刺したので ( だって糸始末が楽だもの ) かなり凹凸感のある仕上がりです。バリーションを変えていろいろ刺してみましたが、白地のクロスに施したようなシンプルなのが一番しっくりとしていて好きかも。

こういう小さめのステッチには現在 COUTURE のコーナーでご紹介しているクロスステッチの図案集 " Alphabets au Point de Croix " ( CTR 4-06 ) などがお勧めです。

COUTURE <---- click

le 3 Aout 2005

ガトー・オ・ショコラと共に朝のコーヒーを頂く。特にコーヒー党というわけでもないけれど、一杯のコーヒーを飲まないと目覚めがスッキリしないのでブラックで頂く。というのもミルクを切らしていたから、、、。チョコレートの甘みとコーヒーの苦みがほどよくミックスされてなかなかよい。

チョコレート・ケーキは例によって Jojo が作ってくれたもの:- )

午後は用があってサン・マルタン運河の方まで足を伸ばしてきましたが、いつもと違う風景はどことなく新鮮。しかもあの界隈はアニメな地域だ。(*フランス語で賑やかな、とか活気づいていることを " アニメ” と表現します。)


Mon peti'dejeu

Zzz....

le 2 Aout 2005

一ヶ月半の予定でパリに滞在しているお友達、近所のカフェで日本人のお友達とお食事しているのに遭遇しました。パリのカフェは夏の間窓を開け放しているので歩道を歩いていると中の様子がすぐに分かるのです。そして実は先日も買い物の途中道でバッタリ遭っているんです。毎回パリにいらっしゃると近所のホテルに滞在するので、まるでご近所さんみたいによく道で擦れ違っちゃうんですよ。\r

今日のニュースを観ていたら、北極がシベリアに向かって移動してるって!東西南北を示す羅針盤の北の位置に北極が存在しなくなっているとか。一日に100メートルも移動しているなんて、、、ということは一年で40Km近くも移動しちゃうんですね。驚き!

そんな地球の変化にもおかまい無しに我が家の Myu ちゃんは今日もスヤスヤとお昼寝です。

le 1er Aout 2005

先日パリ・プラージュが始まったところだというのにお天気が優れない毎日。そして8月だというのに寒いです。

今フランス人の誰もがバカンスをとる時期なので、パリの街は閑散としています。小さなお店などは今週からお休みになる所も多いのです。夏のバカンスは4週間あるので ( 子供達の夏休みは2ヶ月間) 7月にとる人、8月にとる人、二回に分けてとる人と、様々です。
私がお勤めをしていた時は夏に一週間か二週間の短いお休みを取って、冬のバカンス時に残りの有給をくっつけて長期の里帰りというパターンが多かったです。

この夏はどうやら涼しく何をするにも集中出来そうなので、頭に描いていることを考えているだけではなく、ひとつずつ形にしていきたいと思っています。
そして今日、月初めということで新しいことを始めました。近々皆さんにもお披露目するつもりです。

*写真は先日行ったクリニャンクールの蚤の市のひとコマより。


Marche aux puces a Clignancour

go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivider dividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash