le 31 Decembre 2003

あと数時間でパリも2004年を迎えようとしています。大晦日の今夜は友人宅のパーティーに出かけます。

サイトを立ち上げてから、この Journal を書き始め一日も休むこと無く続けることが出来ました。偉いよね、と自分を褒めてあげたい。お店がメインのサイトなので、本来ならば日記も自己満足のコレクションを並べたGALERIE も必要なかったのですが、遠く離れた私の家族や友人達に元気で頑張っていますと気軽に伝えたかったし、こんな拙い日記ではありますが楽しみに読んで下さる方もいらっしゃるようなのでとにかく今年一杯は毎日書き続けようと頑張ってきました。

初めの頃は更新すら一人で出来ず、すでに眠っている jojo を起こしてまでも更新し、時に真夜中の帰宅で眠い目を擦りながら二時三時に書き綴った日もありました。

来年は一日も欠かさずと言い切る自信はありませんが、そして生活のリズムを崩してまでの無理もせず、マイペースで続けていきたいと思っています。

さて今年最後の挨拶になりましたが、Cocomo@Paris でお買い物をして下さった方々、当サイトをリンクして下さっているHP様、遊びに来て下さっている皆様方、そして応援して下さっているChers amis (親愛なる友人達)、半年間大変お世話になり、どうもありがとうございました。お買い物をして頂いたお客様から頂いたメール、先日のNOELの企画で頂いたメッセージ、そしてCAFEに書き込んで下さったメッセージなど、励ましになり、嬉しく読ませて頂きました。まだまだ未熟なサイトで慣れない点もございますが、どうぞ来年度もよろしくお願い致します。

どうぞ皆様よい年をお迎え下さいね!


Au revoir l'Annee 2003

La recu...

le 30 Decembre 2003

パリのセレクトショップ COLETTE から1mもあるお買い物のレシートが送られてきました。( Jojo が青い顔をして覗き込んでいます。) TOTAL 75,945ユーロ、、、セールですでに割引かれた価格で、正規のトータルは153,611ユーロなり。コレ、来年早々に始まるセールのお知らせDMなんです。( Jojo が胸を撫で下ろしています。)

チェッ、これだけ思い切ってお買い物したいものですよ、、、。日本円にすると約一千万円程です。一千万円あったら何が買える?HERMESのダイアモンドの付いたケリーバッグ!免税で120万円程戻ってきますよ!(コレってお得なんでしょうかね?!)

さあて、コレットのセール商品は〜、、、DIORの毛皮のブルゾンが3071ユーロでしょ、GUCCIのワンピースが1475ユーロでしょ、MARNIの生成色のパンツが2210ユーロ、、、全部半額になったお値段です。もちろんもっと安い物もありますよ〜。VICTOR&ROLFのメンズTシャツが100ユーロ、、、。来年はパスしようかな、、、。

そういえば夏のャ泣h (セールのことです) もパスしてしまったのですが(初めて!)仲のいい友人にどうしたの?病気?と心配されてしまったのです。毎シーズン初日に駆けつけてお買い物してたから友人が驚くのも仕方あるまい。

でもね〜、近頃のコレット、初日に行っても最終日に行っても50%しか下がっていなくて、買える物が非常に少ないのですよ、、、。だって正規の価格がン叙怏~の世界、、、でもレシートの下の方を見てみるとオブジェや書籍がかなり可愛いお値段になっています♪友人に心配をかけても垂オ訳ないし、年が明けたらちょっと覗きに行って来よっと。

年末の忙しい時にショッピングの話どころじゃありませんよね。そう、今日は嵐闥ハり洗濯をしてアイロンがけまで済ませたところです。冷蔵庫もピカピカ。明日は、大大掃除です。

le 29 Decembre 2003

先日のイランでの大地震、友人はどうしているだろうかと心配していましたが、無事だという知らせを受けてホッとしました。ただ宗教の指導者が国をコントロールしているので、そのことの方が問題だとか、、、14歳で単身留学、自由の国フランスに暮らした彼は宗教にがんじがらめにになるのは肌に合わないのでしょう。それにしても今年は世界中で死者が多かったな、、、戦争、猛暑、そしてこの地震、、、。

猛暑と言えばすでに遠い過去、うちにいるとあまり寒さを感じないけれど、急に水が冷たく感じるようになりました。外に出るとやはり寒いです。今週は最高気温が5℃しかありません。

夕方買い物に出ると、先月青い薔薇を買った花屋の魔法使いのお婆さんのようなオーナーがお店の正面の美容院で髪をオレンジ色に染め、クルクルにセットして貰っているのを見かけました。増々魔女のようになっていました。新年を迎えようとして、皆身だしなみも奇麗にしようとしているのですね。

さて私は、、、埃にまみれています。明日は洗濯デー、大掃除が大晦日まで続きそうです。あとお雑煮を作る為に、川の側にある中華のお店に行って料理酒と白い大根(たまに見かけるこちらの大根は皮が黒いんですよ) を買ってこなくては。お店や会社などは二日から通常に始まるので、食糧品の買い置きは必要ありません。でも、みかんもあった方がいいなぁ、、、。


Dans la cuisine...

Cafe de la Paix

le 28 Decembre 2003

今日は父の誕生日でしたので、久々に電話で話をしました。"お誕生日おめでと〜!”東京は昨日初雪が降ったと言っていましたが、風邪をひかないよう元気に新しい年を迎えてもらいたいと思っています。

さて、今月はBoutique の更新はなかなかマメには出来なかったのですが、あえて News ではお知らせしなかったもののサイトの内側に少しずつ手を加えています。

私達のサイトはご存知の通りフラッシュで告ャされており、頁を開くのに我が家のコンピューター(ブロードバンド) ですと訳2〜3秒かかります。多分それ以上の方もいる筈。毎日マメに観覧しに来て下さっている方には観たい頁に辿り着くまでにはいささか面倒な道のりかもしれませんが、まず玄関から入ってギャラリーにいる感覚でサロンで寛いでもらい、ゆっくりお茶を飲んでお喋りしたり (CAFE)、私のパリの話に耳を傾けてもらったり (JOURNAL)、ブティックでゆっくりお買い物をして頂きたい、というのが私達の望んでいるサイト巡りです。

ただお忙しい中、お買い物にいらして下さっている方々には ANTIQUES の各コーナーまでが少々長いと思いますので、特にリピーターの方達に直接そのコーナーに行ける様、BOUTIQUE内のANTIQUESのフレームの4角に各アイテムにリンクが出来るようにしました。(各アイテム頁のカラーが基本となっています。)しばらく前からそうしているのですが、お気付きになった方はいらっしゃるかしら?初めての方には是非ANTIQUESの頁もチェックして頂きたいと思っています。

それから各部屋の真鍮のネームプレート (大きなフレームのすぐ下) をクリックして頂きと、その部屋の説明が以前よりも詳しく記されています。サイト内で迷子になったり、アイテムについて詳しく知りたい方、ボタンの操作などがよく分からない方は是非御覧になってみて下さいね。

そしてこの JOURNAL の過去のアーカイヴ (↓)も以前よりスッキリ見易く変更しました。

今日の写真はオペラ座の広場に面している有名なカフェ、"CAFE de le PAIX" の灰皿 (コインの受け皿?)。きっと誰かがくすねてきた物なのではないかと思いますが年代は不詳。パリの蚤の市ではこんなに素敵な物 (盗品?!) にも出逢えるんですよ♪ 私は最近お気に入りのバニラのキャンドルを灯すのに、受け皿として使用しています。

le 27 Decembre 2003

年賀状を書き始めています。昨年のリストを基に又新たにリスト作成、すでに受け取っている人達から優先順序を付けて、束になった年賀状をしばらく書き続けることになりそうです。

コレは私のおやつ入れ、先日日本から届いたお煎餅が潰れながら入っています。う〜ん、美味しい!私は子供の頃、近所のおうちで多くの時間を過ごしたのですが、そのお宅にはいつも美味しいお煎餅があって、いっつもバリバリと味わっていました。お婆さんとお相撲を観ながらバリバリ、花札で遊びながらバリバリ、写真の耳で工作しながらバリバリ、、、チョコレートも大好きだけど、それと同じ位おせんべいも大好きなんです。

お醤油の味を理解出来ない外国人には分かるまい、この香ばしいテイスト。幸か不幸かJojoはそれを理解してしまうので、幸せは独り占め出来ない。

カレンダーを覗いてみると今年も残すところ5日間、、、えっ、あと5日で新年?!困ったことにちっともそんな気分ではありません。年賀状書きで気分を高めているにも関わらず、新しい年を迎えるというエキサイティングな気分と年末の忙しなさが今ひとつ実感できないでいるのはやはりカトリックのお国だからなのでしょうか、、、。そろそろ重い腰を持ち上げて大掃除に取りかからなければ!


My sweets box

Happy happy !

le 26 Decembre 2003

ノエルの翌日がお誕生日なんて、大晦日生まれの人ぐらいついてない、、、そんな日に生まれてしまったのが Jojo です。パーティーの残り物でお誕生日を祝うのはやっぱり寂しいかな、と今日は珍しく私がフランス料理を真似て夕食を作ってみました。(と滅多に無いことなので自慢してみる。)トーストにフォアグラとアルファルファーを乗せたオードブル。(結鴻Cケます!)連日の御馳走でお腹がフォアグラになりかけていたので、メインはサーモンのパピヨット (ホイル焼き)にイブの日の野菜を付け合わせにしてライトなディナーにしました。デザートはイブの日にお腹一杯で食べられなかったJojoお手製のタルトタタン。

今日は郵便局を二回往復したけれどガラガラ、お店もガラガラ、、、一年の一大イベントが終わってどこものんびりとした空気が漂っています。ただ単にパーティー疲れなのかもしれないけれど、、、。日本でしたらすぐにクリスマスの飾りを片付けて新年の準備に大忙しなのでしょうが、この国では明日も明後日も次の日も、そして年が明けてからもこのデコレーションがしばらく残ったままになります。

ところで、皆さん気が付かれましたか?”ホワイトクリスマス”ということで、今月はずっと白いテーマを考えてきました。たま〜にオヤッ?ていうのもありましたけどね。せっかくなのでもう少し続けてみることにします。

Bon anniversaire Jojo !

le 25 Decembre 2003

今日はフランス人の友人の家族からノエルの昼食に招待して貰ったので、一日田舎で過ごしてきました。朝庶桙ノパリ郊外に向かう電車RERに乗り込み、友人夫婦の住んでいる街まで行き、車に一緒に乗せてもらい両親の住む田舎へ向かいました。お兄さんの家族やマミー(お婆さん)、伯父さんも集まり総勢14人、途中近所に住む友人ご夫婦もジョインして賑やかで楽しいノエルとなりました。皆、長〜い付き合いなので気心も知れています。友人の離れた妹は赤ちゃんの頃から知っているので、会う度に大きくなりそして美しくなっていく姿に毎回驚かされます。私の背なんてとっくに追い越され、今ではJojoとほとんど変わらないぐらい、トップモデルになる日も遠くないかも♪

早めに到着したので、テーブルの準備を手伝いながら久々に会った家族と楽しいお喋り。そしてシャンパンで乾杯をしながらフォアグラとサーモンのオードブルで始まり、メインのご馳走は魚介類の盛り合わせ。生ガキ、カニ、エビ、淡水ザリガニ、貝、etc、、、。ポーズを取って子供達を二階に上がらせプレゼントをツリーの回りに並べます。皆でプレゼント交換、私達も素敵なプレゼントを頂きました。

再びテーブルに戻ってチーズ (何種類ものチーズが乗ったお皿が登場)を頂き、お次はチョコレート味とブルーベリー味の二種類のブッシュドウノエルを平らげました。あ〜お腹一杯!美味しかったです!

その後もお喋りをしたりゲームをしたり、日本のお正月のように家族の団欒の風景がありました。やはり小さい頃から知っているお隣さんのお嬢さんも遊びに来て、又々賑やかに。そして又食べ続けます。シャンパンやワインは何本開けたのでしょう、、、グアッパやEau de vieというアルコール度の強いお酒もお味見。夜になりマミーや伯父さん、ご近所のお友達が帰った後も家族の一日は続きました。

ノエルの日の電車はもう無いに決まっているから一泊してしていけばいいと勧めてくれたのですが、Jojoが今夜家族皆に電話でノエルのお祝いをしたいので出来ればパリに戻りたいとわがままを言ったので、友人が遠回りしてうちまで送ってくれました。せっかくパリまで行くのだからとエッフェル塔とノエルのデコレーションが美しいシャンゼリゼを通ってパリ観光しながら先程帰ってきました。

フランスにこんな家族が居ることがとっても嬉しく感じられます。


JOYEUX NOEL !

La Croix de Bois

le 24 Decembre 2003

ノエルを前にして日本から例のワガママBOX が届きました。しかも4つも!Merci beaucoup !

お餅や黒豆や鰻、煮物などお正月用の商品も入っていてルルルン♪有り難いです。

今日はプレゼント作りの第二段、友人夫婦のプレゼントを仕上げ、明日の為に全てをパッケージしました。ギリギリまで準備にバタバタしていたので、ノエルの気分を盛り上げる為にかけたCDはいつものコレ、"Les Petits Chanteurs a la Croix de Bois" パリ木の庶嚔ヒ少年合唱団。'85年録音のこのCDはノエルの曲のオンパレード、もちろん”ホワイトクリスマス”も歌われています。他にも大好きなロシア民謡”カリンカ”や美しい中国の歌、そして”日本の”雪の降る街を”などが録音された名盤です。日本で聴いたコンサートのャ潟Xト達の歌声が耳に懐かしく、毎年ノエルになると繰り返し聴いています。アカペラで歌い上げるその歌声はまるで天使のようです。この庶嚔ヒは、天使だった少年がャvラノを失った時に贈ってくれた記念の品、、、。

今夜は Jojo が作ったクリスマスディナーを頂きました。イヴなので、Myu とMookie にもフォアグラを半片ずつご馳走してあげました。Miau〜! (<----喜んでます)

それでは皆さん、JOYEUX NOEL ! (楽しいクリスマスを!)

*SPECIAL NOEL の抽選を行いました。ペールノエル (サンタ) が届けてくれたプチカドー(プレゼント) も公開しています。---> ☆☆☆

アンケートに答えて応募して下さった皆様、どうもありがとうございました。

le 23 Decembre 2003

先日から悪戦苦闘していたカーテンがやっと出来上がりました♪ 裏のモルトン地は毛羽立ってホコリになると思ったので、結局三重にして仕上げました。毛布みたいにモコモコのカーテンです。

裏地を買う為に生地屋に走り、Jojo へのプレゼントを探し回り、明日のディナーの買い物も少し、、、出かける前にシェフに相談しなかったので、取り合えずフォアグラとエスカルゴを用意しておきました。フォアグラは外せないかなぁと思って、、、やっぱり美味しいです!

夜、明後日のことを打ち合わせしようと友人に電話をかけると彼等もアステリックス (アニメバージョン) を観ている最中だったようです。男の子 (?!) のいるうちはどこも一緒だとJojo、子供みたいと言いながらも私も実はCatoon はいつも観てしまいます、、、。昨年ノエルの少し前に生まれたばかりの息子のことを天使みたいだと毎回漏らす友人、親バカ振りを発揮しています。彼も又天使だった頃があったのにねぇ、、、。

今日一番嬉しかったニュースは、日本から届いたカード:イタリア留学したことのある彼女の挨拶はイタリア語で始まります。Buon Natale e Buon Anno... そろそろかなぁと思っていたら、9月に次女を無事出産したとか。嬉しい知らせと共に二人の娘達の写真も同封してくれました。高校生の頃、彼女が母親になる姿なんて誰が想像したでしょう?間もなく (多分) もう一人の友人から同じような知らせが来るのをワクワクしながら待っています。

*SPECIAL NOEL のプレゼント企画の応募は日本時間24日の夜中の12時までです。まだの方はお早めに〜!(応募につきましては↓の10日の日、又はSALON のNEWSよりクリックしてプチアンケートにお応え下さいね。)


Voila le rideau

X'mas Wreath

le 22 Decembre 2003

昨夜は結局雪が降らなかったようです、残念、、、。

早く出さないと、と思いつつも地下のカーブにしまってあったのでなかなか飾れずにいたX'mas のリース 、実は一人でカーブに行くのが未だに怖くって、、、でも勇気を出して降りてきました。玄関の外側には柊のリースを、部屋の中にはこの白いリースを飾りました。かなりノエルの雰囲気がアップされました。

写真を撮っていたら Jojo がもっとイマジネーションを働かさなくては!と急にリースを頭に冠りジーザスごっことなり、私も!とマネして冠ったらストンと首まで落ちてしまいました。ちょっとオバカな真夜中の撮影会をしたのですが、額にチクチクと痛かったです。

ところで先日サダムが捕まってブッシュの支持率が上がったとか。来年の2月には大統領選が控えている、なんかタイミングが良すぎる気がするのですが、、、最初から手にしていてカードのエースを出したような感じ。選挙戦前にジョーカーのビンラデンを切り札に出して来るなんてことは無いでしょうかね、、、?

le 21 Decembre 2003

今日は一日雨が降っていたようだけど (外出しなかったので確かじゃないのですが) 、藍?では今夜雪が降るらしいです。でも寒さに慣れっこになってしまったのか、上下の住人が暖房をガンガンかけてくれているからなのか、寒さをそれほど感じず暖房も要らないぐらいです。

X'mas プレゼントの第一弾を作り終えたので、今日はカーテン作りに取りかかりました。葡nと裏地の二枚の布の切断をしてミシンですぐに縫えるようにマチのアイロンがけまで済ませました。三枚仕立てにしようかと思ったけれどちょうどいい生地が無く、その代わりに白い麻を4メートル程見つけたので前述のカーテンとは離してもう一枚仕立てることにしました。これで窓を覆えば隙間風も入らないでしょう。麻布の方は浸け置き洗いしたので、明日乾くのを待ってから取りかかります。

海外の友人達からグリーティングカードが届き始めています。昨日もイギリスとスエーデンの大切な友人達から素敵なカードを受け取ったところ。私達もそろそろ年賀状を書き始めないと、、、と残りのカードをプリントしました。A4の用紙から一枚ずつカッターで切り終え、カッターボードには "写真の耳" に似た沢山の短冊の紙きれが、、、幼年期の多くの時間をある写真家のお宅で過ごした私は、その ”写真の耳” でよく遊んだものです。ジャバラを作ったり交互に編み込んだり、そんなノスタルジックな遊びを再現してみました。

今の時期になると毎年欠かさずその写真家のオジさんから日本風のカードが届いていたけれど、もう受け取ることが出来なくなってしまった今年は寂しく感じられます。そして子供の頃の想い出を大切にしていたいと懐かしく想い返しています。


Mon souvenir

Set de table fait par Coco

le 20 Decembre 2003

我が家にはお料理研究家のごとく40種類ぐらいのスパイスがあります。一体誰がこんなに使って料理するんでしょうね〜?(もちろんJojoに決まってます。) 私が使えるのなんてせいぜいその半分、、、ということは20種類、、、いえ、ちょっと見栄を張ってみただけで、15かそこら位だと思います。その15のうち4つのスパイスを先日から切らしていて、ますます味付けがシンプルになっていたので、今日はちょっと遠くのスーパーまで買い出しに行ってきました。

近所のスーパーはどれもFRANPRIX (フランプリ) に変わってしまい、置いている物もどこも一緒。たまに CHAMPION (コチラもチェーン系のスーパー) という少し先のスーパーも利用するのですが、種類は豊富ですがお値段はややお高め。そこで以前ムフタール街にあった G20 (ジェーヴァン) という、オーステルリッツ駅の方にあるスーパーに出向いて行きます。以前は猫達のお気に入りのエサがここにしか無かったのでよく通っていましたが最近はたま〜に行くだけ。フォーションとかの高級食品を置いている割には、他の物は意外とリーズナブルなので、そして品数も豊富なのでいつも山ほど買い込んできます。

二日がかりでやっと友人の家族へプレゼントにしようと思っているランチョンマットのセットが出来上がりました。蜂の刺繍が施されたガーゼのような麻とナチュラルな麻の二枚重ねにしたのですが、コットンのようにピシっと形が定まらないので単純な形の割には意外と難しかったです。喜んで貰えるといいな。

le 19 Decembre 2003

ミシンを出してクチュールな一日を過ごしました。アイロン台とミシンと布と洋裁道具が部屋中に反乱して凄いことになっています。明日も続ける嵐閧ネのでそのままに、、、糸くずを拾おうと床を掃除したらマチ針が4本も落ちていた、危ない危ない。

Myu と Mookie がゴロゴロと床を這い回るので針なんかが落ちていたら大変なのです。それに夏の終わり頃から Jojo が朝起きると腹筋と腕立て伏せのトレーニングを続けているので、針が背中にでも刺さったら大変! 実は先日コップを割ってしまい、カケラがフローリングの板の隙間に残っていたらしく、オシリを怪我させてしまっているのですよ、、、。

サロンの照明は、GALERIE の頁に吊るしているアンティークのシャンデリアの他にこの小さなランプを置いています。ある年の誕生日に親友が贈ってくれた物。 From JAPAN です。羽根が刷り込まれた和紙のようなランプシェードはそのままでも素敵だけど、レースの洋服を着せてあげると光が和らぐのでこうしています。蝋燭や暖色系の電球は安らいだ気分になれるので、ゆっくり寛ぎたい夜にはピッタリです。

写真を撮ろうとしていたところ、邪魔しにやって来たのは好奇心の強いMyu、、、夏頃から左の犬歯 (猫でもこう呼ぶのでしょうか?) がグラグラしていて、牙のように口の外側に出てしまって、なんとも煩わしそうだったのですが、先日ついに抜けました。というかJojoが抜いてあげました。もう歳だからねぇ、、、。


Erin lamp & Myu

Pasta No19

le 18 Decembre 2003

布を買って来て材料が揃ったのでタッタッとミシンを踏みたいのですが、麻なのでそうもゆかない、、、ナチュラルなリネンは縮むので、まずは水に浸けて自然乾燥、そしてアイロンがけをやっと終えたところです。

今夜はTVでアメリが流れていました。何度も観ているのに、そしてDVDをセットすればいつでも観れるのについつい又観てしまいました。パリの日常が非日常的に描かれているのが可笑しい。こんなことがあったら素敵だな、という小さな幸せが沢山描かれている絵本のような可愛いお話。観た人も多いことかと思います。

映画中で私が思う日常的な出来事は、まず近所のムフタール街、子供の頃大切にしていた宝箱を見つけたムッシューブロトドの住んでいるあの通りで、あのお肉屋さんも公衆電話の教会前の広場 (実際にはあの場所には電話など無い) も小さなバー (カフェ) も私の行動範囲で、よく通る場所です。バルベスのメトロの駅やモンマルトルのサクレクール寺院を登るあたりは真に昨日通った場所。皆が顔見知りというカフェは、カルティエこそ違うけれど行きつけのカフェではよく見かける風景や会話、、、でもあの映画にはパリの下町風情がよく阜サされてましたね。

初めてこの映画を観た時に思い出したのはある友人のこと、彼もニノ同様に駅酷烽ノある3分写真に誰かが忘れていった4枚綴りの写真をコレクションしていたのです。もう10年以上も前のことです。彼がこの映画を観ていたら、ニヤリとほくそ笑んだに違いない、、、。

写真はパッケージが気に入って買ってしまったパスタ。No19というのも CHANEL の香水みたいでイカシてる!

le 17 Decembre 2003

年内の目標のひとつ、冬のカーテン作りをそろそろ始めようかと思い、今日も生地屋さんに行きました。モンマルトルの丘の麓にある生地問屋は学生の頃から馴染みのある場所です。

引っ越してから3度目の冬を迎え、今までさんざん悩んでいた割には意外とあっさりと決まり、結局モルトン地とダブルにして作ることにしました。他にもリネンやプリント地を買い込んだので、しばらくはメ[イングタイムが楽しめそうです。

せっかくモンマルトルまで来たのだからと、アメリ気分でサクレクール寺院まで上り、その界隈をぐるりと散歩しながら降りて行きました。

バルベスの駅の近くにはTATI (50年程前からあるアラブ人がオーナーの超安物の衣料&生活雑貨店) がキッチュで安っぽい飾り付けでピカピカ光っているのが目につきます。ここ数年TATI OR (宝石店) やTATI MARIAGE (ウエディング専門店) のアメリカ進出で話題になっていたものの、株の沫獅フ為か、皆質の良い物を求めるようになったからなのか、経営難になり倒産宣言をしたのは今年の夏の終わりのこと。年末までの営業許可が出ており、売り上げが伸ばせない場合には店終いになるとニュースが伝えていました。あと2週間の命、どうなることやら、、、。バルベスの風景にとけ込んだ、大きなピンクの千鳥格子に青文字でTATIと掲げられたその店が無くなるのは寂しい。なんとか頑張ってほしいものです。


La Basilique du Sacre Coeur

Pot du sucre

le 16 Decembre 2003

フランス人の友人との会話に、ノエルはどうやって過ごすの?という話題が目立ってきました。フランスでノエルと言ったら日本のお正月のようなもので、家族で過ごすのが一般的です。結婚しているカップルはどちらの両親とノエルの日を過ごすかが問題になり、大抵は24日のイヴと25日の当日を一日ずつ過ごすというパターンが多いようです。

私達は25日に、田舎に住んでいるフランス人の友人の家族と過ごす嵐閧ナす。この家族は私が ”私のフランス人の家族” と考えている程大切にしているファミリーです。10代の頃に知り合い、初めてこの国を訪れた時にお世話になり、フランスでの生活の中で常に支えとなってきてくれました。両親の結婚式 (再婚) 、お誕生日のイヴェント、友人の結婚式、お世話になったお爺さんや曹ィ婆さんのお葬式、、、家族行事にはいつも招待してもらい今ではJojoと共に参加しています。

ノエルも幾度か一緒に過ごしていますが、電話口でママに今年はプレゼントは無しよ (用意しなくていいわよ) と釘を刺されてしまいました。いつもほんの気持ち程度の物で大した物を贈っている訳ではないけれど、気を使わなくてもいいという配慮が嬉しいです。それでも日頃の感謝の気持ちを込めて何か形で示したいと思っているので、今年は手作りのギフトにしようと決め、今日は布などを買ってきました。

人に物を贈る時に相手が恐縮してしまう程の物はタブーだと考えます。高価な物を贈って、それが許される間柄なら一向に高?ないけれど、相手が贈った物に対して垂オ訳ないという感情が生まれてしまうほどでは贈り物をする意味も無くなってしまうと思うのです。

私のフランス人の家族は、2ヶ月もお世話になった直前のノエルに私が贈ったプレゼントに対し、贈り物はとても嬉しかったけれど学生であるあなた (私のこと) がこのように散財するものではないと心ある手紙を書いてくれたものです。それ以降、タブーな物の関係が無いお陰でこの家族とは今でもいい関係を保っています。

le 15 Decembre 2003

日中はいいお天気だったのに、夜になると寒くジメジメして窓ガラスが水滴で曇ってます。只今の気温は1℃、、、湿度81%です。

先日コーヒーミルをリメイクした時に、余ったペンキでアンティークのキャンドルスタンドも白くしました。いつもならペンキを剥がして丁寧に磨いた後に塗り替えるのですが、これは細かい細工でペンキを剥がすのがやや困難そうだったので、手抜きをして上からスプレーをかけました。

赤の上からクリーム色を吹きかけたので、思っていたより白い感じの仕上がりです。ちょっと手抜きしてしまった分、一部ムラが出来てしまいましたが (ペンキも無くなってしまったのです) リメイク前は毒々しい赤だったので、やっと部屋にマッチした感じになりました。クリーム色のキャンドルを灯すとコントラストが効いて白もなかなかいいかも〜!

ところで最近の蝋燭って、外側にタラリタラリと垂れないで内側に凹んで蒸発するようになっているんですね。


Le bougeoir en fleurs

Bijoux de Eric et Lydie

le 14 Decembre 2003

今週末のMTVは80年代特集で、昨日からtop100を紹介していて、出かけようと思っていたのに懐かしい曲が次から次へと流れるのでなかなかTVから離れる事が出来ませんでした。80年代ってファッションもメイクも悪趣味と言えるまでに派手派手であんな時代は二度と来ないだろうな、、、と懐かしくも可笑しく見入っていました。振り付けやヴィデオクリップ自体も挑発的な物が多いのも特徴。でもやっぱり懐かしい。あの頃は夜中のベストヒットUSAがロックのバイブルでもあったなぁと青春の日々を懐かしく想いました。

番組を最後まで見終わって、日が暮れ始めた頃に出かけた先はエティエンヌマルセルの小さなパッサージュにある Eric et Lydie (エリックエリディ: et は仏語で and の意) のお店です。彼らのお店ではノエルまでの3回の土曜日にお客様やお友達にホットワインを御馳走するといったサーヴィスがあり、EricとLydie は日曜日にお店に居るからとわざわざ招待状を送ってくれたのです。

ラインストーンや七宝の繊細で可愛いお花をあしらったアクセサリーのブランドのデザイナー、リディは私の専門学校でのクラスメートで、卒業して10年以上経つ現在でも親しくつき合っています。二人ともフランス人に有りがちな尖った部分がちっともなく、彼らと接した誰もが思う事は、ホンワカした感じでいい人達!そんな印象があり、可憐なアクセサリーにもそんな彼らの性格が浮黷トいるようです。

御馳走になったホットワインはスエーデン人の店員さんが作ってくれたもので、オレンジやスパイスが香る甘く美味しいワインでした。あまりに美味しかったので、彼女のおうちに伝わるという特製レシピを教えてもらいました。

帰りはツリーが立ち並んだモントルグイユを通り、レアールの広場に特設されたノエルのマルシェをひやかしながら帰ってきました。

*Eric et Lydie のブティック : Passage du Grand Cerf 75002

le 13 Decembre 2003

私にしてはすごい早起きをして、毎年年に2回あるエイズ基金のセールに行ってきました。このセールはエイズ撲滅の為にボランティアで活動しているアャVエーションがクリエーターやクチュリエ、又はデパート、無名ブランドなどに衣服を寄付して貰い基金を募っているものです。

並んで待っている間にトレイに乗った避妊具が配られて来ました。パッケージにはパリ市庁から無料配布とあり、さすが愛のお国フランス、ゲイの街パリです!(現パリ市長がゲイなのは有名!)

さて、開始と共に気に入った物を次から次へとハンガーから外し会場を一周。そして鏡の前を陣取り試着開始。大きな会場にはフィッティングルームなんて物は無く、男性が隣に居ようと居まいとおかまいなしに皆服を脱ぎ捨て手にした服を着替えます。男性もしかり。

両手いっぱいになった服の山、これは募金だからと罪悪感を感じる事の無い今日の買い物。いつもこうした言い訳の元に財布の紐を緩めているのですけどね、、、。

でも今日は憧れのYSLのジャケットを手にする事が出来て大満足。エレガントでシックです!何時着るのって気もしますが、体系が変わらない限り長くつき合えそうなクチュリエの一着です。いや二着。

*只今SELECTのNOELセットをお買い上げの際、オリジナルのミニカードが付いてきますよ♪


Mini cartes de NOEL

Le petit chauffage

le 12 Decembre 2003

パリでは冬のセールは年が明けてから始まるのが恒例です。

でも一足お先にプレスセールやアトリエセール、顧客向けのプライベートセールなどがすでに始まっていて招待状が次から次へと届いています。

全てのセールに行くのは無理なので、とりわけ興味のあるものだけ絞り込み、今日はそのひとつに行ってきました。朝から頑張って行こうと思ったら寝坊してしまったので、午後ゆっくりめに行く事にしました。夏のセールの時は開始時間10分前に行ったらすでに長蛇の列が出来ていて1時間も待つ羽目になりレジで又1時間近く待たされたので、中途半端な時間に行くと寒空の下で待たされるかもしれないと思い、込み合うお昼休みの時間も避けて行ったらガラガラでした。(な〜んだ、、、)

いつも抱えるほどお買い物するのに、今シーズンはいまいちピンと来るものが少ない。それに一番小さなSサイズですらブカブカでサイズが合うものが少なかったので、袖を通した物を順に手放す事に、、、しかし鏡の無いショールーム (正確には倉庫) で服選びをするのは至難の業です。欲しかったジャケットも私には少し大きいようだと2人の人に言われたので迷いに迷った挙げ句買うのは諦めました。

今日の収穫はワンピース一枚。なんだか物足りない気もするけれど、実は明日も別のセールが待っているのでセーブしました。

ところで、右の写真何だと思いますか?石油ストーブなんですよ。高さ25cm程の入れ物に入っていて持ち運びが出来るようになっているんです。可愛いでしょ!

le 11 Decembre 2003

OZUスペシャル、今夜は ”おはよう” でした。たった一言の挨拶で人間関係が丸くなることがある、確かにそうですよね。

昨日やっとJojoの家族にクリスマスプレゼントを送り終えたところ、今度は年賀状作りです。毎年身に降り掛かるこの作業、今年は早めにと思っていたのにやっぱりギリギリになってしまいました。

コンピューター機材が揃った2000年の年賀状から毎年Jojoと年賀状をデザインして作ってます。それまではなんともマニュアルな年賀状作りを一人でやっていました。今でもA4の紙に印刷して一枚一枚カッターを当てていくからマニュアルな作業には変わりないんですけどね、、、。

2000年は特別な年だったので2パターンで4種類のカードを作ったのですが、他の年はいつも干支を意識してデザインします。昔に比べると年賀状自体受け取る数も少なくなったけれど (フランスに住んでいるということでクリスマスカードを送ってくれたりもするので)、その中で干支の年賀状というのも非常に少なくなってきました。でも毎年の楽しみなのでやっぱりこだわりたい。

で、サル!いつも”ああでもないこうでもない”と意見を戦わせながら長い時間をかけて制作するのが常なのですが、今年はすっごくスムーズにまとまってしかも満足のいく物に仕上がったのでご機嫌です。*写真の子は年賀状とは関係ありませ〜ん。

さぁて、今年も残すところ三週間、年末のリストを順序よくこなしていかないと!!


Mon petit singe

Petite fleur

le 10 Decembre 2003

昨夜はライヴを見終わった後もしばらくは感動で、こんなにャEル (魂) で歌うミュージシャンていないよね、と真夜中に熱く語り合ってしまいました。

最近ラジオやTVでかかる音楽は商業主義のものばかりで、感動するものがちっとも無い気がするのです。他にャEルで歌うミュージシャンて、、、ジョンレノン、ジムモリャ刀A、、デヴィッドボウイ?

ボウイはLOWのディスクがそうかもとJojo、ロウと言ったら40年のキャリアの中でも暗黙の時代ともいうべきベルリンのドラッグに浸かっていた頃、重く暗い旋律の中でしっとりと歌われる曲は悲しいまでも美しい。確かにそうかもね。他はむしろ音楽のクリエーションと言える気がします。ロックスターという自ら演じたZIGGYを生み出し、その後も七変化を遂げ今でも時代のリーダーとして新しい音楽を創りだしている、彼はミュージックシーンののクリエーターと呼ぶに相応しいと思うのです。(ファンの独り言です。)

考えてみたら、魂からの叫びを阜サしたミュージシャン達は皆ドラッグに浸かっている (いた) ことに気付きました。夢の中を彷徨っている時に初めて心の奥の叫び声が聞こえるのかしら?そして現実が見えてしまった時に Curt Cobain は自ら若い命を絶ってしまったのかも、、、。 悲しいよね。

今夜は小津の彼岸花を観ています。たまたま日本語の映画を見つけて最初の10分間を見逃してしまったのですが、下方からのカメラワーク撮りを観てすぐにOZUに違いないとJojoが気付きました。そういえばフランス人てオズとかミゾグチ、クロサワといった巨匠達の日本映画が大好きなんですよ。

*さて、SPECIAL NOELのプレゼント企画がスタートしたところです。皆さんどうぞお気軽に参加して下さいね!☆ Click here ☆

le 9 Decembre 2003

さっむいです。今日はカフェオレボウルぐらいある大きめのカップでショコラを頂きました。身体が大分温まったかも。

今夜はMTVでNIRVANAのライブを楽しんでいるところです。Jojoが大好きでこれまでに何初?、何百回とディスクを聴いているのでどの曲も耳に焼き付いているものばかり。ジ〜ンと胸に響いてきます。(Il est beau !)

TVで放映されるとついつい観てしまう番組があります。ジョン&ジャッキーケネディのドキュメンタリー番組です。過去の歴史に何の変化もないのですが、今日もなにげにTVを付けたらやっていたのでTVの前で金縛りの状態で見入ってしまいました。ダラスのパレードで前方からの銃弾で頭が打ち抜かれるシーンがいつも生々しく、その後もドラマティックなジャッキーの人生、、、でも最近になって明かされた暗殺の真実を照らし合わせてみると、米国という国の政治の裏に隠れた富と権力の争いが恐ろしくもあり醜くもあり、、、常に戦争を望んでいる誰かがいるという事実、、、本日発浮ウれた日本の自衛隊をイラクに送り込むと言うニュースに不安を覚えています。


Mon pull d'hiver

Tarte aux poires

le 8 Decembre 2003

お天気がいいと気分も良くなります。昨日から久々の青空を見上げて、寒さに震えながらも爽快な気分!

今夜は日本から仕事でパリに来ている友人とパリに住んでいる友人とお食事でした。昨夜うちにジョインする筈だったのですが来れなくなってしまったので、タイ料理のレストランでJojoと一緒に御馳走になってきました。

5区にあるこの老舗のタイレストランは、その昔カトリーヌドヌーヴとマルチェロマストロヤンニが逢い引きしていたレストランとしても有名なんですよ。テイストもフランス人の味覚に合わせた辛さを控えた上品なお味なのでテーブルにはフランス人も多いです。

私はトムヤンクンが大好物!あのピリリと辛いスープとレモングラスの絶妙なバランスが美味!海老も大好きなのでタイ料理はこの一品が食べられるだけでも幸せ〜。デザートはもちろんタピオカです。

写真はJojoお手製の洋梨のタルト、昨夜のデザートです。中央の果実がぷっくりとしていて可愛いんですよ!

le 7 Decembre 2003

Jojoは何をするにもマニアックな性格です。

先週末の蚤の市で見つけたプジョーのコーヒーミル、多分40年か50年代位の古い物だと思うのですが、前のオーナーが自分でペンキを塗ったらしくちょっとムラが目立っていたのです。内側も長いこと眠っていたかのように汚れていたので、まずはペンキを剥がす作業から始めました。メタルの部分もピカピカに磨き、木の部分もヤスリをかけニスを塗り直します。古い物は作りが実にシンプルで、全てネジで組み立てられているので簡単に解体出来ます。

昨日買って来たスプレー式のペンキで奇麗にお色直し。昼間やればいいものを、どうしてもすぐに始めたかった様子で、昨夜はシンナー中毒になるかと思いましたよ、、、そして寝たのが夜中の3時です。

今日は組み立て作業で、こ〜んなに奇麗に仕上がりました!

アンテークの楽しみは、こうして自分たちの手で磨き上げて第二の人生を歩ませてあげることにもあります。飾るのも良し、実際に使うと又その良さが実感出来るのも嬉しいです。

今夜は来週日本に帰ってひと月程会えなくなる友人を夕食に招待して、楽しい夕べを過ごしました。よい年の暮れを、とちょっとばかり早い挨拶をして帰って行ったところです。今年も残すところあと3週間半ですね。早い早い、、、。


Moulin a Cafe

Il sont jumeaux !

le 6 Decembre 2003

今日はマイナス2℃ですって、、、厚着して出かけました。

アンティークの小物の修復作業をしようと思い立ち、Jojo とBHV (東急ハンズのように日曜大工の道具や日用品の多いデパート) に行きましたが、リヴォリ通りは真っ直ぐ歩けない程の人混み。ただでさえ土曜日のデパートは込み合っているのにノエル前ときているので凄い人でした。

細かいパーツも沢山あるので、ブリコラージュ (日曜大工) やインテリアに興味のある人なら面白い所です。でも、他のデパートが空間を上手に使い素敵にリニューアルしている中、BHVはホームセンターの如く所狭しと物がビッシリ展示してあるので、地下の日曜大工のコーナーを人をかき分け彷徨っていると気が狂いそうになります。(まるで秋葉原か新宿のカメラ屋にいる気分になってきます。)

上階のペンキ売り場でスプレー式のペンキとハケや細々とした物等を買い込み、来週送り出す嵐閧フJojoの家族へのクリスマスプレゼントを買い足し、帰宅すると早速ブリコラージュ開始。

中国で開催されているミスワールドを見ながら解体したコーヒーミルを磨いています。おやっ、ブライアンフェリーが美女達に囲まれて歌ってる!ロックスターがどうしてこんな所に居るの?っていう違和感がありますが、、、。

今年はバービー人形のようなミスアイルランドが栄冠を手にしましたね。ずっとコメントを語っていたのは過去のミスフランス?ジェラシーかと思われるコメントがチラホラ、女の敵は女!と一瞬思ってしまいました。

ホラ、双子のシャンピニョン!

le 5 Decembre 2003

身体の芯まで凍りそうな一日とは今日みたいな日を言うんでしょうね。寒いです。身体の内側から風邪に気を付けよと注意信号が送られて来るのが感じられます。フローリングの床は冷えるんですよ、、、。

うちの中でも重ね着して暖房のスイッチをオンにして暖かい紅茶を頂く、、、今日は大きめのカップにヴァニラの紅茶でミルクティー、お茶のお供はLUのThe (eにアクセントを付けてテと読みます。紅茶の意。) という香ばしいビスキュイ。紅茶に浸しながら食べると美味しいです。

夜編み物をしているとMyuが膝の上に乗っかって来ます。猫のぬくもりがいつもにも増して嬉しい冬の一日です。

*この大きなカップは Cocomo Cafe (BBS) のティーカップギャラリーでも展示しています。プチ登録をして頂くとお好きなティーカップのアイコンが使えますよ!


The au lait...

Sur le buffet

le 4 Decembre 2003

夕方買い物から戻ると、建物の内側のドア (インターフォンが付いている所) ですぐドアの向こう側にいた一階に住むマダムが戸を開けてくれました。

スペイン人のこの年配のマダムは気さくな人で、引っ越して来た早々に話しかけられ、たまに出逢うとついつい立ち話をしてしまいます。前回も暗くなる廊下の明かりを何度も何度も付けながらお喋りをしたのですが、もう何週間も前のこと。その時の話の続きを話しかけられ、日本人の友人から届いたばかりのカードを玄関先で見せてもらいながら今日もまた20分、いや半時間程話し込んでしまいました。

パリではこのように同じ建物内の人ともあまり近所付き合いというものが無く、道を歩いていても買い物をしていても皆知らんぷり、フランス人は冷たい人が多いと嘆いていました。(とは言っても朗らかなおばあさんなので、ちっとも暗くはないんです。)スペインや亡きご主人の国イタリアではもっと人とのコミュニケーションを大切にしているそうで、又娘さんの住んでいるカナダ (ケベック) でも皆気軽に話したりするんだそうです。

私達は左隣のお隣さん (フランス人のカップル) とも仲良くしていますが、あとは上に住んでいる感じのいいムッシュウと話を交わすことがあります。他の住民とは挨拶のみ。マダム曰く、この最上階のムッシュウはギリシャ人(イタリア系) なんだそうで、皆感じがいい人達というのは外国人ばかりということに気付きました。

サロンのビュッフェの上に雪の結晶のようなレースのオーナメントを飾ってみました♪ 鏡は先日の蚤の市で見つけた例の鏡です。

le 3 Decembre 2003

昨夜 (と言うより今朝) カタログ頁とJournal の更新を終えて寝たのが6時近かったので、今日は朝を知らずに過ごしてしまいました。昨日ヘアメの友人と話してツルンツルンのお肌に憧れたばっかりだというのに、寝不足 (その後しっかり寝たから寝不足とは言えないかも) 、、、不規則な生活はお肌の敵だわ。

今夜はARTE (5チャンネル) で歌舞伎の特集を観ました。歌舞伎の歴史やロジック、西洋ダンスとの違いなどを役者達が語り、なかなか興味深かったです。

西洋との違いは、西洋のもののはジャンプが多いけれど歌舞伎は地に這うようなものが多い、踊りはどちらも神に捧げたもので、西洋の神は天空に在り、日本の神は地に居たり低い位置に在るので踊りも又腰を低くしていると説いていました。

こういった海外向けに作られた番組だと、初心者にも分かりやすく説明しているので興味が湧きます。舞台裏も紹介していて、私は役者さん達が白粉を塗って舞台の顔をつくっている姿を観るのが結麹Dきだったりします。

つい先日姉と話していたら、私達の叔父は大学に通う為に上京した頃歌舞伎役者のお宅に下宿 (初耳です) していたそうで、祖父に大顰蹙を買ったとか。当時は役者などと言う職業は河原乞食と言って下賎なものだったらしい。歌舞伎と言ったら今では高貴な趣味のようにも思えますけどね。

それにしても玉三郎の舞の美しいこと!


Des strasses anciens

White Chiristmas

le 2 Decembre 2003

夕方オペラ座の方まで出向き、年末日本に帰る友人と会ってお茶(ショコラ)して来ました。Jojoは私が家に向かう時間からある写真展のオープニングパーティーに行ってすれ違い、、、。

さて、SELECTのコーナーにNOELの商品をUPしました。Cocomo@Paris の提案する今年のノエルはホワイト クリスマス!雪の降るノエルを夢見ながら、ちょっとロマンティックに白いレースや陶器のオーナメント、そしてバニラのキャンドルなど、ヨーロピアンな香りのノエルを皆さんにも楽しんで頂けたらと思い、セット商品などをいろいろと取り揃えてみました。

もちろん我が家の飾り付けもホワイト クリスマスをテーマに少しずつデコレーションしているところです。忙しない年の暮れもこんなノエルの準備で心が躍ります。

SELECT <----- click

le 1er Decembre 2003

今日はカタログ写真の撮影を進める傍らで NoFlash (フラッシュ無し) の頁の更新準備をして過ごしました。

皆さん入り口 (ENTREE) から入られて御覧になってお分かりの通り、当サイトのメイン頁 (部屋、商品カタログ、コレクション頁) は FLASH で告ャされております。全ての頁においてオリジナル性とデザイン性を重視したことと、インターネットで可狽ノなった今の時代のテクノロジーを取り入れることによって新しいことを試みたいという思いで制作しました。

しかしながらログを見ていると入り口で躓いていらっしゃる方々もいるようで、この度フラッシュが設定されていない方でも観覧頂けるように NoFlash の頁を設けました。その頁でも綴っておりますが、私達の意図するデザインや作動はフラッシュの頁が最適なものですので、是非 FLASH のャtトを取り入れて (無料でダウンロードすることが出来ます!) 皆さんも新しいことを経験して下さいね!

*出来るだけ問題の無いようにと努力しておりますが、ブラウザーによってはまだ多少デザイン及び観覧に問題が生じるかもしれません。少しずつ調整していくつもりです。(テスト済みですが、PCのブラウザーでどのように映し出されているかちょっぴり不安です。)

*GALERIE 内のコレクション (現在パニエを公開中) はフラッシュ頁のみとなります。

今まで問題無く御覧頂いている方も、初めて観覧が可狽ノなった方も、どうぞサイト巡りを楽しんで下さいね!


Les tasses de l'ange

go to top


2009
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividersept


2008
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2007
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2006
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2005
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2004
jandividerfevdividermarsdivideravrdividermaidividerjuin
juildivideraoutdividerseptdivideroctdividernovdividerdec


2003
juindividerjuildivideraoutdividerseptdivideroctdividernov



go to top


Cocomo@Paris chromelessFLASH
(管理人よりお勧め!)
  Cocomo@Paris chrome
No Flash