le 30 Avril 2005

日中と朝夕では温度差が大きいので夜は幾分涼しかったりするのですが、昼間はまるで初夏を迎えた様な温かさでした。もう皆ノースリーブで出歩いています。

最近時間を見つけてはコンピューターの整理に当たっています。多分コンピューターの様子を見ると、その人の生活様式まで分かってしまうんじゃないかしら、、、?と決して人には見せたくない程に散らかり放題です。たまにデスクトップだけはお掃除しているのですが、放っておくとすぐに色々なファイルや資料でいっぱいになってしまい、これって家の中と変わりないんじゃないかと、、、。大まかな部分は Jojo が管理しているので使い易く機能的に区分けされていて私専用のスペースも分け与えられているのですが、どのスペースもいっぱいになりあちこちに Coco's Squat なるファイルが出現する訳です。

我が家のハードディスクは120GBあるのですが、先日から一杯だと危険信号の警告が何度も発せられていて、ついに何枚もの CD に焼き付けています。整理しているともう必要の無くなった物が出て来たり、同じものが違うファイルにダブっていたり、、、思わぬ所に思わぬ資料が入っていたり、、、自分の棚や引き出しの中を覗いた気分でした。

この作業を始めたもう一つの理由は、Mac の新しいシステム、タイガーがつい先日発売されたからでもあるのですよ。新しいシステムというのはバグの一つや二つ有りがちなので、しばらく様子を見てから ( 情報収集してから ) と待っているのですが、今から少しずつ準備しておかないと、ですからね。

*木の間から顔を出しているのはノートル・ダム寺院です。


Square Jean XXIII

Souvenir de Londre

le 29 Avril 2005

昔から鍵のモチーフが大好きで、このペンダントヘッドをロンドンの蚤の市で見つけてから20年近くの年月が経ちます、、、。

一個の鍵が1.5cmぐらいのとても小さな物なんですよ。アルファベットとの組み合わせも嬉しいところ。大好き!が掛け合わされています。CAROL と綴られていて当時連想したのは不思議な国のアリスの著者のルイス・キャロル。アリスが鍵を持って扉を開けるシーンがまざまざと浮かんで、初めてのイギリスでそんなストーリー性にもときめきながら買い求めたのを思い出します。ポートベローの露天のお店でした。

小さいながらもシルバーの精巧な作りで、結構古い物なのではなかろうかと思うのですが、その時代にもこの様に名前を綴ったアクセサリーが流行っていたのですね。ホラ、’80年代にグルメットチェーンの付いたシルバーのブレスレットに自分の ( 又は好きな人の ) 名前を彫ったりした、あの感覚に似てるかも。そういえば Jojo もそんなブレスレットを持っていたような、、、。

le 28 Avril 2005

一週間か10日程前なのですが、使用していたブラウザーが吹っ飛んでしまい、機能しなくなってしまいました。かろうじてブックマークだけは取り戻したので、胸を撫で下ろして別のブラウザーに切り替えているところなのです。\r

いつもだったら Jojo がどうにかしてくれるものなのに、私が頑なにも使用していたのがマイクロソフトのブラウザーだった為にむしろ使えなくなって喜んでいる様子で何もしてくれません。不思議な事に先日又急に動きだし、又ご機嫌斜めになったかのように画面には何も現れずクルクルと七色の円盤が回っているだけ、、、。フランス人のように扱い辛くて困ってしまいます。\r

ところでウェブ・サイトをお持ちの方なら経験があることかと思いますが、ブラウザーによって見え方が違ってしまうのはまさにウェブ・マスター泣かせの他でもない、code ひとつでデザインがグチャグチャになったり、文字化けしたり、私達 ( 実際は Jojo 一人ですが ) も随分この問題に泣かされました。

Jojo は世界中の ウェブ・マスター達と意見交換していますが、なんでもこのトラブルを解決するべくブラウザーの統一規格なるものがあるようで、その名も Acide Test 。Mac のブラウザーである Safari はそのハードな難関のテストに一番最初にトライして100%パスしたんだそうです。( Net 至上初めてなんだそうですよ!)そしてその規定を全く無視して我が道を行っているのがマイクロソフトの Internet Explorer なんだそうです。そんなブラウザー、こちらの方から無視してしまいたいものなのですが、困った事に全国の80%の人達が WINDOWS の Internet Explorer ユーザーなんですよね、、、。

実際 Mac の Internet Explorer で観覧するとボタンが作用しなかったり頁が開かなかったりということが頻繁にあり、Safari に切り替えて観覧することがあります。文字化けのトラブルもしかり。
皆 ( 各メーカー ) が協力し合って皆 ( ユーザー ) が快適に NET を利用出来る様にと心掛けているのに、ひねくれ者のマイクロソフトはソ\ッポを向いてしまっているのだから困ったものです。

*バラの花が美しいこの図案は DMC の AGENDA 1994度版より。最近何度も手に取っては眺め見入ってしまう一冊です。


Roses

Pote-clefs

le 27 Avril 2005

昨日は急に灰色の雲が広がり中断となってしまったカタログ撮影、又再開して進めていました。随分、いや実に久々ですが PORTE-CLEFS の更新準備をしているところです。

時々マイ・コレクションを眺めてはコッソリ幸せな気分に浸っているのですが、可愛いです♪オマケとかノベルティーにに弱い私は、この時代 ( フレンチ・パブのキーホルダーが流行っていたのは‘60年代 ) にパリで過ごしていたならきっとオマケに釣られて日用品や食品をいっぱい買い込んでいたことでしょう、、、。オマケ欲しさに不味いコーヒーやいつもは食べない様なチーズ、ジャンクなお菓子なんかをいろいろと試してみたり、なんてあり得るあり得る。実は今でもたまに鉛筆削りのオマケが付いていたりすると凄いペースでチーズを食べたり、、、なんてあったりするのです (笑)。

数が多いので更新までに少し時間がかかりそうですが、可愛いコ達をご紹介する予定ですのでお楽しみに〜!カッコイイいかしたコもいますよ〜!

le 26 Avril 2005

いい映画が何度観ても感動するもの、今夜感動を与えてくれたのは フォレスト・ガンプ。愉快なシーンが多いので繰り返し観ても飽きないし、とても優しいお話で見終わった後も余韻がジーンと残っています。

これはムフタール街のパン屋さんのバゲット。近所には美味しいパン屋が何軒もあるけれど、このパン屋もそのひとつです。私の好みはあまり焼けすぎていないもの、皮はパリッとしていて中はフワフワ、手で押した程よくつぶれるぐらいのがいいんです。好みはそれぞれで、よ〜く焼けたのを頂戴、とリクエストする人もいます。で、この日のバゲットはパリッとフワフワで希望通りのでした。

雨が降っていたので半分に切ってもらったのですが、包んである紙が可愛い♪マウスオーバーでクローズアップの画像を観る事が出来ますが、”パンの無い日、それは太陽の無い日のこと” って書かれているんですよ。


La baguette pas trop cuite

Omelette a la Jojo

le 25 Avril 2005

↓のトマトで作った Jojo の特製オムレツ、昨日のデジュネです。ベーコンやインゲン、玉葱も入っていて栄養モリモリ、新鮮野菜の味が引き立て合って美味しかったです。

今日は家族からの電話、電話口で父がナポレオンの歌を歌い出す。なんでもTVを観ていたらフランスの特集をやっていて、急に子供時代に学校で習ったというこの歌を思い出したのだと言います。担任教師がナポレオンのことを研究していて、生徒達にこの歌を暗唱させて歌わせたんだとか。多分当時はナポレオンなんて言っても北海道の片田舎の子供達は知らなかったのではないでしょうか。

そういえば父は昔からナポレオンが好きで本を何冊も読んでいましたが、どうやらそれが担任教師の影響であるのだと今日初めて知りました。フランス文学に通じている訳では決してないけれど、モンテ・クリスト伯やレ・ミゼラブルなど、フランスのグラン・クラシックと呼ばれる小説や歴史小説も好んで読んでいます。実家でケーブルを引いたのも前述のTVシリーズが衛星で放送されると知ったから、、、。

当時の日本でフランスの軍歌が翻訳されて歌われていたと言うのも驚きですが、半世紀以上も昔に覚えた歌を一字一句間違えずにメロディーまでも今でも覚えていると言う父の記憶力にも驚かされます。

le 24 Avril 2005

朝のマルシェで買って来たトマトです。(ホントはお昼近かったです。ハイ)

いつもはトマト・グラップという蔓に繋がったトマトを好んで買っているのですが、今日はそれが無かったのと、目の前にあったこのプリプリしたトマトが美味しそうだったのでふたぁつ他の野菜と共にカゴに入れて持ち帰ってきました。

うちから一番近いスーパーのトマトはいつも不味く、少し先のスーパーで若干高めのトマト・グラップを買い求めるのが常なのですが、マルシェのある日はやっぱり億劫がらずに外に出た方がいいですね。


Tomate

DMC AGENDA 1994

le 23 Avril 2005

お待たせ致しました!本日 COUTURE のコーナーを更新致しました。今回はフランスの優雅で美しいキルト、ブティの図案集や刺繍の本等をご紹介しています。

フィレレースの図案の美しい DMC のアジェンダ1995年度をお買い求め頂いていたお客様より、多年度のものも紹介して欲しいというリクエストを随分前に頂いておりましていろいろと探しまわってみましたが、本来アジェンダというのはカレンダーの様な物で、その年が過ぎると用途が無くなり店頭からも姿を消す訳です。ですので古ければ古い程入手困難となります。たまたま'95年度版はとてもいいコンディションでまとまった数を見つける事が出来ましたが、他の年のものはなかなか見つからず、、、それでも諦めずに探しておりましたら運良く’94年度版を見つける事が出来ました!表紙 ( 一昨日の画像↓ ) だけは見た事があり、私も喉から手が出る程に欲しかった一冊ですのでとても嬉しい出逢いでした。

この年の物はハードカバーに紙のカバーが被せてあるのですが、店頭引き上げ商品のようで多少カバーにキズや汚れのあるものもございます。お買い求められる方はどうぞその点をご了承下さいませ。(*コンディションの詳細につきましてはメールでお知らせ致します。)
今後又同じ様な出逢いがあるかどうかは今の時点では何とも言えませんので、在庫はカタログに記載しているのみとなります。又'95年度版とは買い付けのコンディションなども違う事から価格も異なります。

テーマは " 花 " 、多くが昔の優雅で美しい図案でこれ又眺めているだけでも楽しい時間が過ぎて行きます。図書館の資料室で見た様な、色褪せた方眼紙に描かれた美しいお花のチャートはそのまま飾っておきたくなるようなものばかりです。糸の色指定はありませんが、昔の人達の様に一色ずつ糸を当てながら糸選びをするのも楽しい作業となりそうです。

*先日再入荷後間もなく完売となってしまいました CTR 4-06 ( ノートタイプのXステッチ図案集です ) の商品が再び入荷しております。気になっていらした方はコチラも合わせて御覧になってみて下さいね!

COUTURE <---- click

le 22 Avril 2005

今年のパック ( イースター ) はとっくに過ぎて、イースター休暇もその時期に合わせて2週間あるのですが、フランスでは避暑地の混雑を避ける為に地域毎にバカンスをズラして取る様にしています。パリは例年早めのような記憶が在るのですが、今年はビリッ穴で25日から子供達の学校がお休みになります。今夜辺りから田舎に向かう人達が多い事でしょう。

今日の午後は久々に図書館に出向いて閉館近くまであれこれ物色し、クロスステッチや手芸の本を借りて来ました。ドイツ、ルーマニア、アメリカの珍しい書籍を眺めながら又創作意欲が湧いて来ています。
それにしてもルーマニアの本て紙質が悪い上に印刷がズレてる、、、チープな色合いとかも何だか目に新鮮に映ります。

明日は COUTURE のコーナーの更新を予定しています。又覗いてみて下さいね!


Point de croix roumain xxx

Bientot...

le 21 Avril 2005

今日はあるリスト制作を手書きとコンピューターで行っていたのですが、どうもコンピューターの作業はイライラすることが多いです。と言うのも EXCEL を使用しているから。

マニュアルも見ずに自己流でやっているのですが、これは会社やクライアントに提出したりする物ではなく、自分が見て必要な事が分かる様な簡単なリストであり、私自身が管理するものなんである。それなのに打ち込んだ文字を勝手に変えてしまうから困ったもの。頼みもしないのに点やコンマを付けるし、日付の表記や順番まで変えてしまう。しまいには数字まで変えるからイライラは募るわけです。\r

例えば今日の日付を ” 2005-04-21 ” と打ち込むと、現れるのは " 21/04/2005 ”..... 別のリスト制作では " 2005-04 " と打ち込んだら勝手に " Apr-05 " になってしまった。日付のメモとして " 4.21" とすると御丁寧にも " 4月21日 " と現れる事もある。更に困った事は最後の " 0 " を削除してしまうらしく、" 3.30 " とメモすると " 3.3 " になってしまい、これではリスト制作する意味が無くなってしまうんである。

管理するべきは私であり、コンピューターではない!それなのに、なんだか小馬鹿にされているような、おちょくられているような、そんな気分にさせられる。だからマイクロソフトは嫌いなのよ。\r

さっき、打ち込んだものがそのままの形でマイクロソフトに操られないようにする仕組みがあると Jojo が言っていたので教えてもらってマスターしないと!

さて、今週はもうひとつ更新準備を進めていて、次回は COUTURE の更新を予定しています。こんな素敵な図案集も登場しますよ!

le 20 Avril 2005

本日 SELECT のコーナーを更新致しました。

先日エッフェル塔のセットをご紹介しましたが、こ〜んなに可愛いカフェオレ・ボウルのセットなんかもご紹介しています。こちらは CHAPON というチョコレートメーカーのオリジナルのボウルで、ちょうど両手の掌にスッポリ収まるコロンとした形がなんとも可愛いですよ。ショコラをこんなボウルで飲んだら幸せな気分になるでしょうね!そしてカカオパウダーをケーキやショコラにひとかけすると不思議な程に美味しさが広がります。

他にもシックなキッチンクロスやお洒落なキッチングローブなど、私も気になってコレクションしているアイテムをいろいろとご紹介しています。素敵なキッチンクロスやカフェオレ・ボウルはお気に入りを幾つも集めていきたいですね♪

SELECT <--- click


Set de Chocolat

SAKURA

le 19 Avril 2005

ブノワ16世、次期ローマ法王は元ユーゲン・ヒットラーのドイツ人に決まりましたね。
ジャン・ポール2世の死から2週間半、法王を誰にするのか等々、なんだかバチカンの政治というものを感じていました。多くの人が宗教離れをしている今日、プロテスタントの国ドイツ出身の新法王が生まれ、カトリックへの改心を狙ったものでしょうか、、、?

信仰心等は持ちえていないので、TV の画面に映った歓喜に満ちた多くの人々と同じ感動を分かち合うことはなく遠い目でその模様を観ていましたが、ドイツの国旗を中心に世界各国の旗が目に入り、あの光景はサッカー観戦の様にも見えてしまいました。

写真はすでに散ってしまったパリの植物公園の桜。この葉っぱを見ていると桜餅が食べたくなります。

le 18 Avril 2005

今日は昨日の晴天から一転して雨降り、一日だけのお天気はは空からのプレゼントだったのかもよ、と Jojo 。日頃の行いがいいからよ : - )

先週から BOUTIQUE の更新準備を進めているのですが、自然光に恵まれず撮影が延び延びになっていて、又お天気の日を待っていたらいつになるか分からないので本日カタログ撮影を強行しました。次回は SELECT のコーナーを更新する予定です。こんなに可愛いカフェオレボウルも登場しますよ〜!\r

さて、今日はお隣さんの引っ越し日。朝から大きなトラックと共に引っ越し業者さん達が来て、数時間のあっという間に荷物を運び出してしまいました。まだ売却するか賃貸にするか決めかねている様ですが、パリにはもう戻らないと決意しているようで、せっかくいい近所付き合いをしていたのに残念です。空っぽになったお隣の部屋を最後に一周させてもらい、今シーンとしている壁の向こう側に、なんだかポッカリ穴の開いた様な空虚感を感じています。来月の初め頃に又一度お掃除をしに戻って来るそうですが、その後はもう当分会えなくなると思うと寂しくも感じます。

Silence...


Set de Tour d'Eiffel

Chateau MARTINAT 2002

le 17 Avril 2005

春生まれの私はこの季節が好きです。先日の見事な桜は皆散ってしまい 緑の葉に覆われていたけれど、遅咲きの数本がまだ綺麗な花をつけています。今日はまだ幾らか寒いけれど久々の晴天で快適な一日でした。

今年もひとつ歳をとり、感じるのは昨日の自分と今日の自分になんの変わりもないこと。歳を重ねていくことに全く抵抗が無い訳でもないけれど、今更10代に戻って今時の靴下をズルズル下げた ( もうこの流行はとっくに去っているのかしらね?!) コギャル達 ( もしかして死語?) と一緒に渋谷の街を歩きたいとは決して思わない。歳の離れた友人達も多く、年齢の違いに境界線は引いていないけれど、かけがえの無い青春時代を共有した友人達は今でも私にとって大切な宝物でもあり、そんな友人達と巡り会えた年というのは一年早くも遅くもない、あの特定の年であるのだと思う。だから自分の生まれ年には何の抵抗もないし、友人達と一緒に年を重ねていく事に安堵感すらある。

パリでは年齢も国籍も違うクラスメートが沢山いたけれど、やはりその年に同じ夢を持った彼らと出逢った事は大切な意味を持っていると思う。数週間早く産声を上げていたなら私は一学年年上の先輩達と同じ教室の空気を感じていただろうし、パリに初期の予定通り半年早く来ていたなら何人か仲のいい友人達のいた上の学年にいたこどだろうとも思う。そうであったなら又別の友人関係があり、別の人生が待っていたのかもしれない。それはそれで良し。Jojo とは出逢っていなかったかもしれないし、この小さな街で多くの友人達が交差しどこかで繋がっているように、やはり出逢っていたかもしれない。そう考えると不思議、、、。

30代になった時、同い年の友人達と " 素敵な大人の女性になろうね!” と口々に交わしたもの、現実はまだまだ大人気ない言動に周りの人達をハッとさせてしまうようだけど、明日急に変われる訳でもなし、自分のペースで " 素敵な女性 " 目指して頑張ろう。カッコよく年を重ねていきたいものだ。

*今夜はいつものテーブルワインよりいいボトルを開けグラスを傾けています。ワインのインタ−ナショナル・コンクールで金メダルを受賞したというだけあって、なかなか美味です。

le 16 Avril 2005

今朝は珍しく早起きをして蚤の市へいざ出陣!と張り切って外に出たらアパルトマンの前の歩道を踏み外し、いきなり片膝を付く程に転んでしまいました。土曜の早朝という事もあり人の気配が少なかったのですが、たった一人、道を挟んででバイクに乗り込もうと準備していたムッシューの一瞥が妙に痛かったです。膝も痛いよ〜、、、。

いつものお店に一番乗りで乗り込もうとしたのですが、ちょこっと寄り道もしてしまいましたし、辿り着くとすでに大きな袋を抱えた日本人が!!!なんと友人でした。蚤の市は早く着きすぎてもお店が開いていない事が多いし、、、とわざわざ時間調整して行ったのが甘かったです。しかもお店のマダム曰く私は三人目だったそう。チェッ。
それでも皆それぞれに好みがあるようで、残っていた中から結構いろいろと気に入った物を探し出す事が出き、ラッキーなことに店頭にはまだ出していない宝の山も私の為に出してくれ、いいお買い物が出来ました。一番乗りしていようものなら、お財布がピーピーになっていたかもしれません。\r

帰って来ると一階のマダムにつかまり大きな荷物を抱えながら一時間の立ち話、やっと5階 ( 日本の6階です ) 我が家に辿り着くと腰の痛みを感じ(転んだのが原因か、それとも重い荷物のせい?)、午後はグッタリのんびりと過ごしておりました。

夜は日本から仕事でパリに着ている友人が、最後の夜にちょこっとでも顔が見たいからと私達のアパルトマンまで来てくれ、短い時間ながらも楽しいソワレを過ごすことが出来ました。\r

…とここまで書いたところで一つ歳をとってしまいました。

*こちらの素晴らしいフィレレースがパッチワークされたカーテン ( ? ) は残念ながら私のお買い物ではありませんが、あまりにも素敵だったので写真を撮らせて頂きました。そういえば恐れ多くてお値段すら聞かなかったわ。コレ、クロスステッチのチャートが起こせるかも♪


Denntelle en fil

Pangie

le 15 Avril 2005

昨夜、夜中の2時頃にオペラ座の側の小さなホテルで火災が起きたことをお昼のニュースで知りました。皆寝ている時間帯だった事と火の周りが早かったようで、消防車が来るまでに待ちきれず絶望感を感じた婦人が窓から身を投げたり、小さな子供 ( 赤ちゃん ) を投げ捨てたり、、、と目撃者が語っているのを聞き驚いてしまいました。死者20名程の大火災はパリでは32年振りだそうです。どうやらホテルのセキュリティーや管理の見直しが必要な様です。

夜のニュースではイギリスのローヴァー社が倒産した事を伝えこれ又ショックでした。ローヴァーと言えばミニ・クーパーで知られていますが、私の大好きな車でもあるのです。大きなヘッドライトは目で中央の部分は歯を剥き出した大きな口みたいで実に愛嬌のあるフェイス、小柄のボディも無駄な贅肉が無く可愛いなぁと思っていたので実に残念です。駐車事情に苦労するパリでは小回りの利く小さな車が便利で、自分で運転するなら ( 免許は持っておりませんが ) 絶対にミニ・クーパー!と決めていたのです。買収して就任したオーナーはどうやら運転 ( 会社の運営 ) を誤ったようですね、、、。

le 14 Avril 2005

最近ピンクッションばかりご紹介していますが、コレを作ったのは昨年の夏頃。オリジナルのアルファベットの図案を幾つも方眼の升目に描いていた頃で、ちょっと針を持ちたくなって簡単なチャートを作ってみたのです。ちょうどピンクッション作りにハマっていた頃でもあります。

使用したリネンは折りたたみ式の簡易ベット用の生地なので、厚地で丈夫なんです。シンプルだけど一応オリジナルのレターで、バランスなんかも気に入っています。ちょっと枕みたい、、、。

下に敷いたアルザスの女の子のモチーフが可愛いリネンのクロスは BRIC-A-BRAC の ARCHIVE の頁に同じものを大・小サイズ違いでご紹介しています。 ( BAB 2-29 ) 二重織りの上質なリネンで私もとても気に入っている一枚です。

BRIC-A-BRAC <--- click


Original pin coussions by Coco

My name is Charles

le 13 Avril 2005

我が家のチャールズ君、今まで重ねたアンティークの TIN 缶の上に座っていたのですが、先日地下のカーブに降りた時に長いこと眠っていた籐の椅子を持って上がって座らせてあげたらなんだか嬉しそう。

どういう訳だかこのクマ、ボクの父親に似ているなぁ、、、と Jojo ( 笑 ) 。ハゲてるからじゃない?と私 ( 爆 )。

実は此処だけのお話ですが ( って全国公開!)、 Jojo の父親は小さい頃に街の " ベビー・コンテスト " で優勝したという経歴の持ち主で、街で一番可愛い赤ちゃんだったんだそうです。だから母親 ( Jojo の祖母 ) のご自慢の息子なんだそうですよ。そういえば チャールズ君のように愛嬌のある顔してます。

しげしげと眺めていたら、なんだか私の父にも似てるかな?って気がしてきました ( 笑 )。

le 12 Avril 2005

先日の蚤の市でご機嫌な気分になった戦利品はコレ♪ 一体何だと思います?

答えは編み物の道具なのです。エッ?!とお思いでしょう。実は私も最初箱の中からこの道具が現れた時にはキッチンツールの何かかと思ってしまったんです。というのも見つけたお店が銀食器のお店だったから。そこですかさずお店のマダムに " Qu' est - ce que c'est ? ( ケスクセ? = コレは何?) って尋ねると編み物をする物だという返事が返ってきたのです。なんでも '50年代にフランス国内の避暑地のビーチでこの道具を使った編み物コンクールが盛んに行われていたようで、大流行だったそうです。

どんな手法かといいますと、マウスオーヴァーで一緒に入っていた小誌にサンプルの写真を見る事ができます。オ〜!と唸ってしまいそうな技法です。小誌にはニッカリと白い歯を見せて笑ったモデルがこの道具で編み上げたニットのセーターやワンピース、コートなどを着てポーズをとっている写真が作り方の説明と共に記載されているのですが、とてもこの串刺しみたいな道具から生み出されたなんて思えない作品の数々です。そういえばこんなニット、昔の編み物の本や蚤の市の古着で見つけた事があった気がします。でもまさかこんな風に編んでいたとは!!!

ちょっと試してみたいのですが、フランスの編み物の本てクロスステッチやクロッシェのように図案が載っている訳ではなく、全て文章の表示なのです。刺繍用語ですとフランス語でも結構\理解できるのですが、編み物はフランス語では未経験なので、しかもこの見知らぬ道具を使うのにこのテキストだけで理解出来るかどうか不安、、、。時間のある時にちょっと頑張ってみようと思います。


Fourche a tricoter

Dentelles anciennes

le 11 Avril 2005

蚤の市の翌日は大抵戦利品のお手入れや片付けなどをして過ごします。何時何処で購入したか等も後から思い出せる様に写真に収めて記録しているのです。

そしてレースの箱を引っ張り出して片付けるわけですが、その度にマイ・コレクションのレースを手に取り眺めながら整理するのですごく時間がかかってしまうのです。数えた事ははありませんが多分何百とある美しいレースの数々、お店が開けちゃうよね〜なんて思ってしまう程 ( 実際 BOUTIQUE にもご紹介しているのですが、、、)きっと蚤の市のお店にあるストックを買い占めたらこれぐらいあっという間に集まるのでしょうが、10年以上に渡りコツコツ集めたものですので実にいろいろな種類があり、ちょっと珍しいデザインの物なんかもあり、自慢のコレクションでもあります。アパレルメーカーや生地メーカーの方々が見たら奪ってでも欲しくなっちゃうでしょうね、と思いますよ。物持ちがいいなぁと我ながら感心してしまうのは、なんと小学生の時に買い求めたデッドストックもののレースまで未だ大切に持っているのです。そして小さな切れっ端も大切な宝物なのです。

クロッシェレース、オーナメント、生地サンプル、リボン状のレース、、、と大まかなカテゴリーに分けてしまっていたのですが、今日は更にエッジレース、ボビンレース、アイリッシュレース、フィレレース、ハンドステッチのレース、、、などとテクニック別にも分けてみたりして楽しんでいました。でもあまりにも種類が多過ぎて、又同じ様なテクニックでも糸や質感が違ったり、年代や生産地によっても大きく違い、レースと一言で言ってみても奥が深いなぁと思いました。それにしてもフランスのレースって本当に美しい物が多いです。ちょっとレースの勉強でもしてみようかしら。

le 10 Avril 2005

春は何処へ、、、夏時間を迎え桜も満開だというのに、せっかくやって来た春さんが遠のいてしまいました。パリの人達が意地悪だから家出しちゃったのかな、、、?優しい日本人も居るから戻って来て〜(笑)。

そんな寒い中、本日はパリマラソンがあって皆さん元気に走ってましたよ!(歩いている人達もいましたけどね。)\r

そして私はこの寒い中、蚤の市に行って来ました。いつものようにレースやリネン類をどっさり買い込んできたのですが、ちょっと面白い物も見つけてご機嫌なのです♪
レースと言えばもう何年も前から同じお店で買う事が多いのですが、とは言ってももちろんいろいろなお店をチェックもしているんですけどね。蚤の市にもそんなお気に入りのお店が幾つかあって、今日は又お気に入りに仲間入りしそうなお店に出逢いました。多分以前からチェックしていたようにも思うのですが ( お店のマダムが私の事を見かけた事があると言ってましたからね ) 記憶に留まる程にお喋りをしてお買い物をしたのは初めてだと思うのです。レースや刺繍の種類やテクニックなどを事細かく教えてくれ、成る程成る程と頷きながら話を聞いていたら、レースキュレーターなるマダムも会話に交わり話は更に盛り上がり、なかなかその場を去るに去れない状態になり、肩に食い込むバッグの重さを感じながら一時間以上も立ち話をしてしまいました。

ところでアンティークの古くシミの付いたレースやリネンのお手入れ - 繊細なレースの場合は漂白剤を使うと痛んでしまう事があるので、まぁ多少染みが残っていてもそれはそれでアンティークの味わいがあっていいんじゃないかなとも私は思っているのですが、洗剤を入れたお湯の中でグツグツ煮詰めていると大抵綺麗に落ちるんだそうです。どのお店の人も口を揃えた様にそう言っていました。明日にでも試してみようと思います。


Jardin des plantes

Drapeau Parisien !

le 9 Avril 2005

今日の午後は海を渡ったお隣の国イギリスのチャールズ皇太子とカミラ・パーカー・ボウルズの結婚式の模様をライブで観て過ごしていました。目はクロスステッチのチャートとリネンの目を追っていたので専ら耳を澄ませてその様子を聞いていたと言った方が正しいのですが、フィギュアスケートの解説よろしくくだらない事をダラダラと、辛辣な皮肉と冗談を交えながらのコメントには流石に苦笑せざるおえなかった次第です。

招待客達を茶化しながら " あのご夫人太ってるよね " ” あれは妊娠なんじゃないか?” " 多分その両方かもしれないよ " とか、" アン王女っていつも冴えない格好しているけど、今日もその通り " とか、よけいなお世話で実にどうでもいいような事ばかり、TVのコメンテーターというよりはむしろお茶の間でTVの場面を前にお喋りしているヤジ馬的な発言、BBC だったらとっくに首が飛んでるかもよ。

それでも英国ロイヤルファミリーのゴシップはまかせて!っていうぐらい2時間たっぷりと観ていた訳ですが、招待客の中に Mr. ビーンの姿を見つけたのが妙に可笑しかったです。Mr. BEAN のシリーズの中でも女王との謁見の場がありましたが、彼がお馬鹿なことをしやしないかと何度も何度も画面に映し出されていました。

私もどちらかというと世界中の多くの人達同様にダイアナ支持者である訳ですが、カップルにおいては ”相互の愛” が不可欠であって、更に " 価値観 " が同じである事も大切であると思うのです。Lady Di とチャールズ皇太子の間にはどちらも存在しなく、今日の主役カミラ・P・B との間にそれがあったなら、やはりお幸せに!と祝辞を贈るべきなんでしょうね。まぁ時間がかかるでしょうけど少しずつ国民達にも受け入れらていくんじゃないかなぁと、そんな感じがしました。

イギリスの話題でしたが、写真は思いっきりフレンチでしかも PARIS なひとコマです。先日のプチ浮気、こんな旗があったらいいなぁとパリの旗をイメージしてデザインし、ピンクッションに仕立てました。昨日仕上げたのですが、青と赤の部分、シンプルなデザインの割にはベタ刺しで目数が多いので時間だけはヒジョ〜にかかってるんですよ。頭に描いた通りに仕上がって一人満足しています。

le 8 Avril 2005

春の喜びを迎えたのも束の間、パリは又冬に逆戻りした様に寒くなってしまいました。セーターを又引っ張り出して外出時には更にモコモコのコートをひっかけてます。

ローマ法王のお葬式、盛大に行われていた様ですね。最近宗教に関しては考える事があって、どうもその在り方について歪曲して見えて来る事が多いのですが、長くなりそうなので又機会をみて綴りたいと思います。

明日は英国王室の結婚式 - 可笑しなもので、昨日の報道ではチャールズ皇太子とカミラさんの結婚を受け入れている英国民のコメントが幾つも紹介されていたのですが、今日は未だダイアナ妃を支持している多くの人達のネガティブな意見ばかりが紹介されていました。そして見入ってしまったゴシップ番組 ( ハリウッド・ストーリー ) 、ダイアナ妃の特番を観て不幸なプリンセスを忍びました。数々の疑惑の残る事故死、消えてしまった証拠、、、ケネディ暗殺事件のように、いつか時効になったら真実が分かる時がくるのでしょうか、、、?ということは女王の死後?!今でも時々パリのアルマ橋の側を通りかかると、ついあのトンネルに目が行ってしまいます。
明日のロンドンのお天気は雨ですってよ。しかも風が強いとか、、、。


Coclico

O ha na mi

le 7 Avril 2005

ローマ法王の死去に続いてモナコのレーニエ大公の死去のニュースを聞いたのは昨日、そして明日幸福の日を迎える筈だった英国チャールズ皇太子と長年の愛人カミラの結婚式は前者法王の葬儀の為に一日ずれることになったらしい。この三つの冠婚葬祭の話題が今一番ヨーロッパを賑わかせています。POPEの特集号は買いそびれてしまったけど ( というか今のところ敢えて買っていない ) レーニエ公の特集された PARIS MATCH はゲットしようと思ってます。だってグレース・ケリーの写真が満載されていること間違い無し!

英国クイーンのグッズはいろいろコレクションしていますが、グレース王妃も実は集めたいアイテムのひとつなんです。子供の頃からオードリー・ヘップバーンが扮したローマの休日のアン王女が永遠の憧れであった様に、どうも " QUEEN " に弱いのかもしれないです。

今日の桜も先日の植物公園にて。ほんのりピンクの桜です。昨日、今日の雨で大分散ってしまったかも、、、。

le 6 Avril 2005

昨日の続き、、、3番目は朝のコーヒーと共に終了。2番目とそろそろ縁を切っても良い頃かと思い、糸を買いに出かけようかと思ったけどデジュネの後に雨が降り出したので思い留まってしまいました。となるとまたしても浮気の虫が騒ぐ。4番目を物色しているが3番目ともう少し遊ぼうか ( 手を加えようか ) 迷っているところ、、、。

↑を書いてから随分時間が経っています。結局4番目をスタートして、一夏の恋のように数時間であっという間に刺し終えてしましました。高さ37mm のエッフェル塔です!リネン一目に一本糸で刺しています。でもこれで終わらせずにもう少し遊んで長引かせようかと又針を進めています。


Tour d'Eiffel

Cerisier blanc

le 5 Avril 2005

なんて気まぐれなパリのお天気。春の陽射しをたっぷり受けて温かだった週末から一転して昨夕の雨で又少し涼しくなりました。今日は発送業務を終えてから、パリの街に流れる空気の様にのんびりと過ごしていました。午前中はずっとコンピューターと向かい合って過ごしたので、午後はマイペースで xxx していました。

ことに大きな作品を刺している方達は気分転換になるように幾つかの作品を同時進行で進めていたりするようですが、私の場合大きいと言っても小さいスクロールの枠に収まるサイズのものしか今のところ刺していませんし、一気に刺し終えるのが常です。刺しっぱなしでお仕立て待ちは列をなしているんですけどね、、、。

ところが今回は浮気の虫が騒いで三つかけもちで刺しています。浮気の原因は、新しいチャートの虜になったからというよりは単に糸が無くなったから。近所の手芸屋さんは DMC の糸がパリで一番安いお店に比べると70サンチームもお高く、メトロで二駅分離れたお店は在庫のあるのみで欲しい糸番が見つからない事が多い、、、となるとやっぱり遠出するしかあるまい。
それにしても雑誌の中から選んだチャート ( 一番最初に手を付けたもの)、30色中20色の糸が足りないなんて、、、あまり自分のカラーじゃないチャートだったのかも、と思っても3分の1位刺してしまったのでもう後戻りは出来ない。まぁ糸の色を増やすにはいい機会でしょうと自分に言い聞かせる事にします。

ちなみに2番目の浮気の相手 ( ! ) はあともう少しというところで一色だけ足りなくなっているんです。3番目 ( 今日のお相手 ) はあとほんのちょっとなので明日の朝にはお別れです。4番目に手を出そうか、それとも2番目を ”ジ・エンド ” にしようか、、、う〜ん、明日の気分次第ですな。

le 4 Avril 2005

Jojo が買って来てくれたバゲット、あ〜ら美味しそう!と食べて見たらいつものパンより数倍も美味しい。紙袋を見て見たら KE とある。カイザーのバゲットでした。成る程美味しい筈です。ちょっと足を伸ばしただけでこんなに美味しい思いが出来るのなら、たまには往復10分の道のりも悪くはないかもね。

最近ハマっているのがカボチャのスープ。クノールの粉末状のインスタントだけど、これがなかなかイケるのです!ムスカド ( ナツメグ ) をひとかけしただけで味がぐっと引き締まる。フラットパセリで飾り付けしたらまるでカフェでのデジュネみたい♪


Potage du potiron

Fleur de cerisier

le 3 Avril 2005

日本では桜の花が咲き始めたとお客様のメールで知りました。パリでも春の空気に包まれてピンクの八重桜を見かける様になりました。

春うららな日曜の午後、今日は溜まっていた書類の整理をして過ごしていました。そして締め切り日ギリギリに税金の確定申告を税務署のポストに投函して来ました。これで今年もホっと一安心。税務署の前には私と同じ様なギリギリ組の人達が何人もいました。\r

その帰りにせっかくだから春の花見物でもしようと植物公園に立ち寄って来ました。長い冬の間殺風景だった公園内には色とりどりのパンジーや芥子の花が植えられていました。そして数本の桜の花が見事に咲いていました。
枝垂れすぎて地面まで枝を落とした白い八重桜、頬をほんのり染めた様な桃色の八重桜、そして更に紅潮したようなピンク色の八重桜、日本の桜の様に生粋の大和撫子でスラリとしたボディではないけれど - どちらかというと背が低く腕を沢山広げて子供を沢山抱えている様な感じ、そしてパリの街の様に異国文化が織り成した様な個性豊かな様相 - どれも皆綺麗でした。

le 2 Avril 2005

eメールが日常になっている今では、郵便受けに手紙を見つけるのはなんだかとっても特別なことの様にも思えて、しかもそれが遠く海を渡って来たものであったなら尚更のこと嬉しくなります。

先日郵便受けに見つけた大切な友人からの HAPPY レターの中にはこんなに素敵なハンカチまで同封されていて HAPPY な気持ちが倍になりました : - )
繊細な刺繍にジュール刺繍まで施されたハンドメイドのハンカチはバッグに忍ばせて普段使いするには勿体無くてきっと出来ないだろうと思う、、、こうして手に取って綺麗だなぁと眺めるだけで幸せになります。Merci beaucoup !

*パールのブローチは学生時代に学校の側のアンティークとも骨董屋とも称しがたいガラクタが詰まったお店で見つけたもの。日本の物です。

CAFE の頁でもお知らせしておりますが、クロスステッチ図案集の SOLD だったアイテム2点 ( CTR 4-05 と CTR 4-06 ) が再入荷致しました。気になっていた方はチェックしてみて下さいね。

COUTURE <---- click


Mouchoir brode

Nathalie LETE - " Pieces Uniques et Editions Limitees "

le 1er Avril 2005

ポワソン・ダヴリール!うっかり嘘つくのを忘れちゃいました。*フランスではエイプリル・フールのことを ”四月の魚” と言います。

今日もお出かけで、マレー地区の外れまで行って来ました。友人であるアーティスト、ナタリー・レテが " Pieces Uniques et Editions Limitees " ( 一点物と限定品 ) というエクスポジションをやっていて、開催中に行かなくてはと思っていたのです。ちょうど昨日のマティアスのエクスポで出逢っていたので ( マティアスとナタリーは以前一緒に活動していました ) 場所と時間を確認して、、、いたのにも拘らず、5時までだからとのんびり準備してインヴィテーションを見直したら4時までとあり、急いで閉店前のお店にかけこみました。ギャラリーかと思っていたのですが、小さなお店を借り切っての展示で、お店全体がナタリーの世界になっていました。

今回は一点ものということでハンドメイドのパッチワークのお洋服やセラミックのパーツを取り付けたネックレス、メタルのお花のネックレス、セラミックのオブジェやお皿、そして以前にも展開していたセリグラフィーのTシャツなど、どれも可愛らしい物ばかりでした。そして床には今後展開するという、カラフルでとっても素敵な絨毯が敷かれていました。さぁて写真を、とカメラを取り出したらなんとおマヌケなことにメモリーカードを入れ忘れてしまっていて撮影は出来ませんでした ( 涙 ) 。ですので画像は送られて案内状になります。

その後ナタリーは子供達のお迎えがあるというので学校まで一緒にお喋りしながら歩きました。学校から出て来る子供達の姿は皆可愛いものですが、ナタリーの娘ちゃんと息子ちゃんはと〜っても可愛いんです。そうそう、道ですれ違うパリの子供達ってどこか小生意気なとこがあったりもするのですが、二人とも擦れていなくて素直な子供らしい子供、そんな感じです。

彼女のエクスポジションが一段落したら、久々にアトリエ訪問をすると約束して別れて来ました。


go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivider dividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash