le 31 Octobre 2004

今日から冬時間です。朝起きて時計の針を一時間遅らせました。日本との時差は8時間!

一時間得をした筈なのに、昨夜夜更かしをしたせいで思いっきり寝坊してしまいました。パンケーキをデジュネに頂いてから午後ゆっくりと蚤の市に出かけ、又袋一杯に戦利品を抱えながら帰って来ました。それにしても寒い一日でした。

昨夜の夜更かしは例によってクロスステッチ。友人のお誕生日プレゼントを xxx していました。これからパーティーに出かけるのですが、昨日お誕生日を迎えた友人はいつもハロウィンの主役!もちろん例年決まってハロウィンパーティーです。

今年のテーマは " ボンヌニュイ ゾンビ!” ということで、ギリギリに伝えられたこのテーマの為にコスチュームを考えるのにてんてこまい。私が出かけている間にMr.ビーンのクマちゃんがこんな姿に変身していました。Jojo の今夜のアクセサリーです。さぁ、これからメイクをしなければ!

Trick a treat !


Halloween bear

Alphabets

le 30 Octobre 2004

久々に蚤の市に行って来ました。あまりにも久々だったので、楽しくていろいろなお買い物をしてしまいました。何度お金を引き落としに行ったことか、、、ついでに小切手も持っていて良かったです。

今日の嬉しい戦利品はコレ!バッグや革小物などに付けるイニシャルピンで、’20年代の物なんだそうです。そういえばアンティークのバッグによくこーゆーのが付いてます。裏がピンになっているので画鋲のようにコルクボードやカルトンなどに刺してアクセントにしてもいいかも。革以外の小物に付けてもいいし、、、とあれこれ思い描きながら幾つかピックアップしていたのですが、どれも皆素敵だったのであるだけ全部買い占めてしまいました。

アルファベット26文字の全てが揃っていないのが非常に残念なのですが、スタンプでさえ昔の物はセットで購入しても一個や二個欠けている場合が多いので、そう望むのは贅沢かもしれません。せめて自分のイニシャルがあればなぁと探してみましたが、"H" は発音しないくせにフランス人の名前の頭文字に多いのか、残っているものが少なかったです。

COUTURE か BRIC-A-BRAC のコーナーでも又ご紹介していきたいと思っています。

le 29 Octobre 2004

図書館から借りている本を返却する前にコピーしようと、いつものコピー屋さんに行きました。近所に大学 (ヌーヴェル・ソルボンヌ ) がある為その側には安いコピー屋さんが並んでいます。

店員の若いお兄さんがお世辞にも上手くはない歌を何度も大きな声で繰り返し歌っていました。たまにお客さん達に向かって迷惑じゃないかと問い、もう一人の女性の店員さん意外は親切に大丈夫だよと言ってあげるのが聞こえてきます。朝から晩まで同じ曲を聞かされる身にもなってよ、と女店員。確かにね、、、。

音楽でもかければ?と提案してみたら禁じられているんだとか。と言うより著作権の問題で、お店で音楽をかけるとお金がかかるんだそうです。それはどこお店でも一緒だそうで、その話を帰ってから Jojo にしたら、当たり前じゃん、そんなことも知らなかったの?と無知さ加減をさらしてしまいました。世界中どこでも一緒なんですってね?!知りませんでした。

コピー屋さんでも " Rien n'est gratuit" (タダの物なんてありゃしない) と言っていましたが、その通り。でも彼の歌はタダだよ!(笑)


Dog & Cat

Tea time

le 28 Octobre 2004

近所に住んでいるフランス人の友人は父親がアメリカ人なので米国の選挙権があるんだそうです。そして今日投票したと言っていました。外国に住んでいるアメリカ人も皆意識を持って投票して欲しいですね。それにしても友人、亡くなったお父様がアメリカ人とは聞いていたけれど、彼のことをアメリカ人と考えた事は一度もなかったのでなんだか不思議な感じがします。

さて、本日 BUVARD のコーナーを更新しました。可愛い子ちゃん達をご紹介していますのでチェックしてみて下さいね。

今までのストックのビュバーは ARCHIVE の頁にご紹介していますので、是非一緒にご覧下さいね。*大きなフレーム脇の右上にある ARCHIVE のボタンをクリックすると頁が別ウィンドウで開きます。小さなイメージをクリックして頂きますと、フラッシュのカタログ頁同様ポップアップウィンドウで大きめの画像をご覧頂く事が出来ます。

BUVARD <---- click

le 27 Octobre 2004

今朝から頭痛を感じています。風邪のひきかけかもしれないので気を付けないと!

私の曾祖父はその昔政治家だったそうです。東北のある地方選でライバルの政治家が曾\祖父は亡くなったという誤報を流し、TVもラジオも無いその時代にその噂は広まり曾\祖父は敗れました。これは日本で始めての選挙違反だそうで、我が先祖はその被害者に当たるのだと父から何度も聞いた事があります。こんな話は自慢にもならない、しかし人を欺く人間でなく、騙される側の人間である方がいいような気がするのです。\r

米国の大統領選挙まであと一週間。耳に入って来るのは共和党そしてそれを支持する者達にによる汚職の数々、、、。今回の選挙は電子投票、その登録をする際あらかじめどちらに投票するかを尋ねられ、ケリーと答えると後でコッソリその登録表\は破かれ投票は無効になってしまうとか ( 三つの州でそれが発覚 )。多くの人達が機械仕掛けの投票の仕方が分からない、そしてコンピューターに映し出された支持通りにすると誤った投票をしてしまい、それもやり直しがきかず無効となる。牢獄に入った経験のある者に選挙権は与えられない(その多くが黒人や貧しき者=民主党支持者) 、フロリダ州では同じくその理由でマイケル・ジャクソンと似た様な名前の人は紛らわしいからと除外 ( ケンジさんや鈴木さんのようにマイケルやジャクソン氏は数えきれない程いることでしょう。) 、、、あの手この手を使ってブッシュを大統領にしようとする欺く側の人達。すでにそれが4年前にも行われているというのに、、、。

テロの恐怖を呼び起こさせる為にアメリカのTVでは選挙を目前としてテロ映画が連日放映されていんだそうです(=プロパガン!)。ブッシュが再当選することによって次のテロが起こりうるかもしれないのに、次に起こるであろう戦争で多くのイノセントな命とアメリカの若者の命を失う事になるのに、、、。宗教 ( バプティスト) に支配された者やビジネスに取り憑かれた者達にはそのことが見えないのだろうか?もし見えていてもそれがビジネスの為ならと目を瞑ってしまうのだろうか?

もはやデモクラシーなど無くなりかけているけれど、公平で清い選挙であって欲しいと願うばかりです。


La clef

C'est l'automne !

le 26 Octobre 2004

公園の木々が紅く染まってきています。こういう風景に出くわすと秋だなぁと思ってしまいます。出くわしたのは Jojo、私はBOUTIQUEの更新準備を進める為に、本日の郵送業務を終えた後はずっとうちに籠って過ごしていました。お土産の写真を眺めながらお散歩気分です。

ニュースに耳を傾けていると、フランス人の若者達が飲む年間のアルコールの量は平均ワイン80本位なんだそうです。そしてイギリスの若者達の年間平均はフランス人を遥かに上回った260本!これはきっとビールとか他のアルコールも数えているのでしょうけど、イギリス人の方が酔っぱらいが多いのには意外でした。そういえばロンドンの街の至る所にパブがあって、皆気軽に一杯ひっかけてるものね。でもイギリスのパブでどうにも気に入らないのが、生ぬるいビールが出て来る事です。あの習慣だけはどうも馴染めません。ビールはやっぱり冷えたのをキュッとやらなくちゃね!

le 25 Octobre 2004

そういえば今月観たいと思っていた番組があったのにそれが何だか思い出せずにいました。予告を観たのは随分前だったのですっかり忘れてしまい、もう放映されてしまったのかもしれない。そんなことを口にしていた直後に始まったばかりの映画を何気なく観ていたら、ヴァージン・スーサイド…そうそう、これが観たいと思っていたのでした。ずっと観たいと思っていて、レンタルでもいつも無くて観そびれていた映画です。\r

思春期の少女達の感情が切ない位に見事に描かれていて、電話口に聞こえて来るレコードの音に姉妹達がたったひとつの希望を抱いているようなシーンに胸が締め付けられる思いでした。バルで流れるレコードのノイズ音やファッション、そしてカラーまでも70年代の様子が見事に表現されていました。2作目のロスト・イン・トランスレーションでも感じた事ですが、ソフォア・コッポラって音楽のセンスがいい!それぞれのシーンでピッタリの、イカした音楽が自然に流れているのが耳にも感動を与えてくれました。\r

ところで Myu は何をしているのかというと、先日見つけて来たワイン箱に入っているのです。元々箱好きで、空の箱が放置されているとそれが大きい箱であれ小さい箱であれ取り合えず入ってみるのです。そして今日もこのワインが6本入っていた木箱の中に入って、ピッタリ全身が収まる箱の中で身体を丸くして寝そべってみたり、この小さな四角いスペースの中でしっぽを追いかけてみたり、外に出ては又何度も中に入るというお気に入りぶり。見ていて飽きないです (笑)。


Myu dans la boite !

Studio de photo

le 24 Octobre 2004

今日は20区の方まで足を伸ばしたのですが、目的地に付いてみたら予定していたものがキャンセルになっていて、そのままUターンで帰るのは惜しい気がして帰途は何百番地もある長い道をテクテク歩いて帰ることにしました。普段行かない場所は見慣れない風景を記憶に留めようと左右見渡しながら歩くことにしています。たまに素敵なカフェやお店、建物なんかを見つける事もあります。

友人のうちの近くを通ったので立ち寄りお茶を御馳走になりました。途中から jojo もジョインして、やはり帰りは川を渡ってテクテク歩いて来ました。

写真は先日の jojo のお散歩より。この古い建物は写真スタジオだそうです。彼はパリの廃墟や朽ちかけた古い建物などを沢山知っているのです。今まで撮りためた写真の中にはすでに取り壊されてしまったり、改装されたりしてもう二度と目に出来ない風景もあります。その時感動した風景をシャッターに収めるのは後からその感動や情景を思い出す為の記憶の走り書きにもなります。アルバムを捲る毎にその走り書きを見つけるのは楽しいひとときです。

le 23 Octobre 2004

お昼のニュースで ”震度6の地震!” と聞いてビックリして日本 ( =家族 ) に電話をかけました。有り難いことに揺れが激しかったけれど何ともなかったとのことでひと安心。今年は猛暑に始まって台風、地震と天災の多い年でどうしたことでしょう。震源地付近にお住まいの方達も被害が少ないといいのですが、、、。

フランスは冬の寒さが心配されますが、今のところ至って穏やかです。雨上がりの晴天が三日間続き、今日等は気温も20℃近くあったので暖房すら必要ありませんでした。でも来週から又冷え込むようです。そういえば冬時間も一週間後と近付いています。

写真は Jojo が散歩の途中で見つけた風景で、古びた看板がノスタルジックでとってもいい感じです。13区か14区の辺りだと思うのですが、今夜はもう寝てしまっているので明日何処なのか尋ねてみようと思います。


LA MAISON du B

L'etagere dans la cuisine

le 22 Octobre 2004

先々週の週末だったでしょうか、私が連日外出している間に Jojo がキッチンに飾り棚を取り付けてくれました。

これは随分前からリクエストしていたもので、右に付けようか真ん中に付けようかとあれこれ悩んだ挙げ句、結局中央と左側にL字に取り付ける事にしました。板は仕事部屋の本棚&キャビネットを作った時の余りを縦半分に切って利用しました。下に当てた添え木は自分 ( Jojo ) でも作れそうなものだけど、材木屋さんで板を切ってもらう為にあえて購入する事にしました。 本当はメタル製のL字を探していたのですが、気に入ったものが見つからなかったのでキッチンのベースに合わせてナチュラルな木製にしました。

早速お気に入りのアンティークツールやキッチン小物をディスプレイしています♪

le 21 Octobre 2004

日本の台風の模様がこちらのニュースでも報道されています。過去にフランスの地方で立て続けに起こった雨による水害にも似た光景に驚いています。これ以上の被害が出ないことを祈っています。

とっても早いけれどノエルの準備を xxx... と少しずつ始めています。今年も手作り、クロスステッチをメインにプレゼント作りを進めていこうと準備中です。贈る相手に合わせた生地や糸の色選び、そしてモチーフもそれぞれに合ったものを図案集を何冊も捲りながら考えます。小さなモチーフを一色刺しで、まだ刺したことの無いいろいろな図案を刺しているので楽しいです♪

今夜のディナーは二日目のボルシチ、何度も火にかけて( 我が家にはガスが無いので赤外線コンロですが、、、) お肉も野菜も柔らかくなり、昨日よりずっと美味しくなっていました。明日のお昼も最後の一皿を頂く予定です。


L'appartement

Des livres

le 20 Octobre 2004

午後大雨が降り、驚くほど大きな雷、そして夜はすでにカーテンを閉めていたから確かではないけどあの音はきっと氷も降っていたに違いありません。まったく嫌なお天気です。こんな日は外出するのを放棄してひたすら読書するに限ります。夏前に友人が箱一杯の本を送ってくれたので、ありがたい事に読む本はどっさりあるのです。

先日から手にしているパトリシア・コーンウェルの上下巻、ついに読み終えました。シリーズものを一巻からずっと読み続けていたので、三年振りの待望の新作でもあり、待った甲斐あってなかなか読み応えがありました。そう、Dr.スカーペッタの検死官のシリーズです。次作が待ち遠しい。

長いこと外国に暮らすと日本食が恋しくなる様に、活字にも餓え手にする本はジャンルは問わず乱読するようになりました。姉からはいわゆる純文学の類いが送られて来て、会社務めをしていた頃は日本人の上司から主にミステリーや歴史小説、漫画などが回って来て、そして私の大切な友人からは女流作家のエッセイや恋愛小説、ミステリー、スパイ小説、SF、、、とかつて読まなかったジャンルのものまで幅広く送ってもらい新たな分野を楽しんでいます。

読書の秋!前述のミステリー小説はドキドキするような緊張感を伴っていたので (ときめく方じゃなく、怖い方です)、次はちょっと軽めのお話でも読む事にしましょ。

le 19 Octobre 2004

二泊三日のパリ出張を終え、今朝友人のダーリンが家族の待っている元へ帰って行きました。正確には本日も展示会巡りをして夕方ユーロスターに乗ってイギリスに帰国です。

短い期間だったけれど英語で話す機会を与えられ、良き友人とのお喋りが楽しかった事もあり、一昨日の晩よりも今朝の方が幾らか滑らかに英語が話せていたようだと Jojo が気付いてくれました。ロンドンに行くと、いつも耳が慣れてきたところでパリに戻って来てしまうのでなかなか英語が身に付かないのです。ブリティッシュイングリッシュはイントネーションや発音の仕方がアメリカンイングリッシュとは違うし、土地によっては簡単なフレーズでさえ聞き取れない事があります。

短大には推薦で楽して入ってしまった為に受験英語をサボってしまったツケが今回って来ています。その後は迷わずフランス語を選択したし、私の英語力は恥ずかしながら高校のレベルで止まっているのです。ボキャブラリーが少ない、文法に弱い、、、それでも機会さえあれば間違いだらけの英語でも一応話そうという努力だけはしています。

パリを訪れた日本人が、フランス人は英語で話しかけても答えてくれなくて意地悪だ、英語で聞いてもフランス語で返って来る、と口にするのを耳にしたことがあります。スノッブで意地悪なフランス人が多いのは確かです。でもその反面多くのフランス人は英語が話せなかったり苦手で、その発音にコンプレックスを感じている人達も多いのです。フランス人の英語の発音の悪さに比べたら、自分の英語もまんざらじゃないかもしれないという妙な自信まで感じてしまうから不思議。

あ〜、でももっとペラペラ話せる様になりたいな〜。


My English lesson

Sandwitch au poulet

le 18 Octobre 2004

友人のダーリンはイギリス人。昨夜はTVでもヴィクトリア女王の生涯を描いたドラマ (映画?) が放映されて見ていたので頭の中は英語モードです。今日はオペラのデパートに出かけたのですが、人にぶつかる度に " Sorry " と口走っている自分が可笑しかったです。

鳥の丸焼きをデイナーで頂いた翌日のお楽しみはコレ!実は昨日のデジュネなのですが、サンドウィッチ・オ・プレ:チキンサンドウィッチです。マヨネーズをほんの少し塗って、塩、コショウ、そしてカレー粉をまぶすだけ。シンプルで美味しいんですよ。骨に付いているは綺麗に剥がして猫達のおやつにするので、特に Mookie が大喜びです。

le 17 Octobre 2004

Hotel Cocomo へようこそ!お泊まり客一名様、本日より二日間のみの期間限定営業です:- )

出張でパリに来た友人のダーリンが先程到着したところです。クライアントとのお食事があると言うので一息ついて出かけて行きましたが、夜のニュースで彼が今日一日足が棒になるまで歩き回った展示会場の模様が流れていました。今パリで行われている展示会は食品でメインディッシュ、お惣菜、調味料、お菓子と何でもありなんだそうです。TVで紹介されていたフォアグラ入りのブリオッシュが美味しそ〜でした。一周して試食回りしたいです。ちなみに友人のご主人の専門はスイーツ関係です。

これは昨夜 xxx したキッチンクロス。イニシャルをステッチしようかと思ったのですが、モチーフが刺したくなり小さな鳥をフックの付いている右上のコーナーと左下のコーナーに刺しました。お皿拭きが楽しくなりそうです。


Torchon

Vieux couple

le 16 Octobre 2004

朝からバタバタしと慌ただしい一日でした。午前中は郵便局に出かけ、午後はデジュネの後に近所のコインランドリーでお洗濯。その間パトリシア・コーンウェルのミステリーに読みふけっていたので続きが読みたい、、、のをグっと我慢してボンマルシェまで買い物に行ってきました。

そろそろノエルの準備を始めなければ、、、贈り物は何にしようかな、と考えながら夜はちょこっと久々のクロスステッチを始めて今刺し終わったところです。あら、もうam1h30!本も読みたいし(上下巻あるので時間がかかります)、でもクロスステッチと同時には出来ないでの選択に困ります。でもどちらも手に取ってしまったら時間を忘れてしまうので、他の事が何も出来なくなるんですよね、、、。

今日の一枚、なんだか老夫婦のように仲睦まじい Myu & Mookie です。ふたりして何見てるの?

le 15 Octobre 2004

ボツボツと氷混じりの雨が降り、今日も寒い一日でした。

午後は郵便局の用事を済ませると、コンピューターの前に座りちょっと溜まっていた仕事を一気に片付けました。英語やフランス語のメールを書くのは面倒な作業だけど、そして仕事で英語の電話がかかってくるともっと憂鬱になってしまうけれど、取り合えず一段落。これで今週末はゆっくり過ごせます。

コレ、新しいマグなの。楕円の形が気に入ってます。


Mug ovale

Notre chauffage

le 14 Octobre 2004

11月が近付いています。ということは米国の大統領選が間近に迫っています。

昨夜フランス時間am3h30に行われたブッシュVSジョン・ケリーの討論会の模様の収録をインターネットTVで観ました。先日ブッシュが演説や海外訪問の度に背中に取り付けているという装置のことが暴かれていましたが、耳にしている小さなイヤホンからは陰から何を発言すべきか黒幕が送信しているメッセージが流れているのだろうか?と皮肉まじりに聞いていました。と言っても政治的な内容は難しいので後から jojo に訳して解説してもらいました。

ブッシュを支持する国民の声に耳を澄ませると、”彼は奥さんのことを愛していると言った” …この女性は最愛の夫に裏切られでもしたのだろうか?! キャンペーンで訪れた土地で "彼は私の作ったハンバーガーを食べて美味しいと言ってくれた”、、、これだけの理由で向こう20年間の税金が値上がりし、戦争が起きてもいいのだろうか? 国内の薬は高くて買えない者がいるというのに海外の薬の持ち込み禁止している。しかしながらイラク戦争で手を結んだ英国の薬は例外として認めているという矛盾。ゲイの結婚も中絶も認めない。バプティストとNRA (ライフル銃組合) を味方に付けたマリオネットの大統領が再当選してしまってはこの先何が起こるか分かったものじゃない。大量殺人を可能にする大型銃を持つことを認め、戦争を奨励する者に国の安全を守る事ができるのだろうか?\r

ケリーはベトナム戦争を自ら志願して経験している。そしてベトナム国民はケリーが大統領に選ばれる事を望んでいる。戦争経験があるからこそ戦争というものが何かを知っているからと先日観たインタビューで皆声を揃えて言っていた。操られたマリオネットは陰の声を繰り返し陰謀を企んでいる。世界中でテロや戦争が起ころうとしている中、もはや遠い国の他人事とは言えない。

アメリカ人に正義を正面から正しく捉えてほしいものだと願うしかない、、、。

*石油ストーブ、今夜も点けてます。あったか〜い♪

le 13 Octobre 2004

父と母が頑張ってコンピューターを操作してメールを送ってくれました。慣れない者にとってはアルファベット打ちや漢字転換は面倒で難しいらしい。それでも一生懸命覚えてくれてコミュニケーションを取ろうとしてくれている努力が嬉しいです。もちろんサイト巡りもしてくれて、今日はアンティークの商品をひとつ初オーダーしてくれました。Merci !

先日フランスの戸籍法が変わったらしく、結婚した場合女性は旧姓をキープすることが出来、子供は両親のどちらの名前を名乗ってもよく、又二つの名字を名乗る場合にはその順番も好きなように選べるんだそうです。

親が付ける名前というのは名字とのバランスも考えて付ける場合が多い筈。両親の離婚、そして結婚によって響きの違う名前になってしまったり、、、というのはよくある話です。何百年も続いている貴族の家系などもその名前を残していきたいと考えているかもしれません。ほんの少しずつこういった決まりが改革されているようです。


Ours

Ciel de Paris

le 12 Octobre 2004

今朝久々に日本から我が儘BOXが届き、配達人のチャイムの音で目が覚めました。5階 (日本の6階) まで登って来てくれたので寝起きの寝間着姿をご近所さんにさらす事も無く済みました。随分早い配達、8時半ぐらいだったのでしょうか、、、?それはそうと、単品のお菓子は必ず偶数にしてね、と言ってあるのに貝の形の最中が一個しか入っていなかったの。困るのよ、こーゆーの、、、。でも嬉しかったです。 Merci beaucoup !

もう冬のコートを着こんでいますが ( でも今日の午後はちょっと暑かったです ) 冬支度第二弾!昨年蚤の市で見つけた黒いレースのストーブを今年こそは使おうとBHV ( 東急ハンズのように日曜大工用品が充実しているデパート:映画「ザ・カンニング」にも登場しています) まで石油を買いに行きました。中の部品が古かったのでNETで見つけイギリスからデッドストックの取り替え用を調達してあったのです。早速試しに点火してみたのですが、あったかです♪

le 11 Octobre 2004

久々にた〜っぷり睡眠を取りました。やっと平常通りの生活にカムバックです。

川向こうの友達から電話があったので早速午後会いに行きました。出かける頃から連絡が取れなかったので直接遊びに行ったら案の定留守で、同じアパルトマンの子供達に近くの公園の場所を聞いて行ってみたらおしゃまな娘ちゃんと一緒に見つける事が出来ました。長年の友人ともなると行動が見えて来るものです。

やんちゃな長男坊は幼稚園の三年生ともなると随分お兄ちゃんになった様子で、逆に2歳のおしゃまさんが言葉を覚え第一反抗期を迎えたようで随分手がかかっているようでした。何処の子供も一緒なのかなぁと遠目にそう感じ、毎日チビっ子達の相手をするというのは大仕事だと数時間でギブアップして川をテクテク歩いて帰って来ました。

ところで友人のうちの近くには新しくまんが喫茶というのが出来、インターネットも格安で利用出来るんだそうです。最近公園にも何人かの日本人親子が行き交うようになり、なんと友人が新たに知り合ったと言う日本人ファミリーは私の以前からの友人でもありました。パリの日本人コミュニティーって意外と狭いので、どこかで繋がっていたりするのです。


Print fabric

Chez fleuriste

le 10 Octobre 2004

最低気温5℃、冬の始まりです、、、。今日はクリニャンクールの蚤の市に出かけたのですが、タクシーを拾うのにひと苦労でした。朝マラソン大会があった為にオペラの界隈で交通ストップが敷かれ30分以上外で待っていたので寒かったです。ニットに厚地のコートを着ていて正解でした。

蚤の市ではクライアントの買い物に付き合ったのですが、ユーロで4桁のお買い物をしてちょっとお金の感覚が麻痺してしまいそうです。

今日は夕方早めにお仕事が終了して久々に jojo とご飯が食べられるかと思ったのですが、今夜は Jojo にアポイントが入りディナーに出かけて行ってしまったので、又擦れ違いの生活です。

写真は蚤の市ではなく、夜ウィンドウ越しに撮ったお洒落なお花屋さんです。

*COTUREのコーナーで完売していましたクロスステッチの図案集 CTR3-05〜07が再入荷致しました。どれも素敵なアルファベットが紹介されていますので、xxx に興味がおありの方は是非チェックしてみて下さいね。

le 9 Octobre 2004

今朝も早起きをして出かけましたが、夕食を終え10時前には帰宅出来たのでハーブティーを頂きながら少しだけのんびりと過ごしています。今日は雨に降られ、身体が冷えきっていたので美味しい日本食を頂き元気を取り戻しました。今夜のディナーはすき焼きでした♪

一雨毎に寒くなるパリ、明日はしっかり冬物のコートを来て出かけようと思います。


Chocolat

Pour ma copine

le 8 Octobre 2004

今朝は暗いうちから起き出し8時半には仕事に出かけ、16時間振りの帰宅です。一日サロン (展示会) 周りをして過ごしたのですが、流石に疲れました。眠いです。

お昼はとらやでお食事、夜は衣川、その後クリヨンホテルのバーでピアノの演奏を聞きながら一杯ひっかけてきたところです。

こんな一日を過ごした後はベッドになだれ込みたいけれど、毎日の JOURNALを更新してしまうこの性格が憎くも感じられます。B型です、、、。

毎シーズンそうなのですが、衣替えをしたばかりでそろそろ冬支度という時期に来シーズンの傾向を早読みする訳です。デザインの仕事をしていた時は更に半年先回りするのでシーズンが分からなくなってしまうこともしばしばありました。来春は色がカラフル、レースやビーズがこれでもかってぐらいあり、お花畑のようにどこのブランドも花が咲いていました。

明日は第二弾、マーケットリサーチで動き回る予定です。それではこれからシャワーを浴びて寝ます。 Bonne nuit !

le 7 Octobre 2004

今日は朝から目まぐるしい忙しさでした。洗濯を終わらせてから郵便局の発送業務、そして借りていた本を返しに川向こうの図書館へ、その後書店にてクロスステッチの本を物色して、明日から三日間外出の日が続くので猫達とJojo の食事を買い込む為に三軒のスーパーをハシゴ。今日の予定はほぼ終り、後は三日間のコーディネートを考えて夕食、と思っていたところにクライアントからの電話が入り、急遽お食事をご一緒する事になり先程帰宅したところです。ふ〜、疲れた。\r

連絡があったのは夕食時に突入していた頃だったのでどのレストランも一杯。現在パリコレと共に展示会も行われているので世界中のジャーナリスト、プレス関係者、デザイナー、バイヤー達がパリに大集合しているのです。運良く鰻の野田岩に予約を入れる事が出来たので久々に美味しい鰻をモリモリ食べて来ました。クライアントのお心遣いにより Jojo の分もお持ち帰りして来たので上機嫌です。

さて、現在ご注文頂いているお客様にはご連絡しておりますが、明日より三日間朝から夜まで不在となりますのでメール、Cafe のお返事が遅れてしまうかもしれませんのでどうぞお留め置き下さいませ。日曜以降にお返事差し上げます。

*今夜は昔の新聞を引っ張り出してみました。イラストのコルセットからも分かる用に、100年位前のものです。そういえば何処かにこういう鏡をしまっていたなぁと思い出しました。


Journal 1904

Myu & Mookie

le 6 Octobre 2004

現在パリではパリコレ:2005年春夏のコレクションが始まっています。Dior のショーをTVで見ていたのですが、実にエネルギッシュなコレクションでした。ガリアーノのパワーが伝わって来ます。今回は ”着れる服が多い” とニュースのコメンターが言っていましたが、確かに単品でも着れる服が多く消費者のことを考慮したようなプレタポルテです。ガーリーあり、ディスコあり、マンガあり、クラシックあり、ボヘミアンな70年代あり、、、個人的にはショーの最後に紹介していた70年代調のお花が散りばめられた様なボヘミアン調の70年代スタイルが一番好きでした。ショーではやり過ぎと思われる位にメイクしてますが、目の周りをパンダみたいにぼかしたアイメイクにとっても憧れているのです。そして "DIOR NO WAR" とパンチの絵が描かれているTシャツが今の時代性を語っていました。

明後日から三日間外出の日が続くので、明日中に片付けておかなければならないことが山ほどあり、何から手を付けたらいいものやらとやや焦っています。今夜は早く寝ましょう、と言ってももう12h45、、、。

Bonne nuit !

le 5 Octobre 2004

気が付くと随分日が短くなってきています。夏の間は10時頃まで明るかったのに、最近は7時には真っ暗。今日は一日グレーの空で夕方から雨まで降ってきました。昨日に比べ気温もぐっと下がっています。これから冬に向かってまっしぐらのパリです。

先日送った友人達へのプレゼント(9/25のプチ巾着)、実はお誕生日にはすっごく遅れてしまったのですが二人とも喜んでくれました。 どちらも同じ位の日に届いたようで、サイトも見ているよ〜という嬉しいメッセージメールを受け取り私もご機嫌です。こうして遠く離れていても、親しい友人達に見守ってもらえていることが心の励みになります。頑張るからね〜!

これは3日の花器と同じ位置から撮った物ですが、手前にはこんな素敵な椅子もあったんです。スカンジナビアデザインのお店なのですが、置いてあるもの、どれも素敵なものばかりです


Good design !

Agenda DMC

le 4 Octobre 2004

先週末衣替えを済ませたところだったのに、今日は23℃もありパシュミナのストールを巻いて外出したら暑かったです。

そういえば土曜の朝、アベドンが亡くなった!という Jojo の叫び声を夢うつつのベッドの中で聞いたのでした。ヘルムート・ニュートンが逝ったのは確か半年前じゃなかったっけ?この時代のフォトグラファー達が皆この世を去って行く、、、と両者と深い交友を持っていたスイスの友人が寂しく語っていました。惜しまれるのは、どちらも最期まで写真を撮り続けていたこと。歳をとってもバリバリの現役で、名クリッシェをフィルムに収めていたこと。本当に残念です。

リチャード・アベドンと言ったらあの象を両脇にポーズを撮っているイブニングドレスのモデルのモノクロ写真がやはり思い浮かびます。数々のスター達のポートレート、グラムールなモード写真、、、ファッションフォトグラファーとして最も有名な一人と言えるでしょう。

オードリ・ヘプバーンの魅力が結集された映画 " ファニーフェイス”(邦題は "パリの恋人" でしたっけ?) 、その中でシャッターを切っていたのは他でもない、このアベドン氏でした。まるでファッション雑誌から飛び出した様なシーンが沢山ありましたよね。
”Think Pink ! " と歌ったケイ・トンプソンが演じた役はまさに当時のVOGUEの編集長ダイアナ・ブリーヴランドを風刺したものであったし、この映画のアートディレクターは'50年代のハーパーズバザーズで活躍したADのブロドヴィッチと後から知って成る程と思ったのでした。ヘプバーン&フレッド・アステアというキャストも豪華だけど、映画の裏を支えていたキャストは尚豪華なのに驚きます。

今週以降発売される雑誌には、どれもきっと特集がアベドン特集が組まれることでしょう。しっかりゲットしなくては!

さて、xxx にハマっている皆様、大変お待たせしました。本日COUTUREのコーナーにクロスステッチの図案集を数冊更新したところです。どれも私の持っている本ですが、刺したくなるものばっかりです。是非御覧になって下さいね!

Cocomo COUTURE <---- click

le 3 Octobre 2004

昨夜のラ・ニュイ・ブロンシュ、直訳すると白夜なのですが、フランス語では徹夜という意味もあります。あちこちで行われたイヴェントを夜通し楽しんだパリジャンが多かった様です。

高校時代は大抵週に一度デザインの課題提出があり、いつもギリギリに仕上げる私は提出日の前日徹夜で過ごし仕上げた作品を持って登校するということがしばしばありました。そしてこの習性はパリに来ても変わらず、、、専門学校の課題は週に一度のペースで、水曜日の午前中の授業は皆で大きな机を囲み先生の辛辣な批評を受ける作品発表会となるですが、ラ・ニュイ・ブロンシュを過ごして仕上げた作品をやや腫れぼったい目で提出するのが常でした。\r

それでも若い頃って回復が早かったけれど、最近はちょっと夜更かしをしただけで次の日が辛いです。

写真は昨夜通ったお店の前で、シャープな花瓶に生けてあったお花が素敵だったのでウィンドウ越しに撮ったものです。一輪挿しの花器にボテッとした紫陽花の花が絶妙なバランスで、まるでこの花の為に創られたようでもありました。


Trois vases

La biere blanche

le 2 Octobre 2004

今月末にやって来ると思っていたスエーデンの友人が、パリに居るからと電話があり猛スピードで支度をして会いに行きました。もうどれ位会っていなかったのだろう?と思い出せない位長いこと会っていなく、久々の再会と初めて対面するご主人と二人の可愛い娘達、そして昔スエーデンに遊びに行った時にお世話になった友人のママに会えてすご〜〜〜く嬉しかったです。仲の良かったクラスメートのフランス人の友人も一緒で、数年振りの再会を喜び合いました。

友人は現在考古学の仕事から国家財産である歴史建造物や風景に関わる仕事をしているようで、産休を終えて仕事に復活したばかり。週末を利用しての久々の息抜きで、かつて青春時代を過ごしたパリでショッピングをこれでもかっていう位楽しんだ様でした。私がジョインした夕方には大きなショッピングバッグを幾つも持って、スーツケースにも入りきらなくてどうしようと言っていました。相変わらず綺麗な物が大好きで、パリでのお買い物は彼女のエネルギー源のようです。

子供達がお腹を空かせていたので早めのディナーで、子供でも入れる様なイタリアンのお店でピザを食べながら、懐かしい学生時代のことやクラスメート達の近況などを報告しあいました。自分のブランドを持って頑張っている友人達、クチュリエのメゾンに迎えられ若きクチュリエとして成功した友人、有名スタイリストとして活躍しロックスターと結婚した友人、モードとは違った職業に就いた友人、、、学校では外国人が多く、皆お互いに多くの刺激を受け合いました。そんな懐かしい話を延々と、、、と言っても子供達はもうおねんねの時間なので、ホテルで子供達を寝かしつけてからママにお守りを任せて又バーに繰り出しました。

ここから Jojo もジョインしました。彼はスエーデン人の友人とは遥か昔に一度だけ会った事があります。友人のご主人はアイルランド人で英語オンリーなので、Jojo に彼の話し相手を任せ、私達旧友はピーチクパーチク又お喋りの再開です。スエーデンのこと、子供達のこと、ファッションのこと、パリのこと、、、。

上の娘ちゃんはもうすぐ3歳になろうとしているけれど、すでに自分の好みがあって、毎日自分の着たいものや髪型じゃないとだだをこねる。ピンク色が好きなので何でもピンク!(私みたいね。)お洋服も靴もヘアピンも、更にボンボンやショコラにヨーグルトまでピンクじゃないとダメ!それも私がこんな子にしてしまったのよねぇ、、、と嘆く母親ぶりがなんだか可笑しかったです。だって若い頃は男性の理想がとっても高く、まして母親になることなんて考えられなかった彼女だもの、、、。それとは反対にいつか王子様が目の前に現れる事を夢見ていたフランス人の友人は早く結婚して家庭を持つタイプだったのに、シングルライフを未だ楽しんでいる。そんなギャップ、、、人生なんてどうなるか分からないものです。

次の再会を誓いオデオンから歩いて帰って来たのですが、今夜は "La Nuit Blanche" (ラ・ニュイ・ブロンシュ:白夜 ) ! …パリ市内ではオールナイトでギャラリーや一部の美術館、そしてパリ市庁がオープンしていて無料で観覧出来るという特別な日です。だから街中に人がいっぱい溢れ返っていました。通りがかりの小さなギャラリーに立ち寄ってエクスポジションを観ながら先程帰宅したところです。

*写真は私がバーで頂いたホワイトビール。ベルギーのビールで軽くて飲み易いのです。

le 1er Octobre 2004

この絢爛豪華な素晴らしいシャンデリアは、先月従姉妹親子がパリにやってきた時の宿泊ホテルの天井にぶら下がっていたもの。綺麗ですね〜!、、、と軽く言ってみましたが、それもその筈。19世紀に建てられたこのホテルのロビーは歴史建造物としてランク付けされているらしく、このゴージャスなシャンデリアが目を惹きます。

サン・ラザール駅の目の前にある Hotel Concord St.Lazar (☆☆☆☆)です。凄く大きなホテルなのですが、今までご縁が無く先日初めて足を踏み入れました。ホテル巡りというのもなかなか楽しいです。由緒在るホテルというのはロビーだけでも見る価値があるので、観光でパリにいらっしゃる方達とかはティータイムや夜に一杯という時にこういったゴージャスなホテルに足を運んでもいいかもしれませんね。

来週はクリヨンホテルで仕事のミーティングがあります。パリで最も由緒あるホテルなんですよ。又ご報告しますね。


Hotel Concord St.Lazar

go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivider dividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash