le 31 Juillet 2004

夏時間のパリは夜の9時を過ぎてもこんなに明るいのです。
そこでついつい時間を忘れてしまい、夕刻時計に目をやると8時半、ダッシュで閉店間際のスーパーに駆け込みました。お肉やハム、牛乳をプラスチックのカゴに入れている最中に店内の電気が消えていき、献立を考える暇もなく今夜の夕食と明日の分の買い出しをしました。慌てていたので調味料を一個買い忘れてしまいました、あ〜あ、、、。

現在刺しているクロスステッチ、私にしてはちょっと大作で、それが明日には仕上がりそうです。本当は今夜にも刺し終えることが出来ない事も無いのですが、近頃夜更かしが続いているので明日の朝起きてからの楽しみにとっておくことにします。


p.m. 9h15

Coupes anciennes

le 30 Juillet 2004

今朝宅急便でこんなに素敵な贈り物を受け取りました。送り主はお友達のアコさん。
この美しい小さな杯グラスは明治から大正時代頃の物だそうで、朱色の漆と金箔のコンビネーションが日本の美を語っています。中に描かれているのは目出度く鶴と亀。

若くしてパリに渡って来たので、日頃西洋のアンティークに親しんでいる割には日本の古い物とはあまり縁がありません。パリの蚤の市で見つけた古伊万里の大皿や気に入って買ったカエルの小物入れがたまたまMade in Japan だったり、実家から持ち帰ってきた子供の頃から使っていた古いカップ、母の若い頃の扇子、古布、、、思い浮かぶのはそれぐらいでしょうか。興味はあるのですが、手に入れる機会も無いし、骨董品と聞くと敷居が高い気もして、、、そうしたらこんなに素敵な物を頂いて和の古い物の魅力に惹き込まれてしまいそう、危ない道にハマってしまいそうです(笑)。

包装してくれた油紙のパッケージにもこだわりが感じられ、同封して下さった写真もポストカードのように綺麗でアコさんの日常に触れた気がして嬉しかったです。写真は趣味で撮られているそうなのですが、HPでも拝見するその美しいイメージには物や日常のひとコマを慈しむ、レンズを通した彼女の優しさが伝わってきます。

素敵な贈り物をどうもありがとう。大切に使わせて頂きますね。

le 29 Juillet 2004

私のちょっと自慢のハンコはコレ。
年代は'50年代初期、学校の教材用の為に使われていたお金のスタンプです。ある方の義姉に当たる方が小学校の教員だった頃に使用していたんだそう。

この時代のお金を実際に目にした事が無いので、どれだけ本物に近いかは?なのですが、コインなんてかなりソレっぽくていい味出してます。小さくてよく見えないかと思いますが、コインには両面分あり、1947とか1951なんて風に年代が刻まれています。もちろんフランスフラン、この時代は通貨の価値も今とは違ったから、1000フラン札なんていうのもあります。(ユーロになる前は500F札が最高額でした。)

昔の子供達もきっとこうやってペッタンしたものを切り抜いて勉強したり遊んでいたのでしょうね。私は何にペッタンしようかしら?オマケグッズのニューフェイスに加えてもいいかなぁなんていろいろ楽しみながら考えてます。


Je suis riche !

La rose

le 28 Juillet 2004

アメリカの大統領選挙が近付いています。現在行われているデモクラシーコンベンションの模様をインターネットTVのライヴで観ました。クリントン前大統領もレーガン・ジュニアもジョン・ケリーを支持する演説を振る舞っていましたね。

今思うと、クリントンが大統領に就任していた時期って、景気も良く平和で米国にとって一番いい時期だったんじゃないかと、そんな気がします。'90年代の中頃って、パリからもアーティスト関係の人達が皆NYへと移り住んで行った時代だったとふと思い出しました。

クリントンの唯一の汚点はモニカ・リビンスキィ事件ですが、過去においてケネディなんてプレイボーイとして有名だったのですから情事のひとつぐらい、、、フランスだってミッテラン前大統領のの愛人美談がありますしね。決して浮気がいいって言ってる訳ではありませんが、強いて言えば女性の趣味が悪さが一番の問題だったようにも思えるのですが、、、どうでしょう?

アメリカの政治の仕組みってどうなっているのかよく知らないのですが、過去の大統領ってカムバック出来ないんでしょうか?いっそのこと、現在NYの上院議員であるヒラリーが何時の日か女性初の大統領になったら面白いのになぁなんて考えたりしています。

上の話とは関係ありませんが、先程何度もMyu の意思表示があったにも関わらず、猫達のご飯をあげるのが一時間程遅くなってしまったらバルコンに出てソ\ッポを向いてふてくされているんですよ〜。かと思うと夕食時 (私達のです) に鮭缶を開けていたら部屋で眠っていた筈なのにオヤツだと思って走ってキッチンまでやって来るし(いつも汁と皮の部分をあげます) 、、、まるで子供みたいです。ちなみに Mookie はいつも後からコッソリやって来ます。\r

le 27 Juillet 2004

サイト内の裏のシステムを変えたことは何度か触れておりますが、この JOURNAL も又 CODE で塗り固められています。確かに更新作業は楽になったのですが、間違った時それを直すのがちと面倒くさい。

そして昨夜、過去の日記の全てにおいて一部の文字や記号が文字バケしているのを発見してしまいました。フォントのトラブルなのですが、中グロ (・) が消えていたり ”予” や ”噂” やカタカナの ”ソ” やちっちゃい文字なんかが上手く文字転換出来なかったようで、誤りが出て来る出て来る。ついでに読み返していたら誤字脱語の多い事にも気が付く。少しずつ修正していますが、何せ毎日 Journal を綴っているので凄い日数です。以前だったら一ヶ月分まとめて修正出来たものが、新しいシステムでは一日ずつ取り組まなくてはいけないので気が遠くなる様な作業です。
もし過去の日記を読まれる方がいらっしゃったら読み辛いと思いますが、すこ〜しずつ直していきますので首を長くしてお待ち下さいませ。

今日は刺しかけの糸が無くなってしまったので手芸屋さんに出かけました。いつも使用しているナチュラルのリネンを買おうと生地屋さんにもハシゴしたのですが、二種間程前から在庫切れのようで、次の入荷は9月中頃ですって、、、気が早いけど、今のうちからクリスマスプレゼント作りを始めようと思ったのに期待を裏切られてしまいました。そうです、今年のノエルはクロスステッチでプレゼントを作ろうかな〜って考えているところです。なんせ用意する数が多いので、しかもクロスステッチともなると時間もかかるし、早めに準備しないとなのですよ〜。別の生地屋さんに行くしかないですね。


Des roses

Ice milk coffee

le 26 Juillet 2004

今日は長袖のTシャツを着ていたのに外出時はカーディガンぐらい羽織れば良かったな、、、と気温をチェックしてみたら12〜18℃しかなかったようです。寒かった筈です。でもポルトガルでは45℃もあるんですって!ひゃ〜、死んじゃう、、、。

最近コーヒーが余るとこうしてアイスミルココーヒーを作っておいて頂きます。かなりたっぷりめに牛乳を注ぎ込み、お砂糖も少し加えて自家製コーヒー牛乳の出来上がり。瓶はオレンジジュースの入ってたものをリサイクル。シンプルだからアイステー、麦茶、、、と何を入れてもサマになるし、ガラスだからプラスチック嫌いの私達にはもってこいの保存瓶でなかなか気に入ってます。

le 25 Juillet 2004

近頃のニュースの話題はずっとトウール・ドゥ・フランスだったのですが、今日最終日を迎えました。アームストロング、その名の通り強いです。6連覇を果たしました。毎日ずっと観ていた訳ではないのですが、最後は誰が勝ったのかやっぱり気になるのでTVを付けてその模様を聞きながらクロスステッチに没頭していました。

今回は始まる前からずっとこのアメリカ人の名を繰り返し耳にしていたのですが、それと同時にドパージュ( ドラッグ摂取 ) の疑惑も相変わらず取りただされていました。何年か前にも優勝した選手のドパージュ事件があって、自転車競技では毎年持ち上がる話題です。結果は一応シロだった訳ですが、それにしても強すぎるよね〜と疑いを抱いている Jojoです。テストに引っかからないようにするには、血液を試合直前に入れ替えるだけでドラッグと同じ作用が得られるんだと Jojo が説明してくれましたが、、、まっ、いずれにせよスポーツマンならスポーツマンらしく皆正々堂々と試合に挑んでほしいものですね。

今日久々に家族と電話で話をしたのですが、日本は暑くて大変なんですってね。パリは有り難いことに今のところ昨年の猛暑とは程遠い、心地よいお天気が続いています。今夜も窓からひんやりとした風が入り、涼しいぐらいなんですよ。8月もこんな毎日であって欲しいと願っています。

ところでずっと涼しかったせいか、こんな時期に薔薇が、、、植物公園に咲いていた見事な薔薇の写真を jojoが お土産に撮って来てくれました。


Roses

Siesta...

le 24 Juillet 2004

晴天の夏日和。Jojo が一人で美味しそうに頬張っているのを横目に今日はアイスを自粛しています、くぅ〜〜。

先日通販で注文していたビーサンは実は一足だけじゃないんです。同じサイズで注文したのにメーカーによってサイズって違うもので、もう一足は小さ過ぎてシンデレラのお姉さんになった気分でした。あまり日数が経ってしまうと交換出来なくなってしまうので、午後カタログの窓口のあるお店まで行ってきました。届くまでに二週間ぐらいかかるんだそうな、、、。

帰りに本屋に寄って例の如く手芸の本のコーナーでクロスステッチの本を物色しました。次にゲットしたいと考えている何冊もの本にくまなく目を通し、悩んだ挙げ句今月末の書籍代のカード請求が恐ろしいのでグッと我慢して珍しく手ぶらで帰って来たのですが、出かけて何も買わなかったと自慢げにJojo に報告すると、大丈夫か?と心配されてしまいました ( 笑 )。出かけ際に、買いすぎないように!って言ってたくせにね、、、。

le 23 Juillet 2004

一昨日からお腹の中で雷が鳴っています。多分これは調子に乗って食べ過ぎたチョコミントのアイスが原因、、、。

本日 SELECT のコーナーを UP しました。今回は実にスムーズでした、ヤッター!

私の持っている絵本の中で最も古いのではないかと思われるこのマーガレットのお話、1935年の初版です。色褪せた再生紙のような紙に印刷されているこのポエティックな挿絵の可愛い絵本の復刻版を書店で見つけた時は嬉しくなってしまいました。ミニサイズでお値段もプチプライス、今回のSELECTでご紹介しています。

それでは、お買い物をお楽しみ下さいね!

SELECT<---- Click here!


Cont de la Marguerite

Yahooi !

le 22 Juillet 2004

今朝は窓からの強い陽射しを受けながら、昨年の前例があるので気温が上がる度に例の猛暑がやって来るのではないかと不安を感じていたのですが、午後になって雨が降り夜は涼しい風が吹いています。

午後は準備しているうちに太陽の光が消えてしまったのですが、カタログの撮影を決行しました。近日中に SELECT のコーナーを更新する予定です。\r

更新の作業が楽に出来るようにシステム化したので、今度こそスムーズにUP出来るのではないかと思います。ついでに見えない部分ですが、この JOURNAL の頁も更新のシステムを変えたので今までよりもミステイクが少なく実に簡単に出来るようになっています。(って数日経った今だからこんな風に言えるのですが、変えた当初は " せっかく覚えて問題無くやっていることをどういてわざわざ変えなくてはいけないのか " と jojo に異議申し立てしていたのです。)\r

今回ご紹介しようと思っているのは、又々フランスのエスプリたっぷりのキッチンセットやバスグッズ、可愛い絵本に子供向けのフランス語のテキストなど、、、。フランス語の教材は実は前回の更新時に用意していて忘れてしまった物で、今度こそ皆さんにご紹介しなければ!と言い聞かせる位、とびきり可愛いものばかりなんですよ。

写真はコラージュが素敵な絵本、コチラもお店に並ぶ予定です。

le 21 Juillet 2004

本日 Paris - Plage (セーヌ河岸に設置されたビーチ) の開幕で午後お散歩がてら出かけて来ました。

今年で三年目を迎えるこのパリ・プラージュ、パリっ子達には人気で初日から凄い人が 集まっていました。いつも遠目にこの様子を眺めていたのですが、初めて川岸に降りてビーチ見学をしました。

ビーチが広がるのは右岸側のポン・デザールからポン・シュルリーの間、一部に砂が敷かれパラソルや長椅子、ハンモックなどが設置されています。他にペタンクコーナー、トランポリン、ローラースケート&スケボーのコーナー(指導員付き)、カフェなどがあります。子供用の大きなプールも設置されているので、水着姿の子供達が大勢いました。もちろん、水着で日光浴をする人達の姿もあります。
子供達の絵画教室みたいなものもあり、本の貸し出し、前述のローラースケートは靴とヘルメットの貸し出しなどもあり、さながら児童センターのようで夏休み暇を持て余している子供達にはもってこいのイヴェントです。週末の夕方はライブでコンサートもあるようで、今日は初日という事で丁度舞台の前を通りがかったところで演奏がありました。

朝7時から夜中までオープンしているので、人の少なそうな時間帯を狙ってのんびりと寝そべって過ごしてみたいです。


PARIS - PLAGE

Mon petit travail

le 20 Juillet 2004

最近はこのような小さな物作りがマイブーム。クロスステッチ関連のHPを見ていると皆素敵なサンプラーを刺していて、いつか私も!と思うのですが今は数時間、又は数日で仕上がるような小さな物作りが手軽で楽しい。いや何よりもサンプラーのような大作に手を染めてしまっては他の事が何も手につかなくなるのでは、という心配の方が大きいのです、、、。

このピンクッションは先日遊びに来た友人がいたく気に入った様子で、買い取りたいとまで申し出てくれたのだけれど、いつもお世話になっているのでプレゼントしてあげたもの。私も気に入っていたので同じ物を又作りました。王冠はどちらかと言うとイギリスっぽいよね、と友人。そうかもね。アルファベット以外にも、こんなクラシカルなモチーフがお気に入りです。

le 19 Juillet 2004

通販のカタログで注文していたビーチサンダルが届きました。この夏一番 IN なアイテム、ヒール付きのビーサンです。

お店で見かけた物はヒールがゴッツ過ぎたり、MUJIで見かけたのがかなり好みだったのですがジャストサイズが無かったり、、、そこで前から気になっていた La Redoute のをオーダー。小さめのヒールといいスモーキーグレーの鼻緒といい、いい感じです。サイズもピッタリ!
ひとつ気になるのはスメールの部分に製造時のものと思われる小さな穴がランダムに空いていること。履いてしまえば気にならないし、返品も交換も面倒なので良しということにしましょう。


Mes tongs

Marche par Richard Scarry

le 18 Juillet 2004

昼間 Jojo が観ていたTVのトークショーに耳を傾けていたらショックなことが、、、俳優ジェラール・デパルデューの息子ギヨーム・デパルデューの脚が、、、片方無い、、、。

一昨年前に交通事故に遭い、入院していた病院の衛生不管理の為にバクテリアが脚を蝕み、そのままにしていたら生命の危機にも及ぶとの余儀なき選択に切断したのだと語っていました。父親程には有名ではないかもしれないけれど、若手俳優として映画で活躍していて、役者人生まだまだこれからという時に降って来た災難です。

これがまだ自ら冒した事故ならば諦めもつくだろうけれど、病院の管理の為に片足を失う羽目になるとは悔やみきれないだろうと思う。しかし、更に驚いたのは同じ様な実例がフランスでは年間1000件もあるという事実。必ずしも脚を切断する訳ではない。衛生面における不落ちで、たいした病気でもなかったのに入院中に同様のバクテリアに冒され一週間で死亡してしまった例もあるのだそう。

こういったことはニュースでは報道されない。ギヨームの悲劇も今日初めて知った事。多分国がこういった病院の不手際を公にしない為に報道を妨げているようにも思われます。有名人が被害に遭った事で番組にも取り上げられているけれど、多くの被害者やその家族達が泣き寝入りといったとこだろう。

Jojo が怪我を負った時に何度か緊急時も扉を開けている病院のお世話になったことがあるけれど、怪我人を何時間も放ったらかしにしているし、夜中の患者は事故とかが多い為か、待合室も血なまぐさい陰湿な雰囲気が漂っていたのを思い出します。(ちなみに故ダイアナ妃が息を引き取った病院です。) レントゲンを何日間も撮ってくれなかった為に手術には手遅れでそのまま自然に直す事になったのですが、入院なんぞしていたら右腕切断なんてことになっていたかもしれない、、、未だに雨の多い時期には骨が少し痛むようだけど、腕がついているだけマシと考えた方がいいのかもしれません。

以前ギヨームに抱いていた印象は、親の七光りで俳優になり、話している場面を聞いていても何だかやる気がなさそうなパッとしないフランス人って感じだったのですが、人生の中で一番辛い事を経験し、死をも覚悟した人間が今確かに生きているという事を実感しているような力強い口調で語っているのが印象的でした。今後俳優として復帰するのかどうかは分からないけれど、強く生きて頑張ってほしいと思いました。

それにしてもフランスの医療機関の衛生管理、どうにかならないものでしょうかね。

le 17 Juillet 2004

午前中はこのまま猛暑になるのではないかというぐらい暑い陽射しを受けていたのですが、午後は雨雲が襲って来た為か暑さは何処かへ行ってしまい、代わりに大粒の雨が降りました。湿度88%、かなり蒸し蒸ししていましたが夜になって冷んやりとした風が吹いています。

私はクロスステッチの中でもアルファベットの図案が異常に好きだったりする訳ですが、次なる興味の為にフォントグラフィーやモノグラムの本を片っ端から捲って今頭の中にあるアイデアを形にするべく沢山のアルファベットを眺めまくってしました。そうして浮気性の私は又新たな興味を見出してしまって、鉛筆と紙を取り出してああでもないこうでもないと絵 (字) を描いていました。

ところでクロスステッチの古い図案集等は、アルファベット26文字揃っているというのが大変珍しく、多くは " I " ないし " J "、そして " W " の文字が無い場合が多いのです。I は J や L からアレンジしたり、W は V に脚を一本足して作り替えるしかないようです。そして古い図案は時々チャートの誤りもあったりするので気を付けなければなりません。

モノグラムの本も同様、昔のものはやっぱり J の無いものが多かったりします。正確には I だか J だか区別のつき辛いものが多かったりするのです。そして美しいモノグラムのExemple には必ずしも全てのアルファベットが或る訳ではなく、自分のイニシャルを見つける事はごく稀なのです。時々素敵なデザインのモノグラムを見つけると、自分の名前を変えたい衝動に駆られます。そう、自分のイニシャルが無いのなら、、、”鳴かぬなら、鳴かせてやろうホトトギス” って訳で無理矢理他の文字から自分のイニシャルのアルファベットを創ってしまう。で、自分だけの素敵なアルファベットが幾つか出来たので、これで頭に描いているものを作ろうかと思案中なのです。


Monograms

Le plafond 2

le 16 Juillet 2004

お天気だけど湿度が高く、外に出るとモワッとした空気が身体を包み、こんな日はダルく一日眠いのです。それに昨夜の夜更かしがたたっているのかもしれません、、、。

今年もセーヌ河岸にプラージュ (ビーチ) が設置されます。21日の開幕目指してすでに砂が運ばれています。パリで好評だったので、確かリヨンでも同じ試みが実地されるようです。

昨日の天井の周りには、こんなに美しい彫刻のモールドが施されています。こういう美しいひとコマが日常の中に在るのって、フランスの古い建物の魅力のひとつです。



le 15 Juillet 2004

好きな映画を観た後は満たされた気分で、まだその余韻に浸っています。今宵予期せずTVのスクリーンに流れた映画は私の永遠のアイドル David Bowie の "地球に落ちて来た男" ! 中学生の頃に初めて観てから一体何度繰り返してみたか分からない。でも観る度に David Bowie の美しさに見とれてしまうのです。

エイリアンという役どころもイメージにピッタリ。'70年代のカラーやテクノロジー、ファション、ややサイケデリックなイメージ、どれをとってもこの時代の名作だと贔屓目で評価してしまいます。とにかくカッコいいの〜〜〜〜。

"ハンガー" ではカトリーヌ・ドヌーヴよりも先にどんどん老いていってしまいヨボヨボのおじいちゃんになってしまったけど、この映画では周りが老いぼれていく中独りだけ美しいままの姿でいるのもロックスターのカリスマ性を高めているような気がします。

実はヴィデオも持っているんですけどね ( ボカシ無しです!)、DVDの発売を待っているところ、それとももうあるのかしら?

*写真は映画とは関係無いけど、あるパーティーの会場で見つけた天井のモールド。繊細な細工が美しかったので、、。


Le plafond

Le quatorze Juillet

le 14 Juillet 2004

今日はル・キャトルズ・ジュイエ ( 7月14日の意 ) 、フランスの革命記念日です。日本ではルネ・クレールの映画 "キャトルズ・ジュイエ" の邦題「巴里祭」からそう名付けられた「パリ祭」という名称で親しまれています。1789年のこの日にパリの民衆がバスティーユ牢獄を襲撃し、フランス革命が始まったのは皆さんもご存知の筈。(忘れちゃった方はベルバラを読み返しましょう!笑)

さて、毎年この日にはシャンゼリゼ大通りで盛大な軍事パレードが行われます。今年は英国衛兵達がパレードに参加しました。パリに来た年にはありとあらゆるイヴェントに繰り出して行き、例に漏れずこの軍事パレードも見物に行ったのですが、なにせその年は革命200年祭にも重なり凄い人ごみで、デカい外国人の中でチビッ子の私はその様子を見るのが大変で、そんな思いを経験したので以来TVで観る事にしています。

今年もTVの画面でパリの中心を一直線に突き抜ける航空ショーが映し出されるとバルコンに出て待機、ゴーッという音が近付いて来てその後にプラモデルのような飛行機が絵を描いたように規律正しく何台も通り抜けて行くのを眺めます。写真は最初の三機が去った後、トリコロールカラーのラインが飛行機雲を描いていった瞬間を撮ったものです。

午後は日本から来ているお友達が遊びに来ました。一緒にお昼を食べて、お喋りをして、お昼寝までして(友人) の〜んびりと寛いだ休日です。今朝急にデジュネを計画したので、お店が閉まっているのではないかと心配したのですが、マルシェもスーパーも午前中だけ開いていました。お土産に持って来てくれたシャンパンで乾杯をして、オードブル、メイン、サラダ、チーズ、デザートのパイとどれも美味しかったので、皆これでもかってぐらい食べ続けてお腹が重いです。昼間から頂くシャンパンて何だかとっても贅沢な気分で幸せ〜♪

P.S. 今日お誕生日を迎えた私の友人へ、
" Bon anniversaire ! ! "  聞こえてる〜?

le 13 Juillet 2004

今朝は珍しく早起きです。仕事だと目覚ましの音と共に起き上がれるので我ながら感心しちゃいます。一日中歩き回っていたので脚が棒のよう、頭の中もボーッとしています。

パリのお店は先月末から始まっているセールが続行中ですが、すでに店頭には秋物が並び始めています。セレクトショップの Colette ではセール期間が非常に短いのでもうお店の中は秋の装いオンリーです。

7月だというのに毎日涼しく、夏物の服は要らないかも、、、と思っていたら明日から気温が上がると先日のニュースで伝えていたので買っちゃいました ( 実は昨日 )。だってこんなにキュートなイチゴちゃん!ポロシャツってあまりにもスポーツカジュアルって感じで私のワードローブでは稀なアイテムなのですが、身体にフィットしたシルエットと5つボタンの長〜い前立てがフェミニンなので◎ ジーンズと合わせると可愛いです。


Comme la petite fille

Mon telephone portable

le 12 Juillet 2004

今日も寒〜い一日でした。サンジェルマン・デ・プレを歩いていたら、ゴーッという飛行機の音。 明後日の軍事パレードの予行演習のようです。\r

フランスには携帯電話は主に三社が幅を利かせているのですが、どうやらこの三社で同名が結ばれているようで、価格競争が全くなく、契約から一分の通話料に至るまで全く同じなのだとニュースで伝えていました。抜け駆けも許されないから携帯電話は高い料金をキープするという仕組みになっているようです。

私達はeメール及びサイトの運営の為にインターネットの三社と契約を交わしています。ひとつは別社とブロードバンドの契約を交わした時に必要なくなったのですが、メールアドレスの為にキープしていたのです。一時もうひとつのサーヴィスはダウンばっかりしていたので、そんな時メールを受信する事だけは出来たのでやっぱりキープすることに。ヴィールスメール受信のお知らせをしてくれる利点があるものの、近頃この私信用のアドレスはスパムとヴィールスを山程は配信してくるので契約破棄をしようと連絡を取ったところ、先月から無料になっていたんだそう。つい最近クレジットカードの期間が切れて電話をかけてきたのにそんな事は一言も言っていなかったのですよ。そして今日キャンセルの電話をしなければずっと契約料を払い続けなければならなかったという矛盾。しかもキャンセルをする為にはメールでは受け付けてくれず、有料の高い番号でないと駄目なのです。こういった有料電話はどこも最初の3〜5分間はいつも会社案内のアナウンスが流れ、決してすぐに繋がる事はありません。あ〜、なんて国なんでしょうね、、、と時々不満をぶちまけたくなってしまいます。こんなことが日常茶飯事なので、フランス人はいつもしかめっ面をしているのかもしれませんね?!

そんな訳でめでたく一社分の契約料が浮いたので、サイトの契約の容量を増やしグレードアップしました♪

本日 BUVARD のストックを ARCHIVE の頁に UP しました。BRIC-A-BRAC アーカイヴと同様に、カタログ頁のフレームの右のボタンから頁を開く事が出来ます。

BUVARD

le 11 Juillet 2004

フランスではバカンスシーズンがすでに始まっています。8月にになると蚤の市もガラガラになってしまうので、今のうちにと雨が止んだところで出かけて来ました。しかし一周し出すとものすごい勢いで雨が振り出し、雨宿りしながらで落ち着かなかったこと、、、。傘も持たずに出かけたので、早めに切り上げうちに戻ってお昼を食べて休憩。でもどうしても気になる物があったので傘を持って再度蚤の市へ。目的のお店に辿り着いてみると一歩の差で他の人が買って行ってしまったんだそう、、、10分前の出来事と聞いてショック〜、、、。雨で人も少ないからとタカをくくっていたのがいけなかったです。なぜか夕方近くなって込み出していた様子。しょうがない、アンティークの物は気に入ったらその場で決心しなければいつまでも残っているものではないので、縁が無かったと諦めましょう。う〜、それでも悔しい〜、、、。

ところで、BRIC-A-BRAC のコーナー (FLASHのフレーム内) に前々回の更新時にご紹介した分の商品を加えました。更にアーカイヴとして今までのストック商品をBRIC-A-BRAC ARCHIVE という頁を設けてご紹介しています。カタログ頁の大きなフレームの右側にARCHIVEと縦に書かれているボタンがありますので、そちらから開いて御覧下さい。

今後 ANTIQUE の商品に関してはアーカイヴの頁を展開して、より多くの商品を皆様にご紹介するつもりでいます。

*このイカしたMalongoのカフェのカップ&ソーサーはBAB2-11、ARCHIVEの頁でご紹介しています。大人のムードが漂うクールなコーヒーセットです。

BRIC-A-BRAC


Tasse de cafe "Malongo"

Text d'anfant

le 10 Juillet 2004

昨夜お腹を激しく壊してしまったので、買ったばかりのパンタロンが妙にゆるゆる〜。お直しするのは大変だから、ちょと元に戻さなくては、、、(体型)。

陽が当たると暖か、陰ると涼しい、雨が降ると寒い。一日のうちに何度もコロコロと変わるお天気です。こんな日の午後は雑誌を買い込んでのんびり過ごしました。

必要に迫られて買った薬局でのお買い物はAveneのスプレーウォーターとコンタクトの為の精製水。少し前まではこの精製水、空き瓶を持って行くとその中に入れてくれてお水代だけで安上がりだったのに、最近そのシステムが無くなり、安い薬局を探すのにいつも四苦八苦しています。安いお店では1リットル3ユーロぐらいなのに、最寄りの薬局では250mlで3.65ユーロ。どうも納得がいかないと感じながらも差し出された瓶を買ってしまうナイーヴな私、、、。必需品だけど4倍以上だよね、コレ、、、。

可愛いイラストは '60年代の子供の教科書より。"セシルはバナナを食べる” 、、、" N ” のエチュードの頁です。マルシェでのお買い物の様子がとっても可愛い〜ですね。

le 9 Juillet 2004

7月のお天気とは思えない程寒いパリです。そして今日も雨、、、モロッコの革サンダルを履いて出かけたけれど、素足だとやっぱり足元が寒く雨に濡れて不快感があったので一端うちに戻ってゴム長靴に履き替え再度外出。しっかしイタリアブランドのこのゴム長、履く度に靴連れして辛いです。素材が固過ぎて踝と脛の当たった部分がまだ痛い、、、ファッションヴィクティム、私の脚はその言葉の通りです。

我が最愛のロックスター、David Bowie が入院していたとニュースで聞きビックリ。先日もキオスクのゴシップ雑誌の表紙にコンサートの最中攻撃を受けたと見つけたばかり。(どうやら薔薇の花びらがピン(?)に刺さって飛んできたようです。危な〜い、なんてことするんでしょうね。)永遠のアイドルは不滅であって欲しいと願うファンです。

左の写真は携帯のお針箱。ボンボンの入っていた缶に小さなピンクッションと鋏と糸通しを入れて、いつでもどこれも持ち歩けるようにしています。私のクロスステッチタイムの傍らにはいつもこのセットを置いています。図案はサンプラーの本の中からクラシックなモチーフを選んで刺しました。


Petite boite de Couture

Place de Victoir

le 8 Juillet 2004

今日も雨降り、涼しいです。そういえば昨日は七夕、彦星様と織姫様は日本のお空では再会できたんでしょうか?パリは雨が降ったり止んだりだったので、逢い引き程度の束の間の情事しか過ごせなかったんじゃないかしらね。

今夜はTVでシャネルとクリスチャンラクロワのオートクチュールのコレクションを観ました。夕食の準備をしていたのでシャネルは最後の方しか観れなかったので、この後再放送を観ようと待ち構えているところです。\r

ラクロワはライヴで放送していたのですが、なんて美しいんでしょう〜と画面に釘付けでした。クチュリエのコメントにもあったように、少女がプティットマダムを演じたようなイメージで、チュール付きの大きな帽子を冠った様なとっても大きなヘアーのマヌカン達はキュートな貴婦人の様でした。39モデル、ラクロワ氏のラッキーナンバーにちなんだ数だそうで、どれも女性だったら憧れる様なドレスばかりです。アクセントになっていた大きなキラキラのブローチが印象的でした。クチュールの中からトレンドを拾いながら、今度蚤の市でアンティークのブローチをチェックしてみようかしら、などと思っています。

le 7 Juillet 2004

いつもと違う午後、今日はオートクチュールのショーを観に行って来ました。クチュリエは友人 LOLA ことローランメルシエ、今期初めてのオートクチュールの参加です。とは言ってもバルマンのメゾンで数シーズン、クチュリエとしての経験があるので誰もが待っていた本人のコレクション。バルマン就任前にプレタポルテ (と言うよりプレタクチュール) も展開していましたが、先日会った時に話していたようにオートクチュールの方が自分の阜サしたいものに近い、とまさにその通り彼らしい素晴らしいショーでした。

会場はシャンゼリゼのキャバレー " Hustler Club " 、、、一言加えておくと彼はドラッグクイーンとしても有名なのです。多くのアーティスト達に作品のインスピレーションを与え、彼のアパルトマンの寝室にはピエール et ジル のポートレートやトッポリーノの描いたイラストなど、数多くのアーティストによるポートレートが壁一面に飾ってあります。(インテリアのセンスも素晴らしくて、私の憧れのアパルトマンなのです。) 今日もショーのフィナーレに登場した彼はマレーネディートリッヒの如く美しい女装姿で現れました。

近頃若いクリエーター達がオートクチュールに参加する中、エッこれがオートクチュールなの???と疑問を投げかけたくなる様なコレクションも目にしますが、ローラのショーは’50年代の映画スター達を彷彿させるようなグラムールとビューティー、更にLUXEが兼ね備わりオートクチュールの名に相応しいコレクションでした。そしてなんと言ってもセンスがいいの!

羽根と毛皮とレースとサテンとフリルにラメにラインストーン、、、ともすると下品にも悪趣味にもなりかねないこれ等の素材を実にエレガントに使いこなし、チャーミングかつコケティッシュな女性像を造り上げていました。これからの活躍が楽しみです。BRAVO !!

P.S. マーク (Lopez) の手がけたヘアーも素敵でした!すっごく久々に会えて嬉しかった〜♪


C'est manifique !

Ma photo artistique !

le 6 Juillet 2004

BOUTIQUE のカタログ写真の撮影は、最近は私一人で準備する事が多いのですが、後で写真をチェックするとどうもピンボケ写真が多いと Jojo から注意を受けます。マクロの写真がどうも苦手でね、、、。そんな中でこの一枚だけはまるでアートのようだと絶賛を受けたもの。滅多に無い事だからフフフン♪とちょっと得意気になってしまいます。

これは現在 BRIC-A-BRAC でご紹介しているデッドストックの音楽のノートなのです。(BAB4-24) '30〜'40年代のもので、定規で線を引いた手描き風の五線紙や古い紙質なんかが味わいがあっていい感じなんです。そしてこの透かし文字!凄〜く素敵なの。これだけで10ポイント位上がった感じ。とにかくフォトジェニックです。

こういうアンティークのノートはものまま飾っても素敵だし、スクラップブックやアルバムの代わりにしてもいいかもしれませんね。もちろん音楽に縁がある方でしたらお気に入りのメロディーを書き留めるのも良し。皆さんはどんな使い方をしますか?

le 5 Juillet 2004

いつの間にかメトロのカルネ(10枚券)が値上がりしてました。10.5ユーロなり。

いつもアルファベットを中心に古いモチーフの図案なども自分で色をアレンジして刺していたのですが、先日Netで取り寄せた図案は指定の色で刺そうと思い、15色の刺繍糸を買い求める為に大きな手芸店に出向きました。

もうすでに夏休みになっているせいか、子供連れの買い物客が沢山いました。フランスではビーズのアクセサリー作りが人気なので、色とりどりのビーズ売り場の周りに人が群がっていました。刺繍糸を選んだ後、手芸用品や本などを物色していたのですが、その場に似合わない男性客がキルトの本などをペラペラ捲っているのが目に付きました。モードの世界では男性のクリエーターも多く、私達の周りでも針と糸を持つ男性が少なくはないのですが、こうした街中の手芸店での男性は確かにちょっと浮いてしまいます。でも男の人にも頑張ってほしいですね。

今日は糸の他に以前から気になっていたブティ (プロヴァンス風のキルト) の実物大の図案付きの雑誌もゲットしました。近所でたま〜にプロヴァンスから講師の方がパリまでやって来て教えてくれるという習い事があって、いつか受講してみたいと思ってはいるのですが、未だ実行に移せず、、、それまでは自己流でトライしてみようかと思います。

でも実は先日もう一つ別の興味も見つけてしまって、、、好奇心旺盛な今日この頃です。

写真は昨日見つけたモザイクのインヴェーダー、たまに出くわします。


Voila !

Au PALACE

le 4 Juillet 2004

もうかれこれ7〜8年前になりますが、Jojo がある仕事でスイスを行き来していた時期があります。ルッツェルンという小さな街で毎年年に一度ファッションショーのイヴェントが行われています。それをオーガーナイズしているのが GWAND という組織で、5〜6年前からヨーロッパ各地のファッションスクールや若いクリエーター達 (スイス部門とインターナショナル部門) を招聘してコンクールを行っているのです。私も2回程招待を受けて行った事があります。Jojo が仕事を手がけた初めの頃はサーカスのようなノリだったそうですが (裕福な国ですがModeとはかけ離れた国です)、最近ではパリからプロのマヌカンを呼んだり世界中のジャーナリストも招待して "MODE" の輪を広げ多くのクリエーター達とのコラボレーションを図って段々プロフェッショナルな催しになってきているようです。

パリではメンズコレクションが行われている最中で、来週からオートクチュールコレクションが始まろうとしているところです。午後前述の GWAND のスタッフ達がパリにやってきてブランチパーティーなるプチイヴェントを催したので行ってきました。パーティーは立食のカクテルパーティーのようなもので、ヴィデオのプレゼンがありました。集まって来たパリのファッションピープル達は ”やぁやぁ久し振り!” の顔ぶれで、近頃この手のパーティーでは世代交代があったものか知らない顔ぶればかりでシラケて帰って来ることも少なくなかったりするのですが、友人達に沢山会えて楽しかったです。もちろんスイスからのスタッフも皆顔見知り、久々の再会は嬉しいものがあります。

夜は9区のナイトクラブ PALACE でのパーティに出かけて来ました。パリ通の方やかつてパリに暮らした事のある人はオヤッ?と思っているかもしれませんね。そうです、10年前に閉鎖したあの "パラス" です。今でも閉鎖されたままで、アーティスト達のスクワットと化しています。今夜はある雑誌がコレクション時期を狙ってパーティーを仕掛けたという訳です。

パリッ子達の誰もがその青春時代を謳歌したラ・ボワット・ドゥ・ニュイ (仏語ではディスコのことを”夜の箱” と称します。)、私の青春の一頁もそこに綴られました。マドンナのVOGUEが流行った時代です。(古い!)まだ当時知り合っていなかった Jojo も、パリにやってきた最初の年にゲイの友人に誘われて毎週日曜の午後に行われていた ”Tea Dance” に通っていたそうです。当時の常連にはJPゴルティエの顔もあったそうですよ。

元々は劇場だった建物で (ディスコになる以前に映画館としても使用されていたそうです)、バラの装飾や壁画が美しかったのですが、全体像は残っているものの10年間の廃墟は水害にもあったらしく、所々にその老巧化が目に付きました。でもミラージュボールこそ無かったけれど、スクリーンのある舞台も両脇の階段も健在です。コッソリ地下の様子も覗いて来ましたが (そこに住み着いているらしいお兄さん二人がパーティーを避けてマリファナで一服している最中、私達を一瞬招き入れてくれました) 上よりもかなり荒れている様子、当時あったモザイクの飾りは無くなり、アーティスト達のペイント ( ? ) で塗り固められていました。でも、やっぱりあの柱、あのアーチ、と遠い昔のひとコマがフラッシュバックしてきました。

二人とも想いを別に、ノスタルジックな気分に浸りながらの帰宅でした、、、。

le 3 Juillet 2004

トップページと SALON の News でまだ告知していませんが、BRIC-A-BRAC の更新がやっと出来たところです。長らくお待たせしました。

今回はキッチンツールにインテリアデコレーション、ホーローグッズ、ステーショナリーと盛り沢山です。現在のところカタログ総入れ替えとなっておりますが、後日ストック商品も一緒に整理して並べていきます。

高校の頃、たいてい週に一回デザインの課題を仕上げなくてはならず、私はいつも提出ギリギリに仕上げる癖があり、提出日の前日はいつも徹夜で作業をしたものです。(油絵の時は絵が乾かなくて大変だったの、、、)そんな作業の傍らで、母が何も手伝える訳でもないのに一緒に目をうつらうつらさせながら夜中まで付き合ってくれ、夜食などを作ってくれました。

"CODE" で頭が膨らみきっている Jojo、夢にまでコードが出て来るようで今朝も5時半起きでコードと格闘していました。大変そうだなぁと思いながらも私にはどうもチンプンカンプンで、何も手伝える事はない。私は母と違って、一緒に付き合って早起きなんかしたりはしない、いや出来ない (笑)。 背後霊のごとくたま〜に後ろから覗いてみるけれど、コンピューターのスクリーン上に映し出されたものはもはや私のコンピューター言語の域を超えていて、私まで気が狂いそうになるのでソロリソ\ロリと後ずさりしてクロスステッチに精を出しました。

そして出来上がったのがコレ!持っていた麻のバッグに現在 COUTURE のコーナーでご紹介しているタピスリーとクロスステッチの図案集 ( CTR 3 - 03) から可愛い図案を選んでステッチしました。この図案集、タピスリーの図案は升目に描かれているのですがクロスステッチ用のはステッチ部分しか描かれていないので、方眼紙に図案を起こしてから始めました。こんな作業も楽しかったりします。(コピーをとって定規で線を引いて升目を作っても簡単でいいかもしれませんね。)バッグはA3サイズより大きいので、ステッチもかなり大きめですが御覧の通り可愛い〜です。

裏側がビニールコーティングされている麻で、尚かつ仕立て済みなので図案を逆に置き片手を中に突っ込んだ状態で刺さなければならず糸の始末が意外と大変でした。時々頭を中に突っ込む姿は我ながら笑えるものがありました。両手を使って針を上下に渡す作業、タピスリーももしかしたらこんな感じかなぁと想像しながら刺したのですが、どうでしょうね?

動物達の追いかけっこがとっても可愛らしいので、今度は別の素材でもっと小さめに刺したいなぁと思っているところです。

BRIC-A-BRAC


C’est mignon !

Verigout par Savignac

le 2 Juillet 2004

トラブル発生。先日から BRIC-A-BRAC の更新準備をしているところですが、最後の仕上げという時に、どうも意図することが思い通りにいかず今日中に更新出来ると思っていたのに少々延期となっています。どうやら私の予告が早過ぎたみたいで、楽しみにしていらした皆さん、もうしばらくお待ち下さいね。そのかわり大型 UP を予定していますので楽しみにしていて下さいませ。\r

今までは更新の度に三つの頁を作り上げなくてはならず、かな〜り手間のかかる作業をしていたのですが、今新たに作り替えている裏のシステムは、それを一回で済むようにと "CODE" を組み立てているのです。Jojo の頭の中はコードだらけで今にも爆発しそうです (笑)。でも笑い事じゃない、ホントに爆発してしまったらサイトも飛んじゃう、、、。

さぁて、今回はこんな物もご用意しています。炭酸飲料のベリグーのストロースタンド、イラストは言わずと知れたサヴィニャックです。ところでこのネーミング、" Verigout ” って英語の " Very good ” (ベリグー) から来てると思うのですが、どうでしょうね?可愛くてユーモラスなイラストがこんなネーミングにもピッタリ!

le 1er Juillet 2004

この夏本当にカニキュール (猛暑) がやって来るのか?って疑いたくなるほど午前中は涼しかったです。別に急に夏になってほしい訳じゃないのですが、、、いっそのこと秋になればいいのに〜などと先日届いたばかりの通販のカタログの頁を捲りながら思っています。そう、気分はすでに秋。

今日は予定通りカタログの写真を撮影して過ごしました。すでにフォトショップの作業も終了いているので、あとは最終チェックをしてデータベースに取り組みアップロードするのみです。上手く行けば明日 BRIC-A-BRAC の更新予定です。(*フランス時間の夕方以降になるかと思います。)

さて、仕事が一段落したところで ”1an d'anniversaire ” の抽選を行いました。今回はあみだクジ方式で、ランダムに並べた数字 (応募順) の下にた〜くさんの線を引いてグランプリとプチプリの場所を Jojo に選んでもらいました。当選者は応募時と同じ頁に発浮オております。

ご応募下さった皆様、プチアンケートに応えて頂きどうも有り難うございました。皆さんのご意見、今後のサイト運営の参考にさせて頂きますね。サイトにお寄せ頂いた感想もjojo と一緒に大変嬉しく読み、皆さんのご期待に応えられる様 これからも私達らしいサイト作りとお店を目指してパリのエスプリをお届けしていきたいと思っております。実は密かに心配していたリニューアルについても、好意的なご意見感想を頂きホッと胸を撫で下ろしているところです。

又楽しい企画を考えていきたいと思っていますので、今回残念ながら外れてしまった方々、応募しそびれてしまった方、後から気付かれた方、、、どうぞ又ご参加下さいね。

当選者の発表 <--- click


Grand Prix !

go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
divideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash