le 31 Decembre 2004

2004年が終わろうとしています。今年は水星の位置が良くなかったそうで、一般的に運勢が下降気味だったと聞きます。迷信やホロスコープに振り回されるのはどうかな、とも思うのですが、周りを見渡してみるとそうなのかな?と思ってしまうことが沢山あります。

私自身はクロスステッチな一年でしたので、リネンの目を追いひたすら xxx して一年が過ぎてしまったので、可も無く不可も無くのんびりとした一年でした。

世の中を見渡すと自然災害の多い、実に不幸な年でもありました。地震、台風、津波、、、と予期せぬ災害に多くの人々が家を失い、家族を失い、大変な思いで2004年に幕を閉じた事でしょう。被害にあった方々に改めてお見舞い申し上げます。\r

アテネオリンピックに一喜一憂し、米国の大統領選挙に怒りと失望が交差し、感情の乱れた年でもありました。事実上イラクでの戦争は未だ続いており、平和への道のりは残念ながら遠く感じられます。それでも、一日も早く平和が訪れますようにと祈っています。

最後になりましたが今年も Cocomo@Paris にお付き合い頂きましてどうも有り難うございます。サイトでお買い物をして下さったお客樣方、暖かいメッセージを綴って下さった方々、Cafe に書き込みをして下さった方々、リンクでお世話になっているサイト及びHP様、いつも応援してくれている友人達、そして家族の皆にお礼申し上げます。\r

どうぞ皆様、よい年をお迎え下さいませ。

*今年最後の JOURNAL のイメージを飾るのはノートルダム寺院のシャンデリアとクロスマス・リースです。今月初めには無かったものですが、ノエルの日に寺院内の両脇に並んだ各シャンデリアに飾られていてとても素敵でした。


Notre-Dame de Paris

Au Printemps

le 30 Decembre 2004

大掃除しなくては、と思ってはいたものの、まだ明日があるじゃない、という気持ちでいたのでちょっとだけ片付けようと思って始めたらとんでもないことになってしまい、今まで見て見ぬふりをしていた部分を徹底的に磨きあげました。

ついでに仕事の分厚いファイルも取り出して、過去の書類を一冊分ゴミ箱に放り込みました。何年も前の字の消えかかった Fax なんてもう必要ないし、こういう紙類って溜まる一方なのでたまに処分しないと!でもA4サイズの使える紙は半分に切ってメモ帳にリサイクルします。15cm位の大きなペーパークリップで留めると、なんでもない紙の束が妙にスタイリッシュに変身するのです。

7cmのスペースを棚に確保出来て喜んでいますが、もっとスッキリさせたいなぁというのが本音。来年はやっぱり収納の術を学ぶべし。

写真は何度かご紹介しているクリスチャン・ラクロワによるプランタンのヴィトリーヌです。

le 29 Decembre 2004

今年もあと二日、やり残している事は、、、大掃除!どうしてギリギリにならないとやる気になれないのか、毎年同じ事の繰り返しなのですが今年もやっぱり同じパターンになってしまいました。

物の多さにどこから手を付けたらいいものやら、、、。今年はクロスステッチに目覚めて以来、どっぷりその中に溺れそうなぐらい浸かってしまったので、今まで山のように買っていた洋服や靴やバッグの類いの買い物は自粛していたのでそれ程増えてはおらず、クロスステッチと言っても糸とリネンと図案集ぐらいでしょうか。でも図案集は古い物から新しい物まで半端じゃなく買い漁りましたので、多分雑誌なんかも合わせると50冊かそれ以上(刺繍の本も含む) 。更にリーフレットや古い新聞や切り抜き、そして図書館で借りて来た書籍のコピー。結構嵩張るものなのです。あと小さいながらも刺した作品が溜まってきてますしね。\r

お片付けは又来年の課題になりそうです。いや、一生の課題かもしれない、、、?!

*写真はオペラ差の裏にあるデパート、ギャラリー・ラファイエットのデコレーションです。ピカピカ☆


Garerie Lafayette

Cadeaux en surprise !

le 28 Decembre 2004

ノエルが過ぎて次は新年の準備、と年賀状書きがまだ終わらず焦りながらも遠くの友人や家族のことを思いながら一枚一枚手書きで書いています。先程、もう夜間ですが今日書いた分を郵便局まで行って投函してきたところです。寒くて凍り付きそうになったので、ハーブティーを頂いているところです。

今日はお友達のアコさんから素敵な贈り物が届きました。HPでも拝見していたのですが、先日イヴェントの為に制作販売されていた手作りの冊子と写真のポストカード。冊子には彼女の日常のひとコマが素敵な写真とエッセイと共に綴られていて、丁寧に和綴じで作られているのです。彼女は手作り石鹸を作っている方なのですが、どこかお菓子作りにも似ている様な、そしてお菓子作りやお料理ももちろんお上手で、美味しそうな写真を眺めながら一気に読み終えました。写真は趣味で撮っていらっしゃるようですが、だからこそ " フォトグラファーです ” とか " スタイリッシュに撮ろう " という気負いが無く、自然体で優しい写真が撮れるのではないかという気がします。温かいコトバに触れ、気持ちがポカポカしてきました。Merci mille fois ! ( 千回ありがとう = とても感謝しているの意 )

アコさんのHP:Mary Rose

今月は Jojo の両親、おじいちゃん、そして Jojo とお誕生日ラッシュだったのですが、もう一人私の大切な人のお誕生日が今日でした。お父さん、お誕生日おめでとう!いつまでも元気でいてね。

*昨日の写真の二枚目がマウスオーバーで上手く作動しなかったようですが、直りましたので御覧頂けます。

le 27 Decembre 2004

パリのデパート、プランタンのヴィトリーヌを飾ったクリスチャン・ラクロワのワンシーンです。*写真にカーソールを当てて頂くと同じシーンの右側にあったディスプレイを御覧頂く事が出来ます。\r

カラフルで実にキッチュな、でも決して悪趣味ではない洗練された美のラクロワの世界。オートクチュールの世界がヴィトリーヌの中に凝縮され、観る者に夢を与えてくれます。

二回目の写真と照らし合わせてみると、この白いローブをまとったマヌカンは聖母マリアを表しているのではないかと思います。作品のコンセプトとメッセージがきちんと伝わってくるので、そこらへんの下手なアーティストのエクスポジションよりずっと面白いのです。しばらくしたら無くなってしまうのかと思うと残念です。\r

ところでフランスのノエルのデコレーションは月の半ば頃まで続き、日本のようにクリスマスが終わると翌日から新年の飾り付け、というような切り替えがあまり無いのです。ですから、トップ頁のノエルのディスプレイもあと数日間ですが、せめて年末までは残しておこうと思います。


Christien Lacroix chez Printemps

Les Anges

le 26 Decembre 2004

昨夜の Jojo の家族からの電話、後になって皆と一人一人話したというのに誰もプレゼントのことを一言も口にしなかったということに気付き実はちょっとガッカリしていました。そして今朝メールをチェックしてみると、電話は皆の顔ぶれが揃ったところでかけてきたくれたようで、プレゼントを皆とても気に入ってくれた様子です。甥っ子達には Agnes b の赤いマフラーをお揃いでプレゼントしたのですが、二人とも気に入ってパーティーの間中首に巻き付けていたそうです。可愛いじゃないの!と昨日プリプリしていたのもコロッと忘れる単純な性格です。

家族達にはそれぞれ二枚のキッチンクロスにイニシャルとモチーフを生地の色に合わせてステッチし、プロヴァンスのラヴェンダーをセットにして贈ったのですが、こちらも好評だったようです。良かった〜。今月はまだまだご紹介したいイメージが沢山あるので、クロスステッチは又年が明けてからご紹介することにしましょう。

Jesus Christ ( イエス・キリスト ) の次の日に生まれたのは我がパートナーの Jojo 。本日又ひとつ大人になりました:- )
Bon Anniversaire !

写真の天使達はノートル・ダム寺院のクレーシュ・ドゥ・ノエルより。

le 25 Decembre 2004

JOYEUX NOEL !

昨夜はバチカンの真夜中のミサの模様をTVで観ながら過ごしました。そして今日はのんびりとうちで過ごしていたのですが、夕方近所のお散歩に出かけて来ました。別にこれという目的を持っていた訳ではないのですが、セーヌ川に向かって歩いたのでノートルダム寺院まで行こうということになり、辿り着いてみるとカテドラルの前に先日は無かった大きなツリーがピカピカと輝いていました。

中に入るとちょうど夕方のミサが始まるところで、祭壇のすぐ横の薔薇窓のある場所でミサの様子を見ることが出来ました。最近宗教や教会の在り方について疑問を感じること多々なのですが、歴史や文化を感じることの出来る教会はやはり美しいと感じ、ノエルに聴く宗教歌も耳に心地よく響いて来ます。

ロマネスクからゴシックの建築様式は、神の声でもある宗教曲が天井高く響き渡る様に設計されていると確か美術史の授業で習ったような記憶があります。現在では ( ことにノエルのような大きなミサでは ) 寺院内にスピーカーが幾つも設置されていましたが、聖歌隊の奏でる歌声はなるほど天から舞い降りて来た天使の歌声のように広い建物に響き渡っていました。

昨夜の夜中のミサに続いて、今夜の8時半からのミサが最も盛大ということでしたが、今夜は Jojo の家族から電話があることになっていたので夕方のミサだけで帰ることにしました。

ディナーの後は、ペール・ノエルが届けてくれた David Bowie のコンサートの DVD を観て幸せ気分♪いつの間にか1時になっていたので、続きは明日の楽しみにとっておくことにしました。夢の中でも会えますように!


Notre-Dame de Paris

Christmas Eggnog

le 24 Decembre 2004

クリスマス、イラクに駐在している米兵達にエッグノッグと七面鳥を、、、という記事を読んだ Jojo が、何やら突然思いついたように今年のノエルは " EGGNOG " を飲もうと昨日から準備をしておりました。明日明後日とお店が全て閉まってしまう為に、今日は朝から郵便局に出かけたり ( フランスの郵便局は祭日の前日は午前中のみの営業なのです ) マルシェで買い物をしたり、スーパーにも何回も足を運び忙しなく過ごしていたのですが、そんな合間に出来上がったのがクリスマス・エッグノッグ。

例の如く沢山作りすぎてしまったので、近所に住んでいる友人を招いて一緒に頂きました。ラムレーズンアイスみたいな味だ!と友人。なるほど、言われてみればそんな感じです。先日作ったクッキーも美味しくて皆であっという間に平らげてしまいました。

さて、カドー・ドゥ・ノエルの抽選を行いました。ご応募下さった皆様、プチアンケートにお応え下さってどうも有り難うございます。皆様のご意見やご感想、大変参考になりました。これからも出来るだけご期待に応えられるよう頑張っていきますので又宜しくお願い致します。

それでは皆様、素敵なノエルをお過ごし下さいね!
JOYEUX NOEL !

当選者の発表はコチラから ---> Cadeau de Noel

le 23 Decembre 2004

今年パリのノエルのウィンドウディスプレイが一番素敵だったのは本館のディスプレイの全てをクリスチャン・ラクロワが手がけたプランタンです。お隣のデパート、ギャラリー・ラファイエットも建物全体に描いたイリュミネーションが綺麗だけれど、3〜4年同じデコレーションなので感動は少ないのです。パリのデパートの多くが、この時期は電動仕掛けの人形やぬいぐるみなどでウィンドウを飾り子供達に人気なのですが、プランタンはフランスが誇るクチュリエのラクロワ氏がテアトルのような、それはそれは素晴らしい夢のあるノエルを演出したのです。

店内にはラクロワカラーでもあるピンク色のツリーが飾られ、オリジナルグッズもいろいろと展開していました。店内にあるラデュレでは、ギフト用のマカロンの箱やティーセットもラクロワのオリジナルで、これらはコレクターグッズになること間違い無し。実はカタログで見つけたショッピングバッグとエプロンに目を付けていたのですが、数週間前にすでに完売となっていました。

他のウィンドウもと〜っても素敵でしたので、又少しずつご紹介していきますね。

*カドー・ドゥ・ノエルのご応募の締め切りは明日24日の夜 ( フランス時間 ) ですので、まだの方はお急ぎ下さいね。


NOEL au Pintemps par Christian Lacroix

Sapin de Noel

le 22 Decembre 2004

我が家のクリスマスツリーです。って言いたいところですが、これは昨夜シャンゼリゼの方で見つけた素敵なインテリアのお店のウィンドウディスプレイです。とてもセンスのいい家具やオブジェがショールームの様に展示されているのですが、このツリーも何処のお店の物よりも素敵で、このまま持ち帰りたくなってしまった程です。ただ飾っているのではなく、独創的なアイデアときちんとしたコンセプト、そしてセンスの良さの三拍子が揃っているのです。

我が家にはヤンチャな猫が二匹もいるので本物のツリーは飾らず、リースやオーナメント、ガーランドなどをあちこちに飾ってノエルの気分を盛り上げているのですが、こういう素敵なツリーを見るとやっぱり憧れてしまいます。


さて、カドー・ドゥ・ノエル ( クリスマスプレゼント ) のご応募、まだ受け付けています。24日までですので、皆様どうぞご参加下さいませ。
Cadeau de Noel <--- click

le 21 Decembre 2004

今日、パリの空の下に初雪が降りました。かなり大きなボタ雪だったので積もるかなぁと期待していたのですが、半時間ほどで止んでしまいました。

寒い寒いとうちの中で身を縮めていては、せっかくのノエルのシーズンを無駄に過ごしてしまう気がして、夜カメラを持ってシャンゼリゼに繰り出して来ました。大通りの街路樹に沢山の豆電球が灯りを散りばめ、チュイルリー公園の大観覧車を引き立てて綺麗だったものの、これはいつものノエルと変わらない風景。凱旋門は修復中であまりフォトジェニックでは無いし、エッフェル塔の手前にも何やら工事中のクレーンが見えるので今日の位置から写真を撮るのはフィルムの無駄遣い。シャンゼリゼからアヴェニューモンテーニュを流して観て廻ったのですが、期待が大き過ぎたせいか、感動する風景には残念ながら出逢えませんでした。ディオールもヴィトンもシャネルも、その他多くのクチュールのメゾンが立ち並ぶパリで最もラグジュアリーな通りだというのに、えっ、これだけ?!というのが正直な感想です。LUXE が感じられたのはプラザアテネぐらいでしょうか。もうひとつ、ウィンドウディスプレイがとても素敵なインテリアのお店がありましたが (このお店はいつも素敵なの )、他はどうもノエルっぽくないんですよ。昔はディオールのノエルのディスプレイって言ったら夢の様に素敵だったのに、、、なんかどこもアイデア不足といった感じです。

それでも今夜はちょっとしたお楽しみがあって、シャンゼリゼ大通りにあるルノーのショールームを覗いてみると、"Atelier du Pere Noel” ( サンタのアトリエ ) なるイヴェントがあり、ゲームやちょっとしたお遊びのコーナーが展開していました。サンタクロースと一緒に写真撮影!なんてのもあって、子供達に混ざって私達も記念撮影をしました。設置された機械で撮影すると、その場で自宅にメール送信できるシステムもありましたが、こういう所にうっかりメールアドレスを残してしまったら、業者リストに登録されてスパムメールが増えるだけなので、しっかり自分たちのカメラで撮影しました。

ところで今夜、イラクで人質となっていたフランス人記者二人が4カ月振りに解放されたそうで、ご家族の方達にとって最大のクロスマスプレゼントになったようです。長い間生存さえもも不明のままだったので、毎日増え続ける日数を聞きながら不安に思っていたフランス人が多かった事でしょう。無事で良かったです。


Plaza Atenee

Crunchy Peanut Butter Cookie

le 20 Decembre 2004

先週末 Jojo が作ったクッキーです。昔近所に住んでいたという仲良しの大好きだったお婆さんがよく作ってくれたというクッキーで、持っていたレシピを見つけて懐かしく思い出しながら作っていました。豚脂を使い、中にはピーナツバターと砕いたピータッツが入っているので、サクサク、そしてとても香ばしく美味しいんですよ。

ただ、書き留めていたレシピはアメリカン計量だったようで、そのままフランスの計量カップで計ったらとんでもない量になってしまい、我が家の小さなオーブンでは一日では焼き切れず、今日又残りの分を何回にも分けて焼きました。(それでもまだ少し残っているのです。)そして今月オマケに添えている赤い果実のハーブティーと共に今日もおやつに頂きました。

空き瓶に詰めても入りきれなかったので、お気に入りのアンティークの TIN 二つにに入れ保存しています。缶は中が少し錆びているので、お菓子を焼く時に使用するペーパーを中に敷きました。我が家ではこのようにアンティーク雑貨を飾るだけでなくちゃんと実用として使っているんですよ!

ティーマットに使用したのは レピュブリックに今でも在る Chez Jenny というアルザス風のレストランの '50年代のデッドストックのキッチンクロスです。最近ではあまり見かけなくなった二重織のしっかりしたリネン地で、赤いバンドの上に織られたモチーフがとっても味のある可愛いさなんです。在庫もまだ数枚残っていて、BRIC-A-BRAC のARCHIVE のコーナーでご紹介しています。( BAB2-29 )
*写真の真ん中にラインが一本あるのは小さいタイプの方で、大きい方は上下に一本ずつ同じ織りのラインが入っています。

BRIC-A-BRAC <---click
*アーカイヴの頁へは大きなフレームの右横にあるボタンをクリックして下さい。

le 19 Decembre 2004

この辺りで一番ノエルの飾りが綺麗なのはどこだろう?とパンテオンが思い浮かんだので、夕方近くになってからでしたが散歩して来ました。辿り着いた頃にはすでに陽が暮れていたので写真を撮るには及ばずでしたが、高い住民税の割には今年のツリーはたいしたことなかったです。写真の建物はパンテオンの広場に面した所にある5区の区役所です。こちらの方が目を惹きました。

近々シャンゼリゼにも写真を撮りに行こうと考えているのですが、毎日お天気も優れずこう寒くては足が遠のいてしまいます。明日は零下3℃と天気予報で言っていました。でもやっぱりアヴェニュー・モンテーニュ ( 高級ブティックが立ち並ぶ通りです ) を見逃す訳にはいかないかなぁと思って、、、。

そのアヴェニュー・モンテ−ニュのウィンドウデコレーションにも寄りますが、私的には今年のヴィトリーヌ大賞を捧げたいお店がもう実は決まっているのです。写真もいっぱい撮ってあるので、ノエルに向けて少しずつご紹介したいと思っています。お楽しみに!


Merie de 5eme

Monsieur Anglais

le 18 Decembre 2004

写真の場所はロワイヤル通り、遠くに見える柱はマドレーヌ寺院。いつかのカクテルパーティーに行く途中なのですが、この後ろ姿に目が釘付けで後ろから何枚もパチパチ写真を撮っていた私達です。

一番後ろを歩いていたちょっとずんぐりむっくりのムッシューが、素敵な制服姿なのになぜかプッと吹き出したくなる様な微笑ましさで、それにこのバッグ!ハラコのリュックがなんともミスマッチでいいんですよ〜!

三人の紳士達は多分イギリス人 何かの式典に向かって急いでいる様子でしたが、実は呼び止めて一緒に記念撮影までしちゃいました。私は耳に大きなヘッドホンタイプの耳当てをしていて、あの黒いファーの背高帽のムッシュー達と妙にコーディネートされていて、コミカルな一枚なんですよ。

le 17 Decembre 2004

気温はそれ程低い訳ではないのですが、今日は雨が降った上に風が強く、飛行機もキャンセル便が相次ぎ一足早めのバカンスを取ろうとしたのに飛行場で足止めを食らった人が多かった様です。

アラブ人女性は頭にヴェールを被る習慣がありますが、フランスでは公立のリセで宗教的な意味を持つ物を禁じた為にテロ事件の問題とからめてこの一年程波紋を呼んでいます。そして、同理由から、リセにクリスマスツリーを飾る事を禁じた様です。ひとつの宗教を禁じたならば、もうひとつも同じ事。そういいうことでしょう。

今年は随分早い時期から口にしていた割には一向に作業が進まなかったのですが、やっと年賀状のデザインが出来上がりました。先日からああでもない、こうでもない、と Jojo と試行錯誤して、今日はバックデザインも仕上げて、又いつもとは違うイメージにちょっとだけ得意気になっています。もちろん、来年の干支 "
トリ " がテーマです。今週末はプリントアウトして年賀状書きしないと〜!


Sapin de Noel

Les chaussons au petit point

le 16 Decembre 2004

これはアンティークのニードルワークなのですが、何だと思います?クロスステッチやプティポワンの図案集によくこんな形の美しい図案が載っているのですが、初めて見た時は民族衣装の襟裳のデザインか何かかなぁと勝手に解釈したのですが、実は室内履きのパターンなのです。もちろん図案集に紹介されているのは大抵片方のデザインのみです。たまに左右違ったデザインの洒落た物もあったりします。

そして珍しく刺し終えたパターンの状態で見つけたので、いつかの蚤の市でゲットしました。大変古い物なので多少虫食い痕があるのですが、割と状態はいい方かなぁと思います。自分でクロスステッチを始めてみると、蚤の市なんかでもこういった物が目に飛び込んで来るから不思議。お店でも、雑誌を見ていても、xxx の手仕事に反応してしまう今日この頃です。

ところでペールノエル、今年の Cadeau de Nol の為に針と糸を取り出して xxx しているそうですよ。何を作っているんでしょうね?

le 15 Decembre 2004

古き良き時代から変わらぬパリ、そして時代と共に変わりつつあるパリ、この街は二つの顔を持っています。古い建物や建造物は国 ( 又は市 ) から保護され何世紀もの時代を生き延びて行く。しかし中途半端な時代に中途半端な工事で作られた建物はいつの間にか時代遅れとなりパリの美観を損なうものとなります。

若者達が集うカルティエ、シャトレー・レアールの中心部となるショッピングセンター、フォーラム・レ・アールは”パリのお腹” とも呼ばれ ( 同時に ”パリの穴” とも呼ばれています)、1979年にオープンして以来、今でも多くの若者達が行き来しています。地下にはプールやギャラリー、大きな映画館などもあったりして、私も学生の頃はメトロの乗り換えの場所であったし、学校帰りによく友人達とショッピングをしたり映画を観たりして過ごしたりしていました。90年の中頃には若いクリエーター達にリーズナブルな店舗を提供したりしてもいました。ただあの辺りは若い頃にはさほど気にしなかった環境の悪さが何年も前から目に付き、たま〜に立ち寄ることはあっても出来るだけ避けているカルティエでもあります。

そんなフォーラム・レ・アールは僅か30数年で老朽化が進み、又醜い建物であると80年代のアイドルは嫌われ者になり、数年前からリニューアル案が出されていました。そして今日がその選抜の日。中にはジャン・ヌーベル氏のプロジェクトもあり話題を呼んでいたのですが、建築家 David Mangin 氏のプロジェクトが新しいレアールを造り上げる為に選ばれました。模型を見るとモダンで、庭の部分には芝生も広がりなかなか心地良さそうな空間です。工事は来年からの着工で2007年のオープン予定だそうです。\r

コチラはもう手元には無いのですが、先日作ったペール・ノエル ( サンタ ) のオーナメントです。送る前の記念撮影です。ハイ、チーズ!


Pere Noel

A Montmartre

le 14 Decembre 2004

久々の晴天だったので、うちに居てくすぶっていては勿体ないと思い午後モンマルトルまで出かけて来ました。すでに夕暮れ近かったのでプチ観光をサっと済ませ丘の上で遠くにに目をやると丁度夕陽が沈むところで、霧でぼんやりと曇った中にエッフェル塔が上半身を出し、その横に赤い夕陽がゆっくりと沈みかけ、それはまるで一枚のポストカードのようでした。そこに居た人達が皆足を止めその美しい光景に見とれていました。モンマルトルの丘の、多分そこが一番エッフェル塔の見晴らしがいいと思われる一等地でほんの数分間の感動を味わったのですが、その横でやはり同じ方向を見つめ物思いに耽っていた女性は映画のワンシーンの様でもありました。ノエルで飾り付けられた街並やお店のウィンドウも確かに美しいけれど、夕陽が織りなした風景は実に感動的で、パリの街はやはり美しいと思う一瞬でした。そして又あの感動を求めにモンマルトルの丘の上に行こうと思いました。

サクレクール寺院の中も一周したのですが、以前は問題の無かった写真撮影が禁止になっていました。写真を撮らずにポストカードを買いなさいということでしょうか、、、。蝋燭は沢山灯っていましたが、クレーシュ・ドゥ・ノエルはとても地味でした。ふと、ハートのモチーフが多い教会だなぁと気付いたのですが、Jojo にそれを話すとこの教会は " Sacre Cour " って言うんだよ、って。そういえばそうね、言われてみて初めて気が付きました。* Sacre は神聖な、とか尊重するという意。Cour は心臓:ハートのことです。

せっかくモンマルトルまで足を伸ばしたので、生地屋さんに寄ってリネンを沢山買い込んできました。さぁ、これで思う存分 xxx が出来ます。

写真は画家の広場にて。

le 13 Decembre 2004

ジャーン!フォブールサントノレにあるエルメス本店のヴィトリーヌ ( ウィンドウ ディスプレイ ) でございます。いつも溜め息が出る程素敵なヴィトリーヌですが、今回はYves Clerc という画家の作品をバックにゴージャスで華麗な世界が繰り広げられています。これはコーナーのメインゥインドウですが、ビザンティン風かなぁと思いきや、ブティックを囲むウィンドウを一周すると、スペイン風やジャパニーズ風の女性なども描かれていました。

とっても素敵なスクエア型のピンク色のオーストリッチのバッグを発見、ねぇ Jojo、ノエルのプレゼントはコレでいいよ!ワッハッハ。
でも安心して。エルメスのウィンドウディスプレイって本店を後に世界中を旅するので、欲しくても同じモデルがお店に無かったら売ってもらえないのです。だから眺めるだけ。
*写真にカーソールを当てると別のイメージが現れます。\r

ところで今日はちょっぴりいいニュース。大家さんから電話があって結局窓を取り替えてくれるんだそう。しかも二重窓に!マスオさんより物わかりがいいみたい。でも今から発注して作ると8週間ぐらいかかるそうで、クリスマス休暇もあるので新しい窓が取り付けられるのは2月末ぐらいになるでしょうか、、、。あと2ヶ月間、寒さとの戦いです、、、。


Chez HERMES

HOHOHO !

le 12 Decembre 2004

厳しい寒さが続いているパリですが、本日はー2℃と日増しに寒くなってきています。先日パリ市庁の前を通ったら、仮設のスケートリンクが出来上がっていました。これは例年のことですが、今年はエッフェル塔の上 ( ファーストフロアーに当たる階:日本で言うところの2階 ) にもスケートリンクが設置され、入場料を払った観光客は無料でスケートができるそうです。1月末頃まで。

留守の間郵便の管理をしていた上階のムッシューが金曜日に戻って来て、お土産にブルターニュの美味しい焼き菓子を頂いたのに、今日は水仙の花をお礼にと持って来てくれました。いつも感じのいいムッシューですが、とっても親切な方です。ちなみにギリシャ人。

さてさて、本日は BRIC-A-BRAC のコーナーを更新しました。先月のこの頁でもご紹介した小さなアンティークの鍵 ( アリスのミニチュア人形と一緒に写ってるあの鍵です!) やクリスタルのブローチ、お部屋のインテリアやイラストの可愛いデッドストックのキッチンクロス等をご紹介しています。是非御覧になってみて下さいね。
*アンティークのストック商品は ARCHIVE の頁 ( 大きなフレーム脇の右上のボタンをクリック ) に展示してあります。

BRIC-A-BRAC

le 11 Decembre 2004 le 11 Decembre 2004

せっかくの週末だというのにグレーな一日、しかも湿度が高いので洗濯物がなかなか乾かなくて困ってしまいます。パリではバルコンに洗濯物を干すのは禁止されているので (最もこのお天気では外に干しても意味が無いでしょう、、、) コインランドリーの乾燥機か部屋の暖房をガンガンにかけない限り冬の間は乾かすのに何日もかかってしまうのですよ。

ここ数日間インターネットとメールサーバーの調子が非常に悪く、5分おき位にダウンしているのでイライラが募ります。繋がっても very スロー。例のプラネットの周期のせいか付いていない毎日、気分もサクサクしている今日この頃。午後は家のノエルの飾り付けをしようとノエルグッズを用意したけど、こんな気分でノエルの準備をするのは良くないよと Jojo。明日に持ち越しです。

今日はそんな気分も吹っ飛ぶような嬉しい出来事がひとつありました!Net のお友達、miwaさんの Hapuna Net で今月アドヴェントカレンダーの楽しいプレゼント企画があって、今週の当たりクジを引いたのです♪毎日日替わりで変わるTOP頁の写真から好きなイメージを選んで、プリントしたカードがもらえるんだそうで、どれも素敵なので選ぶのに一苦労しましたが、今から届くのが楽しみ〜♪なのです。届いてからお知らせしようかとも思いましたが、あと二回分の抽選があるので、皆さんにもチャンスをお裾分けです。

Hapuna Net

*今日の写真もノートルダム寺院のキャンドルですが、コチラはマリア様の絵と共に " Cathedrale Notre-Dame de Paris " とネームも入っているオリジナルです。但しお土産品では無く、お供え用のキャンドルです。5ユーロなり。(ちなみに昨日のは2ユーロ)


Cathedrale Notre-Dame de Paris

Lumiere des bougies

le 10 Decembre 2004

サイトをオープンしてから1年半、二度目のノエルを迎えようとしています。Cocomo@Paris は個人の趣味のサイトとして始めた訳では決してなく、BOUTIQUE がメインであるからお店の方が動かなかったら止めようというぐらいの覚悟で運営しています。有り難い事に、Net を彷徨って此処に辿り着いて下さった方、検索からいらして下さった方、お友達のサイトからいらして下さった方、口コミで聞きつけて下さった方々が増えて来ており、お買い物をして下さり、、、最近ではリピーターとしてお買い物に来て下さる方もいらして大変嬉しく感謝しております。もちろんオープン時より支持してくれている大切な家族やお友達の存在も私達にとっては大きな支えとなっていて、いつも心に留めています。

そしてそんな皆様達の為に、今年もノエルのプレゼント企画を実施したいと思います。いつものようにプチアンケートに答えて頂き、ノエルの当日抽選を行います。今年はお二人にプチカドー( プレゼント ) をご用意していますので、初めての方も是非ご応募下さいね。今年Cocomo@Paris でお買い物をして下さったお客様にはなんとダブルチャンスの可能性もあります!尚、お客様方にはメールにてお知らせさせて頂きますので、突然のメールで驚かれるかもしれませんがご了承下さいませ。現在メルマガ等は発行しておりませんが、今後お客様を対象にこういったイヴェントのお知らせメールを差し上げることがありますので、もしメールアドレスの変更がありました場合にはお知らせ頂きますと助かります。メルマガにつきましては、過去のアンケートなどにより何人もの方からリクエスト頂いていますので、検討を重ねているところです。\r

写真はノートルダム寺院内に灯る沢山のキャンドル。訪れる人達がキャンドルを灯し、台の上に置いていきます。右奥に人がうっすら映っているのは亡霊なんかではなく、誰かがキャンドルを置いているところです。

Cadeau de Noel <--- click

le 9 Decembre 2004

皆さんお気付きのことかと思います。そうです、ノエルが近付いているのでウィンドウをクリスマスのデコレーションで飾り付けてみました。今年のパリは寒く、外を歩いていると吐く息まで白いので、初雪はまだなのですが雪まで降らしちゃいました。素早くクリックして BOUTIQUE か SALON に駆け込んで見逃してしまった方、ENTREE ( サイトの入り口 ) に戻って御覧下さいね。

今日はせっかくサイトの模様替えをしてウキウキした気分だったのに、メールソフトのシステムの調子が悪くて元通りにするのに何時間もかかってしまいました。更にお気に入りのコップをが割れてしまいました。( 割ったのは Jojo ) しかも2つも!購入時12個あったのに、もう5個しか残っていません、、、。そして極めつけはこの頁を更新しようとしたらサーバーがダウンしてしまいました。 ( 確か5分前まで作動していたのに、、、)誰かが言ってたけど、宇宙のサイクルのせいで近頃皆不調なんだそうです。ホントかしら?少なくとも今日の私達には当たっている様です。

こちらは近所にある高級食品店 HEDIARD ( エディアー) のクリスマスツリー。お店のトレードカラーである赤と黒のストライプの小さなギフトバッグがオーナメントとしていっぱい飾られていて可愛かったです。


Chez HEDIARD

Les cartes pour Noel

le 8 Decembre 2004

今日はサイトとは別の仕事も忙しく、今日は朝からてんてこ舞いでトイレに行く時間もないぐらいバタバタ過ごしておりました。(ちゃんと行きましたけど、、、)

郵便局にはノエルの贈り物を送る為に、大きな荷物を持っている人達が長蛇の列を成していました。列に加わって待つこと20分、今日は沢山の郵便を日本に宛てて送ったのですが、窓口の職員さん、ひとつひとつ切手選びに付き合ってくれて有り難かったです。いつも利用している郵便局はほとんどの人が顔見知りですし、たいてい感じのいい人ばかりなので助かっています。 昨日も私がぼんやりしている間に価格だけ印刷されるシールの切手をペタンと貼っていたのに、記念切手が良かったと我が儘を言うとキャンセルして切手を選び直してくれたのです。しかも手元にストックが無い為に奥まで探しに行ってくれて、、、申\し訳ない。いつだったか、違う区の郵便局を利用した際、こういう切手がいいと何度も言い張ったのに、計算するのがややこしい数字だったので (計算に弱いフランス人が多いのです) 結局1ユーロの切手を何枚も貼られてしまったことがあります。こういう時、やっぱり慣れた場所はいいなって思います。\r

写真のカードは先日送った Jojo の家族へのプレゼントに添えたもの。一枚にはサンタクロースの姿が描かれていますが特にクリスマス用のものではなく、全てアルコールのラベルデザインなのです。こんなクリスマスカードも洒落ていると思いませんか?

le 7 Decembre 2004

今年の日本は異例の暖かさだとニュースが伝えていたけれど、パリは近年に無い程の寒い冬を迎えています。青い空は二日と続かない。毎日が灰色の空の下、、、でもこれがヨーロッパの冬と言えば冬らしい。私が初めて訪れたパリは何十年振りかの大寒波の年であったし、度々身も凍る様な冬を体験している。北国の人の様に寒さには幾分慣れっ子になっている自分。\r

しかし、こんなグレーな街並に蝋燭の灯りとノエルの飾り付けを見つけるとちょっとだけ希望の色が見えてくる、そんな気がします。カルティエによってはノエルの装飾も様々で、今年はちょっと全体的に寂しい気がしないでもない、それでもあちこち歩き回っていると素敵なウィンドウやノエルの化粧を施した店構えに出逢い、足を留めたくなります。\r

今日出逢った雪だるまは五区ののホテルで見つけたもの。シャンゼリゼや7区辺りのシックなホテルではこんな可愛い装飾はまず見かけないだろうと思います。小さなカフェやプチホテルでは、この一番手間がかかりそうな窓のペイントでその前を通る人達を和ませてくれます。

*COUTURE のコーナーですでにSOLD OUT 又は HOLD になっていたクロスステッチの図案集の幾つかが再入荷しております。
再入荷商品 : CTR4-05 、CTR3-05


Le Bonhomme de Neige

Medaille Miraculeuse

le 6 Decembre 2004

サンジェルマン・デ・プレの一角に " ふしぎのメダイ " で知られる教会があります。( 聖カタリナ・ナブレの教会としても知られています。) 私達のサイトでは宗教の普及など全く縁の無いことですので多くは語りませんが、ノエルも近づき宗教歌が耳に心地よく響く今日この頃、この人々に恵みを齎すと言うメダイのことをふと思い出し、先日その教会に足を運んできました。

今月 Cocomo@Paris でお買い物をして下さった皆様に期限限定でこちらのメダイをお一つプレゼントしています。オマケに添えているお紅茶も、今月はノエルにちなんで赤い果実のハーブティーです。テイン抜きですので、お休み前にも頂けます。すでに発送済みのお客様にも同封しておりますので、楽しみにお待ち下さいね!

*メダイはアルミニウム製ですので、金属アレルギーのある方はご注意下さいませ。

le 5 Decembre 2004

ノエルが近付くと、バナナでもなくリンゴでもなく、オレンジのお菓子が食べたくなります。そう思ったのか、昨日我が家のパティシエ Jojo が作ってくれたのはこんなスイーツ♪

クレモンティーヌという日本のみかんに似たオレンジを使用して、シナモンで味付けしています。ケーキの中には果汁以外に細く切ったオレンジピールも入っています。余った果実でジャムも作り、ちょっとしたノエルのスイーツの出来上がり!ケーキのベースは本を参考にしていますが、レシピは Jojo のオリジナルだそうです。とっても美味しかったです。

昨日のティータイム、ディナー後のデザート、そして今朝のプティデジュネに分けて頂きました。

ところでティーマット代わりに使用したキッチンクロス、クラシックな赤いアルファベットが並んでいてとっても素敵なんですよ。レター好きの私にはたまらないアイテムです。 SELECTE のコーナーでもご紹介しようと思っています。


Gateau aux clementines

Dans Notre-Dame a Paris

le 4 Decembre 2004

このアンティークのクローゼット、素敵でしょう!これは蚤の市で見つけたのではなく、ノートルダム寺院の一角なのです。青い窓はステンドグラス。暗い寺院内でひと際目を惹く赤でした。

そろそろクレーシュ・ドゥ・ノエル ( キリスト生誕の場面を現した人形飾り ) が飾られているかもしれないと思って、午後 Jojo と一緒にお散歩がてらノートルダム寺院を一周して来ました。寒かったので昨日届いたばかりの姉からのニット帽を冠って出かけたのですが、私の帽子は問題無かったのですが Jojo の冠っていたツバ付きの帽子は入る前に脱ぐようにと指示を受けてしまいました。そういえばバチカンでもタンクトップや男性のショートパンツは禁止されていますものね。

今の時期、人が多いのが玉にキズですが、久々に美しい薔薇窓や建築に触れてほんの少し癒されました。最近 " 宗教 " については思うところがあって、その存在や意味についても疑問を感ぜずにはいられないのですが、こうした歴史的な寺院は美術様式やその時代の文化等も反映しているので、例え私のように宗教を持たない者であってもその存在は素晴らしいと思うし、美しいと感動も出来る訳です。

さて、昨年の12月はホワイトクリスマスをテーマにこの JOURNAL でも "白" をテーマに写真を展開しました。そして今年は "赤” をテーマに!と頭の中で描いていたのですが、二日目でいきなりホワイト&ピンクというハプニングがありましたので、特に赤い色にはこだわらずに " NOEL ” のエスプリをテーマにご紹介していこうかと思っています。パリのノエルの様子を皆様にもお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに!

le 3 Decembre 2004

先日の我が儘ボックスに引き続いて、姉から手編みの帽子とマフラーが届きました。Merci beaucoup ! 帽子は今年の初めにリクエストしていたもので、やっと私の分まで順番が廻って来たようです。デザインはこんな感じで〜と電話で口頭で伝えていたのですが、出来上がったのはちょっとイメージしていたものよりボテッとした感じで、冠ってみたら似合わない、、、起きがけのボサボサの髪型のせいかもしれないといろいろ花の位置を変えたりしてみて、結局折り返し部分を真っ直ぐにしてクロッシェ風に冠ってみると20年風でなんとかサマになりました。耳も隠れて暖か!コレとお揃いのマフラーがあったら可愛いかも♪あっ、Jojo のプレゼント、それがいいかもよ!(と何気に催促)そうしたら兼用で使わせて頂きます♪

ノエルにはほんの少し早いけど Jojo の家族のプレゼントを送りました。それぞれのパッケージにカードも一緒に入れようと包みの片方を開けて待機していたのに、うっかり閉めてしまい包み直すというハプニングがあり、その後に今度は私のサインを書き忘れてしまったことに気付き、又包み直しというオマヌケなことをやってしまいました。師走はやらなければいけないことが多過ぎてボーッとしてしまいます。気を引き締めなくては!


Cadeaux de Noel

A table !

le 2 Decembre 2004

身体の芯まで凍り付く様な寒い一日でしたが、夜、高級銀製品や食器で知られる Christofle のロワイヤル通りにあるブティックでのカクテルパーティーに行ってきました。シャンパンという響きにどうも弱い私達です (笑)。

広い店内にはノエルのプレゼントを物色しに来た16区辺りのマダム達 (オババ) で一杯でした。最もそれが狙いのカクテルなので、注文票を書き込む店員さん達がてんてこ舞いで立ち回っていました。高級ブティックに相応しく、トレイで運ばれて来る一口サイズのオードブルはどれも美味しそうだったのですが、トレイが運ばれると30秒もしないうちに無くなり、普通は皆に振る舞う様に店内を一周するであろう筈なのに、終いには皆そのトレイが現れるドアの前で待ち構えて、サーヴィスの人が三歩と歩かないうちに食べ物は消え去るという、遠目で見ていると実に滑稽であさましい風景でもありました。それでも運良く私達の口にもふた口程運ぶ事ができましたが、何だか気取っている割には実は卑しい人達の仲間入りするのが嫌で二杯目のシャンパンを手にする事も無く早々に切り上げて来ました。\r

クリストフルの銀製品は以前何人かの友人の結婚祝いで写真フレームを贈ったことがありましたが、どれも洗練された美しい物が多く、いつか自分達の為に揃えたいなぁと夢見ています。このディスプレイにもある、樹脂にシルバーメタルを施したシャープで美しい箸が素敵だなぁと思ったのですが、商品棚の方でじっくり手に取ってみると、先っぽが中国の箸のように太く、日本人には使い辛そうと感じました。やはり日本のお箸が一番!ちなみにお箸のことをフランス語ではバゲットと言うんですよ。(*二本あるので複数形 ) 細くて長いからでしょうね。

帰りは雨がパラついていたのですが、せっかくコンコルドの方まで出向いたのでエルメスのウィンドウを観て、サントノレ通りのノエルに彩られたブティックのウィンドウショッピングを楽しみながら帰って来ました。

le 1er Decembre 2004

今日は来客多し。すぐ側の広場のマルシェに買い物に来た近所に住むフランス人の友人が立ち寄ってコーヒーを一杯。クロスステッチにハマっていると近況報告したら彼の大叔母さんが昔刺していたと言って、いつか機会を見つけて遊びに行こうと提案してくれたのでちょっとワクワク。

昨日道でバッタリ遭った日本からの友人がお電話下さったので、うちにご招待して一緒にデジュネを頂きました。急だったので Jojo の手も借りられず、生ハムとビンズ豆のサラダとクレソンのスープという至って簡単なシンプルメニューでしたが、喜んで下さいました。ホッ。お土産に持って来て下さったチョコレートと共に楽しいお喋りをしながらお茶を頂いた後は、ノートルダム寺院のあるシテ島までひとっ走りお買い物に出かけました。\r

バタバタと過ごしておりましたが、本日 COUTURE のコーナーを更新しました。新しく入荷しましたクロスステッチの図案集やちょっと珍しいアンティークレースのカタログ集と写真の美しいパスモントゥリーの本などをご紹介しています。

パスモントゥリーとはブレードテープやタッセル、ポンポン、そして写真の様なオーナメントのような飾りのことを言います。フランスのインテリア装飾に欠かせないデコレーションで、この本は職人芸とも言える美しい作品の数々が紹介されていて溜め息ものです。実はこの本は私が学生だった10年以上も前に見つけ、デザインのインスピレーションなどにも活用させていましたが、もう一冊同じ物に出逢いましたのでBOUTIQUE でご紹介することにしました。刺繍のアイデアにもいいかもしれません。この頁はちょっと NOEL のイメージということで、12月の1日を飾るのにちょうどいいかも〜♪と一人浮かれています。
それではチェックしてみて下さいね。

Cocomo COUTURE <---- click


Passementeries

go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdivider


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash