le 29 Fevrier 2004

大きな蚤の市があると聞きつけて。パリから一時間程の郊外に行ってきました。7時台のエクスプレスに乗ろうと6時起きしたのにも関わらず、出発時間を10分間勘違いしてしまったので3分遅れで列車を逃してしまい、駅で1時間時間を潰して次の列車に乗り込みました。

田舎町の駅は閑散としていて、小さな朝市で買い物をしているマダムに蚤の市の場所を聞くと歩いて行くにはかなり遠いのとのこと。マルシェでの買い物を済ませた後、車で目的地の側まで連れて行ってくれました。パリと違い、田舎の人は親切な人が多いようです。

高い交通費をかけて行った割には期待した程の規模ではなかったのが残念。でもちょっといいものが見つかったので無駄ではなかったかもね。途中雪がチラつき足の先が凍える程寒くなりましたが、買い物を終えて買える頃には晴れ上がってきたので、バスもあったけれど徒歩で駅まで行くことにしました。来た駅とは違う駅に向かい、初めての街だったのでプチ観光。そして朝とは違うコースで帰ってきました。

明日は買ってきた物を磨き上げなくては!


Agrafeuse

Winter fashion

le 28 Fevrier 2004

最近出たがり屋の Myu ちゃんです。毛皮をまとっているくせに寒がりなので、お洋服を着せてあげました。Tシャツは随分前に作って上げたもので、赤い水玉のスカーフと合わせていたのですが、冬なので Mookie のマフラーを借りてコーディネート。本人は結豪Cに入っている様子です。

冬が来る前に皆が奄オていましたが、この寒さは昨年の猛暑の反動なのでしょうか。明日は朝から一日外出なのにやや不安、、、ホカロンをしっかり背中にペッタンして出かけようと思います。それよりも起きれるかが心配、、、。

le 27 Fevrier 2004

ようやくお医者さんに診てもらいました。こちらの医療システムというのはほとんどが蘭?制で、空きが無いと言われたところを無理言ってアポイントを入れてもらったのです。来週後半から別の仕事の為忙しくなるので、早めに治して体調を整えておかなくては、、、。

そしてたま〜にこんな病人食が食べてみたくなったりするのです。普通のお塩が切れていたのでフルールドゥセルで味付けをしました。シンプルイズベスト!

クロスステッチ熱も冷めやらずで、今度は一歩進んで二つのイニシャルの交差したものに挑戦しています。二色のグラデーションの効いた糸で刺し始めたのですが、一つの文字が終わりかけた頃頼?せぬ悲劇が!あと少しというところでなんと糸が足りなくなってしまったのです、、、。同じのを買えばいいじゃないと思うかもしれませんが、私の刺繍糸のほとんどはその昔小中学生の頃からの物で、国産の糸とフランス製 (DMC) の糸が半々ぐらい、選んだ糸はすでに品番も外れてどこのメーカーの物かも分からない状態。昨日近所の手芸屋さんに駆け込んで一番近い色を選んで購入したけどやっぱり微妙に違う、、、どうしようと悩んだ挙げ句、別の色で一から刺し始めることにしました。

持っている糸だけではイメージしているものが阜サ出来ないと思い、病院帰りに13区の大通りにあるミシンの専門店まで行って更にいろいろな色の糸と刺繍針を買い足しました。パレットの色が増えるとイマジネーションが広がる絵の具と一緒で、糸の色が増えると創作力ややる気も倍増するから不思議なものです。近所の小さな手芸屋さんと違い、間口の大きなウィンドウからは自然光も入っているので色を選ぶのにも具合がよく、しかも一本につき50サンチームも安かったので (刺繍糸一本にしては大きいですよ、やっぱり) 何色も選んでしまいました。

あと針も先っぽが丸みのある物に変えたら刺すのがより簡単になりました。有り合わせの物ではなく、用途に合った道具を使うのって大切なことだなぁと今更ながら実感しました。


Okayu

Mon echarpe

le 26 Fevrier 2004

パリに雪は降らず、でも相変わらず寒く今夜はすでに -2℃。ハスキーヴォイスが妙にセクシーな今日この頃です。

夜スーパーに買い物に出かけると、道で仲良く手を繋いだゲイのカップルと擦れ違いなんだか微笑ましく思えました。パリではマレー地区の一角にゲイピープルの溜まり場があり、全国共通のレインボーカラーの旗や看板があちこちに掲げられています。多分旅行者の方もマレーに迷い込んで、入ったお店やバーが男の人ばかりで可笑しいな、と気付いたことは無いでしょうか?男性向けのブティックがやけに多く、本屋もゲイ専門店だったりします。但しゲイの書店はアート書や写真集が充実しているので私のお気に入りでもあります (笑) 。

近頃話題になっているのがSFでのゲイの結婚式ですが、世の中にこれだけ沢山の同性愛者がいるのだから、彼らにも市民権があってもいいのではないかと思うのですが、、、宗教に雁字搦めになって争いが起こるよりよっぽどいいんじゃないかしら、、、。

ところで先日古着屋さんで見つけた毛皮の襟巻き、冬の長いパリではまだまだ活躍中。実は Jojo にも狙われています。

le 25 Fevrier 2004

明日はフランスの各地で雪が降ると天気藍?が伝えていました。パリも明日目覚めたら雪化粧になっているかも?!っていう位寒いです。只今の気温0℃、今夜はあと4℃下がる嵐閨A、、。

今日こそお医者さんに行こうと別のドクターに電話をかけてみたけれど、何度かけても応えるのは留守電。お昼休みだったからなのか水曜は休業しているのか、又今日も風邪と闘っています。

傷物の本を交換しに13区の本屋まで奔走、残念ながら同じ本のストックは本屋にも出版社にももう無いとのこと。他の本屋を当たってみることにしようと思い、取り合えず払い戻しをしてもらったけれど、廃盤になっている様なのでもしかしたら同じ傷物を又買う羽目になるかもしれない、、、。

13区まで出かけたので久々に陳兄弟のタングフレール (中華街のチェーンスーパー) でお買い物。近所ではなかなか見つからない野菜があり、しかも安いのが嬉しい。今夜はシノワにしようと春巻きやタイの香米、それに韓国産のかっぱえびせんや好物のココナッツ味のビスケット、香葱のクラッカー、ジンジャーの飴等も買い込んできました。

パリの中華レストランは大抵何処でもPate imperial (パットアンペリアル) という焼き春巻きがあります。(*ちなみにベトナム風の生春巻きはルロードゥプランタンと言います。)レタスにお好みでミント又はコリアンダーの葉を置き、春巻きを乗せクルクルとレタスで包みニョクナムメ[スを付けて頂きます。箸だと食べるのが難しいのでそのまま手で掴んでメ[スに付けて口に運びます。油っぽい春巻きもレタスに巻くとサッパリして美味しいんですよ。ミントの葉が余ったので明日はミントティーでも頂こうかな〜。


Nest magazine

Savon ancien

le 24 Fevrier 2004

世界中のあちこちでカーニバルが催されていますね。ホットでセクシーなリオのカーニバル、そして幻想的なヴェネツィアのカーニバル、、、後者は二度目の一人旅の時に実際にこの目で観て感激しました。

そしてマルディグラ(復活祭47日前の火曜 : 謝肉祭最後の火曜)の今日はフランスではクレープを食べるのが習わしとか。世界中で華麗なカーニバルが催されている中、ここフランスではなぜか子供達が卵と小麦粉を道に人にまき散らすのです。だからこの日道を歩く時は注意しなければならないのですよ。今日は具合が悪かったので外出しませんでしたが、毎年仮装した子供達もよく見かけます。そういえば先週生地屋さんに行った時も子供達の仮装の衣装を作る為かサテンの派手な生地の周りに子供連れの人達がいっぱいでした。

私が留学でやって来た三度目のパリも実はこのマルディグラの日だったのです。早朝シャルルドゴール空港に着いて、到着の知らせをする為に友人のうちに電話をかけると平日(火曜日) なので両親は仕事、子供達は学校、、、ということで、友人のお姉さんが授業を終えたら迎えに来てくれるとのことで午後待ち合わせすることに。次に入学を決めていた語学学校に電話をしてサンジェルマンデプレのその学校に直行、親切に迎えてくれた教師達の何人かが派手な仮装の衣装を身につけていた(笑)のを覚えています。いきなりクラス編成のペーパーテストを向かいのカフェで一人で行い、待ち合わせの時間まで小麦粉と卵が撒かれた街中をブラブラしていたのです、、、。

それにしてもパリ生活の第一日目からなんて無計画な、そしてハードな一日を過ごしたんでしょう、、、。

*写真はアンティークの石鹸、箱がとってもエレガントで素敵なんです。

le 23 Fevrier 2004

今日は月曜日で美味しいパン屋がどこもお休みなのでうちでパンを焼きました。と言っても私のお得意 ( ! ) で、すでに出来上がっている冷凍ものでオーブンで焼くだけ。パヴォ(芥子の実) とセサミとムズリの三種類。焼きたてホカホカで美味しかったです♪

早く風邪を治そうと病院にアポイントの電話をかけてみると、かかりつけのお医者さんが三月一日までお休みとのこと、せっかく週が明けるのを待ったというのにあ〜ついてない。このドクターがお休みになるとよく行く診療所は遠い上にいっつも混んでいるので病気の時行くのはちょっと辛いのです。(でも病気の時位しか行かないんですけどね、、、。)

そんなことを言いながらも三駅分先の本屋まで歩いて出かけてきました。先日購入した本が欠陥商品で、新しい本が入荷したからと連絡があったので交換しに行き、別の本も購入してうちで広げてみると又それも不良品。これ又ついていない。


Petits pains

Ma montre

le 22 Fevrier 2004

鼻のかみ過ぎで鼻が痛いなんて情けないこと、、、。明日は更に寒くなる模様、マイナス2℃ですってよ。

昔からピンク色が好きなんです。自分の好きな色というのは服であれアクセサリーであれよく身に付けているので、友人が私をイメージするカラーというのもピンク色!

最近は念願だった白い壁のアパルトマンに暮らし、サロンは白を基調とするナチュラルなカラーでコーディネートするように心がけています。でも以前から持っていたステーショナリーや食器はピンクが多く、クローゼットの中に至ってはカラフルな色の中でもやはりピンクが目立つのです。

特に発色のいいピンクや蛍光ピンクを見かけると "欲望" という衝動にかられ、この時計は一昨年前の日本で一目惚れして買ってきたもの。ピンク x アカとこれ又大好きなコンビネーションで ( しかもメタリックなアカがイカしてる!)、時間を確かめ度に小さな幸せを感じるHappyWatchなのです。

le 21 Fevrier 2004

風邪のため行動が鈍くなっています。そして病気を言い訳にうちのことをな〜んにもせずに、ひたすら先日からのクロスステッチをして過ごしました。

二日がかりで仕上げたのが左側の大きい方です。こればっかりは手抜きをする訳にはいかないので、一から十の作業を作業を図案の升目を追って繰り返していきます。ステッチが飛び飛びになっている箇所は、針の先で生地の糸目を数えなければならないので途中くじけながらもやり遂げました。

やはり難しい物に挑戦すると、達成感もひとしお〜!と独り満足感を味わっています。

最近はこういう手仕事が少なくなってきてとても残念。見かけたとしても、どれも高価なお値段が付いています。でも実際に自分でやってみると、これだけの時間がかかっているのだから仕方の無いことかも、、、と思うのでした。


Point de croix

Myu in the box

le 20 Fevrier 2004

この冬一番の寒さです。気温的にはもっと低い日もあったけれど、冷え込みが凄いです。そして今朝目覚めると喉が痛く、どうやら風邪をひいてしまったらしい。

こんな日はうちでのんびりクロスステッチを、という訳で第三弾に取りかかっています。今度はかなり手の込んだタイプで懲りもせず又目の詰まった生地を選んでしまいました。お陰でもう夜中だというのにまだ半分も終わっていない、、、。

Myu がなぜ箱の中に居るかと言うと、今朝日本から久々のワガママ Box が届いたからです。そう、Myu は箱が大好きで、床に箱があると必ず中に入ってみるのです。今日は中身を取り出している最中から蓋の部分に座り込む始末、好奇心旺盛な猫です。久々の箱だったので嬉しかったのかしら?

夕方になって Jojo の友人がやってきました。ファッションジャーナリストで、この業界に彼女を知らない者は居ないというぐらい有名は有名なのですが (なんたってアルトマンのプレタポルテの映画にも出演)、何よりも彼女のカリカチュールなルックが人目を惹くのです。ゴシックな黒装束にポンパドール婦人顔負けの大きなヘアースタイル、そしていつでもどこでも人前では外すことの無い黒いサングラス。先日もあるエクスポジションを紹介したニュース番組でチラッと映っていたのを発見してJojo と大笑いしたのですが (キャスターのコメントが可笑しかったから) すごく遠くに居ても探し当てることが出来てしまいそう。そのハスキーヴォイスからもカリスマ性を感じるのですが、実はホロスコープとオールャ塔Eェルズのラジオ番組が大好きってところがなんだか俗っぽくていいかも。

でも近所の人達が道で擦れ違ったらちょっとビックリしてしまうかもね。

le 19 Fevrier 2004

昨日始めたクロスステッチ第一弾です。

アンティークのリネンに刺繍された美しいモノグラムを手に取っては、自分でもいつか刺してみたいと常々思っていました。刺繍に膨らみを持たせたアルファベットが理想ですが、高度なテクニックが感じられるので手始めにクロスステッチから、、、花のモチーフと一緒に綴られた昔の美しいアルファベットの図案集を見つけたので、自分のイニシャルを刺してみました。

クロスステッチは小中学生の頃よくやっていましたが、とっても久々なので熱中して楽しみました。クロスステッチ用のあの升目のクロスではあまりに芸がなさ過ぎるし、ちょうどリネン布があったので練習がてらそれにステッチすることにしました。手始めに簡単そうなのから、、、。たかがクロスステッチ、されどクレスステッチ、、、いきなり所々にブークレーがある目の詰まった麻で、しかもクリーム色の糸を使用したので思ったよりも大変でした。おかげで目がショボショボ。

たった一目刺し忘れた為に、もうすぐ仕上がりという時点で四分の一ほど解いて刺し直したり、マテマティック (数学) も要らない単純作業ですが集中力と忍耐力が必要です。一目違うだけで全体のバランスも崩れてしまうので、注意しないと!なのですよ。

第二弾はもう少し荒目の麻に今度は赤いイニシャルをステッチ。もう少し手の込んだ図案ですが、目が大きかったので楽々〜、でも又一段分間違えてしまったので懲りずに解いて刺し直しました。

次回はもっと高度なのに挑戦しようと思います。

ところで余談なのですが、私の名前は同じイニシャルが繰り返されるので二つ並べるには同じ文字ばっかりでつまらないなぁと言ったら Jojo がすかさず自分のも作ってとリクエスト。 でも彼の名前ってって ”ジュゲムさん” みたいにいっぱいあるんですけど、、、。


Travail manuel

Un pousin qui picore

le 18 Fevrier 2004

今日はクチュールな一日でした。COUTURE のコーナーでご紹介しようと思っている物のサンプル作り (すっごく可愛いんですよ!) 、カルトンをしまう為の大きな麻袋、そして先日からどうしても始めたくてウズウズしていたクロスステッチ、、、3〜4つのことを同時進行で進めています。

一つを終わらせてから次の物に取りかかればいいのですが、中に入れる綿地が足りなくなったり、糸が終わってしまったり、、、と先に進めることが出来なくなってしまったので次から次へと違うものに手をつけている訳です。あと頼まれ物のスカートも作らなければいけないし、、、。

夜は刺繍の最中に友人からの電話、久々だったのでつい先程まで長いことで話し込んでいました。ちょっと遠くに住んでいるので ( とも言うものの、私の前のお勤め先と目と鼻の先なので毎日通っていたんですけどね、、、) 春になったら会いに行こうかしらと思っています。

このトリさん、上下に頭を動かして水を飲む (?) という仕掛けの物です。日本にもありましたよね、こーゆーの。私が知っているのはガラス製。先日もここでご紹介した '40年代の雑誌の見開き頁です。ちょっと懐かしいかも!

le 17 Fevrier 2004

子供の頃、姉の持っていたリカちゃんハウスは赤くてバッグのようにカパッと開くタイプ、そして私のニューリカちゃんのおうちはモダンで応接間には (遠い記憶の限り) カラーTVとシャンデリアが付いていました。そしてその頃はそんな素敵なシャンデリアのあるおうちに住むことが夢だったのです。

このアパルトマンに超して来て、まず探したのはサロンの照明です。前の住民は紙製の提灯をぶら下げていて、非常に味気なかったので入居してすぐにそれを取り外し、しばらくの間は裸電球でしたが蚤の市でこのシャンデリアに出逢い持ち帰ってきました。初めからこんなに輝いていた訳ではなく、電球を取り付ける蝋燭はほとんど破損していてクリスタルのパーツも持ち上げると幾つか落ちそうな状態でぶら下がっており、またパーツも不規則にバラバラに付いていたのです。真鍮のボディもかなり汚れていました。

まず初めに行ったことは、解体作業。全てのパーツを外し、クリスタルもピンから全部外して磨き上げました。クリスタルの汚れはビネガー水に付けると良いと聞いたので、2〜3日水に浸けて、針金を通す穴まで磨きました。クリスタルを繋ぎ留めるピンは意外と高く、しかも照明専門のお店であまり数も無かったので足りない分だけを買い、あとはピンをペンチで真っ直ぐに戻しリサイクルすることにしました。もちろんピンの一本一本も磨いたんですよ。

クリスタルパーツは数が足りなく、大きさもバラバラでしたので、全体的にバランスが取れるように配置を決め、取り付ける際にはピンをただペンチでひねって付けるとグチャグチャになってしまうので、針金のハンガーに丸く巻き付けながらピンをクリスタルに取り付けました。ハーッ、、、とため息もつきたくなる様な長い作業でした。

そして仕上げに電化線を通して電球の蝋燭部分を新しい物に取り付け、ボロボロだった姿から蘇った訳です。

いつも天井を見上げては見て見ぬ振りをしていたのですが、今朝ひっさびさにクリスタルを磨きました。シュリーン!とキラキラしています。

*ところでGALERIE のデコレーションに使っている照明、このシャンデリアなんですよ!お気付きになりましたか?


Notre lustre

Magazine des annee '40

le 16 Fevrier 2004

”美味しそ〜!” 今夜のTV映画が始まって何回繰り返したことでしょう。

'94年の台湾映画、オリジナルタイトルは ”Eat Drink Man Woman" (監督 : Ang Lee )、仏題はなぜか "Sale sucre" (しょっぱい、甘い) になっています。

他の作業をしながら観ていたので、字幕は半分ぐらいしか読まなかったけれどお話はシンプルなので分かり易く、時々横で観ていた jojo に説明してもらいながらお料理のシーンになるとあまりにも美味しそうなので手を留めて画面に釘付けで観ていました。

その前にジャキーチェンの'80年代の超 Bad gamme のハリウッド映画を観たばかりだったので ( だってJojo が観たいって言うんだもの、、、)、 テンポといいストーリーといい心地いいものがありました。

今日の写真は’40年代の子供向けの雑誌の一頁なんです。 昔はこんな双六遊びがオマケみたいに付いていたんですよ。可愛い〜♪

le 15 Fevrier 2004

パリのお店はすっかり春物に衣替えしましたが、まだまだ二月の寒さが続いています。ミヨちゃんになった気分で春が待ち遠しいです。

さて、先日から取り組んでいた SELECT のコーナーを本日更新したところです。嵐閧謔闕X新に時間がかかってしまいましたが、頁総入れ替えで素敵な商品をいろいろとご紹介しています。楽しみに待っていて下さった皆様、是非ジャンプして御覧になって下さいね!

今回は先日この Journal でもご紹介したプティデジュネのセットやお洒落なコーヒーカップ、カラフルで楽しくなるようなステーショナリーや雑貨、そして可愛い絵本を沢山セレクトしました。写真もカタログに載せているもので、オレンジのリボンの上には英語とフランス語とドイツ語で洒落たメッセージが綴られているんですよ!

*Set de "Petit Dejeuner" のカフェオレボウルはサイズがそれぞれ違いますので、ポップアップ頁の詳細を是非御参照下さい。(ちなみにSEL 3-01と03は多きめ、02は中ぐらい、04は小さめです。)

* カフェメニューなど、今までカタログにてご紹介していた商品にご興味のある方はメールにてお問い合わせ下さい。ストック商品に関しましては折りをみて又ご紹介することがございますが、いつ登場するかは分かりませんので、又他のコーナーの商品も在庫のある場合がございますので、気になっていらした方は同様にメールにてお問い合わせ下さい。

SELECT <---- click


Serie "ORANGE"

Happy St.Valentine's Day !

le 14 Fevrier 2004

二月の一大イヴェント、ヴァレンタインデーですね。愛の告白を遂げた人も多いのでは?

日本ではパティシエブームでフランスから有名なお菓子職人を呼んでいると奄ノ聞いていますが、こちらフランスのヴァレンタインデーと言いますと、、、愛する人に女性がチョコレートを贈るという日本の習慣とは異なり、愛する男女が互いに愛情を交わす日で、女性ばかりではなく男性からも女性にプレゼントを贈るのです。

男女共に圧倒的に多いのはお花、その中でも人気なのは赤い薔薇!そしてスイートなチョコレートやケーキだったり、アクセサリー、香水、、、そしてセクシーなランジェリーを贈る男性もいます。先日もデパートのランジェリーコーナーに男性客を何人も見かけました。愛のお国フランスです!

私達はお互いコッャ各-card を送り合い、朝起きたらメールボックスにサプライズが届いていました。親友からも仲のいいBFからもヴァレンタインのカード&メールを受け取り、嬉しくときめいてしまいました♪大好きな友達にも愛 (友情) の言葉を贈り合うのってなんだか素敵だなぁと思います。大好きだよ!って伝える機会ってありそうで無かったりするので、ちょっと言葉で伝えるのもたまにはいいですよね。

ちなみに ”愛してる” はフランス語で " Je t'aime." ( = I love you.)、”と〜っても愛してる” は " Je t'adore." ( = I adore you.”、友情を示す "好き” は "Je t'aime bien." ( = I like you.)、”大好き” は "Je t'aime beaucoup.” ( = I like you very much." (*フランス語の阜サはどれも単人称の親しい人に対してのものです。)

フランス映画を観ていると、前述の "ジュテーム” という甘い囁きをよく耳にしますよね。今日は至る所でこんな愛の阜サが交わされていたのではないかと思います。

le 13 Fevrier 2004

13日の金曜日、どうやらフランスでは幸運を招くと考えられているようで、LOTO(宝くじ) を買い求めた人が多かった様です。

そして私にも幸運がひとつ。"The life of beads" という素敵なHPのお友達からこんなに素敵なビーズのリングを受け取りました。年賀状のお礼にリングを作って下さると連絡を頂いて、年賀状ぐらいで垂オ訳無いと思いつつもとっても嬉しい垂オ出に喜んでお応えしたのでした。そうしたらこ〜んなに素敵なリングで感動です。

さすが、ビーズジュエリーの講師をなさっているプロの方の作品だけあって、とても丁寧に素敵に仕上がっています。指にもピッタリ!リングを入れる為の小さな巾着もと〜っても可愛らしいんです。”ちひさきものいとをかし” こういうのに本当に弱いんですよ〜。

私をイメージして下さったというマザーオブパールは真珠貝の内側を削って加工したものなんですって。そして乳白色が母性を浮オ、女性が愛を告白する時に付けるとよいと言われているそうなんです。なるほど〜。明日のヴァレンタインデーに早速指にはめて過ごそうかと思っています。

Merci mille fois !!! (メルシーミルフォワ = 千回ありがとう = と〜っても感謝しているの意)

The life with beads <--- click


Tres belle bague

Mes nouveaux chaussons

le 12 Fevrier 2004

古いアパルトマンの床は歩くと場所によってはミシミシと音がします。それに加えて私のルームシューズのゴム底のキュッキュッという音が耳障りだと、もう少し静かに歩けないものかとしばらく前から言われていたのです。そして先日外出した時にはャtァー (我が家のャtァーはャtァーマットのマット部分だけを使用しています)の下に隠されてしまったのです。無い無いと探していたら、お尻の下敷きになっているなんて、、、。

仕方ないので違うルームシューズに変えました。スエードなのでと〜っても静か、そして内がボアなので暖かです。

今日は大きな本屋さんに出向いて、ず〜っと本を漁っていたらいつの間にか7時を回っていました。ノクターンの日だったからかお店が閉まる気配がなくて、空腹を感じなければいつまでも居るところでした。

ラ〜ラ〜ラ〜 ダバダバダ ダバダバダ♪ラ〜ラ〜ラ〜 ダバダバダ ダバダバダ、、、♪

チャンネルを回したらちょうどこの曲がかかっていました。何の映画か分かりますよね〜。そう、"男と女” のテーマ曲です。でもエンディングしか観ることが出来なくて残念、、、。

le 11 Fevrier 2004

我が家ではパンが余った時は捨てずに乾燥させてパン粉として無駄無く使っています。今夜のメニューはトンカツだったので、バゲットの余りを卸し金で擂りました。

何度となくこの頁で綴ったように、私は決して料理が得意ではありません。美味しいものを食べることは好きだけど、料理をすることにはまるでパッションが無いのです。何がって、多くの過程を経て準備するというのがどうにも性に合わない。裁縫や物作りに関してはそういったことが気にならないのに、料理となるとどうも面倒くさくてならない。多分、習慣によるものかと思います。

だから手の込んだ物はいつも Jojo の役目と決まっているのですが、どういう訳か今夜は頑張っちゃいました。そうとは知らずに、出来上がった頃にキッチンに現れた Jojo はビックリ仰天、コレは本当に君が作ったの?と疑わしそうに何度も聞くのです。( 失礼な!) そうだと応えても、どうも信用していない様子で出来上がりのじゃないのか?ってゴミ箱までチェックするんですよ。( 全くもぉ!) 

出来ないんじゃなくて、やらないだけなのよ! と、たまには威張ってみたくもなりますが、あまり出来るところを見せてしまうと又やらざるおえなくなるので程々にしましょっと、、、。

写真は先日20区で見つけたパン屋さんの看板です。可愛かったので思わずパチリ!


La boulangerie

Small art

le 10 Fevrier 2004

猫達の食事は夜の11時と決めています。そしていつも腹時計が付いているのではないかというぐらい時間ピッタリに Myu が騒ぎだします。さっきも5分前に Myu が傍らにやって来て "ご飯の時間だよ〜!" と知らせに来たところです。食事時間を朝に変えたら目覚まし時計の代わりになるかも?!

今日も郵便局に行ってきましたが、新しい記念切手はまだ出ていない様子。いつも何気にチェックしてしまいます。

こちらは先日お客様の元へ旅立って行った郵便、パープルでコーディネートしてみました。小さくてよく見えないと思いますが、真ん中のはアーティストの Ben によるデザインで、" un grand Merci " (多大な感謝を込めての意) と書かれているのです。そして " i " の上のポッチの部分には小さなパンチ穴が空いているちょっと洒落たデザインなのですよ!こんなディテールに気付くとちょっと嬉しくなってしまいます。

le 9 Fevrier 2004

蚤の市に行って来た後は、いつも戦利品を手にしながら "かわいい〜!” とか "いいね〜!” とニンマリしながら二日間ぐらいはしつこい程に繰り返すのが常なので、Jojo は相づちを打ちながらャbポを向いてしまいます。今日は郵便局や文房具店に行く傍、ゲットした物を磨いたり写真に収めたり、そして絵本を手にして例の "かわいい〜!” を繰り返しています。

このとぼけた顔のプードル ( だと思うのですが、、) も昨日連れ帰ってきた子です。脚が妙に大きくて不格好なとこも愛らしい。母が見たら "こんな汚いぬいぐるみをわざわざ買うなんて、、" と言われそうですが、ぬいぐるみフリークスの友人が見たら羨ましがるに違いないと確信しています。だって何時かの蚤の市でバッタリ遭遇した時に、私が一歩の差でゲットしたカワイコちゃんをいつまでも羨ましがっているんですもの。(その時もクリーム色の古びた犬だったけど、彼曰くうさぎですって、、、)

お店の人は'50年代位の物だろうと言っていましたが、中のスタッフィングは綿の他に押すとミシミシと藁の様な音もするので、もっと古いものではないかという気がします。今度友人に鑑定してもらおうかしら。誘拐されないようにしなくちゃね。


Mon petit chien

Eglise Notre-Dame de la Croix

le 8 Fevrier 2004

今朝は20区の教会へ行ってきました。友人が所属していた合唱団の創始者である神父様を忍ぶミサがあると先日友人が知らせてくれたOB会のHPで知り、もしかして懐かしい顔達に出逢えるかもしれないと早起きして行ってみたのですが、知っている顔はどこにも見当たらず ( 居たとしても分からなかったかも?!)、天使の歌声に耳を澄まながら初めて訪れた教会を見物してきました。

一端うちに戻り、お昼を済ませてから出かけた次の目的地は今年初の蚤の市!青天だった空にどんよりとした灰色の雲が広がっていき、今にも降りそうな雨にヒヤヒヤでしたが、なんとか保ってくれました。でも今日は天気藍?が -1℃ まで下がると絡垂オていたように寒〜い一日でした。(明日はもっと寒いんですって、、、。)

出かけた時刻が少しばかり遅かったので、嵐閧オていた程の戦利品は得られませんでしたが、とびきり可愛い絵本やステーショナリー、ホーローグッズ、食器等に出逢い、”初蚤” としてはなかなかいい出足でした。今年も素敵な物に出逢えるよう頑張りま〜す!

le 7 Fevrier 2004

パリと言ったらマルシェの帰り道、焼きたてのフランスパンを小脇に抱えているパリジャン達の姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか、、、。

フランスパンはフランス語ではバゲットといいます。そして ”箸” のこともバゲットと言うんですよ。長細い棒状の物を一貫してこう呼んでいます。お店によっても名称が変わることもありますが、普通にパンと言ったら太っちょのフランスパンのことを指します。痩せっぽっちのバゲットはフィセールと言います。昔風のトラディッショナルなバゲットはちょっぴりお高くて、これ又お店によって名前が様々です。

バゲットの好みは人それぞれ、楓ハがこんがり焼けた固めのものを好む人もいますし、あまり焼けていない柔らかいものを好む人もいます。私達は後者で、楓ハはパリッとしているけれど中はフワフワのあまり焼けていない方が気に入っています。

だからパン屋でバゲットや他のパンを買う際には、いつも”あまり焼けてないのを”と注文を付けて買うようにしています。フランス語では "Une baguette pas trop cuite"とか "bien blanche" (ビヤンブロンシュ=白めの) と言います。反対に ”bien cuit" (よく焼けたのを) と注文する人もいます。

一人暮らしをしていた時は、丸ごと一本は一人では食べきれないので、ドゥミバゲット(半分) をよく買っていました。大きな円いパンなどは、1/4から切り売りしてくれます。同様にキッシュやピザ、ケーキなどもそのように買うことができます。一人旅でフランスにいらっしゃる方もこのようにして買うと、毎回焼きたての美味しいパンを食べることが出来ますよ。

大抵は長細い紙袋や写真の様な薄紙にクルっと巻いただけの簡単な包装で手渡してくれます。買い物カゴに無造作に突っ込んだり、小脇に抱えてうちに帰る訳ですが、お腹の空いている時にはいつも歩きながら契って食べてしまうので、先っぽの欠けていることが多いのです (笑)。


Une baguette pas trop cuite

Timbres d'amour

le 6 Fevrier 2004

今日も引き続きカタログの撮影をしていましたが、早めに終わったのでサンジェルマンデプレまで出かけて春物のマーケットリサーチをして来ました。ャ泣hもほぼ終わりに近付き、どのブティックも春物が展開しています。どのアイテムも色鮮やかで楽しい気分になりますね〜!

ところで毎年ヴァレンタインデーの頃になると、フランスではハート型の切手が発売されます。今までにバラのモチーフだったり、愛のメッセージが描かれたものだったり、Yann Arthus-Bertrand という写真家のハートの島 (森?) の写真だったり、、、、そしてクチュリエのシリーズとしてサンローランやラクロワがデザインした切手もありました。

そして今年は CHANEL の切手が二種、カールラガーフェルドによる手描きのドローイングです。発売直後にすぐ売り切れてしまったようで、再入荷された時に少しだけ余分に買っておきました。人気の記念切手って、あっという間に無くなってしまうことが多いんですよ。

こんな切手を唐チて誰にお便りしようかしら、、、な〜んて勿体ぶってみたけど、お客様に商品をお届けするのに使ってます。

*ちなみにコレはコレクター向けの5枚綴りの切手です。

le 5 Fevrier 2004

今日もいいお天気〜〜〜!アパルトマンの中ではTシャツ姿で過ごしていました。(と言っても長袖のです。)

最近外出が続いていたので、今日の午後は腰を据えてカタログの為の撮影をしていました。まずは陽当たりのいい場所へ家具のレイアウトを変え、バックに使うクロスにアイロンをかけてミニスタジオ作り。自然光が無くなるまで立ちっぱなしで続けていたので腰が痛いです。明日もまだ続ける嵐閧ネのでセットはそのままにしてあります。

今週末はちょっといろいろ嵐閧ェ入っているので更新は来週になると思いますが、写真のようなとってもフレンチなプティデジュネ (=ブレックファースト) のセットやポップなステーショナリー、可愛い絵本などを用意していますので、どうぞお楽しみにお待ち下さいね!

日本とは時差の為、一日遅れとなってしまったけれど今日は姉のお誕生日でした。(フランスはまだ5日、6日まであと4分あります、、、)BON ANNIVERSAIRE !


Set de "Petit Dejeuner"

AMOUR !

le 4 Fevrier 2004

急に春がやってきたのではないかという位暖かいパリです。今日はTシャツ姿やカーディガンだけで歩いている人達を沢山見かけました。でもまだ油断出来ないですよねぇ、だってまだ2月の初め、、、。

定番のカレンダーを買いにサンシュルピスの MUJI まで歩いて行ってきました。でもお目当ての卓上カレンダーはもう売り切れ、、、今年はカレンダー無しで過ごさ無ければならないのかしら、、、とやや不安です。他にも欲しかった物をチェックしたら、もう店頭に無くてカタログからも消えている。ステーショナリーや収納グッズはシンプルで使い易いので結豪Cに入って使用しているのですが、たま〜に定番商品がある日突然廃盤になってしまうこともあるので、しかもその定番かと思っていた物を私が定番にしていたりすると困ったことになります。

A5サイズのファイルを長年愛用しているのに、レフィールがもう買えないなんて、、、今日も道具箱が欲しかったのに、薬箱しかなくなっている、、、。前のお掃除セットが欲しいと思っていたのにモデルチェンジしてしまって新しいのは使いづらそう、、、。日本より高いから、、、と躊躇していると買いそびれてしまうこと多々あり。生成地の犬も気になっていたのになぁ。

ロンドンより数年遅れてパリに進出して以来凄い勢いで支店を増やしていたけれど、これ又凄い勢いで店舗が減り、それでも人気の5店舗は健在です。シンプルでお洒落なステーショナリーと生活雑貨というイメージがヨーロッパで定着しつつあります。お店もファッショナブルなサンジェルマンデプレとかマレー、若者の集まるフォーラムレアールなんかに在るので、お洒落ピープルがやってきます。

Jojo の洋服をたまに調達していましたが、私自身はあまりにカジュアル過ぎると袖を通したことが無かったのです。でも最終セールのラックにちょっと気になるコートを発見!しかも私のジャストサイズだけが二着残っていたので、何度も試着して (二着とも同じデザインの同じサイズなのに微妙に肩のサイズが違う様な気がしたのです) 肩がゆったりと感じた方をレジに持って行きました。なんでもMUJI では昨年からベルギー人のデザイナーを起用していて、ヨーロッパ向けのラインを独自に展開しているんだとか。(そう言われてみるとなんだかヨーロピアンなモダンなデザイン、と思えてきてしまうのは気のせいかしら、、、? ) だから日本では無いモデルがこちらに有ることもあったりするらしいのです。

久々のオデオン界隈を歩き回り、新しい素敵なブティックも何軒か見つけました。写真はお洒落な花屋さん Christian Tortu の二号店のウィンドウ、"AMOUR" (愛) とヴァレンタインのディスプレイが素敵でした。

le 3 Fevrier 2004

今日は何度もうちを出たり入ったり、、、その合間に頂いたおやつがコレ。バターがたっぷりのガレットのお菓子は昨日ラファイエットグルメで買い物の帰りに見つけたものです。お腹が空き始めた頃に、デモンストレーションでワッフルを焼きながら売っていたので、ついつい手が伸びてしまいました。ついでにチョコレート味の洋梨のコンフィも美味しそうだったので買ってみたけどコチラはイマイチ、、、もっとコッテリしたチョコレートクリームかと思ったら、ドロドロ系でコクが足りなく期待した味は得られずでした。まぁたまにハズレもあります。でもガレットはフワフワで温めて頂くとと〜っても美味しいです。

ところで今日は節分ですね。子供がいる家庭では豆まきを楽しんだのはないでしょうか。

私の子供の頃の豆まきの想い出というと、、、”鬼は外" と窓の外に豆を撒いた後、部屋の明かりを消し、私と姉は隣の部屋で待機していて、その間父と母が "福は内” とカゴに入ったキャンデイーやガム、そしてコインのお金を居間にバラ撒き、明かりを付けて姉と二人で床に落ちたお菓子やコインを拾い集めるのです。

世の中の豆まきとはちょっと (かなり?) ズレているようですが、子供の頃はこんな節分の日が楽しみだったのです。今思うと、ヨーロッパのイースターに子供達が卵形のチョコレートを探すのと似ている様な気がします。


Galette pur beurre

C'est mignonne !

le 2 Fevrier 2004

新年の挨拶にはちょっぴり遅いけど、未だ未だ届く年賀状、、、可愛いカードはこのイラストのアーティスト本人、友人のナタリーレテからです。チュールのスカートが縫い付けてあって、裏にはおサルさんのイラストが!

先日のエクスポジションで紹介したマティアスと以前コンビで作品を作っていたあのナタリーです。独立してから可愛いカードや絵本の他、ぬいぐるみや塗り絵帳、Tシャツなどを製作販売していましたが、最近はアーティストとしての作品づくりが中心のようです。セラミックのオブジェなんかも作っていて、幅の広い制作活動をしています。彼女の描くオモチャや子供達は、どことなくノスタルジックで、そのタッチは子供の絵のような自由さと元気があり、色やレイアウトもセンスが溢れていて素敵です。アトリエもオモチャ箱をひっくり返したように楽しさいっぱい夢いっぱい!

そして彼女自身も、イラストの女の子みたいにチャーミングなんですよ。

彼女のHPはコチラから ---> Nathalie L'ETE

le 1er Fevrier 2004

せっかくの日曜でしたが、今日は BOUTIQUE の更新準備の為うちに籠って仕事をしておりました。SELECTE の商品が揃ってきたので、カタログに紹介する為のサイズを計ったりセット商品を考えたり、、、まだ撮影とテキスト、ページ作りと長い作業が続きますのでもう少し時間がかかりますが、パリのエスプリをお伝えする楽しいアイテムを揃えておりますのでお待ち下さいね!

本日のお茶のお供は "ぬれ煎餅"、 オーブンで温めるとお醤油の味が香ばしくなんとも美味!ほうじ茶で頂きました。


Tea time !

go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandivider dividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov
dec



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash